白ゴーヤの育苗&野菜の再生栽培その10

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

東京は桜も完全に散って、葉桜がきれいな季節へ。

いつの間にか、庭のあんずの実もちょっぴり大きくなってきましたよ^^

あんずの実0413



◆ 白ゴーヤ白寿限無)の育苗について


4月3日

白寿限無の生育を促進するために「芽出し」をしました。

※ 芽出しについての記事は ←ここをポチッ


4月10日

根が生えそろったので・・・

白寿限無の根出し0410


ポットに植え替えました。

白寿限無の植え替え0410


最終的には5株育てる予定なので、1つのポットに種を3粒播くとして、5倍の15粒を準備したつもりでした。
が、実際は16粒あり、ポットが6個必要になりました。

上の画像で言うと、右端の上の段のポットには、1粒の種しか入っていません。
ただし、一番最初に根を出した種を植えています。


4月12日

1粒しか植えていないポットで、真っ先に発芽しましたよ。

白寿限無0412


4月13日

さらに、2粒の種が発芽しました。

白寿限無0413


4月14日

さらに1粒の種が発芽・・・したけど

白寿限無(2)0414


真ん中と左端の合計4個のポットは、まったく音沙汰無しなんです。
もっとしっかり根を出させてから植え替えた方が良かったかも・・・


◆ 野菜の再生栽培について

・再生栽培の畝

まずは優等生から・・・

再生水菜」と「再生小松菜」を収穫したのは、3月13日のことでした。
※ 過去記事は ←ここをポチッ

根こそぎ掘り出さず、根元で刈り取って、「再々生」させることにしたんです。

3月21日の段階で、すでに新しい葉芽が出てきていました。

再々生水菜0321 再々生小松菜0321


4月13日には・・・

再々生水菜はこんな感じ・・・

再々生水菜0413


水菜の生命力に脱帽です。
今のところ水菜が一番再生栽培に向いていると考えています。

それにたいして、再々生小松菜はどうでしょうか?

再々生小松菜0413


小松菜の生命力もなかなかのものですね。

ただ、すべての株がうまく行っているわけではありません。

枯れた再々生水菜0413 頼りない再々生小松菜0413


枯れた株もあれば、成長の遅い株もあるんです。

と言うよりも、成長過程にあるのは、再々生水菜が3株、再々生小松菜が1株だけなんです。
さすがに、繰り返し繰り返し再生するのは厳しいのかもしれませんね。


次は、最初からあまりうまく行っていない再生野菜について・・・

何と言っても、「再生ホウレンソウ」ですね。

再生ホウレンソウは、一番数多く再生実験してきましたが、今までに収穫に至ったのは、たった1株だけです。
※ 過去記事は ←ここをポチッ

ほとんど成長することもなく、枯れる一歩手前です。

枯れた再生ホウレンソウ0413


一つ抜き取ってみました。

枯れた再生ホウレンソウの根0413


根っこが全く出ていませんね。
これでは再生できるはずもありません。

キャベツの芯で再生栽培を開始したのですが、キャベツは新しい葉芽が出た時点で畑に定植して、しっかりと根付いてくれました。
根っこが出ていないにもかかわらず・・・

そのため、ホウレンソウも根が出ないうちに定植してしまいました。
どうやらそれが失敗の原因のようです。
再生小松菜再生水菜に比べて、根が出にくいのが祟りました。

でもでも、ちょっとは望みがありそうな株もあることはあるんですよ。

望みの再生ホウレンソウ0413


成長しているとはいいがたいのですが、青々とした葉が生えているように見えるんですよね。
この株は今少し様子見してみるつもりです。

「諦めが悪いのが、私の長所?」


逆に意外な頑張り屋さん・・・

再生糸三つ葉0413


再生糸三つ葉です。
再生糸三つ葉は、もともと3株と言う少なさだったんです。

2株は早々と枯れて、定植できたのはこの1株だけでした。
それも、今にも死にそうな弱々しいさだったんですよ。

再生糸三つ葉0219


なんと!
2か月近くの時間をかけて、ここまで成長してくれました!
なんとも愛おしいじゃありませんか


再生キャベツ(水耕栽培中)

再チャレンジした再生キャベツは、最初の再生キャベツと同様にやはり「とう立ち」してしまいました。
※ キャベツの再生栽培の記事は ←ここをポチッ

再生キャベツとう立ち0413


子孫を残そうという生命力にまた負けてしまった、そんな感じですかね。

ただ、前回と違いがあるとすれば、今回の再生キャベツは根が生えてきたということです。

再生キャベツの根0413


せっかく根っこが生えてきたのだから、「とう立ちしちゃったから蕾を収穫して終わり」ってなことではもったいないですよね。
畑に定植してみようと思っています。
ただ、そのままでは今回の二の前になりかねないから・・・何か工夫をして見ようかな。


◆ 再生野菜の収穫

再生野菜の収穫0413


満開を迎えた再生ネギのネギ坊主1本。
同じく再生ネギのちっちゃいネギ坊主を少々。
そして、再生キャベツのとう立ち菜も少々。


◆ 今日の家庭菜園料理

『収穫そのまんま天麩羅』

再生野菜の天麩羅0413


文字通り、すべてをそのままに天麩羅にしただけの料理です。

満開のネギ坊主を、恐る恐る食べてみました。

味も香りもあまり感じられません。
独特の弾力と歯ごたえだけ。

にもかかわらず・・・
以外にも「うまい!」んですよね、これが。

ちっちゃなネギ坊主も、とう立ち菜も、みんな美味しかったです。
ご馳走様でした(⌒・⌒)ニコニコ

ただ、唯一食べられないものがありました( ̄▽ ̄;)

満開のネギ坊主の茎と言うのか、葉と言うのか・・・
硬くて、特に繊維が鋼の様で、噛み切ることさえ出来ません。
はっきり言って、食べ物ではありませんでした(゚_゚i)タラー


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


とう立ちの春 野菜の再生栽培その9

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

すっかり春めいて、気温が高くなったのはありがたいのですが・・・
どうもスッキリとした晴れとはいかない日々が続いています。

でも、今日は良い天気になりそうですよ~

今日は、「野菜の再生栽培」と「サヤエンドウ」と「育苗」について、レポートいたします。


◆ 野菜の再生栽培について

再生野菜に限らず、寒い時期から栽培を始めて春を迎える野菜には、「とう立ち」が避けられないみたいですね。

うちの再生野菜たちも、畑や植木鉢に移植する前の段階で、とう立ちが始まってしまいました。

まずは、再生ハクサイから・・・

再生ハクサイの菜の花0405


2月27日に、再生栽培を始めました。
開始当時は、「有翼の天使」などとしゃれて、翼に見えるくらいの葉っぱを付けていました。
※ 過去記事は ←ここをポチッ

畑に定植するほどの大きさになる前に、とう立ちして菜の花が咲いてしまいました。
可愛らしい花なので、じっくり観賞してみようと思っています。


次に、再生キャベツです・・・

再生キャベツのとう立ち0405


3月16日に開始した第1弾です。
たくさん葉芽が出てきたので、そのうちの2つを育てようと、2分割したのですが・・・
※ 栽培開始の記事は ←ここをポチッ
※ 2分割した記事は ←ここをポチッ

残念ながら、すでにとう立ちして蕾が付いてしまいました。

再生キャベツの蕾0405


暖かくなってきた、3月31日から栽培を始めた、第2弾に期待することにしましょうね。

再生キャベツ第2弾0405


気味が悪いぐらい、たくさんの葉芽が出てきましたよ。


最後に再生ネギですよ・・・

再生ネギのネギ坊主0405


再生ネギは、3月10日から実験開始しました。

ご覧のように、ネギ坊主が出来ています。
これまでも、ネギ坊主が出来るごとに摘み取ってきました。
今回も摘み取って、実験を続けるつもりです。


◆ サヤエンドウ栽培について


サヤエンドウは、去年の11月6日に、播種しました。
発芽は、11月12日でした。
※ 過去記事は ←ここをポチッ

もうすぐ5か月と言う時間が経過して、見かけだけは立派に成長しているように見えます。

サヤエンドウ0405


ところが、一向に花芽が付かず、やきもきしていましたが・・・
今朝ようやく花芽を確認できましたよ。

サヤエンドウの花芽(1)0405 サヤエンドウの花芽(2)0405


やれやれ、ホットいたしました。
数日で花が見られそうですよ。


◆ 育苗について


前回の記事でご報告したように・・・
※ 前回の記事は ←ここをポチッ

白いゴーヤ(白寿限無)とマリーゴールド育苗を始めたところです。

育苗器は、食器の水切り容器を利用しました。

昨日の育苗器の状況です。

育苗器0405


ちょっと目には、変化は解りませんが、拡大してみると・・・

まずは、白寿限無から

白寿限無発根


一つだけですが、ちょろっと根っこが出ていました。

次に、マリーゴールド・・・

マリーゴールド発芽


発芽を確認しました。

今のところ、どちらも順調と言えると思います。
こちらも、ホット一息と言ったところかな。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


野菜の再生栽培 その8

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

3月も最終日。
連日暖かい日が続いています。
やっぱり、ぽかぽかの日差しを浴びるとほっとしますね。

◆ 野菜の再生栽培について

・キャベツの再生栽培(この春スタート分)

3月16日から始めた今年第一弾の再生キャベツの現在の様子です。

再生キャベツ(1)0331

幾つも葉芽が出てきましたが、そのうち2つの葉芽がとりわけ大きくなってきたんです。

このまま2つとも育てると、大きく育て上げることが出来ないと思われるので、どちらか一方だけを育てることも考えたのですが、どうせなら2つとも生かそうと、思い切って2分割することにしました。

再生キャベツ(1)2分割

取りあえず縦に真っ二つにしてみました。
さてさて、今後いかなることになるのか?
乞う、ご期待です\(^O^)/

なに分初めてのことなので、失敗することもあろうかと・・・
保険をかけてみました。

再生キャベツ(2)0331

再生キャベツ第二弾です。

・その他の再生野菜

現在栽培している再生野菜は、こんな感じですよ~

再生野菜0331

再生ハクサイ1株、再生ネギ14株、再生キャベツ第1弾と第2弾です。


・再生キャベツ(去年スタート分)

もともと、野菜の再生栽培は、去年の11月に、「再生キャベツ」から始まったんです。

再生キャベツ第一弾

再生キャベツ1弾1228

再生キャベツ第二弾

再生キャベツ2弾1228

水耕栽培から植木鉢へ植え替えて、その後も順調に育っていましたが・・・
真冬の寒さを越して春の訪れとともに、とう立ちしてしまいました。

残念ながら結球する遥か前で、栽培の終了を決断するに至りました。
ただ、とう立ち菜として収獲しようと、そのままにしていたところ・・・

再生キャベツのとう立ち菜0331

右が第一弾、左が第二弾です。

多くの蕾を持つにいたったので・・・

再生キャベツの蕾0331

本日収穫することといたしました。

再生キャベツのとう立ち菜の収穫

そんなこんなで・・・

◆ 家庭菜園料理

『再生キャベツの菜の花サラダ』

再生キャベツの菜の花サラダ

再生キャベツの蕾と葉っぱを湯がいて、三杯酢で和えたサラダです。

そぼろ卵を菜の花畑に見立ててみたそうです(女房談)

再生キャベツの蕾は、市販の菜の花と比べて、まったく遜色ない美味しさでしたよ。
また、再生キャベツの葉は、とてつもなく柔らくて、サラダの青菜として最適だと思いました。

残念ながら、去年開始したキャベツの再生栽培は、結球することなくとう立ちしてしまいましたが・・・
もともと捨てるはずのキャベツの芯から育てたことを考えれば、こうして「とう立ち菜」のサラダとして美味しく食べることが出来たのですから、ひとまず良しとすべきなんでしょうね。

なにより、この間4か月余り、ヒヤヒヤ・ドキドキ・ワクワクしながら、十分楽しい時間を堪能できたのですから\(^o^)/♪


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

「人参の発芽」&「野菜の再生栽培その7」

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

東京地方は、花冷えを通り越して、真冬に逆戻りですよ(゚_゚i)ブルブル
いつになったら、テントのビニールシートを外すことが出来ることやら。

今日は、なかなか芽を出さずに心配していた人参と、またまた、再生野菜のお話ですよ。


◆ 根菜栽培について

現在の大根人参の畝の様子です。

根菜の畝0323

左の列が大根、右の列が人参です。

大根人参は、ともに3月6日に播種しました。

大根は、3月15日に発芽を確認しています。

少し込み合っているので・・・

大根の芽0321

間引きましたよ。

大根間引き後0321

人参は、大根に比べて発芽が遅く、ようやく数日前からぽつぽつと芽を出してくれました。
そして今日、やっと出そろったと言った感じです。

人参の発芽0323

去年の残りの種なので、発芽率が悪くなるだろうと予想していましたが、まずまずと言ったところでしょうか。
それよりも、芽が出そろうまで時間がかかったことの方が意外でした。
種を蒔いた直後に寒の戻りがあったせいかもしれませんね。


◆ 野菜の再生栽培について

再生野菜は、一つの畝に集めて栽培していますが・・・
それ以外に、水耕栽培中の再生野菜があります。

再生野菜0323

再生ネギが14本、再生ハクサイが1株、再生キャベツが1株です。

・まずは、再生キャベツから…

もともと、野菜の再生栽培は、去年の11月13日に、キャベツから始まったのです。
※ キャベツの再生栽培の記事は ←ここをポチッ

順調に成長しているように見えましたが、真冬の寒さにあったために、春を迎えてとう立ちし、残念ながら結球する遥か手前で栽培を断念いたしました。

そこで、この春からリベンジの挑戦ですよ。
3月16日、再生栽培開始日の様子です。

再生キャベツ春の陣

前回は、勝手が解らず、葉を数枚残して開始しましたが、今回は、完全に芯だけからのスタートです。

そして、これが現在の様子です。

再生キャベツ0323

あちらこちらから、ぼこぼこと葉芽が顔を出してきました。
前回とは全く違う展開ですね。

この先どうなるのか、どうすれば正解なのか、全く読めません。
ちょっとワクワク・ドキドキしちゃいますよね!

・次にハクサイです。

再生ハクサイ0316(2)

ここ1週間ほど、ほとんど変化がありません。
再生栽培の畝に定植する時期なのかもしれません。

再生キャベツは根が生える前に、強引に植え替えてしっかり根付いてくれました。
初めてのことで何も解らない時は出来たことが、多少の経験を積んだことで逆に迷いが生まれて来て・・・

何も知らないって、すっごいことなんだな~!

再生ネギは、条件の違う2種類の実験をしています。

一つ目は、「泥付きネギ」で再生栽培を始めたもの2カップ6本。
泥付きネギは泥だけでなく、根っこもついているんですよね。
その根を少し短めに切っただけで、再生実験しています。

再生ネギ(2)0323

解りにくいですが、中心部の少しくすんだ色の根がもともとの根で、その根を囲むように白いきれいな根が新しく生えてきたんです。
古い根がある分、スタートダッシュで優っています。

二つ目が、普通に市販されているネギで、きれいに洗われて根が切り取られているものを使っています。
全部で2カップ8本です。

再生ネギ0323

ようやく新しい根が生えてきたところです。
根が生えるまでの時間の分だけ、成長は遅れています。

再生野菜の集合画像で見ると、その差は歴然です。
再度見てみましょうか。

再生野菜0323

鹿の角みたいに、にょきにょき生えているのが、「泥付きネギ」ですよ。

どちらにしても、新しい根を見ると、あらためて植物の生命力の強さに感心しますヽ(´∀`)ノ

これらの14本の再生ネギは、「究極の土作り」で作った3本目の畝の土壌改良のために使うつもりです。
※ 究極の土作りの記事は ←ここをポチッ


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

菜の花と菜花 違う?違わない?

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます^^

いまだに寒い日が続いていますが、まもなく2月も終わり、すぐに3月です。

梅やら河津桜やらと、あちらこちらから春の便りが届き始めました。

これからの季節、一面に広がる菜の花畑は壮観で、代表的な春の風物詩ですよね。


菜の花
(NAVERまとめ 菜の花畑の美しい壁紙画像集【無料素材】より、お借りしました)



私は、家庭菜園を始めるまでは、植物にあまり興味がなかったので、「菜の花」と言う植物があるのだと思っていました。

そう、「菜花(なばな)」と言う特定の植物の花だと思っていたんです。はずかし~い!

でも、手ずから野菜作りを始めてから、野菜のみならず植物のことがやたら気になり始めました。

それは菜の花についても言えることです。

そこで、「Wikipedia」 や 「Yahoo!知恵袋」などの知識を借りて、私なりにまとめてみると・・・


菜の花とは』

菜の花はアブラナ科の植物の花の総称です。
言ってみればアブラナ科の「菜っ葉」の「花」のことです。

アブラナ科の名になっている「アブラナ」は、文字通り、その種から「油」を絞る為に栽培するアブラナ科の植物の1品種です。
菜種(ナタネ)とも言い、絞った油がナタネ油です。

そのアブラナから派生した植物が、キャベツ、ハクサイ、コマツナ、ブロッコリー、カリフラワー、チンゲンサイ、ミズナ、カブ、カラシナなどの良く知られた野菜たちなんです。

春に農村や田園地帯で見られる菜の花は、収穫し残したアブラナ科の野菜たちの花畑の場合が多いということです。

その中で、花を食用にするために改良されたのが「菜花(なばな)」なのだそうです。そうだったんだ~!
ただ、「菜の花」として八百屋やスーパーで売られている中には、菜花が中心ではあるものの、様々なアブラナ科の野菜の花があるらしいですよ。

数え上げれば、「菜花」「花菜」「かき菜」「鮎河菜」「のらぼう菜」「菜心」「紅菜苔(コウサイタイ)」「チンゲンサイの菜の花」「アスパラ菜」などなど・・・

まったくビックリです。
知らないことだらけでしたよ。

そう言われてみれば、いつどこのブログで見たか思い出せないものの、「白菜の菜の花が一番美味しい」と言う記事を読んだような気が・・・普通そこで気づくだろ~!

どうやら、アブラナ科の花の蕾はどれも美味しく食べられるようですね。

再生キャベツが、まだ花芽は見えないけれど、とう立ちし始めているようにも見えるし・・・


再生キャベツ0226

もう少し拡大すると・・・

再生キャベツ拡大0226


また、再生小松菜も元気に育っているのですが、今のところ食べるには、葉が固そうに見えるので・・・


再生小松菜0226


いっそのこと!
とう立ちさせて、「菜の花」として収獲して、春の訪れを楽しむというのも一興かもしれませんね(* ´ ▽ ` *)


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR