冷やし中華始めました!

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

長い梅雨が明けて、ようやくらしくなってきました。


冷やし中華始めました(イラスト
と言えば・・・



いろいろあると思いますが・・・



やっぱり・・・



冷やし中華ですよね~!





※ by bizocean : https://www.bizocean.jp/

8月3日の朝の収穫が・・・

収穫0803 茗荷0803


キュウリ:シャキット1本、Vロード1本。
トマト:ホーム桃太郎2個。
つるありインゲン1山。
茗荷少々。

キュウリの後半は、どうしても曲がりキュウリが出来てきますね。
絶不調のトマトは久しぶり。連日の雷雨で実割れしています。型も小さいですね。
つるありインゲンは、意外と粘ってくれています。撤収時期が難しい?
茗荷は、丸々と肥えていていかにも美味しそうですよ。


このラインナップとくれば・・・

昼ご飯は・・・

冷やし中華0803


当然、こうなりますよね~♡♡♡
説明不要。
自家栽培の、キュウリトマト茗荷の味を噛みしめて、今年初の冷やし中華を美味しくいただきました(⌒・⌒)ニコニコ


昨日はもう一つ収穫が・・・

◆ ジャガイモの収穫


ジャガイモは、4月8日に「こっそりと」植えました。

当時の記事から抜粋してそのまま引用すると・・・

『女房曰く、「うっかりジャガイモの芽を出させちゃったから、植えてみたら~」

時期的に若干遅いし、種芋じゃないし・・・
47℃のお湯に50分間つけて殺菌する方法もあるらしいけど、温度計とにらめっこしてるのも面倒だし・・・

えいっ!ままよ!そのまま植えちゃえ!

てなわけで、内緒にしておいてくださ~い。

発芽しなかったら他の野菜を植えるということで(゚_゚i)タラー』

と書いています。

またこんなことも・・・

『生協で、3個95円で買ってきたジャガイモ
値段の割に、ホクホクで美味しかったんです。』

つまり、種芋でもなく食べ残しのジャガイモだという事、一般的な植え付け時期からすると1か月ほど遅いという事、その上、木蓮の木の真下で、もっとも日当たりの悪い畝だという事。

そんなこんなで全く期待していなかったんだけど、ぼちぼち枯れ始めてきたので・・・

ジャガイモ0803


恐る恐る、そして思い切って、収穫することにしたんです。

ジャガイモの収穫(3)0803


4個植え付けたうち、木蓮に一番近い株は5月には枯れていて、残りの3株がこの状態でした。

実は、画像で言うと一番手前の株を試し掘りしたんです。
もともと植え付けたのが、50~60g程度の小さなジャガイモだったので、まずまずこんなものだろうと考えて、奥へ奥へと掘り進んだら・・・
後の2株は「まだ早すぎた!」と気づいた時は手遅れでしたよ。

結局収穫できたのは・・・

ジャガイモの収穫(2)0803


イッヒッヒ・・・こんなものでした。

一番大きいものがこれ!

ジャガイモ最大


もともと植え付けたジャガイモがこのサイズ。
増えたと言えば増えている訳で・・・

記事を読み返しても、まったく期待していなかったのだし・・・
木蓮の葉が茂りに茂った6月以降は一日中日陰で、光合成がほとんど出来なかったのだから・・・
多少なりとも増えたことで良しとしましょうかね(゚_゚i)フタタビノタラー


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

イチゴの苗作り

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

昨日は、梅雨入り後初めての本格的な雨の一日でした。
雨量はたいしたことはありませんが、丸一日降り続けました。

畑の作業が出来なかったので、最近話題に上っていなかった者たちを取り上げましょうかね。


◆ イチゴの苗作りについて

イチゴは、家庭菜園では種から育てるのではなく・・・
1.親株を株分けする。
2.親株の株もとから伸びる紐のような「ランナー」の先端にできる葉を根付かせて新しい株を作る。
以上の2つの方法を取ることが一般的だそうです。

今回は、「ランナー」から新しい株を作ります。
親株から子株、子株から孫株と、次々にランナーを伸ばして株が増えて行きます。
それを、親株以降、「太郎」「次郎」「三郎」・・・と呼んだりするみたいですね。

現在のイチゴの様子です。

アイベリー(1)0610


水切りプランターには、「アイベリー」1株と「とよのか」1株が植わっていて、アイベリーの方が盛んにランナーを出しています。
※ 水切りプランターについては ➡ポチットナ

とよのか」はどう言う訳か今のところランナーを出してくれません。
枯れているわけでもないのに・・・

それに対して、「アイベリー」は「太郎」「次郎」さらにその先に「三郎」と、順調にランナーを伸ばしています。

アイベリー(2)0610


植木鉢には、アイベリーが1株植わっていて、やはり順調に「太郎」「次郎」と新しい株を作っています。

今のところ、画像に写っていない株を含めて、「太郎」「次郎」だけで12株が育っているんです。
大きい「太郎」はそろそろ親株から切り離して、独立させる時期になっていますね。


◆ 新たな収穫


第一果以来、久しぶりにピーマンが採れました。
3株のうちで、品種の分からない株での収穫です。

ピーマンの収穫0612


次に・・・
あんずがまた採れましたよ。

あんずの実(2)0610


ぜんぶで12粒。
今年のあんずは数は少ないですが、なかなかの粒ぞろいです。

あんずの実0610


今回の収穫で最も大きいあんずです。

ただ、残りは8~9個と言ったところでしょうか。
今年の冬に、畑の日当たりを良くしようと、強剪定した影響でしょう。
あっという間に終了です。


◆ 菜園料理

『あんずのコンポート ヨーグルトに載せて』

イチゴのコンポートGIF


せっかくの粒ぞろいのあんずをジャムにするのはもったいないと、今回はコンポートにして大きな果肉を存分に味わえるようにしたと言うことです。(女房談)

食したのは12日のことで・・・
この日は真夏に近い暑さだったので、ヨーグルトと層状に重ねて、キンキンに冷やして食べました。
硝子の器と相まって、涼しさの演出と言ったところかな。
甘さと酸味がハーモニーを織りなして、大変美味しくいただけました。
ご馳走様でした(⌒・⌒)ニコニコ


◆ 畑のわき役たち


ジャガイモは、夜盗虫に手ひどくかじられたせいか、蕾は付けるものの花が咲きませんでした。
そろそろ収穫時期が迫っているのに、「今さら~」って感じですが・・・
ようやく一輪咲いているのを発見。

ジャガイモの花0612


畑を広く、さらに日当たりを確保するために、去年、南天を移植しました。
その南天が移植先で花を満開に咲かせています。

南天の花0612


マリーゴールドも、今が盛りと咲き始めました。

マリーゴールド0601


茗荷の根きりのために埋めたブロックの狭い穴の中で栽培しているので、株が大きく育つことはなさそうですね。
かえってそれが可愛らしく見えたりして・・・それも一興。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

家庭菜園、悪いことは続かない?

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

東京は6日に梅雨入り宣言が出たものの雨が降らず。
気象庁の早とちりかと思っていたら、昨日は確かに雨模様。
気象庁もホッと一安心かな?
でも、今朝は、予報に反して日が射している(笑)

今年は家庭菜園を始めて2年目。

気合を入れていろんなことに取り組んできたのに、皮肉にも、去年は経験したことが無いような嫌なことが続いています。
春先から虫の害に悩まされたり、べと病が発生したり・・・

たまには良い話題だけで記事を終わらせたいものですね。


◆ あんずの初収穫


3日前のあんずの様子。

あんずの実0607


だいぶ実が大きくなって、色づいてきていました。
ただ、今少しオレンジ色が薄いので、収穫は自重していました。

今朝、今一度あんずの木を見上げると、いくつか完熟した実を発見。
さっそく収穫しましたよ~!

あんずの収穫0607


画像では完熟感が解りにくいですが、実際はもっと熟した深いオレンジ色なんですよ。
大きさも十分満足のいくサイズです。

再三嘆いていることですが、うちの庭は、四方を建物に囲まれていて、日当たりが悪いんです。
その上、あんずと木蓮の木が覆いかぶさるように茂って、日照の妨げになっています。

そこでこの冬に、あんずと木蓮の木を、かなり思い切って大胆に剪定いたしました。

その結果、あんずは例年に比べて、実の数がかなり少なくなってしまいました。
が、反対に、一つ一つのサイズは大きくて立派になりました。
本当に自然って不思議。
だから、面白~い\(^O^)/

あんずを収穫したら・・・
毎年楽しみにしていることが・・・

あんずジャム0608


あんずジャムで~す。

私は、朝食は絶対和食派です。
でも今朝だけは、パン食にしてもらいました。

作ったばかりの、熱々のあんずジャムを食パンにたっぷり乗せて・・・パクッと食べる瞬間、
「生きてて良かった~」って感じちゃうんです(⌒・⌒)オオゲサジャナイヨー


◆ トマトの畝の様子


キュウリカボチャゴーヤは、べと病で壊滅状態。
ナスピーマンジャガイモは、害虫に食べられ放題。

そんな中、今年唯一の優等生が、トマトかもしれません。
しかも、ホームセンターで、1株98円で買ったバーゲン品。

トマト0607(1)


品種は、ホーム桃太郎が4株。
購入後、徒長気味に大きく育てて、5月7日に定植。
「寝かせ植え」で根をしっかり張らせて、大きく丈夫に育てる作戦でした。

畝は、無施肥・無耕起栽培を目指して作ったもので、そのせいか(究極の土作りが十分に効果を発揮していない?)スタートはゆっくりで心配していました。

ここに来て、ようやく茎も太くなり、第1花房も全て結実したようです。

トマト第1花房0606(1) トマト第1花房0606(2)
トマト第1花房0606(3) トマト第1花房0606(4)


赤く色づくのはまだまだ先ですが、楽しみになってきましたよ。


◆ 害虫の正体見たり、「夜盗虫


春先から、青じそ・春菊、
夏野菜を植えてからは、ナスピーマンを、害虫に食われ放題。
加害者は、テントウムシダマシや青虫が中心でした。

毎朝、毎夕害虫との戦いに明けくれ、見つけては駆除の連続でした。

ただ、ジャガイモだけは犯人が見つからないのです。
目を皿のようにして探しても、青虫がたまに見つかる程度で・・・
悲惨な被害状況からすると、他に犯人がいるはずだと思っていたんです。

そんな時、Heyモーさんの「Heyモーの家庭菜園を楽しむ」で同じ状況に出会いました。

被害にあっている野菜も同じジャガイモ
葉の食われ方も一緒。

ジャガイモの葉0607


Heyモーさんは、犯人を「夜盗虫」と見当をつけ、夜の区民農園で、LEDライトで照らして犯人を現行犯逮捕。
翌日の昼間、ジャガイモの根元を探すと、夜盗虫がザクザクと面白い様に捕まったと記事に書いておられます。

そこで私も、ジャガイモの株もとを、棒でほじくり返してみました。
すると、文字通り「ザクザク」と夜盗虫が出てきたのにはビックリしましたよ。

虫嫌いの人は、これ以上スクロールしないでください。
ここでスルーしていただいた方が無難です。

         🍂
         🍂
         🍂
         🍂
         🍂
         🍂
         🍂
         🍂
         🍂
         🍂

夜盗虫0607


小さい奴からでっかいやつまで、20匹ほどでしょうか。
これだけいれば、被害が大きくなって、当然ですよね。
これで全部ではないかもしれませんが、正体と対策が見つかったので、もう大丈夫でしょうd(⌒ー⌒)グー


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

野菜の再生栽培 その10

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

昨日は夜半から夕方にかけて、一日中冷たい雨が降り続きました。
夜中には風も吹いたようで・・・
ジャガイモの畝が大変な事に・・・

ジャガイモ倒れる

朝、庭を見に行くと、ジャガイモが4株のうち1株を残して、無残にも倒れていたんです。

ジャガイモの畝は、木蓮の木に最も近く、木陰に隠れて日当たりの一番悪い場所なんです。
そのため、太陽を求めて上へ上へと伸びて行き、徒長気味に背が伸びていたので気にはしていたんです。

風が多少吹いたこともありますが、直接の原因は、雨で土壌が緩くなって、伸びすぎた株の重さに耐えきれなくなったのだと思います。

雨が降りしきる中、支柱を立てて助け起こしてやりました。

ジャガイモ助け起こす


ジャガイモに支柱が必要になるなんて、考えもしませんでしたよ。
茎はどこも折れていないので、何とかなりそうです。


さて、今日は畑ではなく、久しぶりに再生野菜についてのご報告です。

◆ 野菜の再生栽培

最近は、家庭菜園全体として、夏野菜に移行する過程にあったので、再生野菜を取り上げることがありませんでした。

庭の畑にかかりきりだったので、再生野菜の種類も数も減少していたせいもあります。
その上、再生野菜そのものにも、失敗例が相次いだことも一因ですね。

最後にご報告した時の、再生野菜の状態は、こんな感じでした。

再生野菜0420(2).


再生キャベツが3株、再生人参が4本。

キャベツは・・・

再生キャベツ0506


葉も茎も枯れ果てたり・・・

再生キャベツ(2)0506


葉は大丈夫そうに見えても、茎の中が腐ってしまったり・・・

結局、3株すべて失敗に終わりました。

再生人参は、ようやく葉が伸びてきたのもつかの間・・・

再生人参0513


底に穴があいたり・・・

再生人参(2)0513


肩がえぐれたりして、3株が腐ってしまいました。

冬から初春の間、野菜の再生栽培は、少なくとも鉢に植え替えたり、畝にじかに定植するまでは、ほぼ100%うまく行っていました。

気温が上がってから、定植する前に腐ってしまうようになったんです。

野菜の再生栽培を始めるにあたって参考にしたサイトに載っていた注意点は・・・

1.根元やヘタは余裕をもって。
    短すぎると失敗が多くなるそうです。
2.水は入れすぎない。
    野菜が水に浸かり過ぎると、腐りやすくなるので、根元が水に浸る程度が良いそうです。
3.水替えは頻繁に。
    毎日こまめに水を替え、野菜や容器のぬめりをしっかり取るようにします。
4.カビが生えたり、腐敗臭がしたら、思い切って捨てましょう。
5.芽が生え葉が伸びてきたら、土に植え替えましょう。
    長く収穫し、大きく育てるためです。
※ 野菜の再生栽培についてまとめた記事 は ←ここをポチッ

こうやって振り返ってみると、水の量や、水替えの頻度や、植え替えの時期など、いつの間にかいい加減になっていたと反省させられます。

暖かくなってより注意深くやらなくてはいけないにもかかわらず、寒い時期にうまく行ったという成功体験がかえって油断を招いたということでしょう。

これらの点を踏まえて、原因を追究すると・・・

キャベツに関しては、植え替え時期を間違えたのが大きいと思います。

最初のキャベツの再生実験では、葉が生えてきた段階で、根は出ていないにもかかわらず、すぐに植木鉢に植え替えて活着させることが出来ました。

ただ、根っこが生えてくるのを観察したいと、いつまでも水耕栽培していたことが、暖かさとも相まって、腐敗させることに繋がったようですね。

人参の再生は初めてなので、比較する材料がありませんが、
おそらく、水の量が多かったのと、水替えの頻度が少なかったので、腐敗菌が繁殖しやすくなってしまったのだと思います。


以上の反省点を踏まえて、今一度原点に返って、野菜の再生栽培に再チャレンジするつもりです。

再生野菜の現状は・・・

再生野菜0517


生き残った人参が1本(下)と、水菜(上)が6株です。

左の水菜は、5月13日から実験開始です。

再生水菜0513


5月17日には、こうなりました。

再生水菜(1)0517


早くも、新しい葉が伸び始めています。
寒い時期ではありましたが、水菜は再生栽培に向いていることが証明されています。
根が生えやすいので、根を確認次第定植するつもりです。

右の水菜は、昨日(17日)実験を開始したばっかりです。

再生水菜(2)0517


ここまでの結果を見れば、根が出やすい野菜が、再生栽培では成功率が高いようです。

代表的な野菜が、「水菜」の他に、「小松菜」と「長ネギ」ですね。
この3種類の野菜はほとんど100%成功し、収穫に至っています。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

菜園の現状を整理してみた。

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

五月晴れの日が続いて、畑仕事がはかどりました。

はかどるには、はかどりましたが・・・
ぜいたくを言って申し訳ないが、こう夏日が連続すると、それはそれできついものがありますね。
少し暑すぎはしませんか?

そのせいか、野菜の値段が高騰しています。
一番びっくりしたのは、ネギの高いこと高いこと!
2本一束で、198円( ̄▽ ̄;)ウッソー
それも生きの悪いヒョロヒョロで・・・

これが消費者の味方のはずの、生協の価格ですからね。
こうなると、再生ネギの有難味がしみじみと分かってきましたよ。

それはそれとして・・・

夏野菜の代表格の、ナスピーマンキュウリトマトも定植が終わり、サヤエンドウを撤去した後の畝を除いて、あらかた予定通りに栽培が始まったので、ここらで、菜園の現状をおさらいして整理してみることにしました。

菜園の現状(図解)0514


手前から順番に・・・

◆ トマト

ホーム桃太郎4株を、5月7日に定植。
寝かせ植え。

昨日、支柱を組みました。
斜めに誘引して、支柱の周りをらせん状に這わせるつもりです。

同じく昨日、畝の隙間に、マリーゴールド2株を定植。

さらに、畝の中央に、育苗中のスィートバジルを定植予定。


◆ ナス

ナス1株、普通のナス2株を4月26日に定植。

昨日、畝の隙間に、落花生を播種しました。

落花生の種袋 落花生の播種


さらに、時期をずらせて、畝の両肩に、枝豆を植えるつもりです。

◆ ピーマン

京ひかり2株、品種不明1株を4月30日に定植。

やはり昨日、畝の両肩に、枝豆を播種致しました。

枝豆の種袋 枝豆の播種


また、株の隙間には、育苗中のチャイブを定植予定。


◆ キュウリ

夏ばやし2株、Vロード1株、品種不明1株を5月1日に、定植。

トマトと同じく、斜めに誘引して、支柱の周りをらせんに這わせる予定。

また、株間に、育苗中のイタリアンパセリを定植予定。


◆ 根菜

画像の中央の白いテントは、大根と人参の畝です。

3月6日に播種。

暑くなってきたので、テントを外したいのだけれど、こいつらがうろうろしているので、いまだに躊躇しています。

青虫 テントウムシダマシ


左の青虫は、ピーマンの葉の裏で発見。
右の、テントウムシダマシは、ジャガイモの葉の表面で発見。

今年もこいつらとの戦いが始まったと言う訳です。
殺虫剤や農薬は使わないので、ひたすら見つけては排除するだけです。


◆ つるありインゲン

4月23日に播種。

つるありいんげん豆0510


だいぶ大きくなって、つるが伸びてきたので、支柱を立てて、ビニールひもでネットを張りました。

手前の列に春菊、奥の列に青じそを植えています。

インゲンの畝の奥に見えているのが、ジャガイモの畝です。


◆ ジャガイモ

4月8日に、種芋を植えました。

種芋と言っても、食用のものを植えています。
殺菌もしていませんが、今のところ元気に育っています。

ただ、畝の中では、一番日当たりが悪い場所のせいか、若干徒長気味ではあります。
光を求めて上へ上へと伸びる感じですね。


◆ カボチャ

画像ではわかりにくいと思いますが、ジャガイモの畝のさらに奥が、カボチャを植える予定の畝になります。

5月3日から、ポットで、「えびすカボチャ」を育苗中です。
また、サヤエンドウを撤収してから間がないので、土壌の養生が終わり次第定植するつもりです。
来週の中ごろになると思います。


◆ ゴーヤ

ゴーヤは、母屋の西側の壁に沿って、白ゴーヤ(寿限無)7株を、5月7日に定植しました。
さらに、育苗中の苗が、5株余っているので、「イチゴ栽培」と「育苗」に使っているテントがあき次第、元気な苗を2株か3株定植するつもりです。

例年、6株でも食べきれないぐらい収穫できているのに、10株も植えたらどんな事態になるか心配ですが、育苗した以上出来るだけ育てたくなるのは致し方がありませんよね。

そうそう、イチゴと言えば・・・

イチゴ0514


数少ない貴重なやつを、昨日2粒収穫しました。

イチゴの収穫0514


◆ 菜園料理

前回の記事で、ピーマンの第1果を摘果しましたが、株に負担を掛けないように小さいうちに採ったので、さすがにメインの料理にはならなかったみたいです。

ナスの第1果のそのまんま素揚げ』(オムレツの付け合わせ)

オムレツの付け合わせ


余りにちっちゃいので、拡大しますね・・・

オムレツの付け合わせ拡大


はじめは、半分に切って、肉詰めにするつもりだったようですが、あまりに小さいので、切れ目を入れてマヨネーズを詰めて、そのまま素揚げにした(女房談)そうです。

このマヨネーズが不思議なことに、べシャメルソースのようなクリーミーさを演出して、意外や意外たいそう美味しくいただけました。

ご馳走様でした(⌒・⌒)ニコニコ


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR