穏やかな三が日でした

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

東京はもちろん、全国的にも、穏やかな三が日だったようですね。

まずは、野菜の再生栽培のご報告から・・・
「何も正月一発目から再生栽培でなくてもいいだろう」なんてことは言いっこなし。

冬は野菜の成長が遅い上に、うちの庭畑はこの時期、ほとんど日が射さないので、記事に書くほどの進展がないのです。
そんな中、一番元気なのが、「再生野菜」なんです。


◆ 野菜の再生栽培

再生野菜0103


手前の背の低い再生野菜が「再生小松菜」です。
奥で、にょきにょき伸びているのが「再生ネギ」です。

共に至って元気で、順調に成長してくれています。
理由は簡単、2階の南向きの窓辺で、太陽の恵みを目一杯浴びているからです。

この中から、再生ネギ再生小松菜の精鋭たちを、定植することにいたしました。
定植する畝は・・・

再生野菜の定植予定畝0103


この畝は、根こぶ線虫の被害に遭って、対策として、「ニーム核油粕」を限度いっぱいすき込んだ畝です。

対策の効果を早く確かめるために、袋栽培していた「キャベツと茎ブロッコリー」を移植しました。
さらに先日、「再生水菜」と「再生ネギ」も定植してみました。

再生ネギ定植前0103


手前に見えている5本の再生ネギは、どうやらうまく活着したようです。
茎ブロッコリーを挟んだ向こう側に、「再生水菜」を2株定植したのですが、すでに溶けかけています(汗)

今回、定植する「再生ネギは」こんな感じ。

再生ネギ0103


野菜の生命力ってすごいですね。
肥料は全くやっていないのに、水と太陽の恵みだけで、ここまで成長するんですね。

定植した後の画像がコレ。

再生ネギ定植後0103


前に定植した5株と合わせて、12株になりました。
「再生ネギ」は、今回もちゃんと活着すると思います。
ネギは強い野菜ですからね。

次に、定植する「再生小松菜」ですよ。

再生小松菜0103


ようやく根が生えてきた4株だけ定植いたしました。
再生ネギとは反対側に定植いたしました。

再生小松菜の定植0103


去年と比べて、根がやや細い感じなのですが、何とか活着してもらいたいと思っています。
期待していますよ~!

次回は、ちゃんとした野菜のご報告が出来るように、少しは成長していてくれるといいのだけれど・・・



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

再生野菜を定植するの巻

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

今日は、普通の野菜栽培の話ではなく、野菜の再生栽培だけのお話ですよ。


◆ 野菜の再生栽培

今年も寒くなると同時に始めた野菜の再生栽培
現在の様子がこれですよ。

野菜の再生栽培(1)1213


現在、再生ネギ16本、小松菜30数株、水菜4株です。


ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ    
とても励みになります(^^♪ 


再生野菜は、新しい根が生えたら畑に定植するのですが・・・

まずは、再生ネギから。

再生ネギ1213


根の部分を拡大すると・・・

再生ネギの根1213


ネギは、泥付きネギを使っているので、もともとの根っこが付いています。
その根を囲うように伸びる長くて真っ白なのが、新しく生えて来た根です。


次に、小松菜。

小松菜の再生栽培1213


再生栽培を始めたばかりのものから、1か月たって葉がだいぶ伸びたものまで、様々なものが混在しています。
そんな中で一番の古株を見てみましょう。

小松菜の再生栽培(2)1213


1か月以上経っているのに、思ったよりも根が細いし本数も少ないですね。

以外だったのが、水菜です。

再生水菜の根1213


画像はボケていますが、しっかりした根が生えています。
同じく1か月ものなのですが、小松菜より良い感じですよ。

実は去年と逆なんです。
去年は、小松菜の方が成長がはやく、水菜はなかなか根っこが生えてこなかったんです。
やり方は全く一緒なのに、この違いは何なのでしょうね。
良く解りませんが、やっぱり面白いものですねー!

そこで、今日のところは、こちらを定植することにいたします。

定植予定の再生多彩1213


再生ネギ5本と再生水菜2株です。
これを、根こぶ線虫被害にあって、対策を施して様子見の畝に、定植することに・・・
根こぶ線虫対策については➡ポチットナ

現在は、袋栽培でなかなか大きくならなかった、キャベツとスティックセニョールを 、畝の中央に移植して育てています。
その左手に再生ネギを・・・

再生ネギの定植1213


右手に再生水菜を・・・

再生水菜の定植1213


それぞれ定植いたしました。
再生野菜は、この畝を中心に、しっかりした根が生えたものから順次定植していくつもりです。
栽培地が足りなくなったら、またその都度考えるつもりですよ。


もう12月も半ばに差し掛かってきました。
何時霜が降りてもおかしくないし、雪が降ることもあるでしょう。

取りあえずその対策もすることにします。

まずは、草マルチ。
保温、保湿、霜対策と緑肥を兼ねています。

緑肥で草マルチ1213


草マルチの材料ですが・・・
緑肥作物として、「えん麦」と「ライ麦」を混ぜて、畝脇の通路に播いておいたのが、ようやく程よい高さまで成長してくれたんです。

緑肥1213


葉の高さが分かりづらいので、比較するために「エリン」に登場してもらいますね。

猫草とエリン4


うちの飼い猫です。
えん麦ライ麦緑肥がお気に召したようで、猫草としてよく食べるんですよ。
今まさに、一本の葉をパックンとくわえた瞬間です。

猫の背と比較して、けっこうな高さになっていると納得していただけたかな?
良く解らない?飼い猫を登場させたかっただけ?そうなのかな~?

最後に、ビニールシートで屋根を作ってみました。

根こぶ線虫被害の畝1213


支柱は、トマト栽培のために立てたのですが、根こぶ線虫被害が治まったことが確認できるまでは、抜くつもりがないんです。
線虫は土と一緒にほかの畝に広がる可能性があるので、下手に抜いて被害を拡大させないためです。

そのせいで、支柱が邪魔をして、普通のテントを張れません。
苦肉の策で、支柱を利用して屋根を作ったと言う訳です。

横から見るとこんな感じ。

根こぶ線虫被害の畝(2)1213


今のところ、裾は全くのがら空きです。
寒さに従って、追々囲って行くつもりです。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

野菜の再生栽培 その12

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

梅雨入りしたばっかりだというのに、関東地方は早くも水不足のピンチです。
普通は、梅雨の少雨が原因で、暑い暑い真夏に渇水が起こるのですが・・・
この時期にいきなり「取水制限」が行われるというのは、本当に異常事態だと思います。

このまま、梅雨の間に雨がたくさん降らないと、「給水制限」と言う事態になります。
最悪、断水なんてことにもなりかねません。
家庭菜園をやっている身になれば、肩身の狭い思いをすることに・・・
今からせいぜい節水を心掛けないといけませんね。


◆ 野菜の再生栽培について

去年の秋から始めた再生栽培は、気温が上がってからはなかなかうまく行かない状態が続いています。

そこで、早く根が出る「小松菜」と「ネギ」にターゲットを絞って、6月4日にようやく定植に至りました。
※ 野菜の再生栽培 その11 ➡ポチットナ

現在の様子はこんな感じです。

再生野菜0616


手前の列が再生小松菜です。
4株の内、1株は枯れて溶けてしまいました。
一番元気なのが右端の株です。

拡大するとこんな感じ。

再生小松菜0616


奥の列が再生ネギで、6株定植後さらに追加で定植して13株になりましたが、拡大するとこんな感じです。

再生ネギ0616


暑さの中、何とか活着して頑張ってくれていますよ。


◆ 再生ネギの収穫


これまで、去年の再生栽培の開始以来、たくさんの再生ネギを栽培してきましたが・・・

成長した再生ネギは、まず、土壌改良のために「究極の土作りで作った畝」に植えられ、その役目が終わると今度は、夏野菜の「ナス」「キュウリ」「ピーマン」「トマト」「カボチャ」を定植する際に「コンパニオンプランツ」として一緒に植えられたんです。

そのため、まともに収穫に至ったものは1本もありませんでした。

ただ、コンパニオンプランツとして植えられなかった再生ネギが2本ありました。
何とか収穫にまでこぎつけようと育ててきましたが、アブラムシにたかられ、さび病にも侵されているので、いよいよ収穫することに・・・

再生ネギ収獲0616


若干細いですが、結構な長さになりましたよ。
薄皮を剥いでみると・・・

再生ネギ0616薄皮をはいでみた


しっかり白化しています。
考えていた以上に白化した部分が長い。

やりました!

捨てるはずのネギの小さな根元が、立派なネギに再生されたことになります。
たった2本になってしまいましたが、「再生実験は成功」と言うことで・・・いいよね!?


再生小松菜」、「再生水菜」、「再生ホウレンソウ」、「再生糸三つ葉」に続いて、「ネギ」も再生して収穫にまで至ることが証明されました。
再生ネギは、細い割にはやや硬めでしたが、長ネギとして美味しく食べることが出来ました。
今栽培している再生ネギが成長した時のことを考えると、この秋が楽しみになってきましたよ。

後は、再生キャベツですね。
去年の秋に始めた再生キャベツは、うまく行っていたと思ったのに春になってとう立ちしてしまいました。
今年の春から始めた再生キャベツは、気温の上昇を受けて腐ってしまいました。
何とか夏を越せさえすれば、冬にかけて収穫出来るのではないかと考えています。
近々、再チャレンジするつもりでいます。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

野菜の再生栽培 その10

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

昨日は夜半から夕方にかけて、一日中冷たい雨が降り続きました。
夜中には風も吹いたようで・・・
ジャガイモの畝が大変な事に・・・

ジャガイモ倒れる

朝、庭を見に行くと、ジャガイモが4株のうち1株を残して、無残にも倒れていたんです。

ジャガイモの畝は、木蓮の木に最も近く、木陰に隠れて日当たりの一番悪い場所なんです。
そのため、太陽を求めて上へ上へと伸びて行き、徒長気味に背が伸びていたので気にはしていたんです。

風が多少吹いたこともありますが、直接の原因は、雨で土壌が緩くなって、伸びすぎた株の重さに耐えきれなくなったのだと思います。

雨が降りしきる中、支柱を立てて助け起こしてやりました。

ジャガイモ助け起こす


ジャガイモに支柱が必要になるなんて、考えもしませんでしたよ。
茎はどこも折れていないので、何とかなりそうです。


さて、今日は畑ではなく、久しぶりに再生野菜についてのご報告です。

◆ 野菜の再生栽培

最近は、家庭菜園全体として、夏野菜に移行する過程にあったので、再生野菜を取り上げることがありませんでした。

庭の畑にかかりきりだったので、再生野菜の種類も数も減少していたせいもあります。
その上、再生野菜そのものにも、失敗例が相次いだことも一因ですね。

最後にご報告した時の、再生野菜の状態は、こんな感じでした。

再生野菜0420(2).


再生キャベツが3株、再生人参が4本。

キャベツは・・・

再生キャベツ0506


葉も茎も枯れ果てたり・・・

再生キャベツ(2)0506


葉は大丈夫そうに見えても、茎の中が腐ってしまったり・・・

結局、3株すべて失敗に終わりました。

再生人参は、ようやく葉が伸びてきたのもつかの間・・・

再生人参0513


底に穴があいたり・・・

再生人参(2)0513


肩がえぐれたりして、3株が腐ってしまいました。

冬から初春の間、野菜の再生栽培は、少なくとも鉢に植え替えたり、畝にじかに定植するまでは、ほぼ100%うまく行っていました。

気温が上がってから、定植する前に腐ってしまうようになったんです。

野菜の再生栽培を始めるにあたって参考にしたサイトに載っていた注意点は・・・

1.根元やヘタは余裕をもって。
    短すぎると失敗が多くなるそうです。
2.水は入れすぎない。
    野菜が水に浸かり過ぎると、腐りやすくなるので、根元が水に浸る程度が良いそうです。
3.水替えは頻繁に。
    毎日こまめに水を替え、野菜や容器のぬめりをしっかり取るようにします。
4.カビが生えたり、腐敗臭がしたら、思い切って捨てましょう。
5.芽が生え葉が伸びてきたら、土に植え替えましょう。
    長く収穫し、大きく育てるためです。
※ 野菜の再生栽培についてまとめた記事 は ←ここをポチッ

こうやって振り返ってみると、水の量や、水替えの頻度や、植え替えの時期など、いつの間にかいい加減になっていたと反省させられます。

暖かくなってより注意深くやらなくてはいけないにもかかわらず、寒い時期にうまく行ったという成功体験がかえって油断を招いたということでしょう。

これらの点を踏まえて、原因を追究すると・・・

キャベツに関しては、植え替え時期を間違えたのが大きいと思います。

最初のキャベツの再生実験では、葉が生えてきた段階で、根は出ていないにもかかわらず、すぐに植木鉢に植え替えて活着させることが出来ました。

ただ、根っこが生えてくるのを観察したいと、いつまでも水耕栽培していたことが、暖かさとも相まって、腐敗させることに繋がったようですね。

人参の再生は初めてなので、比較する材料がありませんが、
おそらく、水の量が多かったのと、水替えの頻度が少なかったので、腐敗菌が繁殖しやすくなってしまったのだと思います。


以上の反省点を踏まえて、今一度原点に返って、野菜の再生栽培に再チャレンジするつもりです。

再生野菜の現状は・・・

再生野菜0517


生き残った人参が1本(下)と、水菜(上)が6株です。

左の水菜は、5月13日から実験開始です。

再生水菜0513


5月17日には、こうなりました。

再生水菜(1)0517


早くも、新しい葉が伸び始めています。
寒い時期ではありましたが、水菜は再生栽培に向いていることが証明されています。
根が生えやすいので、根を確認次第定植するつもりです。

右の水菜は、昨日(17日)実験を開始したばっかりです。

再生水菜(2)0517


ここまでの結果を見れば、根が出やすい野菜が、再生栽培では成功率が高いようです。

代表的な野菜が、「水菜」の他に、「小松菜」と「長ネギ」ですね。
この3種類の野菜はほとんど100%成功し、収穫に至っています。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

再生野菜の畝 撤収しました

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

今日は、再生野菜の畝を撤収した経緯を中心に記事にまとめましたが・・・
その前に、それ以外のことをまずご報告・・・

◆ 根菜栽培について

3月6日に播種した、大根と人参の現在の様子。

根菜の畝0419


大根はすでに2本立てに間引いてあります。
人参はこのあと少し間引きました。


◆ サヤエンドウについて

ようやく、他のブログでよく見かけるような、サヤエンドウの花盛りの様子が見られるようになりました。

サヤエンドウ0419


サヤもかなり見受けられるようになりましたが、収穫まではあとちょっと。


◆ 白ゴーヤ(白寿限無)の育苗について

4月3日から始まった、白寿限無の育苗ですが・・・
結局、16粒の種に対して発芽したのは11株、発芽率68.75%と言う結果に。
種袋の裏に記載されていた発芽率約70%を証明しただけに終わりました。

白寿限無0420


6ポットで間引きながらの栽培で、5~6株を育てるつもりだったのですが・・・
最後の発芽した2株が小さくて頼りないので、発芽した11株すべてを11のポットで栽培を続けることにいたしました。


◆ 野菜の再生栽培について


去年の11月から始めた、野菜の再生栽培ですが・・・
最初は、キッチン菜園として気軽に始めたつもりが、いつの間にやら、植木鉢に植え替えたり、専用の畝まで作って定植したりと、すっかりはまってしまいました。

多くの収穫をもたらしてくれた野菜もあれば、残念な結果に終わったものもありました。

さらには、再生から再々生へとエスカレートしてしまいましたが・・・
さすがに再々生は厳しいと見えて、すっかり勢いがなくなってきました。

再生野菜の畝0419


特にホウレンソウはほとんど全滅と言ったところです。
一番収穫をもたらしてくれた、水菜と小松菜も勢いをなくして元気がなくなってきました。
唯一収穫出来そうなのは、一株だけ残った糸三つ葉だけかな?

再々生水菜0419 再々生小松菜0419
左:再々生水菜 右:再々生小松菜
再生糸三つ葉0419 再生ホウレンソウ0419
左:再生糸三つ葉 右:再生ホウレンソウ


そこで・・・
この畝には、ゴールデンウイーク中にキュウリの苗を定植する予定になっていることもあり・・・
撤収することにいたしました。

野菜の再生栽培は、実に半年近くにわたって楽しませてもらいました。
野菜の生命力の強さには、つくづく頭の下がる思いです。

これが最後の収穫・・・

再生野菜の収穫0419


再生糸三つ葉一株と再々生水菜少々。
左端は、間引いた人参の葉っぱです。


再生野菜 ありがとう! 楽しかったよ~!!


土を掘り起こして空気を入れて・・・次の準備をする予定です。

再生野菜の畝の掘り起こし


そう言っておきながら…
よく考えてみれば・・・

再生野菜専用の畝を撤収しただけで、野菜の再生栽培そのものをやめたわけではありませんよ。

例えば、究極の土作りの畝では、土壌改良のために植え替えた再生ネギが元気に育っています。
※ 究極の土作りについては ←ここをポチッ

再生ネギ(1)0420 再生ネギ(2)0420


夏野菜の苗を植える時には、コンパニオンプランツとしても活躍してくれそうです。

さらに・・・
再生キャベツとともに、初めて根菜の再生も人参で始めてみました。

再生野菜0420

人参や大根と言った根菜は、根っこ(主に食べる部分)を再生出来るわけではありません。
あくまで葉を育てて食べるだけだそうですよ。

拡大して見ると・・・

再生人参拡大0420


再生人参は、4月15日に始めたのですが、4本中1本だけですがすでに葉が生え始めています。
再生キャベツにしても、再生人参にしても、専用の畝がなくなったので、植え替える時はどこかの畝の片隅に居候させてもらうことになりそうです。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR