開店休業状態?

こんにちは~
ヤクモンの家庭菜園へ、ようこそ^^♪

雨、雨、雨・・・
ヤクモン地方は、なんと!昨日の時点で17日連続降雨を記録。
40年ぶりのことだそうです。

8月とは思えない長雨低温で、野菜にも悪影響が出てきています。

◆ ゴーヤに被害が・・・

去年のこぼれ種から発芽したゴーヤを、3株育てていました。
前回の記事でご報告した時点では、順調に生育していたのですが・・・
今朝になって、2株が突然枯れてしまいました。

ゴーヤ(1)0817

原因は解りませんが、2株とも茎が根元の真上でプッツンと切れています。

ゴーヤ(1)0817

根切り虫のせいでしょうか?
ただ、偶然とは言え、2株同時と言うところが納得いかないですよね。
悪天候の影響も考えられるかもしれませんね。

◆ シンディオレンジの実割れ

雹の被害にも耐えて、復活してくれたトマトが5株あります。
そのうち、シンディオレンジの実が、これも今朝、実割れして落下していました。

シンディオレンジ0817

完全に長雨の影響でしょうね。
天気予報によれば、今後もしばらく雨模様が続くという事なので、心配です。

◆ 直播きの種が発芽せず

まずは、トマトの畝。

トマトの畝(1)0817

わき芽から苗作りをして、8月4日に定植したものです。
品種は、手前がホーム桃太郎で、奥がピッコラルージュです。
この2株は天候不順の割には順調に育っているように見えます。

ところが、同じ日に畝の肩に直播きしたエダマメはいまだに発芽しません。

トマトの畝(2)0817

2週間なので、これから発芽することも考えられますが、日照不足と低温で発芽が明らかに遅れていますね。
果たして発芽するかどうか、これまた心配の種です。

次に、キュウリの畝。

霜知らず地這「きぬの輝き」(トーホク)を、8月13日に定植しました。

キュウリの畝(1)0817

キュウリの株は、定植した時とほとんど変化はありませんね。
ところが、畝の肩に蒔いた「二十日大根」の種も、まったく発芽する様子もありません。
まだ5日目だからこれからかもしれませんが、この時期としたら遅れ気味だと思います。
これも日照不足と低温のせいだという気がしています。

とにかくこれだけ雨が続くと、畑作業がほとんど出来ないのよ。
さらに、これからもまだまだ、雨と低温が続くとなると・・・
苗作りさえ出来ないんですよ。
今種を播いても徒長苗になるのは見え見えだしね。

あ~あ、お天道様が待ち遠しいな~
夏はやっぱり暑くならないと、ホントこまりますよ~!

今日のタイトルは間違いだったかも・・・
『閉店ガラガラ』だったかな?



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

復活の夏。

こんにちは~
ヤクモンの家庭菜園へ、ようこそ^^♪

やはり変な夏です。
西日本はまだ夏真っ盛りの猛暑みたいですが、ヤクモン地方は気温が上がらず涼しい日が続いています。
今週の天気予報を見ると、まるで秋雨の様相!
雨マークがずらりと並んで、最高気温も30℃を下回りそうなんです。

そんな中、雹被害で壊滅状態になった野菜の中で、復活の兆しが見えるものが現れました。

まずは・・・

◆ ピーマン栽培

ただ1株だけ生き残った、植木鉢栽培のピーマンがあります。

品種:早生ピーマン(らうっちさんの種)

復活のピーマン0811

収穫サイズの実も生って、更に花も蕾もたくさんついています。

次に・・・

◆ オクラ栽培

オクラは、小さい畝に3か所の直播きをしました。

品種:やわらかオクラ(らうっちさんの種)

