遅蒔きトウモロコシが発芽しました。

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

リオ・オリンピックでは、日本選手のメダルラッシュ!
毎日寝不足になっていませんか?
祝杯にことよせて、お酒が進んで困るなんて人も・・・

ただでさえ猛暑のおり、熱中症にはくれぐれも気を付けましょうね。

それはともかく・・・

◆ 遅蒔きトウモロコシの発芽

トウモロコシの種を蒔いたのが、8月6日。
蒔いたのは、「ランチャー82(早生種)」(タキイ)
※ 過去記事は ➡ポチットナ

8月10日に発芽を確認。
8月12日、芽が出そろいました。

トウモロコシの発芽0812


10か所に3粒づつ播種。

3粒とも発芽したのが7か所。
2粒が発芽したのが2か所。
1粒しか発芽しなかったのが1か所。
合計26粒が発芽しました。

発芽率は、約87%、こんなものでしょうかね。

次は・・・

◆ ゴーヤに待望の実が!

種から育てた「寿限無(白ゴーヤ)」がべと病で全滅して、その後、普通のゴーヤを再度定植したのが、6月19日でした。
例年より1か月以上遅い定植になり、また、売れ残りの徒長苗だったことも有り・・・
※ ゴーヤを再度定植した記事は ➡ポチットナ

なかなか雌花が咲かずに、実も出来なかったのですが、ようやく待望の実がいくつか結実し、ホッとしているところです。

ゴーヤの実0808 ゴーヤ0812


一番大きいので、まだ5㎝程度です。
実は、ざっと数えて、7つ確認しているのですが・・・
うちの料理人がゴーヤ嫌いで、たくさん生ることを迷惑がっているので、まだ内緒にしています(゚_゚i)イズレバレルケドネ


始まるものがあれば、終わるものもある・・・

◆ つるありインゲン

つるありインゲンについては、前回の記事で、「つるありインゲンもいまだ健在で、元気いっぱいです。インゲンっていつまで収穫出来るのかな?」なんて言っていたのに・・・

突然、上の方から枯れ始めました。

インゲン0812


本当にあっという間のことで、ビックリです。
連日の猛暑の影響もありそうです。
そろそろ撤収時期が近付いているとも思えます。

ただ、下の方ではまだ花が盛んに咲いているんです。

インゲンの花0812


木蓮の木を棚代わりに上へと伸び続けたので、木蓮の中にもぐりこんだ蔓先は全くノーマークでした。
栄養分を下に集中させるために、枯れ始めた先端部を摘み取って、ついでに、莢が出来ているのか徹底的に捜索してみたところ・・・

採り忘れて大きくなりすぎた莢が見つかりましたよ。

インゲン取り忘れ0812


また、結果的に種取りできるものもありました。

インゲン種取り0812


◆ キュウリもそろそろか?

5月1日に定植した、キュウリの「夏ばやし」1株と「Vロード」1株は、べと病にかかりながら生き残っていましたが、今度は「うどんこ病」が発生してきました。

キュウリにうどんこ病0812


まだ数枚の葉に病変が見られただけで、葉を摘み取って様子を見ているところです。
曲がりキュウリが目立って来ているし、そろそろ終盤戦でしょうか?

ただ、キュウリもまた、花も咲かせているし、実も収穫出来ていて、もう少し粘ってくれるかもしれません。

キュウリ0812

家庭菜園にとって、野菜の撤収時期と言うのは難しいものですね。
次に植える野菜との兼ね合いがあるしな~!


◆ 夏野菜の収穫

・8月11日

収穫0811


キュウリ:シャキット2本、夏ばやし1本、Vロード1本。
曲がりキュウリやら、ウエストがひどく細いキュウリやら、きれいなキュウリが少なくなっています。


・8月12日

収穫0812


キュウリ:Vロード1本。
つるありインゲン1山。

さすがにこれだけ育ちすぎると、インゲンは筋が硬くて美味しくはありませんね。
豆だけ取り出して料理した方がいいかもしれません。

・今朝(8月13日)

収穫0813


キュウリ:夏ばやし2本、シャキット1本。
ピーマン:接ぎ木キュウリ(品種不明)2個、土佐グリーン1個。
茗荷少々。

やっぱり、キュウリはもう少し頑張ってくれそうかな(⌒・⌒)


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

キュウリはみんな元気で~す\(^o^)/♪

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

東京は雨が降らないって、繰り返し言ってたら・・・
いきなり雷雨になりました!

14日の午後3時過ぎ、まさしく「一転俄かにかき曇り」、あたりが暗く不気味な感じに。
涼しい風も吹いてきて・・・
天気予報でも雷雨注意報が出ていたことも有り、何かあってはいけないと・・・
慌てて収穫出来るものは収穫しました。

収穫0714夕


キュウリシャキット1本。夏ばやし1本。
トマト:桃太郎(大玉)1個。

雷鳴をとどろかせて激しく降ったのは、2時間ぐらいだったでしょうか。
ただその後も強弱を繰り返して、結局翌日(15日)の夕方まで雨が残りました。

これで水不足も解消か?
関東の利根川水系で最も大きな「八木沢ダム」の水位は・・・
26%から28%に微増!
何のことは無い。
水源地一帯には大量の雨は降らず、焼け石に水となりましたとさ(゚_゚i)ナンテコッタ!

15日の朝・・・
心配だから雨がまだ降っている中、畑を見回ってみると、幸いにも目立った被害はありません。
茗荷が将棋倒し状態で斜めに倒れていましたが、助け起こしてみると、すぐに元通りにすることが出来ました。
唯一、ピーマンが1個ぽつんと畝の上に落ちていました。

ピーマン0715


まだ少し小さいですが、無傷なのでこれでも収穫と言うことにいたします。
さらに、キュウリ茗荷を収穫しました。

収穫0715


キュウリ夏ばやし1本。
茗荷:6個。

茗荷は雨が大好物なので、あっという間に花が咲いてしまったようです。ザンネン!

最大の被害は、翌日(16日)見つかりました。
トマトホーム桃太郎)が、2日続きの雨を浴びて、実割れしてしまいました。
完熟前ですが、仕方がないので、茗荷とともに収穫です。

収穫0716


トマトは残念でしたが・・・
さすが「雨大好き」の茗荷は・・・

茗荷0716


今年一番の大物が採れました。
ちょっと色が悪いのと、花が満開なのが難点かな。


残念なご報告が続いたので、気分を変えて・・・

◆ キュウリが元気です!

まずは、べと病の被害にあった、Vロード夏ばやしについて。

キュウリは、5月1日に、「夏ばやし」2株、「Vロード」1株、「品種の分からない接ぎ木キュウリ」1株を定植してスタート。
順調かと思われた矢先に、「べと病」で、瀕死の状態に。
※ べと病の被害の記事は ➡ポチットナ

その後、病変の出た葉を全て取り去って、結果、夏ばやしVロードが1株づつ何とか生き残ってくれました。
※ 先端だけ残して様子を見ることにした記事は ➡ポチットナ

そして現在の状態がこれです。

キュウリ0716


2株だけなので、大量に採れるということはありませんが、それでもほとんど毎日収穫できています。
よくぞここまで復活してくれたと、感慨ひとしおです。
放っておくと、上へ横へと伸びて行くので、中2日のペースで、摘芯と脇芽欠きをしている状態です。

キュウリの摘芯0716


めんどくさいですが、「嬉しい悲鳴」って奴ですかね。
キュウリの生命力に驚くとともに、「マイエンザ」を送ってくれた「らうっち」さんにあらためて感謝です。
※ マイエンザについては ➡ポチットナ 

ただ、まさかこんなにうまく復活するとは当時は思っていなかったので、念のために、「シャキット」2株を6月10日に定植しました。

そちらの方もいたって元気なんですよ。

シャキット0716


シャッキトもすでに収穫が始まり、順調に育っています。
1株(右)は、先端が大庇(ひさし)に到達したので摘芯済みです。
左の株もそろそろ摘芯の時期ですね。

シャキットは、強勢で病気にも強く育てやすい品種とのことですが、それを裏付けるかのように葉っぱも大きいんですよ。

シャキットの葉


とにもかくにも、キュウリ4株は、雷雨にも負けず元気です\(^o^)/


◆ 菜園料理

7月14日

『インゲンと茗荷の胡麻和え』

インゲンと茗荷の胡麻和え

インゲンは、きんぴらも美味しかったけれど、胡麻和えも負けず劣らずいい味を出しています。
定番の煮物を避けているようですが、女房殿もなかなかやってくれますな。

7月15日

『ワンプレートランチ(2)』

ワンプレートランチ0715

トマトとキュウリともやしのサラダ
ピーマンと豚肉の青椒肉絲(チンジャオロースー)風
・海苔結び2個

「もやし、豚肉以外は菜園で採れたもの」。

ものは書き様で・・・
トマト、キュウリ、ピーマンは菜園で採れたもの」と書くより多く採れたように感じるから不思議。

7月16日

トマトスープ』

トマトスープ


実割れしたって、スープにしちゃえば問題なし。
みんなみんな美味しくいただきました。
ご馳走様でした(⌒・⌒)ニコニコ


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

半年間を振り返ってみる(1)

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

うかうかしてたら、7月に突入。
あっという間に半年が過ぎていました。

茅の輪(天理市 大和神社)古来より、旧暦6月の末には、『夏越の祓(なごしのはらえ)』が、年中行事として行われてきました。

夏越の祓は、茅の輪をくぐることによって、半年間の穢れを祓い清めて、残りの半年の無病息災を願うもので、新暦に移った現在でも、6月30日ごろに全国の神社で行われています。
(画像は、奈良県天理市の大和神社の茅の輪: Wikipediaより転載)

神社に行って茅の輪をくぐり、和菓子の水無月を食べて、厄落とし。
そんな事はとんとやらなくなりましたね。

今年は、家庭菜園2年目。
春先から、サヤエンドウのうどんこ病に始まって、害虫被害、そして極めつけは、ゴーヤ、カボチャ、キュウリのウリ科が「べと病」で瀕死の状態に陥ると言った具合で、次から次へとトラブルに見舞われました。

だから、「お祓い」や「厄落とし」に頼る?
そう言う訳ではなく、この際、前半戦を反省する意味を込めて、振り返ってみようということなんです。


◆ 反省会?

誰でもそうだと思いますが・・・
年の初めには、変化と進化を求めて、新しいことにチャレンジしたくなるものです。

サヤエンドウの冬越え、種からの育苗、あるいは、イチゴの苗作りなどなど、細かいことを入れればきりがありませんが、
去年と今年の一番の違いは、「畝の数」と「究極の土作り」だと思います。

◆ 畝の数

家庭菜園見取り図2016 6 560去年は、家庭菜園1年目と言うことで、トマトナスから、キュウリピーマンと4本の畝から始まりました。
狭い我が家の庭と言えども、まだまだ余裕たっぷり、畝と畝の間隔も十分広く取れていました。

それに対して、今年は2年目、張り切って8本の畝でスタートいたしました。
さすがに倍の畝数となれば、当然畝と畝との間隔は狭くなります。

春先から、サヤエンドウのうどんこ病に悩まされ、害虫も去年とは比較にならないぐらいの数と被害に困惑。
さらに、ゴーヤ、カボチャ、キュウリと、ウリ科の野菜が次から次へと「べと病」に侵され、ゴーヤとカボチャはすべて撤去を余儀なくされ、キュウリも4株中2株しか生き残れなかったことは前述の通り。

その原因を突き詰めて行くと、「風通しの悪さ」に行き着いたんです。

一つは、畝数が増えて、畝の間隔が狭くなったこと。
さらにもう一つは、畝の方向にあると考えました。

一般的に、畝は南北に立てるのが原則です。
理由は簡単、野菜にまんべんなく日が当たるようにするためです。
東西に立てると、北側の畝に日が当たらなくなります。

だから、私の菜園も、南北に畝を立てています。(右上の図では、上が南、下が北。右が西で、左が東になります。)
普通ならこれで正解なんです。

ところが、我が家は住宅街のど真ん中にあり、庭は東西南北を建物で囲まれているんです。
ただでさえ風通しの悪い立地です。
ただ、建物にはそれぞれ高さに差があります。
北が2階建て、南が3階建てに対して、東は我が家の離れで平屋、西も隣家が平屋建て。

つまり、上空の風向きに関係なく、庭の地表では、東西方向に風が流れやすい構造なんです。
と言うことは、南北に畝を立てると、成長した野菜が、風の流れを遮断することになります。

「ひょっとしたら、我が家の庭では、東西に畝を立てるのが正解」ではないのか?
「それを、原則通りに、南北に畝を立てたので、風通しがさらに悪くなり、病害虫の被害が大きくなった」のではないのか?
そう疑っているんです。

今年はこのまま押し切るしかありませんが、来年に向けて、畝の数と方向を真剣に考える必要がありそうですね。


◆ 究極の土作り

「究極の土作り」で立てた畝が、野菜の栽培にどのような影響を与えたかは、次回にご報告いたしたいと思います。
硬い話が続きすぎたので、読まれている方もそうだと思いますが、肝心かなめの書く方、つまりは私も飽きてきたからです。

そこで気分を変えて・・・
ちょっぴり良いご報告・・・

まずは、ナスの状態。

ナスの実(2)0701 ナスの実(1)0701


ナスは、初収穫から、なかなか結実しなかったのですが、ようやく実が大きくなる兆しが見えてきました。

次に、ピーマン

ピーマン0701


ピーマンも、第1果をそれぞれの株で収穫した後、しばらくご無沙汰でした。
何とか結実してちらほらと大きくなってきています。

最後に、ピーマンのコンパニオンプランツとして栽培中の枝豆です。

枝豆0701


枝豆らしくなってきたかな~!
梅雨明けまでには、「枝豆でビール」といきたいものですね\(^O^)/グビー



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 



 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

キュウリ、トマト、つるありインゲン

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

梅雨らしいと言えば梅雨らしい、蒸し暑く不順な天候が続いたせいで、夏風邪を引いてしまいましたが・・・
早めに風邪薬を飲んで、ぐっすりと睡眠を取ったお蔭で、大したことにならずに済みそうです。

前回の記事で大げさに騒いだため、かえってご心配をお掛け致し、申し訳ございませんでしたm(_ _)m
「頭がボー」となったのは、風邪のせいではなく、風邪薬が原因だったみたいです。

今日は、そんなぐずついた天気も、すぐれない体調も、いっぺんに吹っ飛ぶような嬉しい話題をお届け。


◆ 復活キュウリ、初の収穫

キュウリは、5月1日に定植。
夏ばやし」2株。「Vロード」1株。「(品種の分からない)接ぎ木キュウリ」1株。

順調に育っているかに見えた矢先、ゴーヤ、カボチャとともに、ウリ科の野菜を中心に『べと病』が蔓延。
キュウリは2株を失い、残りの2株も、病変のある葉を取り除いたら、先端部に数枚の葉が残るだけのみじめな姿に・・・
※ 過去記事は ➡ポチットナ

とても育ちそうに見えませんでしたが・・・
Enjoy in 菜園」のらうっちさんが速攻で送ってくださった「マイエンザ」を、葉面に散布したり、株もとに水やり代わりに散布したりと、懸命な手当のかいあってか、見事に復活を果たしました。
※ 過去記事は ➡ポチットナ

Vロード0627


そして昨日、初の収穫が出来たんです。

Vロード(2)0628


Vロード」を1本だけですが、確かに収穫いたしました\(^o^)/♪


さらに、トマトも初の収穫です。

トマト0628 トマト(裏)0628

ホーム桃太郎(大玉)」1個。
裏も表も傷一つないきれいな出来です(⌒・⌒)オイシソー

最後に、つるありインゲンもちょっぴり・・・

つるありインゲン0628


たった2本ぽっちだけど、これも初収穫です♪

まとめると、昨日の収穫は・・・

収穫0628


キュウリ1本。トマト1個。インゲン2本。

さらに今朝・・・

夏ばやし0629


今度は、「夏ばやし」を収穫しましたよ\(^O^)/

初収穫と来れば・・・

◆ 菜園料理

『初収穫野菜のサラダ 玉ねぎたっぷりのドレッシングで』

初収穫サラダ0628


キュウリトマトは、もちろんフレッシュのまま。
インゲンは採れたてのことも有り、サッと湯がいただけです。
他に、ゆで卵と懐かしの魚肉ソーセージが少々。

玉ねぎがたっぷり入ったドレッシングをかけて召し上がれ(⌒・⌒)モンクナシニオイシカッタヨー


さて・・・
気付いてみれば・・・
今年も、あっという間に半年が過ぎ去ろうとしています。ハヤー!

家庭菜園も2年目。
張り切っていくつか新しいことにもチャレンジしてみましたが・・・
意気込みとは裏腹に、春先から病害虫に悩まされ続けてきました。
※ 興味のある方は、過去記事をじっくり見てね~

次回は、反省も込めて、この半年を振り返ってみることに致します。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 



 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

キュウリ、完全復活\(^o^)/♪

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

九州は豪雨で大被害、関東は少雨で水不足。
特に熊本では、大地震の傷も癒えぬうちに・・・

天の神様も、もう少し融通をきかせて欲しいものですね。

天気予報によれば、しばらくは不安定な天候が続くようです。
九州を始めとして、これ以上被害が出ないようにお願いしますよ。


極々個人的なことですが、せめて良いニュースを・・・

◆ べと病にやられたキュウリが、完全復活しました。

前回の記事でもお知らせしましたが、べと病にやられながらも何とか生き残った2株のキュウリが、完全復活した兆候が現れましたよ。

まずは、久しぶりに花盛りの様相を呈してくれています。

キュウリ花盛り0622


その上、キュウリの子供がだいぶ大きく育ってきました。

Vロードの実0622


さらにさらに、脇芽も生え出て、そこにも雌花が付きました。

キュウリの脇芽0622


これはもう、生き延びただけでなく、「完全復活」と考えていいですよね\(^O^)/


天気つながりと言うことで・・・

◆ 太陽の恵みを実感


このブログではお馴染みですが・・・

うちの庭は、東西南北、四方を建物に囲まれて、日当たりが悪いことは、常々しつこいぐらいにこぼし倒しています。
日照不足で野菜の成長が悪いと、泣きごとばかリ綴っているような気さえ致します。

ただ、トマトはトマト、ナスはナスと言った塩梅で、畝ごとに特定の野菜を栽培している関係上、畝ごとの生育の良し悪しは解っても、それぞれの野菜に、日照時間によってどのくらい悪影響が出るかは、比較出来ないでいました。

ところが、日照時間と生育状態を対比できる植物があったんです。

それは、緑肥植物として、あるいはコンパニオンプランツとして、栽培してきた「ソルゴー」なんです。

ソルゴーは、言ってみればわき役ですから、狭い庭の中であちこちに植えることになりました。
それぞれの場所で、日照時間に顕著な差があることになります。

それ以外の、播種時期、土壌の状態、施肥や水やりの状況などはほぼ同一です。

まずは、庭の東の隅、トマトの畝の脇に植えたソルゴーです。

ソルゴー(1)0622


最も日照時間が長く、現時点(もちろん一日中晴れたという条件の時で)、5時間程度でしょうか。
ただ、西日になると、あんずの木の木漏れ日になってしまいます。

丈の高さは、膝上を越えて、ゆうに60cmはあります。
葉の幅も広く、緑も一番濃いと思います。


次に、庭の反対側、西側の塀際に植えたソルゴーの様子です。

ソルゴー(2-2)0622


木蓮の木と塀の間のわずかな隙間から日が射すだけ。
こんな感じ・・・

ソルゴー(2-1)0622


1日に、1時間も直射日光が射せばいい方かな。
木漏れ日を入れても、2時間はないと思います。

長い奴で、ようやく30センチ程度。
葉の幅も狭く、葉の色も薄いです。


最後に、離れの北側の小さな庭に植えたソルゴーを見てもらいます。

ソルゴー(3-2)0622


ここは、建物と建物のわずかな隙間から、朝日がわずかな時間射すだけです。
現時点で、1時間あるか無しかと言ったところ。
こんな感じに・・・

ソルゴー(3-1)0622


さらに、南天の木が葉を伸ばして遮るので、木漏れ日になりがちです。

丈も25センチがやっとと言ったところ。
葉の色も一層薄く感じます。


日照時間以外はほとんど条件が一緒なのに、これだけの違いが生じています。

太陽って偉大!

太陽の恵み、お天道様の有難さを実感できましたよ。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR