根こぶ線虫(その2)

ハロウィンframe-illust800文字入り




線虫対策

根こぶ線虫被害にあっておきながら・・・
線虫について調べているうちに、「線虫って興味深い」などと、前回の記事でお気楽な物言いをしたことを反省しています。
農業を営んでいる方にとって線虫被害は死活問題で、私などが軽々に言ってよい言葉ではありませんでしたね。

線虫は、人の体に例えれば、コレステロールに似ています。
人の体と健康にとって、コレステロールは無くてはならないものです。
ところが、コレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDL)があり、悪玉コレステロールが多いと、動脈硬化を始めとして人の体に様々な病気を引き起こす原因となります。
それに対し、線虫にも善玉(自活性)と悪玉(寄生性)があり、悪玉の寄生性線虫が多いと、野菜に様々な弊害を引き起こす原因となるんです。
人とコレステロール、野菜と線虫、これらの関係性が似通っているので、思わず興味深いなどと表現してしまったような気がしています。

さて、前回取り上げられなかった線虫対策についてです。

まずは、これまで調べ上げて見つけた線虫対策を列挙してみます。

1.殺線虫剤による土壌洗浄
2.太陽光利用の熱殺菌
3・寒起こし

4.完熟たい肥の使用
よく腐熟した堆肥を投入すると、有用菌が増えることで土壌中の菌が多様化して、有害線虫が抑制される。

5.土ごと発酵
野菜の残渣や緑肥などの未熟な有機物を土の表面に置き、米ヌカをふって浅く土と混ぜてみると、それだけのことで、土はいつの間にか団粒化が進み、畑の排水が良くなっていく。(中略)これは、表層施用した有機物が微生物によって分解されただけではない。その過程で微生物群が土にもぐり込みながら、土の中のミネラルなどをエサに大繁殖した結果。(中略)このことを「土ごと発酵」と呼ぶ。
(「スーの家の自然栽培的オーガニック家庭菜園12ヶ月」より転載)
このことにより、土壌生物が活性化して、有害線虫の天敵が増えることが期待できる。

6.抵抗性植物の栽培
<例>
a.「マリーゴールド」はサツマイモネコブ線虫やネグサレ線虫の抵抗性植物で、線虫の生存数を大幅に低下させる効果がある。
b.「ギニアグラス」は各種のネコブ線虫やネグサレ線虫、キタネグサレ線虫に優れた効果がある。

7.抵抗性作物の輪作
<例>
ネコブ線虫には「ラッカセイ」、キタネコブ線虫には、「スイカ」・「メロン」・「キュウリ」・「トウモロコシ」などが抵抗性作物

8.ニーム油粕

ニーム核油粕「ニーム核油粕」は肥料としてだけではなく、害虫の忌避や線虫の駆除にも有効とのこと。

ニーム油粕」とは、インドセンダンからニームオイルを搾り取ったカスで、有機肥料の一種です。

※コメントでアドバイスいただきました。メアリーさん(「土にまみれて\(^o^)/ Happy♪」)、teaさん、有難うございました。


「1.殺線虫剤による土壌洗浄」は、問題外です。
家庭菜園を始めるにあたって、「農薬は一切使わない」と決めたからです。
安心・安全な野菜が食べたくて、野菜作りを始めたのだから当然ですね。
あるいは、菜園全体に線虫被害が蔓延した場合に採る最終手段です。

「2.太陽光利用の熱殺菌」と「3・寒起こし」は、一見、理にかなった方法に見えます。
ただ、共に有害生物だけでなく、有用生物まで駆除してしまいます。
また、畑には、水平方向だけではなく、垂直方向にも逃げ道があるので、完全に駆除できません。
その上、これからの季節、日照時間が極端に短いうちの菜園では、効果そのものが期待できません。

それから、被害にあった畝は自然栽培の畝で、「不耕起」が原則。
「4.完熟たい肥」も、 「8.ニーム核油粕」も、使用法を読む限り、土の中に埋め込むよう指示されているので、採用するのに躊躇いたします。
ただし、ニーム油粕に関しては、今年は虫害が多かったこともあり、害虫の忌避剤としては早速使用するつもりです。


有機栽培や自然栽培の立場から言えば、「土壌生物のバランスを整えて」結果的に、線虫被害を抑えることが重要だと思っています。

そこで、今回採用する線虫対策は、「5.土ごと発酵」「6.抵抗性植物の栽培」「7.抵抗性作物の輪作」を組み合わせて実施するつもりです。


具体的には・・・

現在、被害に遭った畝には、遅蒔きトウモロコシを栽培中です。
イネ科のトウモロコシは、線虫に対する抵抗性作物なので、このまま栽培して問題ありません。
ただし、もともと日当たりの悪い上に、今年の秋は天候不順で日照時間が短かすぎたので、トウモロコシの成長は著しく遅れていて、収穫まで至らない可能性が大です。


えん麦(ネグサレタイジ)トウモロコシに見切りをつけた時点で、まずは・・・

えん麦(ネグサレタイジ)」を畝全体に播種。
えん麦は、根腐れ線虫全般とキタネコブ線虫の駆除に効果があるらしいです。
播種の時期も11月までとなっており、何とか間に合うと思います。

根こぶ線虫すべてに効く訳ではありませんが、線虫の数を減らせれば良しと言うことで選びました。
草マルチの材料として、この秋冬のシーズンに栽培するつもりで購入してあったものの使いまわしです。

ある程度育ったところで刈り取って畝に積み重ねたら、米ヌカを散布して「土ごと発酵」させます。

そして春先には、「ギニアグラス」を播種します。

これもある程度育ったところで刈り取り、畝全体に草マルチするか薄くすき込んで、その後に夏野菜を栽培するつもりです。
メインは「トウモロコシ」、畝の肩には「落花生」を直播します。

欲張らずに、トウモロコシの株間を十分とって、真ん中の列には、マリーゴールドを定植するつもりです。

その後、秋冬野菜として、アブラナ科以外の野菜を植えてみます。
アブラナ科の野菜は、「根こぶ病」と言う、根こぶ線虫被害と見分けがつかない病気にかかることがあるので、「線虫対策」が成功したかどうかの実験栽培には向いていません。
ホウレン草(アカザ科)、人参(セリ科)、タマネギ(ユリ科)あたりがいいのでは?
うまく育ってくれたら、線虫対策の成功です。

最後に・・・
毎度毎度代り映えしませんが・・・

◆ 収穫(10月29日)

収獲1029


ピーマン:土佐グリーン4個、接ぎ木ピーマン(品種不明)5個。

ピーマンはまだまだ頑張ってくれています。
ただ、実の成長スピードが極端に落ちてきたような気がします。
そこで、株の負担を減らすよう、少し小さいうちに収穫いたしました。

君だけが頼りだぞ!




最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

最悪の事態に・・・

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

秋とは思えない暑い日が続きましたが、今日あたりから平年並みに戻るということです。

などと、いつものように天候の話から始めましたが・・・
実は畑が最悪の事態に見舞われていることを発見しました。


◆ 七夕キュウリの撤収

畝数の関係から、一度は断念した七夕キュウリ
他のブロガーさん達の七夕キュウリの記事を見ているうちにうらやましくなり、
遅蒔きトウモロコシの畝に混植しようと育苗し始めたのが、7月16日。
19日に発芽を確認、8月9日に予定通りトウモロコシの畝に混植しました。

品種は、「強健 夏秋キュウリ」
地這いキュウリ用の品種ではないのですが、トウモロコシの邪魔にならないように地這い栽培にしてみました。

ところが、どうしても上へ上へと伸びたがり、途中から方針を変え、トウモロコシに日陰を作らないように気を付けながら、通常の栽培に戻したんです。

そのためかどうかは解りませんが、成長が遅く、脇芽も出ず、先細りして終わりを迎えました。

七夕キュウリ1020


これが最後の収穫です。

収穫1020


結局、2株で6本の収穫でした。
いかにも少ないですよね。

この畝は、今年から始めた「自然栽培の畝」で、前作のトマト「ホーム桃太郎」が大惨敗。
しかも終わり方が、今回のキュウリと同じように先細りで撤収を余儀なくされたのです。

自然栽培」は、無農薬、無施肥、不耕起栽培で、初年度から十分な収穫は望めないと思っていました。
しかも、野菜の根っこは、土中微生物の餌として、あえて残して置いたんです。

でも、今回のキュウリの結果を見て、何かおかしいと感じました。
そこで、今回は根を掘り出して観察することにしたんです。

根コブ線虫(1)1020 根コブ線虫(2)1020


これが、2株のキュウリの根です。
どうやら最悪の結果のようです。
根こぶ線虫」の仕業ですね。

これがアブラナ科だったら「根こぶ病」の可能性もありますが、ウリ科なので根こぶ線虫で間違いないと思います。
トマトが不調で終った時に、原因を調べて見るべきでした。

線虫駆除のために、マリーゴールドを混植していたので、油断していました。

マリーゴールド(1)0815 マリーゴールド(3)0712マリーゴールド(2)0815


「太陽光殺菌」するには季節がいまいちだし、農薬は使いたくありません。
土壌の微生物相を改善して、線虫の蔓延を防ぐしかありません。

その微生物相を改善するために、有機栽培をさらに一歩進めて自然栽培を始めたのに、まったく皮肉なことになりました。
「よりによって、自然栽培の畝から出なくても・・・」と、大ショックです。

Enjoy in 菜園のらうっちさんからもらったマイエンザを、原液で大量に散布しておきました。
マイエンザは、らうっちさんからもらったものを種に、増やして続けて3代目に当たります。
これで、トウモロコシもダメになるようだったら、他の手段を考えます。
いまのところ、隣のナスの畝は問題が起こっていないので、これで収まってくれれば良いのだけれど・・・難しいかも。

ナスと言えば・・・
キュウリを撤収して、夏野菜で残っているのは、丸ナスが1株と、ピーマンが3株だけになりました。

◆ナス栽培

ナスは、丸ナス1株と、接ぎ木ナス(品種不明)2株を栽培してきました。
すでに接ぎ木ナスは終了して、残るは丸ナス1株だけです。

丸ナスの花(3)1014


更新剪定後、ようやく花を次々に咲かせていています。

丸ナスの花(2)1014


雌しべが雄しべの先にピュッと出ていて、結実してくれそうに見えます。
ただ、これから秋が深まって寒くなるので、実が大きくなるのか微妙なところでしょうか。

すぐ隣の畝に、根こぶ線虫が見つかったけど、丸ナスは今のところ問題ないように見えます。
先日混植したイチゴニンニクも、順調に育っています。

丸ナスの畝1020


繰り返しになりますが、マイエンザで土壌環境が改善されて、蔓延が防げればいいのですが・・・


油断したと言えば・・・

◆ ピーマン栽培

夏野菜で一番元気で長持ちはピーマンですね。

ピーマン(1)1020


だいぶ背丈が高くなりました。
そのせいか、茎が折れてしまいましたよ。

ピーマンが折れた1017


水滴がついていますが、これ、雨が降った16日の翌日のことでした。
大した雨ではなかったのですが、伸びすぎたのと、実で重くなりすぎたためだと思います。
台風シーズンには、こまめに支柱に括り付けていたのですが、最近はすっかり油断していたようです。

急遽、収穫と言うことでいいですかね。

収穫1017


・収穫(9月17日)
ピーマン:接ぎ木ピーマン(品種不明)、小さいのから大きいのまで、6個。

ただ、ピーマンはまだまだ元気で、もう少し楽しめそうですよ。

ピーマン(2)1020 ピーマン(3)1020


後作は、今育苗中のタマネギを定植するつもりなので、11月半ばまで頑張ってほしいのだけれどね。


◆ 収獲(9月19日)

収穫1019


七夕キュウリ、2本。
ピーマン:土佐グリーン4個、接ぎ木ピーマン(品種不明)2個。
茗荷2個。


◆ 菜園料理

『ピーマンのポタージュ』

ピーマンのポタージュ1019


七夕キュウリと茗荷の春雨サラダ』

七夕キュウリと茗荷の春雨サラダ1019




最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

イチゴの苗作り

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

昨日は、梅雨入り後初めての本格的な雨の一日でした。
雨量はたいしたことはありませんが、丸一日降り続けました。

畑の作業が出来なかったので、最近話題に上っていなかった者たちを取り上げましょうかね。


◆ イチゴの苗作りについて

イチゴは、家庭菜園では種から育てるのではなく・・・
1.親株を株分けする。
2.親株の株もとから伸びる紐のような「ランナー」の先端にできる葉を根付かせて新しい株を作る。
以上の2つの方法を取ることが一般的だそうです。

今回は、「ランナー」から新しい株を作ります。
親株から子株、子株から孫株と、次々にランナーを伸ばして株が増えて行きます。
それを、親株以降、「太郎」「次郎」「三郎」・・・と呼んだりするみたいですね。

現在のイチゴの様子です。

アイベリー(1)0610


水切りプランターには、「アイベリー」1株と「とよのか」1株が植わっていて、アイベリーの方が盛んにランナーを出しています。
※ 水切りプランターについては ➡ポチットナ

とよのか」はどう言う訳か今のところランナーを出してくれません。
枯れているわけでもないのに・・・

それに対して、「アイベリー」は「太郎」「次郎」さらにその先に「三郎」と、順調にランナーを伸ばしています。

アイベリー(2)0610


植木鉢には、アイベリーが1株植わっていて、やはり順調に「太郎」「次郎」と新しい株を作っています。

今のところ、画像に写っていない株を含めて、「太郎」「次郎」だけで12株が育っているんです。
大きい「太郎」はそろそろ親株から切り離して、独立させる時期になっていますね。


◆ 新たな収穫


第一果以来、久しぶりにピーマンが採れました。
3株のうちで、品種の分からない株での収穫です。

ピーマンの収穫0612


次に・・・
あんずがまた採れましたよ。

あんずの実(2)0610


ぜんぶで12粒。
今年のあんずは数は少ないですが、なかなかの粒ぞろいです。

あんずの実0610


今回の収穫で最も大きいあんずです。

ただ、残りは8~9個と言ったところでしょうか。
今年の冬に、畑の日当たりを良くしようと、強剪定した影響でしょう。
あっという間に終了です。


◆ 菜園料理

『あんずのコンポート ヨーグルトに載せて』

イチゴのコンポートGIF


せっかくの粒ぞろいのあんずをジャムにするのはもったいないと、今回はコンポートにして大きな果肉を存分に味わえるようにしたと言うことです。(女房談)

食したのは12日のことで・・・
この日は真夏に近い暑さだったので、ヨーグルトと層状に重ねて、キンキンに冷やして食べました。
硝子の器と相まって、涼しさの演出と言ったところかな。
甘さと酸味がハーモニーを織りなして、大変美味しくいただけました。
ご馳走様でした(⌒・⌒)ニコニコ


◆ 畑のわき役たち


ジャガイモは、夜盗虫に手ひどくかじられたせいか、蕾は付けるものの花が咲きませんでした。
そろそろ収穫時期が迫っているのに、「今さら~」って感じですが・・・
ようやく一輪咲いているのを発見。

ジャガイモの花0612


畑を広く、さらに日当たりを確保するために、去年、南天を移植しました。
その南天が移植先で花を満開に咲かせています。

南天の花0612


マリーゴールドも、今が盛りと咲き始めました。

マリーゴールド0601


茗荷の根きりのために埋めたブロックの狭い穴の中で栽培しているので、株が大きく育つことはなさそうですね。
かえってそれが可愛らしく見えたりして・・・それも一興。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

夏野菜の成長記録(1) その他

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

今日は、定植した夏野菜の成長具合についてのご報告です。

ナスピーマンキュウリトマトの順に植えたので、まずは、「ナス」「ピーマン」を中心に・・・


◆ 『ナス

ナスは、4月26日に3株を定植。

5月10日には、第1花の蕾を確認。

そして、5月16日に、第1花が開花。

ナスの第1花0516


第1花を結実させて、小さいうちに摘果する方法もあるようですが、今回は、第1花をあえて摘花して、養分を株の成長に集中させることにしました。

今のところ順調に見えますが、心配は虫害ですね。

ナスの葉0520

見事に葉を虫に食われています。
こまめに見回っているつもりですが、被害の割に駆除した害虫が少ないんですよ。
で、この有様です。

害虫の種類は、今のところ、青虫(おそらくモンシロチョウ)とテントウムシダマシです。


◆ 『ピーマン


ピーマンは、4月30日に定植。

定植した際にすでに、花と蕾が付いていました。

そこで、第1果を5月11日に小さいうちに摘果しました。

その後も順調に結実していて、昨日、今度はやや大きめな状態で収穫いたしました。

ピーマンの収穫0520


少し形が悪いですが、初期としてはまずまずだと思います(⌒・⌒)ニコニコ


◆ カボチャの定植


カボチャは、5月3日にポットで育苗を始め、7日に発芽を確認。
品種は「えびすカボチャ」です。
※ 過去記事はこちら

そして、18日に、ようやく定植しました。

育苗した苗の状態は・・・

カボチャの苗0518


ナスやピーマンと同様に、再生ネギの根の上にカボチャの苗を乗せて、定植します。

カボチャの定植0518


ヨシを周りに敷いて、定植は終わりです。

カボチャの定植1


4株の苗に対して、当初予定していた畝は1m20cmの短い畝が1本でした。
4株すべて定植して、成長状態を見て2株に減らすつもりでした。

種から育苗したこともあり、直前になって考えが変わりました。

うちの庭で残っている畝は2本だけ。

1本は、オクラを植える予定です。
※ この畝は、大根と人参を栽培していた畝です。
3日前に撤収して、今は何も植わっていません。
急遽撤収した理由は、最後の「菜園料理」で詳しく説明してます。

今1本は、育苗したゴーヤの残りを定植するつもりでした。

ただ、ゴーヤはすでに7株定植済みで、もう十分だともいえます。
(実は、女房がゴーヤの苦さが苦手で、前々からこれ以上植えてくれるなと要望があったんです・・・)

で、ゴーヤを植えるつもりだった(逆に私はゴーヤが大好物で、もっと植えたかった…)畝にも、2株植えることにいたしました。

カボチャの定植2


少し分かりづらいですが、手前がもともと予定していた畝で、奥がゴーヤを植える予定だった畝です。


◆ マリーゴールドイチゴ


マリーゴールドについて』

マリーゴールドは、菜園の彩りと、コンパニオンプランツとして、栽培することにしたんです。

4月2日に、卵パックで育苗を始め、5日に発芽を確認しました。

その後、徒長してしまいましたが・・・

マリーゴールド0408


茗荷の根切りに使った、ブロックの穴を利用した培地に定植してからは、順調に育っています。

マリーゴールド0520


中には、花芽を持つものもあらわれました。

マリーゴールドの花芽0518


イチゴについて』

最後の収穫?です。

最後のイチゴ0520


ちっちゃい上に、いびつですね。

アイベリー2株、とよのか1株の計3株を育てましたが、結局採れた実は、たった6粒だけ。
残念な結果に終わりました。

とよのかに至っては、花は咲かせたけれど、一つも結実することなく終わってしまいました。

ろくな収穫ももたらさなかった株から苗作りをしても良い結果が得られるかどうか、はなはだ怪しいものですが、盛んにランナーを出しているので、とりあえず子株を作ってみようと思っています。

その様子についてはいずれご紹介する機会があるかも知れません。


◆ 菜園料理


実は、3日前、大根と人参がそろってとう立ちしてしまいました。

他のブログを見ていて、「そんなこともあるんだ」と、他人事のように思っていたのですが、ちょっと目を離したすきに、気が付いたら一斉にとう立ちしてたんです。

離れた畑で栽培しているならともかく、自宅の庭で育てていながらとう立ちに気づかないなんて、まったくもって最低ですよね!

そのためか、写真に撮ることさえ忘れる始末。

慌てて撤収したのですが、大根も人参も実は硬くなって食べられそうにありませんでした。

ただ、女房が哀れに思ったのか、大根の一部と人参の葉で、苦心惨憺の末に、料理に仕上げてくれました。

『とう立ち人参の葉のそぼろ煮』

とう立ち人参の葉のそぼろ煮


大根の葉はほとんど硬くて食べられる状態ではなかったそうです。
でも人参の葉は、とう立ちした茎を除けば、普通の人参の葉とあまり変わらなかったそうです。

そこで、合い挽き肉とバターコーンと一緒に、そぼろ煮にしてくれました。

とう立ちすると何でもかんでも固くなってしまうと思っていたのですが、人参の葉は結構柔らかくて、美味しくいただけました。


『とう立ち大根の味噌漬け』

とう立ち大根の味噌漬け


大根の実は、柔らかそうなところを選んで薄切りにして、味噌で漬け込んだそうです。
たった2昼夜漬け込んだだけの浅漬けです。

ちょっと芯があるような感じはしますが、歯ごたえがあってまずまず食べられましたよ。
「美味しいか?」と問われれば、「まずくはない」と答えることになると思います。

でも、なんとか工夫して食べ物にしてくれた女房に感謝ですm(_ _)m


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

サヤエンドウの花がやっと咲いた

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

昨日は、花祭り
お釈迦様の誕生日。

最近はあまり話題にもならないのかな~!
少し寂しい気もしますね( ̄▽ ̄;)

◆ 花と言えば・・・

花芽がなかなか出来なくて、やきもきしていたサヤエンドウに、ようやく花が咲きました。

サヤエンドウの花0408


サヤエンドウの花と言えば、白い花と思い込んでいたので、ちょっとビックリです。

調べてみたら、白花品種と赤花品種があるとのこと。
うちのは赤花品種だったわけですね。

たった一輪だけで、ちょっと寂しいので・・・

ついでに・・・

ハクサイの菜の花0408


再生白菜の花が真っ盛りになりました。
今少し楽しめそうですよ。

さらに・・・

ネギ坊主0408


再生ネギの「ネギ坊主」です。
直に見たことが無いので、1本だけ残して置いたものです。

これで、ほぼ満開ってことでしょうか?
初めてなので良く解りません。

再生白菜も、再生ネギも、とう立ちしてしまいましたが、こういう楽しみ方が出来るのも、家庭菜園ならではかも(⌒・⌒)ニコニコ


◆ とう立ちと言えば・・・

この春は、野菜のとう立ちで苦労していますが、去年の秋播き野菜では、「徒長」に悩まされていました。

大根、人参、小松菜、チンゲンサイと全て徒長してしまいました。
特に大根は、ヒョロヒョロのもやしっ子で、倒れた大根の苗を毎日のように土寄せして支えていたことを思い出します。

今年に入って、3月6日に播種した大根は・・・

大根0408


徒長することなく元気に育っていますよ~!

本葉が出てきたので、2本立てに間引きました。

大根拡大0408


奥に見えている列は、人参の列です。
こちらはまだ本葉が出ていないのでそのままです。

間引き菜がこちら・・・

大根の間引き菜0408


1mの小さい畝に、大根と人参を同居させているので、量は知れたものですね。


◆ 徒長と言えば・・・

食器の水切りを利用した、育苗器で育て始めたマリーゴールドが見事に徒長してしまいました(゚_゚i)タラー

マリーゴールド0408


「発芽温度が20~25度」と言う表示を気にしすぎて、過保護に育てたためですかね。
だいぶ暖かくなって来たので、余っている種を今度は直播してみようかな~

同じ育苗器で育てている「白ゴーヤ(白寿限無)」は順調に見えます。

白寿限無0408


もう少し拡大してみると・・・

白寿限無拡大0408


根の出方にだいぶ差があるので、早いものからポットに植え替えるつもりですよ。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

QRコード

QR