先日の雹でやわらかオクラも致命的な被害を負いました。
2か所が早々と枯れ果て、残った1か所も風前の灯火でしたが・・・

何と!いつの間にか復活を遂げてくれました。

やわらかオクラの畝(1)0813

もう少しアップしてみましょう。

やわらかオクラの畝(2)0813

播種は、6月23日。
普通に行けば、すでに収穫のピークを迎えていてもおかしくないのですが・・・
一度死にかけてから、ようやく今大きな葉を広げています。

復活ではありませんが・・・

◆ ゴーヤ栽培

今年はゴーヤの種を蒔いていません。
どうやら、去年の こぼれ種が今頃になって発芽しました。

先月(7月)の26日、母屋の壁際に見つけた時の様子です。

ゴーヤ0726

せっかくだから、この3株を移植したのですが・・・

ゴーヤ0813

現在こんなに大きく育っています。
順調に行けば、9月中には収穫なんてことも十分ありそうですね(^^♪

最後に・・・

◆ キュウリ栽培

雹被害でキュウリが全滅したのを受けて、7月28日に播種致しました。

品種:霜知らず地這「きぬの輝き」(トーホク)
発芽:7/31

本葉も出てきたので・・・

キュウリの苗0813

この日(8月13日)定植しました。

キュウリの畝(1)0813

小さくて見にくいので、もう少し拡大・・・

キュウリの畝(2)0813

徒長気味なので、少し斜めに植えてみました。

畝の肩には、2種類の二十日大根を混植しています。

2種の二十日大根の種

手前の列が、白い二十日大根
品種:白姫はつか大根(トーホク)

キュウリの畝(3)0813

奥の列が、赤い二十日大根
品種:赤丸はつか(トーホク)

キュウリの畝(4)0813

3年目の種なので、厚播きにしています。
1か所に10粒ほどです。

なお、名札は、この夏食べたアイスバーの木製のスティックを利用しています。

◆ 収獲

8月11日:

収獲0811

やわらかピーマン:1個 シンディオレンジ(らうっちさんの種):1個 オレンジ千果(購入苗):2個

8月12日:

収獲0812

茗荷:1山


※お盆休みと言うことで・・・
猫ブログの方も更新いたしました。

黒板エリン乗せ「告知」


『変な猫 飼っちゃいました!』









最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

「わき芽」と「こぼれ種」

こんにちは~
ヤクモンの家庭菜園へ、ようこそ^^♪

おかしな夏ですね。
いまだに異常気象が全国で猛威を振るっています。
雹で家庭菜園の野菜が大打撃を受けたぐらいで、立ち止まっている訳にはいきません。

『捨てる神あれば、拾う神あり』ってことなのか・・・
ちょっぴり良いことがありました。

◆ トマトわき芽で苗作り

突然の雹で、家庭菜園が壊滅的な被害に遭ったのが、7月18日のこと。
その3日前に、トマトわき芽欠きをして、苗作りをしていました。
虫の知らせか偶然か、おかげでトマトを復活させることが出来るかも知れません。

切っ掛けは、近所のホームセンターでこんなものを見つけたことでした。

マルチラック(1)

マルチラックと言う製品です。
用途は、主に「シューズラック」と「ガーデニングラック」とのこと。
1セット、税込み1,000円。

2個繋げたら、夏の育苗器になると思いました。
夏の果菜と交代に、キャベツやブロッコリーなど、秋冬野菜の苗作りにぴったりかなと。

さらに、帰り道の100均で、こんなものも買い求めました。

遮光シート

遮光シートです。
100均って何でも売っているんですね。

家に帰って、さっそく組み立てです。

マルチラック(2)

2個のラックを結束バンドで繋げました。
結束バンドも100均です。

夏の育苗器部分0715

(これは、すでに支柱に固定した後の画像です。)

あとは、遮光シートで覆って、完成です。

夏用育苗室(1)

裾はまくれるようになっています。
通風のためと、苗を出し入れしたり水やりのためです。

夏用育苗室(2)

トマトわき芽を挿したポットを並べれば、夏仕様の育苗器の出来上がりです。

夏の育苗器(1)0715 夏の育苗器(2)0715

御多分に漏れず、こちらの苗も雹の攻撃にさらされましたが、遮光シートのお蔭で、苗が一つやられただけで済みました。

トマトの挿し芽0723

これが、27日の状態です。
はっきり根付いたかどうかは解りませんが、枯れることもなく、ちょっぴり成長しているようにも見えるんです。
気のせいかもしれませんが・・・希望は持てますよね!


◆ ゴーヤこぼれ種から発芽

母屋と西側のブロック塀との間にある通路には、例年、グリーンカーテンとして、ゴーヤを栽培してきました。
でも今年は、ゴーヤ栽培は断念したんです。

理由は、家庭菜園担当者はゴーヤ好きですが、残念ながら、料理担当者はゴーヤ嫌い。
しかも、近所のゴーヤ大好き一家が引っ越してしまったんです。
私とその家族で消費していたのですが・・・
それ故に、「ゴーヤ禁止令」が出ていたんです。

その代りに、シンディオレンジ、ピッコラルージュ、千果のトマトを栽培していたのですが、あの雹で全滅。
撤去してみたら、母屋の壁にへばりつくように、ゴーヤが発芽しているのを発見したんです。

ゴーヤ0726

1か所から3本同時に発芽していました。
今年は苗も植えてないし、種も蒔いていません。
去年のこぼれ種が、今頃になって発芽したようです。

母屋に近すぎますし、せっかく発芽してくれたんだし・・・
貴重な苗だからこっそり移植してみました。

ゴーヤ(1)0727

一つの苗をアップにしてみると・・・

ゴーヤ(2)0727

なかなか、良さそうな苗に見えますよね。
まだ、料理担当者には内緒です。
そのうち見つかると思いますけど・・・
トマトの生まれ変わりと言うことで、許可を得たいと思っています。
だいたい、今から実が成るまでに育つかどうかも分からないし・・・
なんて言いながら(゚_゚i)タラー


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

やっちまった(゚_゚i)タラー

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

いつかやるのではないかと思っていたのですが、とうとうやっちゃいました。

ぎっくり腰再発・・・です!

♪あれは3年前~♪

東京で、大雪が降った日。
雪かきの重労働で初めてぎっくり腰になりました。

腰痛持ちの70%が原因不明だという話があります。
(あくまで一説によれば・・・ですよ)

でも、私の腰痛は原因がはっきりしているんです。
第4、5腰椎の間の椎間板が加齢によって劣化。
何時、椎間板ヘルニアになってもおかしくないという状態なんです。

一度劣化した椎間板を元通りにすることは、現在の医学でも出来ないそうです。
椎間板に急激な負担をかけないこと。
背筋を鍛えて椎間板を保護する・・・これしかないそうなんです。

秋雨前線と台風のせいで、長い間雨ばかりの日々が続いた後、ようやく25日になって・・・
待望久しい晴れ間がのぞきました。

この日を逃すまいと、朝一番で、滞っていた葉物野菜の種を蒔きました。

朝食後には、風呂場の掃除を徹底的にやりました。
狭い場所での作業は思いがけず腰に負担がかかったのでしょう。
その時すでに、腰に重い痛みを感じていました。

更に決定的だったのが・・・

午後に始めた、ゴーヤの撤収作業です。
グリーンカーテンとしてのゴーヤですから、撤収作業はハシゴを掛けての高所の作業となります。
これがいけなかったのでしょうね。
完全に腰を痛めてしまったようです。

直後はそうでもなかったのですが・・・
翌朝、痛くて起きられません。

這うように整形外科医院へ駈け込んでの結果。
ぎっくり腰再発」と言うてんまつです。

正直、「うっそ~!」って、感じです。
3年前の時と違って、『ギクッ』って、来ていないし・・・
これで再発?って、半信半疑の状態ですよ。

幸い、今回も椎間板ヘルニアには至らず。
痛み止めの薬を処方されて、しばらく安静にと言うことです。

今後しばらく畑作業は出来ないかも・・・

ここ数か月、中2日と言うローテンションで記事をアップしてきました。
今日の記事は何とかなっても、次に記事を書ける保証がありません。

そこで、姑息な手段ですが、ネタを小出しにすることにしました(苦笑)

そんな訳で・・・

今日の最初の記事は、腰痛の最後の一押しとなった、ゴーヤの撤収作業のお話から・・・

◆ ゴーヤの撤収

その前に・・・

以前、ゴーヤの種取りの記事で、赤いゼリー状のコーティングを取るのが結構大変という事を書きました。
その記事に対して、「そのまま口に入れて、ゼリー状のものを食べると簡単に取れる」とか、「甘くておいしいので、沖縄の子供はおやつ代わりに食べる」と言うコメントをいただきました。

非常に興味深いコメントで、機会があればぜひやってみたいと思っていたんです。

そこで、ゴーヤの実が完熟しても種が落ちないようにネットをかぶせていました。

ゴーヤ完熟(1)0924


程よく完熟したので、大きな種だけを選んで・・・

ゴーヤの種(2)0924


見た目でちょっと抵抗はありましたが、思い切って口の中へ放り込んでみました。

確かに甘いんですね。
しかも美味しい!
例えるとしたら、「良く熟した柿」の味でしょうか。

しかも、あ~ら不思議!
本当にきれいにコーティングが取れましたよ。

ゴーヤの種(3)0924


しかも、本当に簡単でした。
どうやらこの方法が一番かもしれませんね。

(話を膨らませるね~、などと言う雑音にはめげずに・・・)

今日の本題の、ゴーヤの撤収です。

急遽、ゴーヤを撤収することにしたのには、ちゃんとした原因があります。

まだ小さい実も多くなっているし、盛んに花も咲かせているのですが・・・
下の方から急に枯れ始めてきたんです。

ゴーヤ(1)0925


しかも、枯れ方が病的なんです。

ゴーヤ(2)0925


白く変色しているのは「うどんこ病」です。
しかも、全体的に枯れずに、まだら模様に枯れてきています。

家庭菜園では、「疑わしきは撤去」が無難でしょう。
まだいけると思っていたし、いずれは良い緑肥になると期待していたのですが、廃棄処分にすることにいたしました。

高いところから順に落としてきて、あらかた落とし終えたところがこれ。

ゴーヤ(3)0925


足の踏み場もないとはこのことか?
でも集めてみれば・・・

ゴーヤ(4)0925


ゴミ袋3個に収まっちゃうんですね。
たったこれだけの作業量で、ぎっくり腰再発・・・ですか?
やっぱり、歳を感じちゃいますね( ̄▽ ̄;)


◆ 収穫

・9月24日

収穫(1)0924


ゴーヤ:アバシゴーヤ1本。
茗荷:丸々太ったおいしそうな奴が2個。


・9月25日

収穫(2)0925


ゴーヤ:アバシゴーヤ(大きいのから小さいのまで)最後の収穫。
ピーマン土佐グリーン3個、接ぎ木ピーマン(品種不明)4個。
茗荷:2個。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

人参が消えた?

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

台風13号は、温帯低気圧に変わって、通り過ぎて行きました。
台風にはもう、うんざり。

これ以上、触れないことにしたかったのですが・・・
思いがけない被害をもたらしてくれました。


◆ 人参栽培

人参は、9月1日に、ピーマンの畝の両肩に、種を蒔きました。
ひとつの肩には、リトルキャロットを、もうひとつの肩には、スイートキャロットを。
ジグザグの千鳥蒔きで、点蒔きです。

リトルキャロットは、9月5日に・・・

人参の発芽(1)0905


スイートキャロットは、9月6日に・・・

人参の発芽(2)0906


それぞれ発芽を確認。
共に発芽率は50%程度でした。
去年の余り種としてはまあまあと言ったところでしょうか。

そこに今度の台風くずれの温帯低気圧が通り過ぎたと言う訳です。

雨が降っていた時間も量も大したことは無く、ホッと一安心していたのですが・・・
雨が上がって畑を見回ると、人参の芽はあらかた消え失せていました。

大した雨とも思わなかったのですが、短時間にドドッと大粒の雨が降ったせいかもしれませんね。
畝が少し乾いたら、蒔き直しですね。

教訓:「台風は弱くとも油断することなかれ!」


◆ 葉物栽培

人参とほぼ同じ頃、播種した野菜があります。

小松菜春菊です。
9月2日に、ジャガイモの後作として、小松菜を2条、春菊を1条蒔きました。

小松菜は、9月5日に・・・

小松菜の発芽(2)0905


春菊は、9月7日に・・・

春菊の発芽0907


発芽を確認。

小松菜はほぼ100%の発芽率。
ちょっと播きすぎですね。
本葉が出たらかなり思い切って間引く必要がありそうです。

それに対し、春菊は発芽率が悪いですね。
春菊は発芽率が悪い野菜だと言うことなので、小松菜より多めに播いたつもりでしたが、それでもこんなものでした。

葉物野菜の畝0905


こちらの葉物の畝は、虫害対策として、防虫ネットでトンネルにしていたために、台風の雨の被害を受けずに済んだようです。


◆ ゴーヤの種取り

ゴーヤの種取りは、そのまま乾燥すればいいので、記事にするほどでもないのですが、種の表面を覆う赤いぬるぬるを簡単に落とす方法を、何かの記事で読んだ記憶があるので、ちょっと再現してみました。

9月5日に、完熟ゴーヤを収穫しました。

完熟ゴーヤ0905


形がいびつで小さいですが、実験するにはちょうど良さそうなので、種取りをしてみました。


完熟ゴーヤの種0905


この赤いぬるぬるが曲者で、そのままでは取り去るのに難儀するんです。
砂でこするとか、たわしでこすって落ちないことは無いですが、傷を付けてしまいそうです。

私が記事で読んだのは、たしか・・・

完熟ゴーヤの種0905(2)


「ビニール袋に入れて、数日発酵させてから水洗いすれば、赤いぬるぬるは簡単に取れる」と言うものでした。

3日後の9月8日に、ビニール袋から取り出すと、甘酸っぱい発酵臭がかすかにして、赤いぬるぬるは、すでにぶよぶよの状態になっていました。
それを水洗いすると、本当に簡単に取り去ることが出来ましたよ。

ゴーヤの種取り0908


これを乾燥すれば、ゴーヤの種取りは終わりです。
今度はもっと大きく優秀な実で、種取りをして見ます。


◆ バナナ虫が大量発生

俗称「バナナ虫
正式名「ツマグロオオヨコバイ

イネ科の害虫(バナナ虫)

ヨコバイ科の昆虫で、
羽の端が黒いことから「ツマグロ」
ヨコバイより大きいから「オオヨコバイ」
見かけがバナナに似ているから「バナナ虫」と呼ばれたらしいです。

「ツマグロヨコバイ」は稲の害虫と言われています。
イネ科の植物を中心に草木の汁を吸うんだそうです。

「オオツマグロヨコバイ」だって害虫と言うことになりますよね。

何しろ、大量発生した作物が・・・

ソルゴー第2弾0908


ソルゴーなんですから。
ソルゴーは、「イネ科の一年草」です。
ソルゴーが、コンパニオンプランツとしてバナナ虫を一手に引き受けてくれるならいいのですが、残念ながら、ナスやピーマンにもたかっているのを発見しました。

そこで、バナナ虫を排除したのちに、発生源のソルゴーも収穫いたしました。

ソルゴーの収穫0908


これも台風の置き土産ってことは無いよね~
単なる偶然だよね~


◆ 夏野菜の収穫

ゴーヤの収穫0907


今年一番のゴーヤですね。
ゴーヤは、定植が例年よりも1か月ほど遅かったので、今頃になってピークを迎えようとしています。
アバシゴーヤはあまり苦くないので、今のところ料理担当者から苦情は出ていませんが、余り一度に取れ過ぎても困りものなんです。

ゴーヤは、グリーンカーテンとして、同じ場所で9年連続育てているので、連作障害のためか年々収穫量は減ってきています。
苦情が来ない程度に塩梅して育ってくれるといいな。

収穫0907


ゴーヤ:アバシゴーヤ2本。
ピーマン:土佐グリーン3個、接ぎ木ピーマン(品種不明)3個。
茗荷2個。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

QRコード

QR