やっちまった(゚_゚i)タラー

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

いつかやるのではないかと思っていたのですが、とうとうやっちゃいました。

ぎっくり腰再発・・・です!

♪あれは3年前~♪

東京で、大雪が降った日。
雪かきの重労働で初めてぎっくり腰になりました。

腰痛持ちの70%が原因不明だという話があります。
(あくまで一説によれば・・・ですよ)

でも、私の腰痛は原因がはっきりしているんです。
第4、5腰椎の間の椎間板が加齢によって劣化。
何時、椎間板ヘルニアになってもおかしくないという状態なんです。

一度劣化した椎間板を元通りにすることは、現在の医学でも出来ないそうです。
椎間板に急激な負担をかけないこと。
背筋を鍛えて椎間板を保護する・・・これしかないそうなんです。

秋雨前線と台風のせいで、長い間雨ばかりの日々が続いた後、ようやく25日になって・・・
待望久しい晴れ間がのぞきました。

この日を逃すまいと、朝一番で、滞っていた葉物野菜の種を蒔きました。

朝食後には、風呂場の掃除を徹底的にやりました。
狭い場所での作業は思いがけず腰に負担がかかったのでしょう。
その時すでに、腰に重い痛みを感じていました。

更に決定的だったのが・・・

午後に始めた、ゴーヤの撤収作業です。
グリーンカーテンとしてのゴーヤですから、撤収作業はハシゴを掛けての高所の作業となります。
これがいけなかったのでしょうね。
完全に腰を痛めてしまったようです。

直後はそうでもなかったのですが・・・
翌朝、痛くて起きられません。

這うように整形外科医院へ駈け込んでの結果。
ぎっくり腰再発」と言うてんまつです。

正直、「うっそ~!」って、感じです。
3年前の時と違って、『ギクッ』って、来ていないし・・・
これで再発?って、半信半疑の状態ですよ。

幸い、今回も椎間板ヘルニアには至らず。
痛み止めの薬を処方されて、しばらく安静にと言うことです。

今後しばらく畑作業は出来ないかも・・・

ここ数か月、中2日と言うローテンションで記事をアップしてきました。
今日の記事は何とかなっても、次に記事を書ける保証がありません。

そこで、姑息な手段ですが、ネタを小出しにすることにしました(苦笑)

そんな訳で・・・

今日の最初の記事は、腰痛の最後の一押しとなった、ゴーヤの撤収作業のお話から・・・

◆ ゴーヤの撤収

その前に・・・

以前、ゴーヤの種取りの記事で、赤いゼリー状のコーティングを取るのが結構大変という事を書きました。
その記事に対して、「そのまま口に入れて、ゼリー状のものを食べると簡単に取れる」とか、「甘くておいしいので、沖縄の子供はおやつ代わりに食べる」と言うコメントをいただきました。

非常に興味深いコメントで、機会があればぜひやってみたいと思っていたんです。

そこで、ゴーヤの実が完熟しても種が落ちないようにネットをかぶせていました。

ゴーヤ完熟(1)0924


程よく完熟したので、大きな種だけを選んで・・・

ゴーヤの種(2)0924


見た目でちょっと抵抗はありましたが、思い切って口の中へ放り込んでみました。

確かに甘いんですね。
しかも美味しい!
例えるとしたら、「良く熟した柿」の味でしょうか。

しかも、あ~ら不思議!
本当にきれいにコーティングが取れましたよ。

ゴーヤの種(3)0924


しかも、本当に簡単でした。
どうやらこの方法が一番かもしれませんね。

(話を膨らませるね~、などと言う雑音にはめげずに・・・)

今日の本題の、ゴーヤの撤収です。

急遽、ゴーヤを撤収することにしたのには、ちゃんとした原因があります。

まだ小さい実も多くなっているし、盛んに花も咲かせているのですが・・・
下の方から急に枯れ始めてきたんです。

ゴーヤ(1)0925


しかも、枯れ方が病的なんです。

ゴーヤ(2)0925


白く変色しているのは「うどんこ病」です。
しかも、全体的に枯れずに、まだら模様に枯れてきています。

家庭菜園では、「疑わしきは撤去」が無難でしょう。
まだいけると思っていたし、いずれは良い緑肥になると期待していたのですが、廃棄処分にすることにいたしました。

高いところから順に落としてきて、あらかた落とし終えたところがこれ。

ゴーヤ(3)0925


足の踏み場もないとはこのことか?
でも集めてみれば・・・

ゴーヤ(4)0925


ゴミ袋3個に収まっちゃうんですね。
たったこれだけの作業量で、ぎっくり腰再発・・・ですか?
やっぱり、歳を感じちゃいますね( ̄▽ ̄;)


◆ 収穫

・9月24日

収穫(1)0924


ゴーヤ:アバシゴーヤ1本。
茗荷:丸々太ったおいしそうな奴が2個。


・9月25日

収穫(2)0925


ゴーヤ:アバシゴーヤ(大きいのから小さいのまで)最後の収穫。
ピーマン土佐グリーン3個、接ぎ木ピーマン(品種不明)4個。
茗荷:2個。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

人参が消えた?

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

台風13号は、温帯低気圧に変わって、通り過ぎて行きました。
台風にはもう、うんざり。

これ以上、触れないことにしたかったのですが・・・
思いがけない被害をもたらしてくれました。


◆ 人参栽培

人参は、9月1日に、ピーマンの畝の両肩に、種を蒔きました。
ひとつの肩には、リトルキャロットを、もうひとつの肩には、スイートキャロットを。
ジグザグの千鳥蒔きで、点蒔きです。

リトルキャロットは、9月5日に・・・

人参の発芽(1)0905


スイートキャロットは、9月6日に・・・

人参の発芽(2)0906


それぞれ発芽を確認。
共に発芽率は50%程度でした。
去年の余り種としてはまあまあと言ったところでしょうか。

そこに今度の台風くずれの温帯低気圧が通り過ぎたと言う訳です。

雨が降っていた時間も量も大したことは無く、ホッと一安心していたのですが・・・
雨が上がって畑を見回ると、人参の芽はあらかた消え失せていました。

大した雨とも思わなかったのですが、短時間にドドッと大粒の雨が降ったせいかもしれませんね。
畝が少し乾いたら、蒔き直しですね。

教訓:「台風は弱くとも油断することなかれ!」


◆ 葉物栽培

人参とほぼ同じ頃、播種した野菜があります。

小松菜春菊です。
9月2日に、ジャガイモの後作として、小松菜を2条、春菊を1条蒔きました。

小松菜は、9月5日に・・・

小松菜の発芽(2)0905


春菊は、9月7日に・・・

春菊の発芽0907


発芽を確認。

小松菜はほぼ100%の発芽率。
ちょっと播きすぎですね。
本葉が出たらかなり思い切って間引く必要がありそうです。

それに対し、春菊は発芽率が悪いですね。
春菊は発芽率が悪い野菜だと言うことなので、小松菜より多めに播いたつもりでしたが、それでもこんなものでした。

葉物野菜の畝0905


こちらの葉物の畝は、虫害対策として、防虫ネットでトンネルにしていたために、台風の雨の被害を受けずに済んだようです。


◆ ゴーヤの種取り

ゴーヤの種取りは、そのまま乾燥すればいいので、記事にするほどでもないのですが、種の表面を覆う赤いぬるぬるを簡単に落とす方法を、何かの記事で読んだ記憶があるので、ちょっと再現してみました。

9月5日に、完熟ゴーヤを収穫しました。

完熟ゴーヤ0905


形がいびつで小さいですが、実験するにはちょうど良さそうなので、種取りをしてみました。


完熟ゴーヤの種0905


この赤いぬるぬるが曲者で、そのままでは取り去るのに難儀するんです。
砂でこするとか、たわしでこすって落ちないことは無いですが、傷を付けてしまいそうです。

私が記事で読んだのは、たしか・・・

完熟ゴーヤの種0905(2)


「ビニール袋に入れて、数日発酵させてから水洗いすれば、赤いぬるぬるは簡単に取れる」と言うものでした。

3日後の9月8日に、ビニール袋から取り出すと、甘酸っぱい発酵臭がかすかにして、赤いぬるぬるは、すでにぶよぶよの状態になっていました。
それを水洗いすると、本当に簡単に取り去ることが出来ましたよ。

ゴーヤの種取り0908


これを乾燥すれば、ゴーヤの種取りは終わりです。
今度はもっと大きく優秀な実で、種取りをして見ます。


◆ バナナ虫が大量発生

俗称「バナナ虫
正式名「ツマグロオオヨコバイ

イネ科の害虫(バナナ虫)

ヨコバイ科の昆虫で、
羽の端が黒いことから「ツマグロ」
ヨコバイより大きいから「オオヨコバイ」
見かけがバナナに似ているから「バナナ虫」と呼ばれたらしいです。

「ツマグロヨコバイ」は稲の害虫と言われています。
イネ科の植物を中心に草木の汁を吸うんだそうです。

「オオツマグロヨコバイ」だって害虫と言うことになりますよね。

何しろ、大量発生した作物が・・・

ソルゴー第2弾0908


ソルゴーなんですから。
ソルゴーは、「イネ科の一年草」です。
ソルゴーが、コンパニオンプランツとしてバナナ虫を一手に引き受けてくれるならいいのですが、残念ながら、ナスやピーマンにもたかっているのを発見しました。

そこで、バナナ虫を排除したのちに、発生源のソルゴーも収穫いたしました。

ソルゴーの収穫0908


これも台風の置き土産ってことは無いよね~
単なる偶然だよね~


◆ 夏野菜の収穫

ゴーヤの収穫0907


今年一番のゴーヤですね。
ゴーヤは、定植が例年よりも1か月ほど遅かったので、今頃になってピークを迎えようとしています。
アバシゴーヤはあまり苦くないので、今のところ料理担当者から苦情は出ていませんが、余り一度に取れ過ぎても困りものなんです。

ゴーヤは、グリーンカーテンとして、同じ場所で9年連続育てているので、連作障害のためか年々収穫量は減ってきています。
苦情が来ない程度に塩梅して育ってくれるといいな。

収穫0907


ゴーヤ:アバシゴーヤ2本。
ピーマン:土佐グリーン3個、接ぎ木ピーマン(品種不明)3個。
茗荷2個。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

やっと、種蒔きが出来た。

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

東京の8月は雨続きで、畑の土が水分を含んでぐちゃぐちゃの状態だったので、なかなか種蒔きが出来ませんでした。

それが、台風10号が去って、ようやく晴れの日が3日続きました。

そこでまず、人参の種蒔きから始めました。


◆ 人参の種蒔き

当初予定していた人参の余り種は、蒔き時期の期限が8月の半ば。
長雨でぐずぐずしているうちに、蒔きそびれてしまいました。

半月程度は誤差のうちだと思うけど、人参は苦手で2度失敗しているので・・・
そこで急きょ、ホームセンターで新しい種を購入しました。

人参の種0902


左が、「リトルキャロット」(トーホク)で、蒔き時期が7~9月。
右が、「スイートキャロット」(アタリヤ)で、蒔き時期が7~10月上旬。

小さくて早どりだから、夏蒔きの期間が長いということなんでしょうね。

問題はもう一つ。
栽培地をどこにするか。

結局、ピーマンの畝の両肩に種を蒔くことにしました。

人参の培地0901


蒔き方は、ジグザグに蒔く千鳥蒔き。

乾燥を防ぐために、もみ殻燻炭を蒔いて(もみ殻が無いのでその代わり)・・・

人参の種蒔き(3)0901


靴で踏みつけて、しっかり鎮圧します。
鎮圧すると良いのは知っていますが、いざ踏みつけるのって勇気がいりますね。


次に・・・

◆ 葉物の種蒔き

蒔くのは、余り種の・・・
「あまうま耐病小松菜」(サカタ)、蒔き時期は周年。
「しゅんぎく」(トーホク)、蒔き時期は8月半~10月末。

栽培地は、ジャガイモを撤収した畝です。
木蓮の木の真下で、日当たりが悪い畝です。

小松菜春菊も、半陰性野菜で日当たりが悪くても育つ野菜なので、ここしかないですね。

葉物の培地0901


ジャガイモを撤収後、耕して施肥をして、1か月ほど養生していました。

草マルチを寄せて、3条の苗床を作ります。

葉物の種蒔き(1)0902


真ん中の苗床に春菊を、両端の苗床に小松菜を播くつもりでしたが・・・

何を間違えたか、右端の苗床に春菊の種を蒔いてしまいました。
しょうが無いので、残りの2条の苗床に小松菜の種を撒くことに。
首をかしげながら、靴で鎮圧。

ああああ~、何をやっているんだか(-_-;)ミナカッタコトニ

ここは、春先に、青虫と夜盗虫に大被害を被ったところで、畝を作り直すときに、土をふるいにかけて虫の類を排除しています。
これから涼しくなると、害虫が猛威を振るうことも考えられるので、防虫ネットでテント作りにしておくことにしました。

葉物の種蒔き(2)0902


◆ ナス更新剪定

ナスは、丸ナス(クリーミー揚げナス)1株、接ぎ木ピーマン(品種不明)2株を栽培中。

接ぎ木ナス1株はすでに更新剪定済みです。

更新剪定済みの接ぎ木ナス0901


花も盛んに咲き始め、いくつか結実もしています。
順調で、秋ナスが楽しみです。

残りの接ぎ木ナス1株と丸ナス1株は、なかなか剪定時期を見極めるのが難しく(未練とも言う)、いかにもお疲れと言う感じに。
ようやく更新剪定することにしました。

その前に、付いている実を収穫しました。
まだ小さいですが仕方がないですよね。
ピーマンもついでに収穫。)

収穫0901


9月1日のことです。

ナス:丸ナス(クリーミー揚げナス)2個。
ピーマン:土佐グリーン3個、接ぎ木ナス(品種不明)1個。

いつものことだけど、更新剪定は難しいですね。

接ぎ木ナスの更新剪定0901 丸ナスの更新剪定0901


左が、接ぎ木ナス(品種不明)。
右が、丸ナス(クリーミー揚げナス)。

だいぶすっきりはしましたが、どうしても思い切って剪定できないな~!
これで更新できているのかな。
ただの切戻しとあまり変わらない気もするんですよね。

一応、それぞれの根元を2か所、スコップをザクッと入れて根切をしています。


◆ 夏野菜の収穫

・9月2日

収穫0902


キュウリ:シャキット1本。
ゴーヤ:アバシゴーヤ2本。
ピーマン:接ぎ木ピーマン(品種不明)1個。
茗荷2個。

9月になりましたが、うちの菜園は、いまだに夏仕様ですね。
何時になったら、秋バージョンに衣替え出来ることか( ̄▽ ̄;)


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

またまた台風接近! 10号に警戒!!

台風10号0827
本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

もうすぐ8月も終わるというのに、またまた台風が接近しています。

今月はずっと台風の話題を記事にして来たような気がします。

今度の10号は、八丈島のすぐ南で発生したことと言い、通常とは反対に西へと向かったことと言い、南大東島付近で、進路を反転させてUターンしたことと言い、前代未聞の台風だと言うことです。

その上、非常に強い勢力を維持したまま、東日本に接近して上陸しそうなコースをたどっています。

ただただ、大きな被害が出ないことを祈るだけです。




被害と言えば・・・
台風9号により、うちの畑もダメージを受けました。


◆ 遅蒔きトウモロコシ

当初は、ゴーヤトウモロコシに若干の被害が及んだだけだと思っていました。

遅蒔きトウモロコシは、発芽して間もなかったことも有り、10か所の内3か所に被害が出ました。
ところが、目に見えないところでダメージを受けていたようで、さらに2か所で発芽した芽が枯れてしまいました。

台風や雷雨続きで、畑の土が水分を吸い過ぎているし、さらに台風10号の追い打ちで、大雨が予想される中、種を蒔くのはためらわれるのですが・・・

8月6日に播種した遅蒔きトウモロコシは、ただでさえ収穫まで行けるかギリギリの時期だったので、蒔き直すとしたら最後のチャンスのような気がします。
そこで、あえて播種することにしました。

トウモロコシ遅蒔き(1)0827


5か所にそれぞれ、2粒ずつ蒔きました。
品種は以前と同じ、ランチャー82(早生種)。
2日続きで晴れ間が出たおかげで、思ったよりも水分は減っていますね。
これなら大丈夫でしょう。

トウモロコシ遅蒔き(2)0827


台風の大雨で流されないように、土をかぶせた上に、雑草マルチを厚めに乗せて、靴で踏みつけて終了です。
後は神のみぞ知る、って事ですね。

生き残った5株は、台風対策として、補強措置を取りました。
これ以上やられてはたまりませんから。

トウモロコシの台風対策(2)0827

支柱を立てて麻縄でしっかり保持しました。
これでだめなら不可抗力と言うことで諦めます。


◆ キュウリ第3弾(七夕キュウリ

七夕キュウリは、つるありインゲンの後作として5株、遅蒔きトウモロコシのコンパニオンプランツとして3株、計8株を定植しました。

台風9号にもびくともせず、すべて元気に生き残ったと思っていたのですが・・・
つるありインゲンの後作の1株が突然枯れだしました。

キュウリ(1)0827


もう少し拡大すると・・・

キュウリ(2)0827


目に見えないダメージを負っていたんでしょうね。
立ち直りそうにないので、撤収しました。

もともと、つるありインゲンの後作として2株、トウモロコシの畝で2株、計4株育ってくれれば良いと思っていたので、これも計算のうちと言うことで仕方がないですね。


◆ ナスピーマン

ナスは、3株のうち1株はすでに更新剪定済みです。
残りの2株・・・
ナス(クリーミー揚げナス)と接ぎ木ナス(品種不明)は、まだまだ収獲中ですがだいぶ疲れが見えてきました。

台風接近と言うことも有り、丸ナスと接ぎ木ナスをそれぞれ1個ずつ収穫しました。

丸ナス0827


お気に入りの丸ナスだけ、画像をアップしちゃいました。

まだ収穫には至らない実がちらほらと有るのですが・・・

ナス0827


葉がちじれてきたし、色も薄く元気がなくなってきたので、ぎりぎりまで育てて、台風が最接近する直前に思い切って更新剪定するつもりです。


ピーマンは、ナスと違ってまだまだ元気です。

ピーマン(1)0827 ピーマン(2)0827


台風の被害さえ免れることが出来れば、このまま9月も期待できそうです。


◆ 夏野菜の収穫

収穫0827


キュウリ:シャキット1本。
ナス:クリーミー揚げナス1個、接ぎ木ナス(品種不明)1個。
ピーマン:接ぎ木ピーマン(品種不明)1個。
ゴーヤ:アバシゴーヤ1本。
茗荷1山。


◆ 菜園料理

山形の郷土料理 『だし

山形のだし


だし」と言う料理をご存じだろうか?
うちの料理担当も、テレビ番組(秘密のケンミンSHOW)で初めて知ったらしいのですが・・・

Wikipediaによれば・・・

 だしは、山形県村山地方の郷土料理である。
 夏野菜と香味野菜を細かくきざみ、醤油などで和えたもの。
 飯や豆腐にかけて食べる。
 一般的には出汁と区別して、山形のだしと呼ばれる

<作り方>
 よく冷やした野菜を、五ミリ大に荒くみじん切りにし混ぜ合わせ、醤油や酒、うま味調味料などで味付けする。
 味を馴染ませるため数時間から一晩ほど寝かせる場合もある。
 主に茄子胡瓜などの夏野菜と、少量の紫蘇、茗荷、葱、生姜などの香味野菜を用いる。
 もっとも、身近な野菜であれば食材を選ばず、人参、ピーマンなどの冷蔵庫の残り野菜を
 何でも使うことができる。
 茹でたオクラや昆布、納豆昆布、めかぶを使って、粘り気を出すこともある。
 各家庭によって、それぞれに異なった味付けがあるのも特徴。



この日収穫した夏野菜を見た瞬間、この料理を作ることを思いついたということです。
私は初耳でしたが、Cookpadには、「山形だし」のレシピが何と、676品も載っているんですよ!

粘り気を出すために、たまたま冷蔵庫にあったモズクを入れてみたそうです。
これが大ヒット!

モズクが無ければ、あっさりしすぎて面白くなかったような気がします。
モズクの粘りで、トロトロの味わいが出て、ご飯にぶっかけて食べると、想像以上の美味しさでした。

せっかくゴーヤもあったのだから、細かく刻んで一緒に入れてくれればよかったのに・・・
料理担当がゴーヤ嫌いでは仕方がないか・・・

でもその代わり・・・

ゴーヤの甘味噌ボート』

ゴーヤの甘味噌ボート0827


ゴーヤを縦に真っ二つ。
ワタを取り除いたものを、「ボート」に見立てて・・・
中に甘味噌をたっぷりぬって、レンジでチン。
茗荷のスライスをたっぷりのせて召し上がれ。

夏はやっぱりゴーヤですよね~\(^o^)/♪
ご馳走様でした(⌒・⌒)ニコニコ


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

台風一過 明と暗

本日もご訪問いただき、 まことに有難うございます🎶

台風9号も、関東から北海道にかけて、深い傷跡を残して、ようやく過ぎ去りました。
水に浸かったトウモロコシ畑や、濁流に流されて打ち上げられた大量のタマネギの映像を見るにつけ、自然の猛威にあらためて恐怖を感じさせられました。

被害にあわれた地方の皆様に、心からお見舞いを申し上げます。

繰り返しになりますが、今年の夏はどこかおかしい。

トリプル台風だとか、北海道に至っては、1週間に3個の台風が上陸!
関東から北海道にかけては、お盆以降、台風やら雷雨やらで、豪雨が続いています。

かと思えば、西日本では、猛暑に日照りの毎日だとか。
いやになるのは、あれだけ雨が降ったのに、関東地方の水不足がいまだに解消されないこと。
水源地方だけ雨雲が避けたみたいなんです。

さて、うちの畑はどうだったかと言うと・・・
台風の直撃は避けられたものの、多少のダメージは受けてしまいました。

まず最初に目に飛び込んできたのは・・・

◆ ゴーヤの被害

例年よりも1か月も遅く栽培を始めたゴーヤ
果たしてグリーンカーテンとしての役目を果たせるか危ぶんでいましたが、定植後は順調に成長して、グリーンカーテンを形作ってくれました。

それが・・・

ゴーヤbefore0823 ゴーヤafter0823


上部がごそっとずれ落ちていました。
手作りネットの目が粗かったためかな?
例年これで大丈夫だったので、甘く見ていたかも・・・です。
誤算でしたね。

必死で修復してみましたが、茎や巻きヒゲが複雑に絡み合って、元通りには出来ませんでした。
ゴーヤは強靭だから、これから脇芽を伸ばして自分で何とかすると思いますよ。

ただ、こんなにダメになった残骸が出てしましましたよ。

ゴーヤの残骸0823


また、収穫サイズのものが見つかったので、とりあえず収穫しました。

ゴーヤの収穫0823




アバシゴーヤ (FUTABA).
なお、収穫したゴーヤについて、「苦みが少なく、ゴーヤ好きには物足りないが、ゴーヤ嫌いの女房には好評。何故苦みが少ないのかは、品種が解らないので、品種改良によって苦みを消したのか、うちの庭で突然変異を起こしたのかは不明。」と言う記事を書きました。

その記事に対して、『犬と猫と自由な心Ⅱ』のwoojyanさんから、「形と味から、アバシゴーヤ」ではないか、と言う御指摘を受けました。

さっそく検索してみると、確かに、色、形、いぼいぼの形状などの特長から、アバシゴーヤの可能性が高いことが解りました。

ちなみに、その特長は「沖縄在来の品種で、果長20~25㎝、果重は200g位になり、果径は7~9㎝で、果色は濃緑色。中長ゴーヤに比べみずみずしく苦味はマイルド。 暑さに強く、病害虫にも比較的強い、 育てやすい品種。F1品種ではなく、固定種なので タネを採取すれば、苗作りが可能。」だそうです。
(著作権に触れない適当な画像がありませんでした。右の画像は、宣伝になるからクレームは付かないと勝手に判断。苦情が来たら、すぐに削除するつもりです。)

「サラダで食べられる、数少ない品種」との説明もあることから、苦さが嫌でゴーヤを食べられない方や、それゆえ栽培する気になれない方には、朗報かもしれませんね。

うちにとっては、F1種ではないことが有難いです。
ぜひ種取りをして、来年も育てたいと思います。


◆ 遅蒔きトウモロコシの被害

遅蒔きトウモロコシは、トマトの後作として、10か所に3粒づつ種を蒔きました。
発芽してようやく本葉が出たばかりのところでした。

残念ながら、10か所中3か所が、雨風のために跡形もなくなっていました。

遅蒔きトウモロコシ0823 遅蒔きトウモロコシ(2)0823


左が跡形もなくなった画像、右は無事だった画像です。

風対策は、どちらも3本の細い棒を立て巡らせただけの簡単なもの。
風の通り道に当たったか否か、そんな些細な差で大きな違いが・・・明暗を分けた理由は何だったのでしょうか?


◆ 茗荷の被害

茗荷は、風をまともに受けたようで、ほとんどが横倒しになっていました。

茗荷0823


ただ、翌日にはほぼ復元していて、茗荷のたくましさには驚かされます。

その上、最近収穫が減っていて、量も大きさも不満足でしたが・・・
さすがに雨が大好きな茗荷は、台風による被害をものともせず、久しぶりに結構な収穫をもたらしてくれました。

茗荷収穫0823


大漁とはいきませんが、丸々と太った茗荷が混じっていて、いい感じになってきましたね。

そんな中で元気なのが・・・

◆ キュウリナス


キュウリについて
第1弾のキュウリ、「夏ばやし」と「Vロード」はすでに撤収。
第2弾の「シャキット」は、お疲れ気味ですがいまだ健在。
そして、第3弾の「七夕キュウリ」ですが・・・
つるありインゲンの後作として5株を、遅蒔きトウモロコシのコンパニオンプランツとして3株(こちらは地這いキュウリ)を、8月9日に定植しました。

定植した時、徒長気味でひょろっとしていたので、台風に耐えられるか心配していましたが・・・

キュウリ0823 地這いキュウリ0823


つるありインゲンの後作の5株(左)も、地這いキュウリの3株(右)も、台風どこ吹く風と、みんな元気でした。

ナスについて
ナスは、丸ナス(クリーミー揚げナス)1株と、接ぎ木ナス(品種不明)2株を栽培中。

そのうち、丸ナス1株と接ぎ木ナス1株は、まだ収穫が続いています。

残りの接ぎ木ナス1株は、花も咲かなくなったので、更新剪定して様子を見ていたのですが・・・
台風や雷雨のさなか、更新剪定後初めて花を咲かせています。

ナスの更新剪定後0823


これで結実してくれれば、秋までナスを楽しめるのですが・・・
さて、どうなりますことか?
楽しみは楽しみですね(⌒・⌒)ニコニコ


◆ お・ま・け

皆様のおかげをもちまして、アクセスカウンターの数字が、

『60,000』

を、記録いたしました。

きり番60000(菜園)

小さくてわからないので、拡大します。

きり番60000拡大(菜園)


きりの良い数字(番号)を「キリ番」と言うらしいのですが・・・
キリ番に立ち会えたのは初めての経験です。

前もって意識していたわけではなく、まったく偶然のことだったので、余計にビックリ感が大きかったですね。
そんな訳で、ご報告させていただくことにいたしました。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 



 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR