大根も人参も頑張ってくれ~!

本日もご訪問いただき、有難うございます。

一昨日昨日そして今朝とようやく寒くなってきました。
それでもこれでほぼ平年並みだそうです。
今まで暖かかったせいか、やけに寒く感じるのですけどね。

また、この秋は暖かい反面雨が多い気がします。
今後の予報も悪いので、昨日のうちに採れるものは収穫してしまいました。

◆ 根菜栽培について

大根について』

播種は9月12日。
71日目の状態と言うことになります。

大根1123

葉の一つを俯瞰すると、こんな感じ。

大根の葉1123

だいぶ大根の葉らしくなってきたように見えますね。
ただ、根元を拡大してみると・・・

大根拡大1123

「ありゃりゃ。まだこんなものか~ぁ!」

まるで鉛筆サイズですね。
70日以上かかってこれだけ・・・
作物って肥料だけでは育たないんですね。
お天道様のありがたさが良くわかります。

人参について』

さらに生育が遅れているのがニンジンです。
こちらは播種が9月1日ですから大根よりも生育が早くなければならないはずですよね。

人参の間引き菜1123

間引いてみましたがこんな状態なんです。
葉も小さいし、茎なんか貧弱すぎます。
しかも人参になっていません。
ほとんど根っこそのものですね。

繰り返しますが・・・

太陽ってすごい!

もともと日当たりの悪い庭の中でも、大根の畝よりさらに悪条件なのですが、「笑っちゃうしかない」有様です。

◆ 葉物野菜について

チンゲン菜について』

根菜が全く振るわないのに対して、葉物野菜は健闘しています^^

小松菜については前回の記事でご紹介した通り、日当たりの悪い中でも期待以上の収穫になりました。
※ 「小松菜の収穫」については ←ここをポチッ

チンゲン菜の収穫は・・・

チンゲン菜の収穫1123

これですべて収穫いたしました。
一番大きなもので15センチほどですかね。
チンゲン菜特有の葉元の太さは、かなり見劣りしますね。
それでも、小松菜の収穫の際に「チンゲン菜日照不足の影響をもろに受けている」と嘆いていましたが・・・
根菜と比べれば、一目瞭然、大健闘と言わざるを得ません。

◆ カップ麺プランター栽培について

カップ麺のカップをプランターに見立てて棚の上で栽培したものです。
※ 「カップ麺プランター」については ←ここをポチッ

ラディッシュを6鉢、カブを3鉢。
播種は9月22日のことでした。

カブ

カブ1123

葉と茎の大きさから考えてこれが限界だと思い収穫してみました。
これ以上大きくならないだろうし、ぐずぐずしていると「す」が入ってしまうからです。

大きさはこれくらい。

カブ収穫1123

やっぱりちっちゃい~(T_T)

ラディッシュ

ラディッシュ収穫1123

まぁ、こんなものですよ。
しつこいようですが、絶対的な日照不足の中、頑張ってくれたと思います^^

唐突ですが・・・

大根も人参も もっともっと 頑張ってくれ~


◆ 菜園料理

カブラディッシュの丸々甘酢漬け』

カブとラディッシュの甘酢漬け

チンゲン菜入り水餃子』

チンゲンサイ入り水餃子

小さくともカブはカブ。
ラディッシュとともに、一口サイズでおいしく頂けました^^

チンゲン菜も、ちゃんとチンゲン菜でしたよ。

女房に言わせれば・・・
「市販のぶっといチンゲン菜は、年寄りには硬すぎますよ。うちの方が、柔らかくて、それでいてしっかりシャキシャキ感もあって、よっぽど美味しかったですよ」と言うことになるんです。

持つべきものは良い女房

11月22日は「いい夫婦の日」だったそうですね。
遅ればせながら、思いっきり 惚気(のろけ) てみました^^♪


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

ラディッシュ、コマツナ、チンゲンサイ、収穫祭か?

本日もご訪問いただき、有難うございます^^

今日の東京は雨模様で、ちょっぴり涼しくなりそうです。
晴れるとポカポカ陽気、雨が降るとヒンヤリと言う日々が続いています。
ただ、全体的には気味悪いぐらいの暖かい秋ですね。

天気予報も悪かったので、昨日の午後にいくつか野菜を収穫しました。

◆ ラディッシュの収穫

まずは、カップ麺プランターで栽培中のラディッシュを試し掘りしてみました。

ラディッシュの試し掘り

15日の記事で、もう一回り大きくなったら収穫すると書いたのに・・・
我慢できずに、「試し掘り」と言う名目で採っちゃいました^^
だからサイズは思った通り小さめです。

◆ コマツナの収穫

次にコマツナですね。

コマツナの収穫1117

9日の初収穫同様、25~30センチほどの収穫サイズとなりました。

◆ チンゲンサイの収穫

最後に、問題のチンゲンサイです。

チンゲンサイの間引き菜1117

一向に大きくならない未熟なものを収穫?してみました。
収穫というより間引き菜サイズですね。
チンゲンサイ特有のぶっとい葉になりません。
日照不足ではこれが限界かもしれません -_-;

◆ 菜園料理

収穫した野菜で、女房に晩御飯のメニューを2品作ってもらいました。

ラディッシュのサラダ』

ラディッシュのサラダ

ラディッシュの量が少ないので、玉ねぎのスライスで嵩(かさ)増しています。
付け合わせは、ラディッシュの葉を軽く湯がいたものと、ピーマンの細切り。
調味料はマヨネーズのみ。
小さいせいか採れたてのせいか、今まで食べたラディッシュの中でも、辛みは最高の部類に入りますね。
風邪をひいていた時だったらかなり喉(のど)にしみたかも・・・
でもこの日は美味しくいただけました♪♪

チンゲンサイコマツナ入り湯豆腐』

チンゲンサイとコマツナ入り湯豆腐

なりは小さく未熟でも、香りといい、シャキシャキ感といい、
「チンゲンサイはチンゲンサイ」でした。
以外にいけましたよ~^^


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


ラディッシュとカブがふくらんで来た

本日もご訪問いただき、有難うございます。

不覚にも風邪をひいて寝込んでしまいましたが、お陰様で順調に回復しております。

ご心配いただいたり、励ましのお言葉をいただいたり、まことに有り難く感謝申し上げております。
風邪やらインフルエンザやらと大騒ぎして、いまさらながら気恥ずかしい思いです。

◆ カップ麺プランター栽培について

カップ麺のカップを使ったプランターで、ラディッシュカブを栽培してきましたが、久しぶりのご報告です。

播種が9月21日のこと。
※ カップ麺プランターの作り方などは ←ここをポチッ

発芽が9月24日でした。

最後に間引いたのが、11月3日で、その時はまだこんな感じだったんです。

ラディッシュ本命 カブ本命

その後、10日余りで急にふくらんできましたよ。

まずはラディッシュから。

ラディッシュの根菜

次に、カブです。

カブの根菜

100円硬貨と比べてみたのですが、どうでしょうか。
種を蒔いてから56日目、通常よりもだいぶ遅い生育具合ですが、やっと何とかカッコがついて来たというところですね^^
ラディッシュは、もう一回り大きくなったら収穫して食べちゃうつもりです♪
カブはまだまだ大きくなるはずなので、今しばらくの辛抱といった感じですね。


◆ 培養土の実験について

カップ麺プランターラディッシュカブの栽培を始めると同時に、異なる2種類の培養土の生育実験を企画しました。
花と野菜の培養土』と『有機野菜の土』の2種類で、ラディッシュの生育にどのような違いが出るのかという実験でした。

とりあえず現在の状態を見てもらいますね。

ラディッシュ1115

左の2つが「花と野菜の培養土
右の2つが「有機野菜の土
真ん中の2つが「1対1で混ぜたもの」

左から3番目と、右から2番目が少し貧弱な気もしますよね。
もう少し拡大してみます。

ラディッシュ花と野菜の培養土1115 ラディッシュ混合1115 ラディッシュ有機野菜の土

ただ、誤差の範囲と言えなくもないんです。
種自体の特性というか、ポテンシャルというか、個々の差を考えると、際立った結果ではないような気がしますね。

参考までに・・・

カブ1115

カブを植えた3つのプランターです。
カブは、棚の右にスペースが余ったので植えたのでした。
そのため、すべて「花と野菜の培養土」なんです。
つまり実験には参加していません。

同じ条件で育ったはずなのに、生育にずいぶん差ができています。
特に左端はかなり見劣りがしていますね。

このことを考え合わせると、「誤差の範囲内」と言う結論になりそうです。
どちらにしても、あまりにも実験の検体が少なすぎましたね。
最後の収穫状況でもう一度判定してみるつもりではおりますが・・・


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


ラディッシュとカブを間引く

本日もご訪問いただき有難うございます。

早いもので11月なんですね。
今年は10月がやけに暖かかったので、冬はまだまだ先だと油断していました。

昨日の冷たい雨で、今年もあと2か月しかないことを教えられました。
あっという間に冬が来て、今年も暮れて行くのでしょうね。

◆ カップ麺プランターの「ラディッシュカブ」栽培について

さかのぼること40日余り。
9月21日のことでした。

日当たりの悪い庭でも、工夫次第で日の当たる場所は確保できると、棚を作って高い位置にカップ麺のカップで作ったプランターを置いてみました。

植えたのはラディッシュカブの種でした。

結果的に、秋の日差しは全くと言っていいほど当たらず、無駄な工夫になってしまったのですが・・・

今朝、おそらく最後になるであろう間引きをしました。

間引き菜1103

もう少し大きく撮影した画像がこれです。

ラディッシュ1103 カブ1103

左がラディッシュ、右がカブ

共に、まだ丸く結球していませんが、特にカブに至っては「大根」にしか見えませんね。
いやになるほどに生育が遅いです。太陽の力がいかに偉大かが分かります。

残した株に期待することにしましょう。

ラディッシュ本命 カブ本命

※ 棚とカップ麺プランターの記事は ←ここをポチッ


◆ ミョウガ栽培について

ミョウガはいよいよ最終盤、というより最後といった感じです。

ミョウガ1103

もうほとんど枯れています。
それでもミョウガは頑張ってくれるから、 す・ご・い!

ミョウガ収穫1103

ちっちゃいし、やせ細っていますが、花まで咲かせて頭が下がる思いです。
でも、まともな収穫はこれで最後だと思います。

あとは最後のお楽しみ。
枯れ果てて撤収する時に、地上に顔を出せなかった花穂(いわゆる実)が収穫できることがあるんです。
年によっては全く採れないこともありますが、採れた時はおまけのようなお得感があるんです。
今年はどうかな~^^


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


日照問題は終わりにします🍂

こんにちは、ヤクモンです。
うちの家庭菜園へようこそ^^♪

今日のテーマは、
日照と野菜栽培の問題】と【カップ麺プランター です。

*************************************************************************


「まだやるのか?」「しつこいぞ!」
という声が聞こえてきそうですが・・・

日照問題は今日で最後にいたします。

その前に、野菜の徒長日照についての記事に対して、「激励」やら「情報」やら「アドバイス」やらをコメントいただき、
励まされたり、参考にさせてもらったり、非常に有難かったので、この場をお借りして、お礼をさせてくださいね。

「土にまみれて\(^O^)/ Happy♪」の「メアリー」さん。
「何処までいくの 夫婦癒し旅」の「たびいくひと」さん。
「夢とゆんた」の「yumeyunta」さん。
「地球の生き物を考える」の「たてじまきんちゃくだい」さん。
「素人家庭菜園日記」の「うしぇしぇ」さん。
そして、「POOH」さん。「tea」さん。

本当に有難うございました m(__)m

また、鍵コメでいただいたので、ブログ名とハンドルネームは出せませんが、大変参考になったので、コメントの内容をご紹介させていただきますね。

それは「ペンタガーデン」と言う液体肥料についての情報でした。

寄せられた情報と、私なりに調べた結果をご報告すれば・・・

ペンタガーデンは、5-アミノレブリン酸(ALA)と言う天然アミノ酸を配合した肥料のことです。

5-アミノレブリン酸(ALA)は、動物・植物の体内に存在するアミノ酸の一種で、動物では血液(ヘモグロビン)の、植物では葉緑素(クロロフィル)の原料になるとのこと。

ALAを植物に与えると、葉緑素が増えて葉の色が濃くなり、根の生長が促進され、与えた肥料の効果も高まると言う。

光合成量が増えるので植物全体の生長が促進され、果物は糖度が上がり、野菜の品質が高まるそうだ。
また、光合成によって作られた糖が増えるので、植物体の浸透圧が上がり、低温、低日照、乾燥、土壌塩類などの環境ストレスにも強くなると言う。

早い話、日照時間が短い環境でも良く育ち、寒さに強くなるということらしい。

その上、ALAは天然に存在するアミノ酸なので、環境を汚染することがなく、製造も、細菌発酵で生産する方法をとっているため、安全で環境にやさしいそうだ。

要するに、夢のような肥料と言うことですね。

問題はコストパフォーマンスだけで(少々お高い)、それとても、液肥の場合は100倍希釈で使うので、それほどの問題になるとも思えませんね。

また、固体肥料もあり、葉に散布するタイプの「ペンタキープ」という肥料もあるとのことです。』
 小宮商事株式会社 のホームページからの引用を中心にまとめています。 (メーカーのホームページより分かりやすかったから)

秋から冬にかけて、ほとんど日の当たらないうちの庭には、ぴったりの肥料ということになります。

「はは~ん。それを使うことにしたので、日照問題は今日で最後というわけか!」
そんな声が聞こえてきそうですね。

「その通り!」
というわけではありません。

私が出した結論は、まったく逆なんです。

背伸びすることなく、自然体でやっていくことに決めたんです。

日当たりのよい理想的な環境で栽培した結果と同じものを期待するから悩むのであって、
日照時間が少ないなら少ないなりの収穫で満足すればよい話ではありませんか?
もちろん、それなりの努力と工夫はするつもりですけどね^^

それに、そんな取って置きの肥料があるのなら、いつだってその気になれば問題解決なんですからね。
保険は最後にとって置くもの。
だから「取って置き」 なんてね^^

最後に、【カップ麺プランターラディッシュ】について。

培養土1009 1対11009 野菜の土1009

左が、「花と野菜の培養土」
右が、「有機野菜の土」
中が、「1対1で混ぜたもの」

どうでしょう。
優劣はついたでしょうか?
どうやら今回も、誤差の範囲内ですかね。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR