夏の果菜の【定植第3弾】

こんにちは~🎶
ヤクモンの家庭菜園へ、ようこそ^^♪

昨日は暑かったですよ~
今日はもっと暑くなるそうです!

苗の定植もピークだし、梅雨に入る前に気合を入れて浴室も掃除したいし・・・
やることが多くて、も~大変です!

とりあえず、天気も良いことだし・・・
苗をいくつか定植いたしました。


◆ 夏の果菜の【定植第3弾】

その前に・・・

果菜類を定植する時に、耐病性を高めるために、コンパニオンプランツとしてネギを添え植えしますが、
うちの家庭菜園では、再生ネギを使っています。
※再生栽培については➡  (こちらの方がまとまっているので参考まで)

再生ネギは、2か所で育てていました。

葉物野菜の畝の端っこと・・・

再生ネギ(2)0520


春大根・春人参の畝のすぐ隣の空いたスペースで・・・

再生ネギ(1)0520


コンパニオンプランツには、余り育っていないネギの方が良さそうなので、
比較的大きく育った再生ネギを収穫いたしました。

再生ネギ(3)0520


軟白化した部分がちょっと短めですが・・・
その上、今年はどう言う訳か分けつして、一本一本が太くなりませんでした。
でも、洗って根っこを切り取ってみると・・・

再生ネギ(4)0520


細いながらも、柔らかくて美味しそうです。
さっそく料理してもらいました。

家庭菜園料理

『再生ネギのぬた』

採れたて再生ネギのぬた0520


付け合わせは、ワカメ、カニカマ、そしてゆで卵。

柔らかくて美味しいネギでした。
少し大きめの小ネギって感じですね。
捨てる部分を再生させて、ちゃんと食べられるところまでになったので、満足、大満足!


ピーマンの定植

ピーマンの苗0520


奥の2株は・・・
早生ピーマン」(らうっちさんの種):播種2/25 発芽3/5 ポット上げ5/6

手前の1株は・・・
ピーマン京波」:近所のH.C.で購入。

育苗苗は、こう見比べても、購入苗と遜色なく育ってくれていますね。 

ミニトマトの畝と、育苗したキュウリ(神田四葉胡瓜)の畝の間に定植しました。

ピーマンの畝0520


大玉トマトホーム桃太郎」の定植

近所のH.C.に立ち寄った時に、「ピーマン京波)」などとともに購入したものです。

ホーム桃太郎0520


先に定植した、育苗苗「ボンデローザ」の畝に、定植いたしました。

大玉トマトの畝0520


手前が、「ホーム桃太郎」3株です。
奥に見えているのが「ボンデローザ」4株です。

黒いビニールマルチと違い、自然栽培の畝は雑草やら、残渣やら、緑肥作物やらを積み重ねた草マルチなので、
写真を撮った時に見にくくなっちゃいますね。
(カメラマンの腕が悪いとは言いたくないので、言い訳をしておきますね)

キュウリ夏すずみ」の定植

これまた、H.C.で購入した苗です。

キュウリの苗0520


この3株は、イチゴとニンニクの畝に定植するつもりで、購入しました。
ただ、畝がまだ空いていないので、どうしようかと迷いましたが・・・
どうやら、今年もイチゴの栽培には失敗したようなので・・・

3株定植して、今はこんな状態です。
1株は、冬越え出来ずに、いつの間にか溶けてなくなっています。

イチゴ(2)0520

イチゴ(1)0520


残った2株で、実が成ったのはそれぞれ2粒ずつだけ。

上の2粒が熟したので、摘み取っちゃいました。

イチゴの収穫0520

甘酸っぱくて美味しかったけど・・・
2粒だけじゃね・・・やっぱり大失敗ですよね~

実を摘み取った株を撤収して、キュウリ3株を定植するスペースを作り出して、
強引に定植いたしました。

夏すずみ(2)0520


右の列の3株が、「夏すずみ」です。
左の列の4株は、「長ナス」(らうっちさんの種)になります。

残りのイチゴは1株。
2粒が赤く熟したら、摘果して何か果菜の苗を定植する予定です。

ニンニクも、収穫時期にはほど遠いのに、だんだん枯れ始めています。
それでも、今しばらくはそのまま様子見をしようと思っています。

まだもう少し、育苗苗と購入苗が残っているのですが、さすがに疲れを覚えたので、
この日はこれで打ち止めといたしました。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

トマトのポット上げをしました。

こんにちは~🎶
ヤクモンの家庭菜園へ、ようこそ^^♪

世の中は5連休に突入。
ヤクモン地方は、暑くもなく、湿度も低く、過ごしやすい日が続いています。

行楽日和って奴ですね。
畑仕事も楽だし、気もちいいですね~!

そこで・・・

◆ トマト栽培

今年は、トマトは種から育苗しています。
品種は・・・

ピッコラルージュ(らうっちさんの種):3/19播種 4/1発芽 
シンディオレンジ(らうっちさんの種):3/19播種 4/1発芽
ボンデローザ(野口種苗):3/19播種 4/4発芽

このうち、シンディオレンジボンデローザは、根も回ってポット上げの時期に来ています。

シンディオレンジの苗0503 
ポンデローザの苗0503

上が「シンディオレンジ」で、下が「ボンデローザ」です。

ちょっと徒長気味ですが、定植時に「寝かせ植え」するつもりなので、ポット上げしてもう少し大きく育てる予定です。

シンディオレンジのポット上げ0503 
ポンデローザのポット上げ0503

分かりやすく区別をつける意味で、
シンディオレンジがスカイブルーのポットで、
ボンデローザがピンクのポットにしてみました。
(ピンクのポットが3つしかなかったので、1つは白になっちゃいました。)


◆ キュウリ栽培

キュウリも、種から育苗しています。

品種は・・・

神田四葉胡瓜(野口種苗):3/19播種 3/25発芽 その後徒長のため、3/28蒔き直し 4/8発芽
固定種で、トゲトゲが多い伝統的な懐かしい品種です。

キュウリの苗0503


少し早い感じがするけど、定植することにしました。
徒長気味だし、その上、葉の色も悪いので、大地のパワーに期待してのことです。

キュウリ苗の定植(1)0503


定植したのは、木蓮の真下の畝。
もともと日当たりが最悪の畝ですが・・・
ことしは、木蓮をバッサリと大胆に剪定して、多少は改善しているので、何とかなると思っています。

手前に見えるのは三つ葉で、奥に見えるのが再生ネギです。
その間に定植しました。

拡大してみると・・・

キュウリ苗の定植(2)0503


徒長していることもあって、若干、寝かせ植え的な植え方になっちゃいました。
コンパニオンプランツとして、再生ネギを一緒に添えて植えています。
弱々しいので、仮の支柱も立てました。


保温と保湿のため、枯草でマルチをしています。
枯草マルチは、ほとんどが麦の類です。

雑草、枯葉、野菜の残渣だけでは足りないので・・・
草マルチを自給したくて、去年の秋から計画的に、緑肥植物を時期をずらして栽培しています。

緑肥植物(3)0503


例えば、このように畝の間に緑肥植物を植えています。
ここなどは、伸びたら刈り、また伸びたら刈って、すでに5、6回は繰り返しています。
植えているのは、えん麦、ライ麦、赤クローバー、クリムソンクローバーです。

赤クローバーも、クリムソンクローバーも花の時期なのですが、
大きく成長すると刈り取って草マルチにしちゃうので、花を見ことが出来ませんでした。
先日、たまたま蕾を見つけたので、刈り取らずにいたら・・・

クローバーの花0503


クリムソンクローバーの花です。
始めて見たけど、個性的できれいですね。

他にも・・・

緑肥植物(1)0503


左上に横たわっているのは、飼い猫の「エリン」です。

ここにも植わっています。

緑肥植物(2)0503


長い草は麦類なので、飼い猫の「猫草」としても重宝しています。
冬でも青々としているので、猫にとってはありがたい存在なんでしょうね。

などと言いつつ・・・
連休明けから仕事に復帰することになり、今もぼちぼちあいさつ回りをしている時なので、
もう一つのブログ「変な猫 飼っちゃいました!」を休止している状態なんです。

そこで、強引に さりげなく、飼い猫のエリンを登場させてみました。

物はついでなので・・・

飼い猫エリン0503


ここは、トマトを育てる予定の畝です。
草マルチが程よく枯れて気持ち良いのか、エリンのお気に入りの寝床になっています。

本題に戻って・・・

◆ 今日の収穫

エンドウ豆の収穫0503


右がスナップエンドウで、左が絹さやエンドウです。


◆ 菜園料理

『スープ餃子の彩りとして』

スープ餃子0503


スナップエンドウの緑が目にも鮮やか。
いっそう美味しく食欲をそそります。

絹さやエンドウの白和え』

絹さやの白和え0503


シャキシャキ。
説明不要かな(^^♪


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

種の在庫を調べてみた。

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

前回は、夏野菜の栽培計画をザックリと立てました。
あとは種の準備と言うことに・・・

そこで、現在手元にある種を確認してみました。

まずは、「Enjoy in 菜園」の「らうっち」さんからいただいた種があります。
育苗に自信がない」と言う書き込みに対して・・・
「種を贈るから、育苗の楽しさを体験してほしい」と、本当に種を送っていただいたんです。
※その時の記事は➡ポチットナ

らうっちさんからの種0215


あまり他人まかせでもいけないと、自家採取した種も若干あるんです。

自家採種0215


今年の5月で、家庭菜園を始めて丸2年になるのですが、購入した種が結構たまっているんですよ。

緑肥の種0215 豆類の種0215
根菜の種その他0215 葉物の種0215


そこそこ数があるので、備忘録として一覧表を作ってみました。

野菜の種の在庫一覧表2017

「袋」表記は、未使用のものです。
「%」表示は、種の残量を示しています。
緑肥は、3月になったら、畝間に一斉に蒔く予定のものです。

こう見ると、らうっちさんから頂いた種を含めて、「ナス」「トマト」「ピーマン」「キュウリ」「トウモロコシ」「オクラ」「いんげん豆」などの夏野菜の主力の種はそろっていることになりますね。

キュウリ」が自家採種の「シャキット」だけなのと、「トウモロコシ」の残量が少ないのが心細いですが、それを除けば、あらためて種を購入する必要はなさそうです。
それどころか、豆類、葉物、根菜と、残量を見ても2、3年は持ちそうに思われます。(発芽するかは別にしてね。)

夏野菜の栽培に関しては、果菜育苗を今月の末から、ぼちぼちスタートさせる予定にしています。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

野菜の再生栽培の再開

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

11月だというのに雪が降り、例年より早く冬がやってきた感じです。

寒くなると始めたくなるのがこれ!
野菜の再生栽培』ですよ。
暑さで腐敗することが無いですからね。


その前に・・・

◆ 夏野菜(果菜)の総括

今頃って感じですが・・・
ピーマンが思いがけず、ほんの最近まで粘ってくれていたので、なかなか総括する機会がありませんでした。

あくまでも私個人の主観で、「キュウリ」「トマト」「ナス」「ピーマン」を『夏の4大果菜』と位置付けて、栽培しています。
今年の最終的な結果をご覧ください。

夏野菜(果菜)の最終結果2016


1.収穫量で比較する

ご覧いただければ、一目瞭然だと思います。

ピーマンの収穫が際立っています。
まず、合格点だと思っています。

キュウリの「Vロード」「夏ばやし」「シャキット」、そしてナスは、収穫量が若干少ないですが、まずまずと言う評価か?

それに対してどうしようもなかったのが、トマトキュウリの「強健夏秋きゅうり」ですね。
この2種類の野菜は、同じ畝で栽培しました。

大失敗の原因は、根こぶ線虫被害でした。
根こぶ線虫被害については➡ポチットナ

トマトが不調で早々と撤収せざるを得なかった時に、その原因を徹底的に追及していれば、七夕キュウリの被害は防げたかもしれませんね。


2.畝の優劣

安心・安全な野菜を食べたいから、家庭菜園を始めました。
今年は野菜作り2年目。
7本ある畝の内3本で、「究極の土作り」による自然栽培にチャレンジいたしました。
究極の土作りについては➡ポチットナ

夏の果菜では、キュウリピーマンが「通常の有機栽培」の畝です。
それに対して、トマトナスが「自然栽培」の畝になります。
ただし、七夕キュウリだけは、トマトの後作として栽培したので、「自然栽培」になります。

通常の有機栽培のピーマンが◎で、キュウリが◯
自然栽培ナスが◯で、トマトが✖

どうやら今年に限っては、「通常の有機栽培」の勝ちですね。

ただ、果菜ではないので前出の表には出てきませんが、3本目の「自然栽培」の畝では「つるありインゲン」を栽培したんです。
つるありインゲンは収穫量を記録していませんが、実はかなりの豊作で楽しませていただきました。
言ってみれば、「◎」ってことになります。

自然栽培の畝に限って言えば、1勝1敗1分けと言うことになるんです。

3年目に向けて、通常の有機栽培に戻すのか、「いずれ全てを自然栽培にする」と言う計画通りに、少しずつ自然栽培の畝を増やしていくのか、悩ましい結果ですね。


◆ 野菜の再生栽培

今月に入ってから、再生栽培を再開しています。
野菜の再生栽培については➡ポチットナ

再生栽培余白あり1127(最終形)


特にネギは、泥付きネギが手に入る季節になりました。
泥付きネギには、根っこがそのままついているので・・・

泥付きネギ


1センチ程度に切ってから・・・

再生ネギ(2)1122


再生栽培を始めると、すぐににょきにょきと新芽を伸ばしてくれるんです。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

根こぶ線虫被害の畝、その後

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

昨日は朝から地震で起こされ、東日本の太平洋側に、津波警報や注意報が出ていて驚かされました。
かと思えば、今日の夜から明け方にかけて、「11月としては54年ぶりの雪」の恐れとの予報にビックリ!
予報が外れることを祈りたいと思います。

今回は、根こぶ線虫被害に遭った畝をどうしようかと言うお話。


◆ 育苗キャベツ・茎ブロッコリーの移植

キャベツブロッコリーの育苗を始めたのは、8月2日のこと。

キャベツは、「レンヌ(早生)」(タキイ)。
ブロッコリーは、「シャスター(極早生)」(タキイ)と茎ブロッコリーの「スティックセニョール」(サカタ)。

残念ながら、天候不順のためか、単に育苗が下手なだけなのか、ヒョロヒョロの徒長苗となってしまいました。
そこで、畝に定植することをあきらめ、袋栽培にすることにしたのが、9月25日でした。

袋栽培(7)0925
👆左:シャスター、右:レンヌ

袋栽培(6)0925
👆ともにレンヌ

袋栽培(5)0925
👆ともにスティックセニョール

特に、ブロッコリーのシャスターと茎ブロッコリーのスティックセニョールは、本当にヒョロヒョロですね。

案の定、シャスターはいつの間にか溶けてなくなってしまいました。

キャベツのレンヌは今こんな感じ・・・

キャベツの袋栽培1122


次に、茎ブロッコリーのスティックセニョールです。

スティックセニョールの袋栽培1122


多少は大きくなっているとはいえ、2か月近くたってこの程度なんです。
そこで、これらを、根こぶ線虫被害に遭った畝に移植しようと言う訳です。


◆ 根こぶ線虫被害に遭った畝

この畝は、トマトキュウリトウモロコシを順次育てましたが、すべてうまく行かなかった畝なんです。
トウモロコシは、蒔き時が遅かったのと、日照不足が原因ですが、トマトキュウリは、間違いなく根こぶ線虫の被害に遭ったと思われます。
根こぶ線虫の被害については➡ポチットナ

そこで、11月10日に、根こぶ線虫の駆除に効果があるという、「ニーム核油粕」を使用限度いっぱいすき込んで、養生していました。

トウモロコシの畝(2)1110


予定では、ここに豆類を定植するつもりでした。
すでに、ソラマメスナックエンドウ、絹サヤの育苗を始めています。

ただ、この畝は、トウモロコシ栽培のおりに、ぼかし肥をずいぶん追肥しています。
その上、ニーム核油粕は、窒素の比率が非常に高い肥料なのです。

つまり、肥料過多、特に窒素過多になっていると考えられます。
そこに、窒素を空気から固定させる、豆類を育てるのは問題ですよね。

そこで、袋栽培でうまく成長出来ていない、キャベツと茎ブロッコリーを移植することにしました。

キャベツ・ブロッコリーの定植(2)1122


さらに、両サイドに葉物野菜の種を蒔いて、過多になっている肥料分をどんどん吸収させようと言う訳です。
ただ、昨日は雨上がりで水分が多すぎて、種蒔きは断念いたしました。
後日、「正月菜」を播種するつもりです。
葉物はいくらあっても邪魔にならないですからね。


最後に・・・

◆ ソラマメの発芽

前回の記事で、播種から2週間たってようやく発芽の気配が現れた、ソラマメの様子をご報告いたしましたが・・・

ソラマメの発芽(1)1122


昨日の朝、完全に発芽していました~!

反対側から見ると、もっと良く解るかも・・・

ソラマメの発芽(2)1122


やれやれ、とりあえずホッと致しました。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 



 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR