油断!とう立ちしちゃいました。

本日もヤクモンの菜園をご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

3月も半ばだというのに、寒い日が続きました。
そのせいかな?
カブとう立ちしちゃいました。

全くの油断でした。
13日には何事もなかったんです。

ところが今朝、久しぶりに気持ちの良い天気だったので、根菜の畝に目をやったら・・・

カブのとう立ち(1)0314


あらら、何か変!
もっとよく見ると・・・

カブのとう立ち(2)0314


花芽が出来ていて、カブは4株すべて完全にとう立ちしていました。
14、15日と雨模様で、畑を見回らなかったんですよ。
その結果がこれです。

広い畑でたくさん野菜を育てていれば、とう立ちしたらしたで、とう立ち菜を楽しんだり、菜の花を愛でたりする余裕があるとは思いますが・・・
うちみたいに、狭い庭畑で少しの野菜を栽培している者にとっては、とう立ちは「痛い」ですよね。

ただ、1株だけ残った大根がとう立ちしていなかったのが、不幸中の幸いでしょうかね。
結局、カブ大根をすべて収穫して、根菜の畝はこれにて撤収です。

大根とカブの収穫0315


とう立ちしたカブは、果たして食べられるものかどうか?
大根は小さいながら、とう立ちを免れたので、美味しくいただけると思います。

大根の収穫0315


その結果が気になったので、朝っぱらから女房に無理を言って、大根とカブを料理してもらいました。

今日の夕食0316


まずは・・・
『カブのオカカまぶし』

カブのオカカまぶし0316


カブは外側が固くなっていたそうです。
とにかく厚目に剥いて、柔らかなところだけを薄切りにして、鰹節をまぶして醤油を垂らしただけの料理。
きめ細やかさに欠けるものの、サクサクとした食感で、まずまず食べられましたよ。

次に・・・
『大根の煮物』

大根の煮物0316


材料は、採れたてダイコン、揚げ、人参、エノキダケ、ベーコン。
大根がとろっとろで、これは文句なく美味しかったです!

さらに・・・
『カブの葉とアサリの混ぜご飯』

カブとアサリの混ぜご飯0316


材料は、カブの葉、アサリのむき身、揚げ。
カブの葉は、とう立ちの影響もなく、美味しくいただけました。

とう立ちを見つけた時はショックでしたが、美味しくいただけたので、現金なもので、元気百倍です。
そこで、食後に、撤収した畝の後処理を致しました。

根菜の畝(1)0316


長さ1m20cm、幅80㎝の小さな畝です。
土寄せを何度も繰り返して、畝の形が崩れています。

根菜の畝(2)0316


そこに、ぼかし肥を施して・・・

根菜の畝(3)0316


表面にすき込みながら、畝の形をザッと整えて・・・

根菜の畝(4)0316


残った残渣とか、周りに生えている雑草を引き抜いて畝に乗せます。
以外と雑草の量が少ないので・・・

緑肥作物として畝間で栽培している・・・

えん麦とライ麦0316


ライ麦えん麦を刈り取って・・・

根菜の畝(5)0316


畝に積み重ねて、しばらく養生です。
施したのがぼかし肥だけなので、すぐに種を蒔いても問題はないと思いますが、昨日までの雨で土が乾ききっていないこともあり、少し落ち着くまでちょっと時間を置きたいと思います。

後作は、小松菜春菊の余り種を使い切りたいと考えています。
夏の果菜の定植までのつなぎのつもりです。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

秋蒔き大根と春大根

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

今日は、すっかり忘れ去られた存在の、春大根春人参の話題から。

まだ正月気分も抜けきらぬ1月18日に、新しく畝を作りました。

ビニールシートのテント(1)0118


日当たりが悪いからまともに育つのは茗荷ぐらいだろうと、かなり広い面積を占めていた茗荷畑を半分削って、無理やりひねり出したような畝でした。

そこに蒔いた種は、春大根「春神楽(タキイ)」と、春人参「いなり五寸(タキイ)」でした。
※過去記事は➡ポチットナ

冬の間は日照が全くないので、ビニールマルチビニールテントで防寒はしたものの、あまり期待はしていませんでした。
どちらかと言えば、夏野菜に期待して作った畝ですからね。

結局、1か月以上たったのに、大根はまったく発芽しませんでした。

春大根・春人参の畝0228


正方形の穴が大根を播種した場所です。
6か所に蒔いたのですが、すべて発芽しませんでした。
一応防寒対策はしたのですが、発芽温度に達しなかったようですね。
全く日が当たらなかったから、考えた以上に温度が上がらなかったのだと思います。

ただ、人参は、時間はかかったものの、発芽してくれました。
手前のマルチの引き裂いたような隙間に見えているのが人参の芽です。
もう少し拡大すると・・・

春人参の発芽0228


懲りることなく、大根(春神楽)の種を蒔き直しました。
これからは気温も上がってくるし、太陽も少しずつ軌道が高くなり、日もだんだん当たるようになるので、今度は発芽してくれると期待していますよ。

春大根は期待外れでしたが、秋蒔き大根がようやく大きくなってきています。
はっきり言って収穫サイズには達していないのですが、収穫しちゃうことにしました~

大根とったぞー0228


サイズ的にはちょい不満ですが、4か月以上たっているので、これぐらいが潮時かなって感じですね。

播種は遡る事、10月16日のこと。
根菜の畝と言うことで、「冬どりあまうま大根(サカタ)」と「あずま金町かぶ(トーホク)」を混植しました。

「何か月かかっているんだ~」と、言いたくもなりますよね。
大根などは「冬どり」と名前がついているのですから・・・

結局、大根2本と・・・

大根の収穫0228


カブを1個収穫しました。

カブの収穫0228


カブもチッチャ!

収穫後の畝は・・・

収穫後の根菜の畝0228


大根が1本とカブが少々残っているだけです。
もう少し大きくなったらすべて収穫して撤収する予定です。

実は、この畝を早く空けたかったんです。
夏の果菜を定植する前に、今一度葉物栽培をしたかったのです。
小松菜や春菊の余り種を消費したいんです・・・古くなると発芽率が悪くなりますからね。

◆ 菜園料理

『大根とサクラエビの炊き合わせ』

大根とサクラエビの炊き合わせ0228

付け合わせは、がんもどきです。


『カニカマのみぞれ酢和え』

カニカマのみぞれ酢和え0228


付け合わせは、スナップエンドウです。


『大根の皮のきんぴら』

大根の皮のきんぴら0228


彩りは人参で・・・


カブの昆布漬け』

カブの昆布漬け0228


炊き合わせに使っただし昆布を使っています。


すみません・・・またまたプチ自慢です。

大根も、カブも、大変美味しかったです。
時間をかけて育ったせいか、単に採れたてだからなのかは分かりませんが、大根もカブもきめ細やかで滑らかな歯ごたえなんですよ。
大根おろしも、甘みが強いのにちゃんと辛みもあって、絶品でした。

料理した女房が驚いていたのですが、大根の皮がめちゃくちゃ柔らかいので、捨てるのがもったいないから、急遽きんぴらにしてみたそうなんです。

時間はかかったし、サイズも小さめですが、これだけ楽しめれば御の字ですよね~!


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

イチゴの目醒め。

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

春一番が吹いたかと思えば、翌日には真冬の寒さに逆戻りと、寒暖の差が激しいですね。

それでも着実に春は近づいているようで、その証拠に「イチゴ」が休眠から覚めたようですよ。
休眠中は寒さに強いイチゴですが、目覚めると防寒をしてやる必要があります。

◆ イチゴ栽培

イチゴとニンニクの畝0218


これがイチゴニンニクの畝です。

真ん中に植わっているのがイチゴです。
キャベツブロッコリーが混植されていますが無視してください。
周囲に、緑肥のライ麦とえん麦が茂っているので分かりにくいですが、イチゴを挟むようにニンニクが植わっているんです。

ニンニク0218


ニンニクもだいぶ茎が太くなりました。

イチゴの方は、すでに葉が立っています。
休眠から目覚めたサインです。
しかも・・・

イチゴの花芽0218


新芽が出るとともに、花芽が出来ています。
そこで、イチゴとニンニクにぼかし肥の追肥をして、周りに藁を敷いてやりました。

イチゴ(2)0218


さらに、周囲のライ麦とえん麦を刈り取って、イチゴの畝に敷き詰めます。

イチゴ(3)0218


最後に、不織布のテントで覆って、イチゴの防寒の完成です。


イチゴ(4)0218


花芽はまだ早すぎるので摘み取りますが、3月半ばを過ぎて暖かくなった頃にまた花を咲かせてくださいね~!


次に、久しぶりの収穫について・・・

◆ ブロッコリーの収穫

購入苗から育てた、キャベツブロッコリーの畝の様子です。

キャベツとブロッコリーの畝0218


キャベツはいまだ、巻きそうで巻かない状態ですが、ブリッコリーはだいぶ大きくなってきました。

標準の収穫サイズにはとても達していませんが、収穫することにいたしました。

ブロッコリーは・・・
「緑帝」(サカタ交配)2株を、9月12日に定植しています。
なんと、5か月以上経過していることになります。

収穫することにした一番の理由は茎の太さです。
通常よりも茎が細いので、これ以上大きくならないと判断しました。
現に、ここ10日ほど全く成長していません。

今一つは、頂花蕾の色です。

ブロッコリー0218


アントシアニンの紫色が十分に発色しています。
十分に成熟し、甘みも凝縮して食べごろだと思われます。
また、これから暖かい日が増えてくると、いつ花が咲いてもおかしくない気がいたします。

そんな訳で、思い切って収穫しました。

ブロッコリーの収穫0218


やっぱりちっちゃいですね。
日当たりの悪い環境では、これが精いっぱいだと思います。

2株とも収穫しちゃいました。

ブロッコリーの収穫(3)0218


収獲してみたら、嬉しいことに「側花蕾」が出来ていましたよ。

側花蕾(2)0218 側花蕾(1)0218


緑帝は、頂花蕾側花蕾兼用種なので、側花蕾の収穫も期待できます。
期待を込めて、ぼかし肥を追肥しておきました。


それから、カブも急きょ収穫することに・・・

◆ 根菜栽培

大根カブの畝です。

根菜の畝0218


カブを急きょ収穫したのは・・・

カブの収穫(1)0218


左のカブが実割れしているのを見つけたからです。

大根カブは、虫害がひどくて、最後に蒔きなおしたのが10月16日のことです。
それからでも、4か月が過ぎたことになります。
時間がかかり過ぎたせいかもしれませんね。
小さいですが、このサイズが限界とみて、同じぐらいの大きさのカブも念のため収穫いたしました。

カブの収穫(2)0218


これまた、日当たりの悪いうちの庭畑では精一杯なのかもしれませんね。


さらに、レタスも収穫しましたよ。

◆ ミックスレタスのプランター栽培

前回(2月8日)の収穫からちょうど10日。

ミックスレタス(1)0218


また、少し成長したので、収穫することにいたしました。

ミックスレタス(2)0218


ガーデンレタスミックス(アタリヤ)」の種をプランターに蒔いたのも、10月16日のことでした。
間引き収穫を繰り返しながら、それでも4か月を超えてしまいました。

ミックスレタスの収穫0218


今回もこれだけ採れました。
けっこう長い間愉しませてくれますね。

これだけ収獲すれば、一食は賄えますよね。

◆ 菜園料理

『野菜尽くし弁当』

菜園料理2018


「カブの菜飯」と「採れたて野菜サラダ」です。
カブの菜飯の具材は、カブの葉っぱ、実割れカブを刻んだもの、油揚げ。

サラダの具材は・・・

菜園料理(2)0218


ブロッコリー、リーフレタス、カブ、カニカマとゆで卵。
白ごま風味のドレッシングをたっぷりかけていただきました。

いや~、採れたて野菜は本当に美味しい!
特にブロッコリーは、味が濃いのに全く嫌味がなくて、ブロッコリーが苦手な人でも美味しく食べられること請け合いですよ。
「家庭菜園をやっていてよかった」と心の底から思える瞬間ですね。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

間引き忘れのカブを間引く。

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

今日の天気予報は「が降るかも」でしたが、今のところ弱い雨が降ってるだけです。
どちらにしても、野菜の世話は出来ないので、昨日の作業についてご報告いたします。

◆ 根菜の畝

根菜の畝では・・・
大根「冬どりあまうま大根(サカタ)」とカブ「あずま金町かぶ(トーホク)」を育てています。

現在の状態がコレ。

根菜の畝0208


大根カブも、9月14日に播種したのですが・・・
害虫被害がひどくて育たず、カブは9月25日と10月16日の2度、大根も10月16日に蒔き直しています。

それでも、もうすぐ4か月になるんですよ。
日当たりの悪い畝では、成長が驚くほどゆっくりになりますね。

昨日は、間引き忘れたカブを見つけたので、あらためて間引くことにしました。

間引き忘れのカブ0208


日当たりが良い畑では、このままにして置いても十分に成長してくれるかもしれませんが、うちの畝ではおそらく共倒れになるので、間引く必要があります。

それと、長い時間がかかり過ぎているので、スが入ってしまったり硬くなったりしていないか、一回り大きいカブを試しに一緒に収穫してみました。

収獲・間引きカブ0208


左が間引いたカブで、右が試し掘りのカブです。

大きさがわかるように、試し掘りのカブの方を拡大して見ますね。

カブの収穫0208


まだまだ収穫サイズではありませんが、見た目ではきれいな肌をしていて美味しそうですよ。

大根は、3本しか育てていないので、試しに収穫と言う訳にはいきません。

大根0208


なかなか大きくなりませんね。
でも、葉が元気いっぱい立ち上がっているので、もう少し様子見をするつもりです。


大根とカブを蒔きなおした10月16日と言えば・・・

◆ レタスミックスのプランター栽培

ガーデンレタスミックス(アタリヤ)」の種をプランターに蒔いたのも、10月16日のことでした。
間引きを繰り返しながら、それでも4か月近くになるんですね。

ミックスレタス間引き前0208


だいぶ大きくなりましたが、それでもこんなものなんですよ。
野菜が育つためには、いかに日照が必要なのかを切実に実感いたしますね。
「太陽の恵み」とはまさしくこのことですね。

それにしても、毎回同じことを繰り返しているようで気が引けますが・・・
リーフレタスの葉って言うのは、本当に美しいものです。

ミックスレタス拡大0208


土が見えないくらい密集してきたので、いつものように間引いてみました。
今回で4度目の間引きになるのかな?

ミックスレタスの間引き菜0208


なかなか収穫サイズにはなりそうもないけど、間引くたびに美味しくいただいているので、これはこれで良しとしますかね。


◆ 菜園料理

レタスミックスのあり合わせサラダ』

ミックスレタスのありあわせサラダ0208


メインは、もちろんレタスミックスです。
付け合わせは、あり合わせでさつま揚げとゆで卵。
胡麻風味のドレッシングでいただきました。

リーフレタスは何の癖もなく柔らかくて、最高のサラダに仕上がっていました。
育てている私としては若干物足りない気がしますが・・・
女房曰く、「市販サイズのレタスより、こっちの方が苦みもなく甘みがあって、サラダには向いている」とのことです。
身びいきがあるにせよ、有難い言葉ではありますね。

『若いカブの塩麴漬け』

カブの塩麴漬け0208


ちっちゃいカブを2つ、塩麴につけただけの料理。
しかも、3時間漬け込んだだけの浅漬けだそうです。

こちらの方は手放しでうまかったですよ。
カブは柔らかくきめ細やかで、その上甘みも強く絶品でした。
浅漬けで食べるなら、このサイズで収穫するのもありかな」と考えてしまうほどの美味しさでしたd(⌒ー⌒) グー!


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

春の七草

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

昨日は『春の七草』でしたね。

芹(セリ:芹)、薺(ナズナ:ぺんぺん草)、御形(ゴギョウ:母子草)、繁縷(ハコベラ:コハコベ)、仏の座(ホトケノザ:小鬼田平子)、
菘(スズナ:)、蘿蔔(スズシロ:大根
※(読み方現在の名称

芹、カブ)、大根はともかく、ナズナ、ゴギョウ、ホトケノザは、まず見る機会がありません。
スーパーや八百屋で、「七草セット」として売られているようですが、わざわざ買う気にはなれませんね。
ハコベは、うちの庭畑の畝の脇にも結構生えていますが、雑草と言うイメージの方が大きくて、食べる気がしません。

伝統的と言うか、呪術的な意味を除いた一般的な解釈によれば、「御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補う」ために食べるのですから、今手に入る野菜で(かゆ)を作って食べれば良いことになりますよね。

そこで、うちの庭畑で七草の材料を探してみることに。

ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ    
とても励みになります(^^♪ 

まずは、大根カブから・・・

◆ 大根カブの畝

根菜の畝0107


大根カブも、まだまだ小さいですね。

大根0107 カブ0107

左が大根、右がカブですが、葉の形を見なければ、ちょっと区別がつかないくらいの小ささです。
そこで、スズナ、スズシロは断念いたしました。

次に、葉物野菜ですが・・・

◆ 小松菜春菊の畝

小松菜と春菊の畝0107


まだ若干早い気もするけど・・・

春菊0107 小松菜0107


春菊(左)も小松菜(右)も、収穫してもおかしくはない程度には生長してくれています。

そこで、春菊をちょっぴり収穫。

春菊の収穫0107


株ごと収穫するのではなく、脇芽が生えてくれるのを期待して、上前を撥ねる感じに収穫してみました。

小松菜も一部収獲です。

小松菜の収穫0107


根こそぎ引き抜くのではなく、根元を残しての収穫です。

小松菜の根元0107


このまま、再生栽培して、次の収穫を期待してのことです。


まだ、少し量が物足りないので・・・

◆ ミックスレタスのプランター栽培

プランター2個で、ミックスレタスを栽培しています。

レタスミックス(1)0107


すでに2度間引いていますが、厚播きしすぎたのでいまだにこんな感じですよ。
都合3度目の間引きになります。

ミックスレタス(2)0107


多少は、ギュウ詰め状態が緩和しましたかね。

ミックスレタス拡大0107


間引いたら、レタスの種類による色の違いが際立って綺麗になりました~!

結局、これだけの間引き菜が採れました。

ミックスレタスの間引き菜0107


春菊、小松菜、ミックスレタスで、「七草もどき」でも作ってもらいましょうかね。


◆ 菜園料理

『小松菜とミックスレタスの間引き菜の餡かけ

小松菜とミックスレタスの間引き菜の餡かけがゆ


と言うと味気ない気がしますが、自家栽培の野菜で作ると、こんなにも美味しいと感じるから不思議です。
レタスはに合いそうもないと思っていましたが、一緒に煮込まず最後に乗せるようにしたら、シャキシャキ感が以外な効果を生んで面白かったですね。


『油揚げと小松菜と春菊の煮びたし

油揚げと小松菜と春菊の煮びたし(2)


春菊が抜群に美味しい!
採れたての春菊は柔らかくてえぐみもなく、上品な香りで言うこと無しでした(⌒・⌒)ニコニコ
量が少なくて、それがちょっぴり残念でした。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR