キュウリ、ピーマン、茗荷、トマト、ナス、インゲン

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

昨日は七夕。
「七夕キュウリ」で、苗作りを始めた方も多いのでしょうね。
うちは培地が無いから、そこまでの余裕はないな~
べと病で出遅れたし、今のキュウリに頑張ってもらいましょうか。

そんな訳で・・・

◆ キュウリについて

先行したキュウリ(5/1定植)に続けて、品種の分からない接ぎ木キュウリを定植したのが、6月10日でした。

その接ぎ木キュウリの実が、だいぶ大きくなって収穫サイズに。

接ぎ木キュウリ0704


ただ、見たこともないような、いぼいぼとげとげキュウリなんですよ。
しかも、上から下までびっしり。

接ぎ木キュウリ拡大0704


最近の品種改良されたキュウリとは、ちょっと違う感じが・・・
少なくとも、八百屋やスーパーの店頭では見たことがありませんね。


◆ ピーマンについて

ピーマンは、第1果以来久しぶりに結実した実が大きくなってきました。

ピーマン0707


ピーマンの転倒防止には、支柱をVの字に立てたり、ネットを水平に張ったり、様々な方法があるようですが・・・
うちでは、1本の支柱から紐(ひも)でつるす方法を取っています。
イメージとしては、兼六園の「雪吊り」なのですが・・・トオクオヨビマセン!

ピーマンの支柱2


ピーマンの実は軽いので、それで十分だと思っています。
実が大きくなって負担のかかった枝から順次つるしてあげます。
これを「泥縄方式」と呼んでいます(笑)

ただ、手先が不器用なので、紐を結ぶのに一苦労。
てっぺんに輪っかを結びつけて、結びやすい様に工夫をしています。

ピーマンの支柱1


紐は麻ひもを使用。
ビニールひもは表面がつるつるで、枝を固定しにくいからです。


◆ 茗荷について

茗荷は、我が家の庭に70年以上前から自生していたもので、いまだに毎年嬉しい収穫をもたらしてくれます。

現在の状態は・・・

見渡す限りの茗荷


南の隣家との境の塀際は、見渡す限りの茗荷畑になっています。
これは毎年のことですが・・・

今年はあまりに密集しすぎて、せっかく降った雨が地面に到達できない状態になっています。
このままでは収穫にも響きそう。

例年ではもうすでに収穫が始まっていてもおかしくないのに、いまだに花穂の姿が見えないので、思い切って間引くことにいたしました。

これが間引いた残滓。

茗荷の残滓


間引いて多少の隙間を作ってあげたら・・・なんと!
茗荷の子供(花穂)がいくつか顔を出しているのを発見しました

茗荷の花穂0707 茗荷の花穂20707


間引いた効果がどれほどのものかは解りませんが、花穂を見つけることが出来ただけでも、間引いた甲斐があったというものです。


◆ ナストマトについて

ナストマトはともに、「究極の土作りの畝」で栽培しています。
次回の記事(半年間を振り返る3)で、詳しくご報告する予定です。

今日は現状をほんの少し・・・

ナス0707 トマト0707


ナスは、立て続けに「おしりかじり虫(犯人は特定できず)」の被害にあっているので、100均のネットをかぶせています。

トマトは、去年と比べて、実付きも生育も見劣りしますが、それでもゆっくりと色づき始めた実もあります。


◆ 昨日の収穫

まずは、キュウリから・・・

キュウリの収穫0707


右端の、いかにもとげとげでいたそうなのが、後作の接ぎ木キュウリです。

次に、つるありインゲンです。

インゲンの収穫0707


決して多くはありませんが、これだけあれば料理の一品は作れそうですね。


◆ 菜園料理


『朝採れキュウリのもろきゅう』

もろきゅう0707


とげとげの接ぎ木キュウリをもろきゅうで。
朝採れキュウリだけに、「シンプルイズベスト」と言うことにいたしました。

見かけ通りに、昔懐かしい味でした。
かすかな苦みが食べた後に残るんです。
決して嫌味な苦みではありません。
最近の品種改良したキュウリには無い味わいで、とても美味しかったです(⌒・⌒)ニコニコ

インゲンと油揚げの炊き合わせ』

インゲンと油揚げの炊き合わせ

これまたシンプルな料理ですが、ご飯のおかずにも、酒の肴にもぴったり。
飯も酒もすすんで困るな~!


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 



 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

半年間を振り返ってみる(2)

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

今朝は、久しぶりに涼しい朝を迎えました。

が、東京は昨日一昨日と猛烈な暑さに見舞われました。
特に、一昨日は、最高気温35.4度。
今年初めての猛暑日となりました。

昨夕は雷雨でちょっぴりお湿りもあったものの・・・
依然として、梅雨はどこに?って感じです。
本当に、水不足が心配だ~(゚_゚i)シンコクナンデス


今回も前回に引き続き、前半戦を振り返って・・・

◆ 究極の土作りについて

家庭菜園見取り図2016 6 560究極の土作り」と銘打って、今年の2月から順次、3本の畝作りを進めてきました(右の図を参照)。

究極の土作りとは、簡単に言えば「肥料で野菜を育てるという発想を捨て、土と土壌微生物と植物の力で、野菜を育てる」農法になります。

「無農薬、無施肥、不耕起」の「自然農法」の一種だと思います。
※ 詳しくは ➡ポチットナ

そして、3本の畝では、「つるありインゲン」「ナス」「トマト」を育ててきました。

究極の土作りによる畝が、「耕し、肥料を施し、適宜農薬を播く」いわゆる従来の「慣行農法」と比較して、どのような変化と効果をもたらしたか、ここまでの状況を検証(大げさだよね~)して見ることにいたしましょう。


まずは、「究極の畝1」の「つるありインゲン」から。

つるありインゲンは、4月23日に、畝に直播しました。
現状は・・・

つるありインゲン(1)0628


手前に見えるのがインゲンです。
後ろにそびえたつ感じなのが木蓮の木なんです。

この畝は、木蓮の木陰に当たっていて、インゲンは横に広がらず、上へ上へと伸びて行きます。
1m80㎝で1回摘芯しましたが、脇芽も上へと伸びて行き(誘引したにもかかわらず)、2mでもう一度摘芯。
それでも太陽の光を求めて上へと伸びようとするので断念して以後放任。
木蓮の枝と葉を棚代わりにして、さらに伸びています。

すでに収穫が始まっていて(まだたった2本ですが)、更に収穫間近な実もあって、順調に見えます。

インゲンの実0703


ただ、気がかりなのは、いんげんの茎の細さです。

インゲンの茎0701


株もとでこのサイズ。

そのせいか、実の数と密度が極端に少ない気がしています。
画像は一番密度の濃い部分で、他は、1本、2本とポツリポツリとある程度です。

それが、究極の土作りによるものか、日当たりの悪さによるものか、判然と致しません。
今頃になって気づいたのですが・・・
インゲンは今年初めて栽培した野菜で、比較するデータが無いんです。

そこで、去年も栽培したことがある、「究極の畝2」の「ナス」と、「究極の畝3」の「トマト」で、比較したいと思います。
しかも、ナストマトの畝は、日当たりの悪い我が家の庭の中では、最も日当たりの良い場所になります。
そう言う意味でも最適では?

残念ながら、時間切れで、次回にまたまた持ち越しです。
「何処まで引っ張る気だ~!」って声が聞こえるような気がしますが・・・
私もいい加減年を取って、耳も遠くなっているので、ここは聞こえないということにして・・・


◆ 昨日(7/4)の収穫

収穫0704(1)


ほんのちょっぴりですが・・・

大きい方のキュウリが「Vロード」で、小さい方が「夏ばやし」です。
トマトは「ホーム桃太郎(大玉)」


◆ 菜園料理

『山盛りのトマトキュウリの上に鎮座する豚の冷しゃぶ』

トマトとレタスたっぷり冷しゃぶ


味のアクセントとボリュームを出すために玉ねぎのスライスを混ぜました。
さらに、彩りとしてゆで卵をトッピング。

胡麻だれをたっぷりかけて召し上がれ。

新鮮なトマトはもちろん美味しいのですが・・・
毎度くどいほどに言い続けてきたように・・・
「採れたてキュウリって、柔らかいのにシャキシャキで、香りがとてもフルーティー!」なんです。

これこそ家庭菜園の醍醐味だと思います。

この味覚が、べと病のせいで、すんでのところで楽しめなかったかも知れなかったんですよね。
「Vロード」も「夏ばやし」も、復活してくれてありがとう\(^o^)/♪
※ べと病の被害については ➡ポチットナ


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

良いことも悪いことも有り 我が菜園

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

今日は、年に一度の定期健診。
と言っても、一般的な健康診断ではありません。

胃の粘膜下腫瘍持ちなので、一年に一度、胃の内視鏡検査を受けなければならないのです。

でも、ご心配無用。
以前の記事でもご報告したことがあるのですが、今のところ良性なので、経過観察のための内視鏡検査です。
よほどのことが無い限り、「また来年」となるはずです。

そんな訳で、今日の記事は予約投稿です。

良いことも悪いことも有り 我が人生
良いことも悪いことも有り 我が菜園

字余り、お粗末でした。


【順調】

◆ 接ぎ木キュウリ

栽培していた4株のキュウリの内2株をべと病で失ったことを受けて、急遽買い求めた「接ぎ木キュウリ」2株を定植したのが、6月10日のこと。
※ 過去記事は ➡ポチットナ

その後も順調に育っています。

接ぎ木キュウリ(1)0619


少し拡大すると・・・

接ぎ木キュウリ(2)0619


雌花も雄花もけっこう咲き出していますよ。


【復活】

◆ 夏ばやしとVロード


もともとキュウリは、「夏ばやし」2株、「Vロード」1株、「名無しの接ぎ木キュウリ」1株でスタートしました。
そして、べと病で夏ばやし1株と名無しの接ぎ木キュウリ1株を失いました。
※ 過去記事は ➡ポチットナ

残りの夏ばやし1株とVロード1株も、先端部以外の葉をすべて取り除いて様子を見ていたのですが、ここまで復活してくれました。

夏ばやしとVロード0619


花芽がついても咲く前に枯れてしまう状態が続いていたのですが、ようやく夏ばやしの雌花が咲いてくれました。
ホッと一安心ですね(⌒・⌒)

夏ばやしの雌花0619


べと病の惨状に、「Enjoy in 菜園」のらうっちさんが、速攻でマイエンザを送ってくれたのが、ここに来て効いてきたと感謝しています。
※ 過去記事は ➡ポチットナ


【順調?】

◆ つるありインゲン

つるありインゲンは、4月23日播種、5月3日に発芽を確認。

ようやく、6月14日に初の開花を確認しました。

インゲンの花0616


そして、昨日(19日)に、初めてインゲンの子供を発見。

インゲン0619


一部にべと病の症状が見られたせいもあり、成長が遅れてしまいました。
順調とは手放しで喜べないけど、良くここまでこぎつけたという思いもあります。


【拾い物】

◆ ゴーヤ再開

今年のゴーヤ栽培は、「白寿限無」(白ゴーヤ)を種から栽培しました。
7株を定植し、順調に成長していたはずが、やはりべと病で全滅してしまいました。

当初は、キュウリから発症して、それがカボチャ、ゴーヤへと広がったと考えていましたが・・・
被害の大きさから言って、ゴーヤが発生原で、そこからカボチャ、キュウリと感染を拡大させたと考える方が合理的ですね。
現にキュウリは半分生き残った訳ですから。

ゴーヤはもともと、作物としてではなく、グリーンカーテンとして毎夏育てていて、今年で9年目になります。
典型的な連作で、連作障害の一つとして、べと病を発症させた・・・そんな気がしています。

それはともかくとして、料理担当者がゴーヤ嫌いだということも有り、今年はグリーンカーテンを断念していたのですが・・・
近所の花屋で売れ残りのゴーヤの苗を見つけて・・・
思わず全部買ってしまいました。
全部といっても4株ですけどね。

ゴーヤ(1)0619


花屋の店先で放任されていたと見えて、ぐちゃぐちゃにこんがらがっています。
でも、このおかげで、1株98円の値札が付いていたのに、交渉の結果4株で216円にしてもらえたので文句は言えません。

ゴーヤ(2)0619


悪戦苦闘の末にばらけてみると・・・

ゴーヤ(3)0619


一番長いのは、かるく1mはありますね。

ゴーヤ(4)0619


毎年植える定位置に定植いたしました。
ひょろひょろと徒長気味ですが、病気さえ出なければ大丈夫だと思います。
本来ゴーヤは丈夫なのですから。

今年も、白ゴーヤじゃなくて、普通のゴーヤになっちゃった。


【残念】

◆ ナスの初物

ナス初物0616


いきなり第1果が食われてしまいました。
ほじくってみたけど加害者が見つからないのではっきりとは言えないけど、
タバコガ夜盗虫の幼虫みたいですね。

すぐに他の実を、100均の三角コーナー用のネットでカバーしてみました。

ナスにネット0616


◆ トマトに飛び火?

ナスの食害から3日後、

トマトの実(2)0619


今度は、トマトがやられました。
トマトは、寝かせ植えをしたので、第1果が地面スレスレについたので、被害を見つけるのが遅くなってしまいました。

これもほじくり返したけど、加害者はとうに逃走。
犯人を確定できていませんが、これもタバコガ夜盗虫のようですね。

今年は本当にいろいろやってくれます。
さして広くもない家庭菜園。
「もっとしっかり管理しろ」ってことですよね。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

夏野菜の成長記録(2) その他

本日もご訪問いただき、 まことに有難うございます🎶

一昨日、昨日と、暑い日が続きましたね。
そして今日も、猛烈な暑さが予想されています。

今日は前回に引き続き、代表的な夏野菜の「キュウリ」と「トマト」の成長を中心にご報告。


◆ キュウリについて

キュウリは、4株を、5月1日に定植。
斜めに誘引して、畝の周りをらせん状に巻きつかせて育てる予定でした。

キュウリの斜め誘引0520


今のところ予定通りに、順調な成長ぶりだと思います。

2~3節までは芽欠きをして、後は放任しています。

キュウリの雌花0523


現在、それぞれの株の、7~8節の雌花を残して、それより下の雌花は摘み取っています。


◆ トマトについて


トマトも、ナス、ピーマン、キュウリと同時に苗を購入したのですが、
徒長気味に大きく育てて、「寝かせ植え」にしようとしたので、4株を最も遅い5月7日に定植しました。

寝かせ植えのために当然、トマトも斜めに誘引するつもりなのですが、成長が予想よりもスローなので、
うまく斜めに誘引できてはいないです。

トマト0523


地上10センチほどの低い位置に、第1花房が付いています。
よく見ると結実しているのが解ると思います。

トマト第1花房0523


そういった意味では、トマトも順調なのかもしれませんね。


◆ つるありインゲンについて


インゲンは、4月23日に播種。
5月3日に発芽を確認しています。

現状はこんな感じです。

いんげん豆0523


インゲンは初めての栽培なので、比較する材料が無いのですが、それでも順調と言って差し支えないと思っています。


◆ 長芋について

長芋は、「ほったらかし栽培」と言うカテゴリに入っていることからも解るように、
ちゃんと栽培しようとして育てていたのではなく、文字通りほったらかしにしていたんです。
※ 長芋についての記事は ←ここをポチッ

それでも毎年ささやかな収穫をもたらしてくれました。

ただ、去年は、スズメガの芋虫に徹底的に食いつくされて、むかごさえ出来ない有様にされてしまいました。
(勝手ににそう思い込んでいました。)
※ スズメガによる被害の記事 ←ここをポチッ

完全に全滅したと思って、収穫できる芋はすべて収穫して、 長芋の栽培には終止符を打ったつもりでした。

ところが春になって、思いがけないところから、1本2本と芽を出してくれたのには、正直びっくり致しました。
嬉しい誤算ですね。

現在、数少ない芽の中で、比較的大きく育ったものを3株、一か所に移植して育てています。

長芋0520


おそらく、生き残ったむかごから芽を出したのだと思うので、種芋からと違い今年の収穫は出来ないと思います。
が、大切に育てて、3年後には去年までと同じ規模にまで増やしてみるつもりです。


【お・ま・け】

害虫つながりと言うことで・・・

日々、害虫との戦いを強いられていますが、
これまでは、モンシロチョウの青虫と、テントウムシダマシが中心でした。

今日初めて見かけたのがこれなんです。

青虫0523


黄緑と白のツートンカラーで、背中にギザギザがあることから、「タバコガ」の類ですかね。
トマトが結実したところだから、駆除できたのは良かったのですが、
たった1匹のはずはないでしょうから、ちょっと心配ですね。

【追記】
犬と猫と自由な心Ⅱ 」のwoojyanさんから、画像の害虫が「ウリキンウワバ」の幼虫だと教えていただきました。
画像検索で確かめたら、間違いなくウリキンウワバでした。
woojyanさん、貴重なご指摘有難うございましたm(_ _)m
(2016.5.24 22:15)


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR