桜開花、うちのあんずはもう満開。

あんずの開花0322本日もヤクモンの菜園をご訪問いただき、
まことに有難うございます🎶

東京では全国に先駆けて開花宣言が出ましたよ。
そして、うちの庭では、あんず満開となっています。

まだまだ寒暖の差が大きく寒い日もありますが、確実に春が来ているんですね。

今年もあんずの花はきれいに咲いてくれました。
ただ、ちょっと寂しい状態に・・・

ご存知のように、うちの庭は周りを建物にぐるりと囲まれ、南側の隣家が3階建てのこともあって、日当たりが極端に悪いのです。
その上、庭の南西にあんず木蓮の木が植わっていて、大きく育ってしまったために、余計に日陰が出来てしまいました。

というより、もともと夏の厳しい暑さを凌ぐために植えた木で、 日陰を作ることが目的だったわけです。
思い切った剪定をする以前は、こんな感じだったのですから。

剪定前の庭木20151018


これは、一昨年(2015年)の10月の様子です。
これでも、最盛期は過ぎています。

毎年大きな日陰を作ってくれて、ゴーヤのグリーンカーテン共々、我が家に涼しさをもたらしてくれていました。
ところが、家庭菜園を始めたとたんに立場が逆転、とんだ悪役になってしまったと言う訳!なんです。

そこで、去年と今年の冬に、2年続けて思い切った剪定をしました。
そしたらこんなことに・・・

満開の庭木0322


なんと!
あんずも、木蓮も、これで満開なんです。

あんずは、毎年ヒヨドリにかなり実を食べられてしまうのですが・・・それでも、去年は80個ほど実を収穫出来ました。
あんずジャムを作って、まずまず楽しめましたよ。
今年は、ヒヨドリの取り分しか実りそうにありませんね。

まあ、確かにこれで、日当たりはだいぶ確保できると思います。
八方丸く収まるなんてことは、なかなか無いわけで・・・
野菜作りのためにはこれで良かったと、考えることといたします。

これも、日当たりが悪い一例と言えるのかな・・・

◆ キャベツが今年もとう立ちした件

庭のほぼ真ん中に、キャベツブロッコリーの畝があります。

ブロッコリーは、2月18日に頂花蕾を収穫しています。
ブロッコリーの収穫➡ポチットナ
キャベツもようやく巻いてくれて楽しみにしていたのですが・・・

キャベツとブロッコリーの畝0318


真ん中のキャベツが、なんとなくおかしい!?
そうです、残念ながらとう立ちしてしまいました。

実は、去年もちょうど今頃、巻き始めたと喜んでいたさなかにとう立ちしちゃったんです。
それがあったから心配はしていたのですが・・・
まだ小さいので収穫することも出来ぬまま様子見をしていたら、こんなことになっちゃいました。

結論から言うと、時間がかかり過ぎたという事です。
購入苗を定植したのが、去年の9月12日ですから・・・何と6か月もかかっていることになります。

定植したのは「しずはま1号
9月に定植すれば、標準で70日後には1.5㎏になり、耐寒性に劣る品種という事です。
それが、冬越えをして2月の末にようやく巻き始めたというのですから、とう立ちしても仕方がありませんね。

右上と左下の株は、上から見るといい具合に巻いているように見えるのですが・・・
横から見ると(すでに刈り取っています)・・・

キャベツのとう立ち(3)0318


縦に伸びあがって、やっぱりとう立ちしていました。
去年同じ経験をしているのだから、小さいうちに収穫すれば良かったのでしょうが・・・
収穫サイズとしたら、あまりに小さすぎるので、欲が出て躊躇しちゃいました。

てなわけで、今年もキャベツ栽培は失敗!
泣く泣く撤収です。

ただ、混植していたブロッコリーは、側花蕾が順調に育っていて、収穫間近になっています。

ブロッコリー(2)0318 ブロッコリー(3)0318


そうそう、とう立ちしたキャベツを立てに半分に切ってみました。

キャベツのとう立ち(4)0318


球の中で、茎がしっかり伸びていて、今にも突き破りそうな状態でした。
ただ、女房にこれを見せたら、「まだまだ柔らかそうで十分に食べられそう」と言うので・・・
夕食の一品になりました・・・とさっ!

『とう立ちキャベツが主役のちゃんちゃん焼き』

キャベツが主役のちゃんちゃん焼き0319


キャベツが、意外にも柔らかい上に甘くて、ホント美味しかったです。

今日は、キャベツのとう立ちと言う突然の出来事があったせいで、予定を変更いたしました。
もともとご報告するつもりだった「夏野菜の種蒔き第二弾」は、次の機会と言うことにいたします。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

あの25日の作業(その2)

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

ぎっくり腰を再発して1週間。
残念ながら、これだけは簡単には治らないようです。

真直ぐ立っていれば痛みは出なくはなりました。
が、少しでも上半身を傾けると、痛いんだよな~これが・・・

そんな訳で、畑作業をするには程遠い状態なので、
今日も、あの25日(ギクッとやった日)の作業を引き続きご報告させていただきます。


◆ 葉物野菜の播種

七夕キュウリを2つの畝で育ててきました。

一つは、つるありインゲンの畝の後作として。

七夕キュウリ0929


3株栽培してきましたが、十分な高さまで育ってきたのに、まったく花芽が付きません。
それどころか、葉が小さい上に先端部が先細って、幾分枯れ始めてきたように見えます。

それに対して、トマトの畝の後作として、トウモロコシと混植し、「地這いキュウリ」として栽培してきた3株は、順調に成長しています。

地這いキュウリ0925


地這い品種ではなかったために、結局地這い栽培を断念したとたんに、花芽を付け、今ではいくつか結実してくれました。

七夕キュウリの実0930


そこで、つるありインゲンの後作のキュウリを撤去して、畝を空けることにしました。

そこに、3種の葉物野菜の種を播くことに。

葉物の畝0925


左から、「ちぢみ法蓮草」「サニーレタス」「からしな」(アタリヤ)です。

葉物の種0925


土をかぶせ、靴で踏みつけて鎮圧。
草マルチをざっと敷いて完了です。

葉物の畝(2)0925


この畝は、自然栽培の畝なので、防虫ネットはしないつもりです。
無謀だとは思いますが何事も経験です。

通常の畝は、「根菜の畝」も「葉物の畝」も「キャベツ・ブロッコリーの畝」もすべて防虫ネットを掛けています。
「慣行農法」と「自然栽培」との比較です。

ただ、キク科のサニーレタスの種を畝の中央に蒔いたのは、コンパニオンプランツとして防虫効果を期待してのことです。
が、目視で害虫を排除しただけでは食害されるのが目に見えるようだけど、何とか食いつくされずにかろうじて収穫まで持っていければ良いと思っているんです。

そして、昨日の様子がこれ。

葉物の畝1002


良く解らない?
では、もう少し拡大して・・・

ちぢみホウレンソウ1002 サニーレタス1002 からし菜1002


右端の「からしな」は見えますよね。
播きすぎ感すらありますね。
ほぼ100%の発芽率ではないでしょうか。

あとの2枚をさらに拡大。

ちぢみホウレンソウ1002 サニーレタス1002


左の、「ちぢみ法蓮草」は50~60%の発芽率かな?

問題は右の、「サニーレタス」ですね。
まったく発芽せず。
これから発芽するのか、蒔き直すべきなのか、それが問題だ。

レタスは冷涼な気候を好むので、冷蔵庫で2~3日冷やしてから播くと発芽率が良くなるそうですが、結構涼しい日があったから大丈夫と踏んだのですが・・・

防虫効果を多少は期待していたので、やっぱり蒔き直すことにしましょうね。
それもこれも腰が治らないとね~


◆ キャベツ・ブロッコリーの袋栽培

キャベツ「レンヌ(早生)」とブロッコリー「シャスター(極早生)」「スティックセニョール」を播種して、育苗を始めたのが8月2日。

育苗がへたくそなのか、天候不順で日照不足が祟ったのか、徒長した上に成長が極端に遅かったので・・・

購入苗、キャベツ「しずはま1号」3株、ブロッコリー「緑帝」2株を、9月12日に定植しました。

現在の様子がこれ。

キャベツ・ブロッコリーの畝1002


しゃがめないので、ネットの上から写真を撮るのが精一杯。
見にくいですがこれでご勘弁を。

では、育苗中の苗はどうなったのか?
9月25日の時点でこんな感じでした。

レンヌ0925 シャスター0925 スティックセニョール0925


左から、キャベツの「レンヌ」、ブロッコリーの「シャスター」、「スティックセニョール」です。

一様まともに見えるのは「レンヌ」ですね。
でも、2か月も掛かってこんなものなんです。

シャスター」「スティックセニョール」に至っては、「あ~あ」とため息ものです。
ちょっと育ちそうにありません。

2か月も掛かっていることも驚きですが、それでも枯れもせずに頑張っているのだから、どこかに定植してあげたくなります。

ただ、あいている畝がありません。
となれば、融通の利く「袋栽培」しかありませんね。

まずは、日当たりをよくするために作った棚に乗せられる小さな袋を用意します。

袋栽培(1)0925 袋栽培(2)0925


5㎏の米袋がちょうどいい大きさです。
けっこう厚手ですが、補強のために袋の一番下の部分を、ガムテープで巻いておきます(画像左)。
土を入れた時に底になる部分に、水抜きの穴を開けます(画像右)。

後は、袋の中に培養土を丸く形を整えながら入れていくだけです。
ブロッコリーの根は浅根なので、そんなに高さは必要ないと思いますよ。

今回は、スティックセニョールを2株づつ定植しました。

袋栽培(5)0925


ひょろひょろの徒長苗なので、「どちらか1株が活着してくれれば良い」程度で、あまり期待は出来ません。

次に、キャベツの「レンヌ」ですが、時間はかかったものの、見た目は結構まともなので、多少の期待はできます。
そこで、培養土の袋を縦ではなく、横使いにしてみました。
浅根であることと、2株植えるスペースを作るためです。

袋栽培(6)0925 袋栽培(7)0925


使った培養土の袋が、16ℓで小さめだけど、横に使うと結構大きいスペースを確保できると思います。
3株は、キャベツの「レンヌ」ですが、右の袋の左の株は、唯一のブロッコリー「シャスター」です。
シャスターはこれくらいしか使えそうな苗がありませんでした。

これらの2袋を、棚の下に据えました。

袋栽培(8)0925


前回の記事の予告では、「育苗イチゴの植え替え」も入れていたのですが、ぎっくり腰が意外と長引きそうなので、またまた次回へ繰り越しさせていただきますね。

ですから、次回の記事は、
「育苗イチゴの植え替え」
「大根とカブの一部蒔き直し」の、
2つを予定しています。

なんだかんだと、あの25日は、朝から夕方まで、もちろん食事や休憩をはさんでいますが、けっこうな作業量だったんですね。

久しぶりの晴れ間だったので、この時を逃すまいと、張り切りすぎたのかもしれません。
どうやらそれがぎっくり腰の原因かな?
これからは、自分の年のことも考えて、体に相談しながらやって行こうと思います。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 



 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

秋です。秋祭りの季節です!

神幸祭モザイク入り0911
来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる  (古今和歌集 藤原敏行朝臣)
※「が来ているのを目にはっきりと見ることはできないけれど、吹く風の音で自然との気配を感じたのです」と言ったほどの意味。


9月になって暑さもひと段落、早くも秋雨の季節になるようです。

と言えば・・・

食欲の、スポーツの秋、芸術の秋などと、様々に表現されますが、何と言っても、『お祭りの秋』ですよね~!

祭囃子が聞こえてくると、血が騒ぐんですよ~

そんな訳で、ここ数日は、お祭りの準備に忙しくて、簡単更新になりました。


◆ 葉物野菜の定植

キャベツブロッコリーの育苗が思わしくないので、苗を購入して定植しました。

定植した畝はこれ。

葉物予定の畝


この畝は、キュウリ第1弾、夏ばやしとVロードを撤収した後、表層に発酵腐葉土を浅くすき込んで、1か月ほど養生させていたものです。

定植した苗はこれ。

緑帝&しずはま1号


右の2つがブロッコリーの「緑帝」です。

緑帝】(サカタ交配)

花蕾がきめ細かくて高品質

・中生品種で、定植後80日ほどで直径14cmくらいになり収穫。
・春・夏蒔き出来る作りやすい品種。
花蕾は濃緑色、大きくて形がよく、花蕾粒は小さくそろい、紫色の色素の発生は少なく品質がすぐれている。
・葉は濃緑、細菌性黒斑病や黒腐病に強い品種。
・頂果の収穫後、早春まで良質の側枝が楽しめる。

左がキャベツの「しずはま1号」です。

しずはま1号】(石井育種場交配)

黒腐病、萎黄病に強い上質種

・初夏~夏蒔き用の秋どり種。春蒔きも出来る。
・萎黄病抵抗性をもち、黒腐病にも強く、耐暑性もあって育苗、栽培は容易。
・家庭菜園用にも好適。
・定植後60~65日で1.2~1.3kg、70日余りで1.5kgに肥大する。
ただし、低温結球性、耐寒性は劣るので夏まきは播種、定植が遅れないように注意する。


縦横1m強の正方形の畝に、「X]字にブロッコリーキャベツの畝を定植しました。

葉物の定植(マル印)0910


白丸が、ブロッコリーの「緑帝」で、
黄丸が、キャベツの「しずはま1号」です。

緑帝も、しずはま1号も、旬を外した売れ残りの苗で、徒長気味なので・・・

しずはま1号0910


寝かせ植えしてから、先日収穫したソルゴーを畝に積み上げて、草マルチにしました。
(そのため、草の緑に負けて、画像上、苗が見づらくなってしまいました。)

虫害対策として、防虫ネットのテントで覆っています。

葉物の畝テント掛け0910



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR