穏やかな三が日でした

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

東京はもちろん、全国的にも、穏やかな三が日だったようですね。

まずは、野菜の再生栽培のご報告から・・・
「何も正月一発目から再生栽培でなくてもいいだろう」なんてことは言いっこなし。

冬は野菜の成長が遅い上に、うちの庭畑はこの時期、ほとんど日が射さないので、記事に書くほどの進展がないのです。
そんな中、一番元気なのが、「再生野菜」なんです。


◆ 野菜の再生栽培

再生野菜0103


手前の背の低い再生野菜が「再生小松菜」です。
奥で、にょきにょき伸びているのが「再生ネギ」です。

共に至って元気で、順調に成長してくれています。
理由は簡単、2階の南向きの窓辺で、太陽の恵みを目一杯浴びているからです。

この中から、再生ネギ再生小松菜の精鋭たちを、定植することにいたしました。
定植する畝は・・・

再生野菜の定植予定畝0103


この畝は、根こぶ線虫の被害に遭って、対策として、「ニーム核油粕」を限度いっぱいすき込んだ畝です。

対策の効果を早く確かめるために、袋栽培していた「キャベツと茎ブロッコリー」を移植しました。
さらに先日、「再生水菜」と「再生ネギ」も定植してみました。

再生ネギ定植前0103


手前に見えている5本の再生ネギは、どうやらうまく活着したようです。
茎ブロッコリーを挟んだ向こう側に、「再生水菜」を2株定植したのですが、すでに溶けかけています(汗)

今回、定植する「再生ネギは」こんな感じ。

再生ネギ0103


野菜の生命力ってすごいですね。
肥料は全くやっていないのに、水と太陽の恵みだけで、ここまで成長するんですね。

定植した後の画像がコレ。

再生ネギ定植後0103


前に定植した5株と合わせて、12株になりました。
「再生ネギ」は、今回もちゃんと活着すると思います。
ネギは強い野菜ですからね。

次に、定植する「再生小松菜」ですよ。

再生小松菜0103


ようやく根が生えてきた4株だけ定植いたしました。
再生ネギとは反対側に定植いたしました。

再生小松菜の定植0103


去年と比べて、根がやや細い感じなのですが、何とか活着してもらいたいと思っています。
期待していますよ~!

次回は、ちゃんとした野菜のご報告が出来るように、少しは成長していてくれるといいのだけれど・・・



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

野菜の再生栽培の再開

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

11月だというのに雪が降り、例年より早く冬がやってきた感じです。

寒くなると始めたくなるのがこれ!
野菜の再生栽培』ですよ。
暑さで腐敗することが無いですからね。


その前に・・・

◆ 夏野菜(果菜)の総括

今頃って感じですが・・・
ピーマンが思いがけず、ほんの最近まで粘ってくれていたので、なかなか総括する機会がありませんでした。

あくまでも私個人の主観で、「キュウリ」「トマト」「ナス」「ピーマン」を『夏の4大果菜』と位置付けて、栽培しています。
今年の最終的な結果をご覧ください。

夏野菜(果菜)の最終結果2016


1.収穫量で比較する

ご覧いただければ、一目瞭然だと思います。

ピーマンの収穫が際立っています。
まず、合格点だと思っています。

キュウリの「Vロード」「夏ばやし」「シャキット」、そしてナスは、収穫量が若干少ないですが、まずまずと言う評価か?

それに対してどうしようもなかったのが、トマトキュウリの「強健夏秋きゅうり」ですね。
この2種類の野菜は、同じ畝で栽培しました。

大失敗の原因は、根こぶ線虫被害でした。
根こぶ線虫被害については➡ポチットナ

トマトが不調で早々と撤収せざるを得なかった時に、その原因を徹底的に追及していれば、七夕キュウリの被害は防げたかもしれませんね。


2.畝の優劣

安心・安全な野菜を食べたいから、家庭菜園を始めました。
今年は野菜作り2年目。
7本ある畝の内3本で、「究極の土作り」による自然栽培にチャレンジいたしました。
究極の土作りについては➡ポチットナ

夏の果菜では、キュウリピーマンが「通常の有機栽培」の畝です。
それに対して、トマトナスが「自然栽培」の畝になります。
ただし、七夕キュウリだけは、トマトの後作として栽培したので、「自然栽培」になります。

通常の有機栽培のピーマンが◎で、キュウリが◯
自然栽培ナスが◯で、トマトが✖

どうやら今年に限っては、「通常の有機栽培」の勝ちですね。

ただ、果菜ではないので前出の表には出てきませんが、3本目の「自然栽培」の畝では「つるありインゲン」を栽培したんです。
つるありインゲンは収穫量を記録していませんが、実はかなりの豊作で楽しませていただきました。
言ってみれば、「◎」ってことになります。

自然栽培の畝に限って言えば、1勝1敗1分けと言うことになるんです。

3年目に向けて、通常の有機栽培に戻すのか、「いずれ全てを自然栽培にする」と言う計画通りに、少しずつ自然栽培の畝を増やしていくのか、悩ましい結果ですね。


◆ 野菜の再生栽培

今月に入ってから、再生栽培を再開しています。
野菜の再生栽培については➡ポチットナ

再生栽培余白あり1127(最終形)


特にネギは、泥付きネギが手に入る季節になりました。
泥付きネギには、根っこがそのままついているので・・・

泥付きネギ


1センチ程度に切ってから・・・

再生ネギ(2)1122


再生栽培を始めると、すぐににょきにょきと新芽を伸ばしてくれるんです。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

野菜の再生栽培 その13

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

各地の梅雨明け宣言を聞きながら、複雑な思いの今日この頃・・・
じとじとむしむしの梅雨は嫌いだけど、水不足のまま本格的な夏に突入されても、それはそれで困りものなんです。

梅雨末期の大雨で、関東の水がめをいっぱいにしてから梅雨明けしてほしいものです。
もちろん、被害が出ないように上手に塩梅してもらってね。


◆ 野菜の再生栽培について

最近、夏野菜の収穫が続いたので、再生栽培の話題はとんとご無沙汰でした。
暑い季節の再生栽培が困難を極めていて、再生ネギ再生小松菜が生き残っているだけだと言うのも大きな理由です。
キッチンガーデニングの一環として、少し成長したところでちょこちょこっと収穫を楽しむのなら別ですが、定植して大きく育てようとすると、これが難しいんです。

まずは、現状報告から・・・

再生小松菜とネギ0719


手前が再生小松菜で、奥が再生ネギです。

再生小松菜は、3株定植したのですが、1株は溶けてなくなってしまいました。
残りの2株は、再生栽培としては夏の暑さの中で頑張ってくれました。
ただ、虫に食われてけっこうボロボロですね。

再生ネギは、最終的に20株定植して、そのうち19株が元気に育っています。
秋の収穫を望むなら、植え替えの時期が来ていると思います。

そこで、再生小松菜は収穫して・・・

再生小松菜の収穫0719


この後、お浸しにして食しました。
「採れたて新鮮でおいし~い!」って程ではありませんが、まずまず美味しくいただきました。
ただ、一口二口でなくなっちゃいましたけど( ̄▽ ̄;)スックナー!

再生ネギは、植え溝を掘って植え替えました。

再生ネギの定植(1)0719


乾燥を防ぐためと、株が転倒しないように、溝の中に藁を入れるところですが・・・
藁が無いので、いつものように、使い古しのヨシズをばらして代用しました。

再生ネギの定植(2)0719


後は、何回にも分けて土寄せをして、葉鞘部を軟白化して、秋には収穫と言う段取りですが、さてどうなることやら・・・楽しみですね。


◆ 夏野菜の収穫

・7月17日分

収穫0717


キュウリ:シャキット1本。夏ばやし1本。
ピーマン2個。
ナス1個。(ナスピーマンも品種は解りません)
茗荷4個。すべて花を咲かせてしまいました。どうも後手後手に回っていますね。

・7月18日分

収穫0718


キュウリ:シャキット1本。
つるありインゲン少々。

つるありインゲンは心配した通りに育ちすぎてしまいました。
放任していたら、株の背後の木蓮の木を棚代わりにして上へ上へと伸び、とうとう木蓮のてっぺんを突き抜けたことはご存じだと思います。
※ 過去記事は ➡ポチットナ

目の届かないところで育ちすぎたり、手の届かなくなったところは高枝切狭で収穫するしか方法がないことも、ご報告いたしました。
今のところ、高枝切狭の世話にはなっていませんが、どうしても収穫が遅れて育ちすぎてしまいます。

また、種取りの候補も見つかっています。

インゲン種用0718


まだまだ大きくなりそうですし、他にも見つかっていないビッグな莢があるかも知れませんね。

それから、キュウリのシャキットに乗っかっているのは味噌ではありませんよ。

アブラゼミ(3)0718


アブラゼミの抜け殻です。
うちの庭は、今年蝉の当たり年かもしれません。
朝早くから、やたらとうるさく啼く蝉の声に起こされることが多いんですよ。

・7月19日分

収穫(1)0719

収穫(2)0719


キュウリ:Vロード3本。夏ばやし1本。シャキット1本。
トマト:ホーム桃太郎(大玉)2個。
茗荷1山。またも、半分は花が咲いています。ほんと成長が早い!

・今朝(7/20)の分

収穫(1)0720

収穫(2)0720


キュウリ:夏ばやし2本。シャキット1本。
茗荷:ちっちゃいのが2個。
アブラゼミの抜け殻2個。ほんと、今年はアブラゼミの当たり年かも。


◆ 菜園料理

ピーマンコロッケ』

ピーマンコロッケ


ピーマンに、ごくごく当たり前のコロッケの具(ジャガイモと挽肉)をつめて、フライにしたもの。
付け合わせは、梅キューとトマト。
いずれも、採れたて、新鮮、自家製野菜。

大変美味しくいただきました。
ご馳走様でした\(^o^)/♪


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

小松菜と再生野菜の収穫

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます^^

すっかり真冬の寒さに戻ってしまいました。
体の方は春仕様に転換中だったので、余計に寒さが身に沁みますね。

寒い時には鍋料理が一番!
そんな訳で、小松菜水菜を急きょ収穫することになりました。

寒さの中でも野菜たちは健気に頑張って育っているんですね。
頭が下がる思いですよ(* ´ ▽ ` *)

◆ 小松菜の収穫

小松菜は、播種が去年の11月24日。発芽が29日でした。
不織布とビニールの二重のテントで育てましたが、年が明けても1月中はほとんど大きくならず、やきもき致しました。


小松菜の畝0312


ようやく109日目にして、初めての収穫となりました。


小松菜の収穫0312


◆ 再生野菜の収穫

再生野菜は、去年の11月13日に「キャベツ」で実験を始めてから、その後、「ネギ」「小松菜」「水菜」「糸三つ葉」「ホウレンソウ」と種類を増やしていました。
※ 再生キャベツについては ←ここをポチッ
   再生栽培全般については、カテゴリCategoryの「再生栽培」からご覧いただけます。

キャベツとネギはとう立ちし、ホウレンソウ糸三つ葉は大苦戦しています。
しかし、ようやくにして初めての収穫に至りました\(^o^)/

まずは・・・

再生小松菜の収穫』から。

再生小松菜は、去年の年末の12月30日から実験を開始しました。


再生小松菜1230


それが今や・・・


再生小松菜0312


手の大きさと比べてもかなりの大きさに育ってくれましたよ。


再生小松菜と小松菜


右が種から育てた小松菜、左が再生小松菜です。
葉っぱも茎もそん色ありません。

それどころか再生小松菜の方ががっしりしている感じです。
ちょっと硬そうですけどね。

それと目を引くのが、根の形が全く違っています。
再生小松菜の方は、細い根が密集しているのが解ります。
同じ小松菜とは思えないほどです。

根が立派なので、埋め戻して「再々生」するか再度実験です。


再々小松菜0312


次に・・・

再生水菜の収穫』です。

再生水菜は、再生小松菜よりも早い、12月28日に実験開始でした。


再生追加ミズナ1228小2


そして水菜もすでに・・・


再生水菜0312


立派に成長しました。
大きさにむらがありますが、中には、花芽が出てきている株があるんです。


再生水菜の花芽


そこで急きょ収穫することにいたしました。


再生水菜の収穫


これも根元を残して、「再々生」に挑戦です。

ご覧のように、再生小松菜も、再生水菜も、種から育てた小松菜より1か月以上遅れて実験開始しているのですが、同時に収穫となりました。

いや~!再生栽培って面白いですね。
興味が尽きることはありませんね。


◆ 家庭菜園料理


『小松菜と水菜が主役の鍋』

まずは、小松菜と水菜を、ざっくりと切って青菜の準備完了です。


小松菜と水菜(鍋の材料)


ツクネ、豆腐、さつま揚げ、卵を出汁に入れてグツグツと煮たてたところに、主役の「小松菜と水菜」と長ネギをぶち込んで、ザッと火が通ったら出来上がり。

熱々のうちに召し上がれ!


鍋(青菜投入後)


小松菜(種から育てた方)は柔らかくて、得も言われぬ美味しさです。
苦みも全くなく、市販の小松菜とは全然違いますよ。

再生小松菜は見かけ通りちょっと硬めでした。
でも、よく煮込んだらトロトロになって、これはこれで美味しかったですよ。

再生水菜は、買って来た時の水菜そのものでした。
再生野菜と知らなければ、全く区別はつかないと思います。

キャベツはとう立ちしちゃったし、糸三つ葉は枯れる寸前だし、ネギホウレンソウが苦戦中でも・・・
ぎりぎり鍋の季節に間に合って、再生野菜は大成功と言っていいのではないでしょうか。
(鍋があまりに美味しかったから、採点が甘くなっているかも…です)

そうそう、枯れはしないもののほとんど成長してくれないホウレンソウたちの中にあって、1株だけ頑張っているやつがいるんですよ。


再生ホウレンソウ0312


これから暖かくなるわけだし、意外と期待できるかもね~(⌒・⌒)


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


キャベツが結球した(⌒・⌒)ニコニコ

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます^^

毎日、日替わり天気で、寒かったり暖かかったりで参っています。

インフルエンザも大流行とかで、体調管理には気を付けて下さいね。

そんな中、今日はうれしいご報告ですよ。
水切りプランターで栽培中の「キャベツ」がついに結球しました\(^O^)/

キャベツ(2)0219


そこで今日はキャベツ特集です・・・

◆ 水切りプランター栽培について

9月26日、水切りプランター2個に、キャベツの苗を3株定植しました。

虫に食われるのが嫌なので初めから不織布のトンネル掛けで育てました。
さらに12月に入って、防寒のためにビニール掛けもしました。

それでも成長は至極ゆっくりで、2月の6日の段階では、「少し巻き始めているのかな?」程度だったのですが・・・

2月19日にテントから出してみると・・・

まず2株植えた方です。

キャベツ0219(1)

一株ずつ見て見ますね。

キャベツ(2)0219 キャベツ(3)0219小

左の株が完全に、
結球してました。

右の株も結球寸前の感じですね。

さらに、1株植えの方も見てみると・・・

キャベツ(4)0219

も少し拡大すれば・・・

キャベツ(5)0219

嬉しいことに、こちらも結球していました。

春が来て暖かくなったら、ぐんぐん大きくなって・・・
収穫が楽しみになってきましたよ(⌒・⌒)


◆ 再生キャベツについて

再生野菜については、「キャベツ」「ネギ」「小松菜」「ホウレンソウ」「水菜」「糸三つ葉」で実験してきましたが、もともとは、キャベツで始めたことなんです。

11月13日に第一弾を、そして、第二弾が11月28日でした。
植木鉢に植え替えて、キャベツのトンネルに同居させました。

1月4日の段階では、植え替えた当時とほとんど変わりがありませんでした。

再生キャベツ1 2弾0103

右が第一弾、左が第二弾です。

ところが19日の状態を見ると・・・

再生キャベツ(2)0219 再生キャベツ(1)0219

右の第一弾のキャベツが、明らかに背を伸ばして成長しています。
左の第二弾は、残念ながらほとんど変わっていませんね。

ほとんど同じ条件で実験しているのですが、大きな差が出始めています。
今後も興味深く観察を続けるつもりです。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR