野菜の再生栽培 その12

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

梅雨入りしたばっかりだというのに、関東地方は早くも水不足のピンチです。
普通は、梅雨の少雨が原因で、暑い暑い真夏に渇水が起こるのですが・・・
この時期にいきなり「取水制限」が行われるというのは、本当に異常事態だと思います。

このまま、梅雨の間に雨がたくさん降らないと、「給水制限」と言う事態になります。
最悪、断水なんてことにもなりかねません。
家庭菜園をやっている身になれば、肩身の狭い思いをすることに・・・
今からせいぜい節水を心掛けないといけませんね。


◆ 野菜の再生栽培について

去年の秋から始めた再生栽培は、気温が上がってからはなかなかうまく行かない状態が続いています。

そこで、早く根が出る「小松菜」と「ネギ」にターゲットを絞って、6月4日にようやく定植に至りました。
※ 野菜の再生栽培 その11 ➡ポチットナ

現在の様子はこんな感じです。

再生野菜0616


手前の列が再生小松菜です。
4株の内、1株は枯れて溶けてしまいました。
一番元気なのが右端の株です。

拡大するとこんな感じ。

再生小松菜0616


奥の列が再生ネギで、6株定植後さらに追加で定植して13株になりましたが、拡大するとこんな感じです。

再生ネギ0616


暑さの中、何とか活着して頑張ってくれていますよ。


◆ 再生ネギの収穫


これまで、去年の再生栽培の開始以来、たくさんの再生ネギを栽培してきましたが・・・

成長した再生ネギは、まず、土壌改良のために「究極の土作りで作った畝」に植えられ、その役目が終わると今度は、夏野菜の「ナス」「キュウリ」「ピーマン」「トマト」「カボチャ」を定植する際に「コンパニオンプランツ」として一緒に植えられたんです。

そのため、まともに収穫に至ったものは1本もありませんでした。

ただ、コンパニオンプランツとして植えられなかった再生ネギが2本ありました。
何とか収穫にまでこぎつけようと育ててきましたが、アブラムシにたかられ、さび病にも侵されているので、いよいよ収穫することに・・・

再生ネギ収獲0616


若干細いですが、結構な長さになりましたよ。
薄皮を剥いでみると・・・

再生ネギ0616薄皮をはいでみた


しっかり白化しています。
考えていた以上に白化した部分が長い。

やりました!

捨てるはずのネギの小さな根元が、立派なネギに再生されたことになります。
たった2本になってしまいましたが、「再生実験は成功」と言うことで・・・いいよね!?


再生小松菜」、「再生水菜」、「再生ホウレンソウ」、「再生糸三つ葉」に続いて、「ネギ」も再生して収穫にまで至ることが証明されました。
再生ネギは、細い割にはやや硬めでしたが、長ネギとして美味しく食べることが出来ました。
今栽培している再生ネギが成長した時のことを考えると、この秋が楽しみになってきましたよ。

後は、再生キャベツですね。
去年の秋に始めた再生キャベツは、うまく行っていたと思ったのに春になってとう立ちしてしまいました。
今年の春から始めた再生キャベツは、気温の上昇を受けて腐ってしまいました。
何とか夏を越せさえすれば、冬にかけて収穫出来るのではないかと考えています。
近々、再チャレンジするつもりでいます。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

再生野菜の畝 撤収しました

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

今日は、再生野菜の畝を撤収した経緯を中心に記事にまとめましたが・・・
その前に、それ以外のことをまずご報告・・・

◆ 根菜栽培について

3月6日に播種した、大根と人参の現在の様子。

根菜の畝0419


大根はすでに2本立てに間引いてあります。
人参はこのあと少し間引きました。


◆ サヤエンドウについて

ようやく、他のブログでよく見かけるような、サヤエンドウの花盛りの様子が見られるようになりました。

サヤエンドウ0419


サヤもかなり見受けられるようになりましたが、収穫まではあとちょっと。


◆ 白ゴーヤ(白寿限無)の育苗について

4月3日から始まった、白寿限無の育苗ですが・・・
結局、16粒の種に対して発芽したのは11株、発芽率68.75%と言う結果に。
種袋の裏に記載されていた発芽率約70%を証明しただけに終わりました。

白寿限無0420


6ポットで間引きながらの栽培で、5~6株を育てるつもりだったのですが・・・
最後の発芽した2株が小さくて頼りないので、発芽した11株すべてを11のポットで栽培を続けることにいたしました。


◆ 野菜の再生栽培について


去年の11月から始めた、野菜の再生栽培ですが・・・
最初は、キッチン菜園として気軽に始めたつもりが、いつの間にやら、植木鉢に植え替えたり、専用の畝まで作って定植したりと、すっかりはまってしまいました。

多くの収穫をもたらしてくれた野菜もあれば、残念な結果に終わったものもありました。

さらには、再生から再々生へとエスカレートしてしまいましたが・・・
さすがに再々生は厳しいと見えて、すっかり勢いがなくなってきました。

再生野菜の畝0419


特にホウレンソウはほとんど全滅と言ったところです。
一番収穫をもたらしてくれた、水菜と小松菜も勢いをなくして元気がなくなってきました。
唯一収穫出来そうなのは、一株だけ残った糸三つ葉だけかな?

再々生水菜0419 再々生小松菜0419
左:再々生水菜 右:再々生小松菜
再生糸三つ葉0419 再生ホウレンソウ0419
左:再生糸三つ葉 右:再生ホウレンソウ


そこで・・・
この畝には、ゴールデンウイーク中にキュウリの苗を定植する予定になっていることもあり・・・
撤収することにいたしました。

野菜の再生栽培は、実に半年近くにわたって楽しませてもらいました。
野菜の生命力の強さには、つくづく頭の下がる思いです。

これが最後の収穫・・・

再生野菜の収穫0419


再生糸三つ葉一株と再々生水菜少々。
左端は、間引いた人参の葉っぱです。


再生野菜 ありがとう! 楽しかったよ~!!


土を掘り起こして空気を入れて・・・次の準備をする予定です。

再生野菜の畝の掘り起こし


そう言っておきながら…
よく考えてみれば・・・

再生野菜専用の畝を撤収しただけで、野菜の再生栽培そのものをやめたわけではありませんよ。

例えば、究極の土作りの畝では、土壌改良のために植え替えた再生ネギが元気に育っています。
※ 究極の土作りについては ←ここをポチッ

再生ネギ(1)0420 再生ネギ(2)0420


夏野菜の苗を植える時には、コンパニオンプランツとしても活躍してくれそうです。

さらに・・・
再生キャベツとともに、初めて根菜の再生も人参で始めてみました。

再生野菜0420

人参や大根と言った根菜は、根っこ(主に食べる部分)を再生出来るわけではありません。
あくまで葉を育てて食べるだけだそうですよ。

拡大して見ると・・・

再生人参拡大0420


再生人参は、4月15日に始めたのですが、4本中1本だけですがすでに葉が生え始めています。
再生キャベツにしても、再生人参にしても、専用の畝がなくなったので、植え替える時はどこかの畝の片隅に居候させてもらうことになりそうです。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

白ゴーヤの育苗&野菜の再生栽培その10

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

東京は桜も完全に散って、葉桜がきれいな季節へ。

いつの間にか、庭のあんずの実もちょっぴり大きくなってきましたよ^^

あんずの実0413



◆ 白ゴーヤ白寿限無)の育苗について


4月3日

白寿限無の生育を促進するために「芽出し」をしました。

※ 芽出しについての記事は ←ここをポチッ


4月10日

根が生えそろったので・・・

白寿限無の根出し0410


ポットに植え替えました。

白寿限無の植え替え0410


最終的には5株育てる予定なので、1つのポットに種を3粒播くとして、5倍の15粒を準備したつもりでした。
が、実際は16粒あり、ポットが6個必要になりました。

上の画像で言うと、右端の上の段のポットには、1粒の種しか入っていません。
ただし、一番最初に根を出した種を植えています。


4月12日

1粒しか植えていないポットで、真っ先に発芽しましたよ。

白寿限無0412


4月13日

さらに、2粒の種が発芽しました。

白寿限無0413


4月14日

さらに1粒の種が発芽・・・したけど

白寿限無(2)0414


真ん中と左端の合計4個のポットは、まったく音沙汰無しなんです。
もっとしっかり根を出させてから植え替えた方が良かったかも・・・


◆ 野菜の再生栽培について

・再生栽培の畝

まずは優等生から・・・

再生水菜」と「再生小松菜」を収穫したのは、3月13日のことでした。
※ 過去記事は ←ここをポチッ

根こそぎ掘り出さず、根元で刈り取って、「再々生」させることにしたんです。

3月21日の段階で、すでに新しい葉芽が出てきていました。

再々生水菜0321 再々生小松菜0321


4月13日には・・・

再々生水菜はこんな感じ・・・

再々生水菜0413


水菜の生命力に脱帽です。
今のところ水菜が一番再生栽培に向いていると考えています。

それにたいして、再々生小松菜はどうでしょうか?

再々生小松菜0413


小松菜の生命力もなかなかのものですね。

ただ、すべての株がうまく行っているわけではありません。

枯れた再々生水菜0413 頼りない再々生小松菜0413


枯れた株もあれば、成長の遅い株もあるんです。

と言うよりも、成長過程にあるのは、再々生水菜が3株、再々生小松菜が1株だけなんです。
さすがに、繰り返し繰り返し再生するのは厳しいのかもしれませんね。


次は、最初からあまりうまく行っていない再生野菜について・・・

何と言っても、「再生ホウレンソウ」ですね。

再生ホウレンソウは、一番数多く再生実験してきましたが、今までに収穫に至ったのは、たった1株だけです。
※ 過去記事は ←ここをポチッ

ほとんど成長することもなく、枯れる一歩手前です。

枯れた再生ホウレンソウ0413


一つ抜き取ってみました。

枯れた再生ホウレンソウの根0413


根っこが全く出ていませんね。
これでは再生できるはずもありません。

キャベツの芯で再生栽培を開始したのですが、キャベツは新しい葉芽が出た時点で畑に定植して、しっかりと根付いてくれました。
根っこが出ていないにもかかわらず・・・

そのため、ホウレンソウも根が出ないうちに定植してしまいました。
どうやらそれが失敗の原因のようです。
再生小松菜再生水菜に比べて、根が出にくいのが祟りました。

でもでも、ちょっとは望みがありそうな株もあることはあるんですよ。

望みの再生ホウレンソウ0413


成長しているとはいいがたいのですが、青々とした葉が生えているように見えるんですよね。
この株は今少し様子見してみるつもりです。

「諦めが悪いのが、私の長所?」


逆に意外な頑張り屋さん・・・

再生糸三つ葉0413


再生糸三つ葉です。
再生糸三つ葉は、もともと3株と言う少なさだったんです。

2株は早々と枯れて、定植できたのはこの1株だけでした。
それも、今にも死にそうな弱々しいさだったんですよ。

再生糸三つ葉0219


なんと!
2か月近くの時間をかけて、ここまで成長してくれました!
なんとも愛おしいじゃありませんか


再生キャベツ(水耕栽培中)

再チャレンジした再生キャベツは、最初の再生キャベツと同様にやはり「とう立ち」してしまいました。
※ キャベツの再生栽培の記事は ←ここをポチッ

再生キャベツとう立ち0413


子孫を残そうという生命力にまた負けてしまった、そんな感じですかね。

ただ、前回と違いがあるとすれば、今回の再生キャベツは根が生えてきたということです。

再生キャベツの根0413


せっかく根っこが生えてきたのだから、「とう立ちしちゃったから蕾を収穫して終わり」ってなことではもったいないですよね。
畑に定植してみようと思っています。
ただ、そのままでは今回の二の前になりかねないから・・・何か工夫をして見ようかな。


◆ 再生野菜の収穫

再生野菜の収穫0413


満開を迎えた再生ネギのネギ坊主1本。
同じく再生ネギのちっちゃいネギ坊主を少々。
そして、再生キャベツのとう立ち菜も少々。


◆ 今日の家庭菜園料理

『収穫そのまんま天麩羅』

再生野菜の天麩羅0413


文字通り、すべてをそのままに天麩羅にしただけの料理です。

満開のネギ坊主を、恐る恐る食べてみました。

味も香りもあまり感じられません。
独特の弾力と歯ごたえだけ。

にもかかわらず・・・
以外にも「うまい!」んですよね、これが。

ちっちゃなネギ坊主も、とう立ち菜も、みんな美味しかったです。
ご馳走様でした(⌒・⌒)ニコニコ

ただ、唯一食べられないものがありました( ̄▽ ̄;)

満開のネギ坊主の茎と言うのか、葉と言うのか・・・
硬くて、特に繊維が鋼の様で、噛み切ることさえ出来ません。
はっきり言って、食べ物ではありませんでした(゚_゚i)タラー


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


春の葉物 収穫あれこれ

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

体を壊して早期に退職した身にとって、年度末なんて関係ないと思っていましたが・・・
不思議なもんで、お彼岸から月末にかけて、親戚づきあいやら、町会の役員の引き継やら、あれやこれやと野暮用が立て込んでしまいました。

そんな訳で、記事の更新が遅くなってしまいましたよ~

でも、悪いことばかりではありません・・・
行く先々で、春の訪れを実感できました(*^_^*)

まずは・・・

新芽がきれいな生垣

よくある生垣ですが、新芽が沸き立つように顔を出して、ビックリするほど美しい景観に変わっていました。


次は定番の桜です。

若い桜

幹の太さから言って、まだ若い桜みたいです。
ボリューム感はまだまだですが、若々しい勢いを感じましたよ。

同じ桜でも・・・

新緑と五分咲きの桜

こちらは老い桜ですが、隣の木の緑との対比が面白いと思いました。

それはともかく・・・

◆ 葉物野菜の収穫

まずは、種から育てた小松菜です。

小松菜の収穫0328

この春3回目の収穫です。
僅か1mの畝ですが、ずいぶんと楽しませてもらいました。

これで撤収です。
夏野菜を植えるまで、この畝は養生しておくつもりです。

◆ 再生野菜の収穫

再生小松菜再生水菜の収穫です。

再生小松菜の収穫0328

再生水菜の収穫0328

上が再生小松菜
下が再生水菜(カメラのストラップが写っているのを気付きませんでした。見なかったことに・・・)

共に、まだサイズ的には物足りませんが、急いで収穫したのには理由があります。

再生小松菜の蕾0328 再生水菜の蕾0328

早くも蕾が出来て、とう立ち寸前です。
菜の花畑にしても良かったのですが、花より団子で・・・

最後は再生ホウレンソウです。

再生ホウレンソウの収穫0328

再生ホウレンソウは、数の上では最も多く定植したのですが、今のところまともに育ったのはこれ一株だけです。
それでも、高さは20センチを超えて、一人前になってくれました。
他の株も、これから春本番を迎えて、急に成長してくれることを期待して?大丈夫かな?

◆ おまけ

ネギ坊主0328

再生ネギでとう立ちしてネギ坊主が出来たものは、すでに収穫したのですが・・・
ネギ坊主が咲いたところを実際に見たことが無いので、一株だけ残して置いたんです。

まだ少し蕾が固そうなので、花が咲くまでは今少し時間がかかるかな~!


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

野菜の再生栽培その6?と小松菜の収穫

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

東京地方で、『桜の開花宣言』がでました。

うちのあんずと木蓮はすでに、満開です。
満開には違いないのですが・・・

去年の今頃の木蓮は、こんな感じだったんですよ~

木蓮の花2015

この時は、まだ古いガラケーのカメラだったので、ピントが全くあっていません。
また角度も違うので単純には比較できませんが・・・
そこのところは目をつぶってもらって、今朝の木蓮と比較してみてください。

あんずと木蓮(2)0321

左があんずで、右が木蓮なのですが・・・
いや~ぁ!寂しい限りですね。

もともと日当たりの悪い庭を、更に暗くしてしまうのがあんずと木蓮の木なので、野菜の生育のために、バッサリと剪定したらこの有様です。

この結果は予想のうちだったのですが、この状態を目の当たりにすると・・・
やはり絶句してしまいましたよ。

さて、気を取り直して・・・

◆ 野菜の再生栽培について

去年の11月13日に、野菜の再生栽培を始めてから、4か月余りが経とうとしています。

再生野菜も、数も種類も増えて、徐々に収穫するまでに至っています。
まさかこれほどまで、再生野菜にのめり込むとは、正直思ってもいませんでした。

また、再生野菜のカテゴリー以外の記事の中でも、再生栽培を取り上げたりして、最近は、我ながら何が何やら整理がつかない状況になってきています。

この記事のタイトルに「その6?」と、「?」マークを付けた所以です。

野菜の再生栽培について一度整理したくて、この度『再生野菜とは?』と言うブログを立ち上げることにいたしました。

個人的な備忘録的ブログですし、当面はこちらの記事の焼き直しが続くことになりそうです。
そのため、内容に目新しさがありませんが、再生野菜に興味がある方は、覗いてみてくださいね。

再生小松菜

再生小松菜0321 (2)

先日3分の1ほど収穫しましたが、残りもだいぶ大きくなりました。

それに先端に・・・

再生小松菜の蕾0321

蕾が出来た株があるので、収穫することにいたします。

再生ホウレンソウ

再生ホウレンソウ0321

真ん中に見えるこの株だけが大きく成長してくれています。
後は、右奥と右手前に見えている通り、生育が極端に遅いですね。
その差は何なのか良く解りませんが、根の発達状態によるものではないかと推測しています。
(左側に見えているのは、再生水菜です。)

再生糸三つ葉

再生糸三つ葉0321

3株で実験を始めて、2株は庭に定植する前に枯れてしまいました。
最後の1株がかろうじて頑張ってくれています。

再々生野菜

再生野菜を収穫したのち、根元をそのまま残して、「再々生」に挑戦しています。

「再々生小松菜」

再々生小松菜0321

新しい葉芽が3つ4つわずかに顔を出しています。
小松菜は再生実験の優等生でしたが、再々生ではちょっと苦戦か?

「再々生水菜」

再々生水菜0321

こちらは、再生小松菜と同じ日に収穫したのですが、すでに何本も葉芽が育っています。
今のところ、水菜は、再生でも再々生でも順調に結果を残してくれています。

再々生ネギ

再々生ネギ0321

ネギは相変わらず成長が早いですね。
ただ、再生→再々生と、だんだん細くなって行くような気がしています。

◆ 小松菜の収穫

先ほど触れた、つぼみが出来た再生小松菜とともに、「種から育てた小松菜」も同時に収穫しましたよ。

まずは、再生小松菜から・・・

再生小松菜収獲0321

これも、根元を残して、再々生に挑戦です。

次に、種からの小松菜を・・・

小松菜の収穫0321

種から育てた小松菜の方が、色が薄くいかにも柔らかそうですね。
でも、再生小松菜はしっかり火を通せば、トロトロになって美味しことはすでに実証済みですよ。

種からの方は、別畝で育てていて、近い将来その畝をあけたいので、根っこから引き抜きましたよ。

最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR