根こぶ線虫被害の畝のその後

本日もヤクモンの家庭菜園をご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

いやぁ~、本当に暖かくなりました。
桜も満開だし、もう本格的に春と思っていいのですかね?

今日は、少し趣を変えて、「根こぶ線虫被害に遭った畝」の現在の様子についてです。

去年は張り切って、「究極の土作り」と銘打って、自然栽培の畝を3本作りました。
そのうちの1本で、根こぶ線虫の被害が出たのです。
トマトと七夕キュウリが連続で被害に遭い、ほとんどまともな収穫が出来ませんでした。
※「究極の土作り」➡ポチットナ
※「根こぶ線虫被害」➡ポチットナ

通常の畝では何事も起きなかったのにですよ!
ホントがっかり致しました。

根こぶ線虫被害は、放っておくと蔓延する危険があるので、急いで対策を施しました。
根こぶ線虫被害対策ポチットナ

農薬を使うことはNGなので、根こぶ線虫が忌避する「ニーム核油粕」を規定いっぱいすき込むことによって、最終的な対策といたしました。
ニーム核油粕ポチットナ
春夏シーズンまで待てないので、袋栽培をしていた「ブロッコリー」と「キャベツ」を移植してみました。
もともと、育苗中に徒長して、成長が芳しくなかったので、早く対策の効果を知りたいのと、ニーム核油粕の余分な窒素を吸収してもらうためでした。

そして今・・・

根こぶ線虫被害の畝0404


手前のブロッコリーも、奥のキャベツも、通常よりも明らかに小さいです。
サイズ感を感じてもらうために・・・

キャベツのサイズ感0404


巻く巻かないという次元じゃありませんよね。
巻いたとしても芽キャベツぐらいかな。

ブロッコリーは・・・

再生水菜0404


こちらも、茎は細いし葉も小さいですが、頂花蕾はすでに収穫済みで、今は側花蕾が育っています。
このサイズの小ささは、日当たりの悪さと徒長苗による生育不良だと思っています。
根こぶ線虫は、冬の寒さの中では活動を休止するので、線虫によるものとは考えられませんが、念のために、掘り起こして根っこを観察することに・・・

ブロッコリーの根(1)0404


ブロッコリーの根は健康的ですよ。

ブロッコリーの根(2)0402


キャベツの根はと言うと・・・

キャベツの根0404


これも、きれいな根っこですね。
このまま何事もなく終息してくれることを願いたいですね。

この後、根こぶ線虫に耐性のあるトウモロコシ枝豆を育てる予定なので、キャベツとブロッコリーは撤収しました。
トウモロコシはすでに育苗中で、ほどなく定植時期を迎えます。
畝を乾かしたくないので・・・

根こぶ線虫被害の畝(2)0404


藁やら、残渣やら、雑草などで表面を覆って、少しの間養生してもらいます。


そうそう、ブロッコリーの陰に、再生水菜が1株あったのですが・・・

再生水菜0404丸付き


白丸のところですよ。
ブロッコリーを撤去してみると・・・

再生水菜(2)0404


いつの間にかこんなに大きくなっていたんですね。
喜んで収穫いたしました。

葉物野菜の収穫0404


真ん中が、ブロッコリーの側花蕾。
左が、再生水菜1株。
右のは、キャベツの中心部分が柔らかそうなので、一緒に収穫といたします。

さらに、プランター栽培のミックスレタスも急きょ収穫することにいたしました。

ミックスレタス0404


春本番の暖かさで、げんなりしているように見えるんですよね。
そこで、思い切ってすべて収穫し、撤収することにいたしました。

ミックスレタス最後の収穫0404


最後に結構採れました。
あとは、料理担当者にお任せです。

◆ 菜園料理

まずは、朝食です。
『卵サンドとレタスサラダ』

朝食0404


ドレッシングは、シンプルにオリーブオイル。
レタスだけでは味気ないので、トマトのスライスを付け合わせに。


次に、昼食です。
『たっぷりレタスとブロッコリーとちょっぴりキャベツのパスタ』

昼食0404


味付けはこちらもシンプルに塩・コショウだけ。
最後に、半熟卵とゴマダレを掛けて。
(ちょっぴり残念だったのは、半熟卵と言いながら堅めでトロ~とはいかなかったことかな)

ミックスレタスは、間引き収穫と言うのか、欠き採り収穫と言うのか、とにかく長い間収穫が続いて、十二分に楽しませていただきました。
冬の間日が当たらないうちの庭では、プランターでレタスを栽培して、日当たりを求めて移動させる作戦が功を奏したと思います。

面倒くさかったですけどね(^^♪


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

桜開花、うちのあんずはもう満開。

あんずの開花0322本日もヤクモンの菜園をご訪問いただき、
まことに有難うございます🎶

東京では全国に先駆けて開花宣言が出ましたよ。
そして、うちの庭では、あんず満開となっています。

まだまだ寒暖の差が大きく寒い日もありますが、確実に春が来ているんですね。

今年もあんずの花はきれいに咲いてくれました。
ただ、ちょっと寂しい状態に・・・

ご存知のように、うちの庭は周りを建物にぐるりと囲まれ、南側の隣家が3階建てのこともあって、日当たりが極端に悪いのです。
その上、庭の南西にあんず木蓮の木が植わっていて、大きく育ってしまったために、余計に日陰が出来てしまいました。

というより、もともと夏の厳しい暑さを凌ぐために植えた木で、 日陰を作ることが目的だったわけです。
思い切った剪定をする以前は、こんな感じだったのですから。

剪定前の庭木20151018


これは、一昨年(2015年)の10月の様子です。
これでも、最盛期は過ぎています。

毎年大きな日陰を作ってくれて、ゴーヤのグリーンカーテン共々、我が家に涼しさをもたらしてくれていました。
ところが、家庭菜園を始めたとたんに立場が逆転、とんだ悪役になってしまったと言う訳!なんです。

そこで、去年と今年の冬に、2年続けて思い切った剪定をしました。
そしたらこんなことに・・・

満開の庭木0322


なんと!
あんずも、木蓮も、これで満開なんです。

あんずは、毎年ヒヨドリにかなり実を食べられてしまうのですが・・・それでも、去年は80個ほど実を収穫出来ました。
あんずジャムを作って、まずまず楽しめましたよ。
今年は、ヒヨドリの取り分しか実りそうにありませんね。

まあ、確かにこれで、日当たりはだいぶ確保できると思います。
八方丸く収まるなんてことは、なかなか無いわけで・・・
野菜作りのためにはこれで良かったと、考えることといたします。

これも、日当たりが悪い一例と言えるのかな・・・

◆ キャベツが今年もとう立ちした件

庭のほぼ真ん中に、キャベツブロッコリーの畝があります。

ブロッコリーは、2月18日に頂花蕾を収穫しています。
ブロッコリーの収穫➡ポチットナ
キャベツもようやく巻いてくれて楽しみにしていたのですが・・・

キャベツとブロッコリーの畝0318


真ん中のキャベツが、なんとなくおかしい!?
そうです、残念ながらとう立ちしてしまいました。

実は、去年もちょうど今頃、巻き始めたと喜んでいたさなかにとう立ちしちゃったんです。
それがあったから心配はしていたのですが・・・
まだ小さいので収穫することも出来ぬまま様子見をしていたら、こんなことになっちゃいました。

結論から言うと、時間がかかり過ぎたという事です。
購入苗を定植したのが、去年の9月12日ですから・・・何と6か月もかかっていることになります。

定植したのは「しずはま1号
9月に定植すれば、標準で70日後には1.5㎏になり、耐寒性に劣る品種という事です。
それが、冬越えをして2月の末にようやく巻き始めたというのですから、とう立ちしても仕方がありませんね。

右上と左下の株は、上から見るといい具合に巻いているように見えるのですが・・・
横から見ると(すでに刈り取っています)・・・

キャベツのとう立ち(3)0318


縦に伸びあがって、やっぱりとう立ちしていました。
去年同じ経験をしているのだから、小さいうちに収穫すれば良かったのでしょうが・・・
収穫サイズとしたら、あまりに小さすぎるので、欲が出て躊躇しちゃいました。

てなわけで、今年もキャベツ栽培は失敗!
泣く泣く撤収です。

ただ、混植していたブロッコリーは、側花蕾が順調に育っていて、収穫間近になっています。

ブロッコリー(2)0318 ブロッコリー(3)0318


そうそう、とう立ちしたキャベツを立てに半分に切ってみました。

キャベツのとう立ち(4)0318


球の中で、茎がしっかり伸びていて、今にも突き破りそうな状態でした。
ただ、女房にこれを見せたら、「まだまだ柔らかそうで十分に食べられそう」と言うので・・・
夕食の一品になりました・・・とさっ!

『とう立ちキャベツが主役のちゃんちゃん焼き』

キャベツが主役のちゃんちゃん焼き0319


キャベツが、意外にも柔らかい上に甘くて、ホント美味しかったです。

今日は、キャベツのとう立ちと言う突然の出来事があったせいで、予定を変更いたしました。
もともとご報告するつもりだった「夏野菜の種蒔き第二弾」は、次の機会と言うことにいたします。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

イチゴの目醒め。

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

春一番が吹いたかと思えば、翌日には真冬の寒さに逆戻りと、寒暖の差が激しいですね。

それでも着実に春は近づいているようで、その証拠に「イチゴ」が休眠から覚めたようですよ。
休眠中は寒さに強いイチゴですが、目覚めると防寒をしてやる必要があります。

◆ イチゴ栽培

イチゴとニンニクの畝0218


これがイチゴニンニクの畝です。

真ん中に植わっているのがイチゴです。
キャベツブロッコリーが混植されていますが無視してください。
周囲に、緑肥のライ麦とえん麦が茂っているので分かりにくいですが、イチゴを挟むようにニンニクが植わっているんです。

ニンニク0218


ニンニクもだいぶ茎が太くなりました。

イチゴの方は、すでに葉が立っています。
休眠から目覚めたサインです。
しかも・・・

イチゴの花芽0218


新芽が出るとともに、花芽が出来ています。
そこで、イチゴとニンニクにぼかし肥の追肥をして、周りに藁を敷いてやりました。

イチゴ(2)0218


さらに、周囲のライ麦とえん麦を刈り取って、イチゴの畝に敷き詰めます。

イチゴ(3)0218


最後に、不織布のテントで覆って、イチゴの防寒の完成です。


イチゴ(4)0218


花芽はまだ早すぎるので摘み取りますが、3月半ばを過ぎて暖かくなった頃にまた花を咲かせてくださいね~!


次に、久しぶりの収穫について・・・

◆ ブロッコリーの収穫

購入苗から育てた、キャベツブロッコリーの畝の様子です。

キャベツとブロッコリーの畝0218


キャベツはいまだ、巻きそうで巻かない状態ですが、ブリッコリーはだいぶ大きくなってきました。

標準の収穫サイズにはとても達していませんが、収穫することにいたしました。

ブロッコリーは・・・
「緑帝」(サカタ交配)2株を、9月12日に定植しています。
なんと、5か月以上経過していることになります。

収穫することにした一番の理由は茎の太さです。
通常よりも茎が細いので、これ以上大きくならないと判断しました。
現に、ここ10日ほど全く成長していません。

今一つは、頂花蕾の色です。

ブロッコリー0218


アントシアニンの紫色が十分に発色しています。
十分に成熟し、甘みも凝縮して食べごろだと思われます。
また、これから暖かい日が増えてくると、いつ花が咲いてもおかしくない気がいたします。

そんな訳で、思い切って収穫しました。

ブロッコリーの収穫0218


やっぱりちっちゃいですね。
日当たりの悪い環境では、これが精いっぱいだと思います。

2株とも収穫しちゃいました。

ブロッコリーの収穫(3)0218


収獲してみたら、嬉しいことに「側花蕾」が出来ていましたよ。

側花蕾(2)0218 側花蕾(1)0218


緑帝は、頂花蕾側花蕾兼用種なので、側花蕾の収穫も期待できます。
期待を込めて、ぼかし肥を追肥しておきました。


それから、カブも急きょ収穫することに・・・

◆ 根菜栽培

大根カブの畝です。

根菜の畝0218


カブを急きょ収穫したのは・・・

カブの収穫(1)0218


左のカブが実割れしているのを見つけたからです。

大根カブは、虫害がひどくて、最後に蒔きなおしたのが10月16日のことです。
それからでも、4か月が過ぎたことになります。
時間がかかり過ぎたせいかもしれませんね。
小さいですが、このサイズが限界とみて、同じぐらいの大きさのカブも念のため収穫いたしました。

カブの収穫(2)0218


これまた、日当たりの悪いうちの庭畑では精一杯なのかもしれませんね。


さらに、レタスも収穫しましたよ。

◆ ミックスレタスのプランター栽培

前回(2月8日)の収穫からちょうど10日。

ミックスレタス(1)0218


また、少し成長したので、収穫することにいたしました。

ミックスレタス(2)0218


ガーデンレタスミックス(アタリヤ)」の種をプランターに蒔いたのも、10月16日のことでした。
間引き収穫を繰り返しながら、それでも4か月を超えてしまいました。

ミックスレタスの収穫0218


今回もこれだけ採れました。
けっこう長い間愉しませてくれますね。

これだけ収獲すれば、一食は賄えますよね。

◆ 菜園料理

『野菜尽くし弁当』

菜園料理2018


「カブの菜飯」と「採れたて野菜サラダ」です。
カブの菜飯の具材は、カブの葉っぱ、実割れカブを刻んだもの、油揚げ。

サラダの具材は・・・

菜園料理(2)0218


ブロッコリー、リーフレタス、カブ、カニカマとゆで卵。
白ごま風味のドレッシングをたっぷりかけていただきました。

いや~、採れたて野菜は本当に美味しい!
特にブロッコリーは、味が濃いのに全く嫌味がなくて、ブロッコリーが苦手な人でも美味しく食べられること請け合いですよ。
「家庭菜園をやっていてよかった」と心の底から思える瞬間ですね。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

キャベツ、ブロッコリー、茎ブロッコリー

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

いつの間にか、一月も月末。
まだまだ寒い日が続きます。

厳しい寒さのために、あるいは日当たりが悪いせいなのか、野菜の成長が遅いこと遅い事。
ネタ不足でついつい記事の更新をさぼっていました(゚_゚i)タラー

そこで、開き直って、しばらくは「成長の遅い事」をネタにしようかな。

◆ 購入苗の「キャベツ」と「ブロッコリー

まずは、キャベツから・・・
定植は、9月12日。
品種は、「しずはま1号」(石井交配)

現在の様子は・・・

キャベツ(1)0127


いまだに巻きそうで巻かない状態です。
寒いうちに収穫サイズに達しそうにもありません。

おそらく暖かくなってから巻き始めると思います。
そして、収穫サイズになる前にとう立ちしてしまうのでしょうね。
去年がそうでしたから・・・
と言いながらも、どこかで「何とかなるんじゃないかな~」って思っていますけどね。

次に、ブロッコリー・・・
定植は、同じく9月12日。
品種は、「緑帝」(サカタ交配)です。

現在の状態は・・・

ブロッコリー0127


頂花蕾がようやくビリヤードのボールほどの大きさでしょうか。
ブロッコリーの方が、キャベツより寒さに強いと見えて、順調にいけば収穫出来そうです。

このキャベツブロッコリーの畝は、日当たりの悪いうちの庭畑のど真ん中にあり、一番条件の良い場所になります。
それでもこれですから、後は「推して知るべし」ですね。


◆ 種から育てた「キャベツ」と「茎ブロッコリー

まずは、キャベツから・・・
品種は、「レンヌ(早生)」(タキイ)です。
播種が、8月2日。
発芽が、8月5日。
袋栽培で、9月25日定植。

袋栽培の場所が思ったほど日が当たらず生育が遅いので、畝に移植したのが11月22日のことでした。
※過去記事は➡ポチットナ

現在の様子がコレ。

キャベツ(3)0127


比較対照するものがないので分かりづらいですが、本当に小さいミニサイズなんですよ。
画像の右に見えている再生ネギと比べてみてくださいな。

もう少し拡大・・・

キャベツ(4)0127


それでも、健気に巻こうとしているようにも見えます。
このまま巻いても、芽キャベツを少し大きくしたぐらいにしかなりそうにありませんね。

次に、茎ブロッコリー・・・
品種は、「スティックセニョール」(サカタ)です。
播種が、8月2日。
発芽が、8月6日。
袋栽培も、畝に移植したのも、キャベツの「レンヌ」と同じです。

現在の様子から・・・

スティックセニョール(1)0127


これも、画像の左に見える再生ネギと比べると、その小ささが解ってもらえるかもしれませんね。

でもでも・・・

スティックセニョール(2)0127


頂花蕾が見えるでしょうか?

もう少し拡大すると・・・

スティックセニョール(3)0127


パチンコの玉ほどの大きさです。
小さいながらも頑張っててくれています。
ちょっと感動ものかも!


最後にちょっとおまけで・・・

再生水菜0127 再生小松菜0127


左が再生水菜で、右が再生小松菜です。

スティックセニョールの右隣に、再生水菜を定植したのが、去年の12月14日でした。
遅れて、再生小松菜の第1弾を定植したのが、今年に入ったばかりの1月4日のことです。
再生水菜の定植は➡ポチットナ  
 再生小松菜第1弾の定植は➡ポチットナ

再生水菜も、再生小松菜も、どうやら活着してくれたようです。
これまた、寒さのせいか成長はかなりスローモーと言うか、ほとんど大きくなってはいませんけどね。


次回は、「根菜」について、「成長の遅さ」のご報告でも致しましょうかね。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

ソラマメ、絹サヤエンドウ、スナックエンドウで豆尽くし

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

気が付けば、いつの間にか12月になっていました┐(´-`)┌ イマサラ?
何か今年もあっという間に終わっちゃいそうで~す。

ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ    
とても励みになります(^^♪ 


◆ ソラマメ絹サヤエンドウ、スナックエンドウ

豆類を播種したのが、11月3日のこと。
母屋と西側の塀に挟まれた狭い通路に2本の畝を作って直播きしました。
※豆類の播種については➡ポチットナ

庭に近い畝には、「一寸そら豆」(アタリヤ)を、3か所に2粒づつの点蒔きです。
その奥の畝には、「赤花つる有り絹さやえんどう」(アタリヤ)と「つる有りスナックえんどう」(アタリヤ)を、それぞれ2か所に3粒づつの点蒔きにしました。

それぞれの昨日の状態です。

まずは、ソラマメの畝から。
べた掛けの不織布を外すと・・・

ソラマメ(1)1204


3か所合計6粒全てが発芽しています。
1か所を拡大して見ます。

ソラマメ(2)1204


まだ葉が開ききっていないけど、まずまず軸がしっかりしている感じですね。
もう少し大きくなったら間引くつもりです。


次に、エンドウの畝です。

エンドウの畝1204


手前の2か所が、絹サヤで、奥の2か所がスナックえんどうです。

それぞれ拡大して見ましょう。

絹サヤ1204 スナックエンドウ1204


画像の左が絹サヤ、右がスナックエンドウです。
同じえんどう豆なので、この時期では全く区別がつきませんね。


お豆さんが、なかなか発芽してくれなかったので、心配になって保険を掛けることにしました。
ポットで育苗をしていたんです。
11月19日のことです。
※豆類の育苗については➡ポチットナ

昨日の様子がこれ。

豆類の育苗(1)1204


一回り大きいポットで、青いコーティングの豆が、ソラマメです。
ソラマメの左の3つのポットが、絹サヤで、ソラマメの下の3つのポットが、スナックエンドウです。

絹サヤに比べると、スナックエンドウの発芽率が悪いようです。
ソラマメは、2粒に発芽の兆候が見られます。

豆類の育苗(2)1204


ちょろっと、芽らしきものが見えていますよね。
育苗したお豆さん達は、ピーマンの後作として定植するつもりです。
まだまだ先のことになりそうですね。


◆ 袋栽培

ゴボウ、キャベツブロッコリーで、袋栽培をしていたのですが、ゴボウを除き成長が遅いので、キャベツスティックセニョールを、根こぶ線虫被害の畝に移植したことはご報告済みです。
※過去記事は➡ポチットナ

袋栽培キャベツブロッコリーは、種から育苗したものなのですが、ヒョロヒョロの徒長苗が多くて、何処にも定植せずに、ほったらかしにしていたスティックセニョールの苗があるんです。

ほったらかしのスティックセニョール1130


ポットのままで大きくもならず、かと言って枯れることもありません。
そこであいた袋を再利用して、また袋栽培にして見ることにいたしました。


スティックセニョールの袋栽培1204


もともとが徒長苗だし、ポット上げもせずにいたので当然老化苗になっているので、何処まで成長するか分かりませんが、物は試しと言った感じですかね。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR