長雨も一休み

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

秋の長雨とはよく言ったもので、
東京は、9月に入ってから雨模様の日が続いています。

12、13、14、15、16日の5日間の日照時間の合計が、わずか39分でした。
39時間の間違いではありません。
ほとんど日差しが無かったんですよ。

ようやくにして昨日(土曜日)、曇りがちながらも太陽を拝むことが出来ました。

貴重な晴れ間、有効に使わないとね。
そこで、久しぶりに、まとまって畑作業を致しました。


◆ ゴボウの袋栽培

狭い庭で家庭菜園をやっているので、栽培地に余裕がありません。
他のブログを訪問していると、あちらこちらで、袋を利用した栽培を目にいたします。

袋を置く場所ぐらいは何とか工面できるので、初めて袋栽培にチャレンジです。
無駄な土地を活用できるだけではありません。
周りを建物に囲まれて日当たりが悪い庭では、栽培する場所を高くすれば、いくらかは日当たりが改善されるのです。

そこで、袋栽培の場所に選んだのは、高さを稼ぐために作った棚の前です。

プランター用の棚


棚そのものは、プランターを乗せて、イチゴを育てるつもりです。
その下を有効活用することにしました。

植えるのは、ゴボウです。

ゴボウの種(山田早生)


山田早生(タキイ)

使う袋は、培養土腐葉土の袋です。
近くのホームセンターで手に入れることのできるのが、内容量16ℓのものだけなので、ちょっと小さいですね。

ゴボウ栽培なので、通常の袋栽培とは違い、袋の上下を切って、筒状にして使います。

その前に・・・
栽培地を耕して、表面を5㎝程掘り下げて・・・

袋栽培用の培地


袋を立てて、その中に土を固めに詰め込んで、丸く形を整えていきます。

袋栽培(ゴボウ)0917


袋が小さいので、3袋並べて作りました。
中に入れた土は、培養土、畑の土、もみ殻燻炭を、8:3:1の割合で混ぜたものを使っています。

掘り下げた時に出た土を周りに土寄せして、踏み固めました。
上下で10㎝ほど埋まっているので、あえて補強はしていません。

3袋それぞれに、ゴボウの種を蒔きました。
また、隙間に、去年の余り種のラディッシュ「赤丸はつかダイコン(トーホク)」も種を蒔いてみました。

ゴボウの播種(2)


黄色の丸が、ゴボウ。
白い丸が、ラディッシュです。

発芽するまで、保湿のために不織布を掛けて完了です。

ゴボウの播種(3)


次に・・・

◆ 玉ねぎの育苗

ゴボウもそうですが、タマネギも初めて栽培いたします。

これまた栽培地がないので、水切りプランターを利用して、育苗します。
水切りプランターと言うのは、台所用品の「食器の水切り容器」をプランターとして使えるようにしたものです。
※ 水切りプランターについては ➡ポチットナ

まず、水切りプランターの底に、鉢底石を敷いて、水はけを良くします。

タマネギの育苗用プランター(1)


そこに培養土を入れます。

タマネギの育苗用プランター(2)


培養土は、使用済みの培養土を熱殺菌したのち、自家製の発酵腐葉土と市販の完熟たい肥を混ぜたものを使っています。

そこに、3条の溝を引き・・・

タマネギの育苗用プランター(3)


タマネギの種を筋蒔きしました。
蒔いた種は、「ソニック(早生)」(タキイ)

強めに鎮圧して、発芽まで保湿のため、不織布をかぶせて完了です。

タマネギの育苗用プランター(4)


最後に・・・

◆ 小松菜の間引き

小松菜の種を蒔いたのは、9月2日。
発芽を確認したのは、9月5日。

雨続きで畑作業が出来ない間に、あっという間に・・・

小松菜0917


こんな事になっちゃいました~
急いで間引きです。

小松菜間引き後0917


1回目の間引きとしてはこんなもの?
もう少し間引いた方が良かったかも。

土寄せはしたけど、追肥はしていません。
なお、一番上に見えているのは春菊ですが、こちらは発芽率も悪く、成長も遅いのでまだ間引きませんでした。

間引き菜も結構採れましたよ。
画像は無いけど、みそ汁の具にいたしましたよ。

小松菜の間引き菜0917


◆ 9月17日の収穫

収穫0917


ピーマン:土佐グリーン2個、接ぎ木ピーマン(品種不明)4個。
茗荷3個。

夏野菜と秋野菜の端境期で、収穫も少なくなってきました。
ちょっぴり寂しいで~す。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

地味な畑仕事のご紹介

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

昨日は久しぶりに暑かった!
最高気温は33℃と、猛暑日とまでは行きませんでしたが、湿度が高く体感的には猛烈に暑く感じました。
今日も昨日以上に暑くなるとのことです。

そんな猛烈に暑い中、ホームセンターに行ってきました。
キャベツとブロッコリーの育苗がうまく行っていないので、急遽購入するためです。

ただ、旬が過ぎていて、あったのは売れ残りのヒョロヒョロ苗だけでした。
「レジにて、4割引き」の表示に後押しされて、結局は買ってしまいましたけど・・・

徒長しているので、すぐに定植するつもりでしたが、苗が暑さ負けしそうなので諦めました。
明日あたりから少しは気温が下がりそうなので、それまで先延ばしですね。

そうなると、記事にする材料があまりありません。

キュウリのシャキットを撤収したこと。
小松菜と春菊の発芽を確認したこと。
あとは、若干の収穫と、それを使った菜園料理ぐらいです。

そこで、普段は記事にしてこなかった、地味な畑仕事を報告してみたくなりました。


◆ 草刈について

うちの畑は、狭い庭に8本の畝がひしめき合っています。

3本が、「究極の土作り」と銘打った自然栽培の畝です。
残りの5本は、普通のいわゆる慣行農法の畝です。
慣行農法の畝も、春先に、去年の残りの化成肥料を使いきった後は、ほぼ有機栽培と言ってもいいと思います。

自然栽培は、「無農薬」「無施肥」「不起耕」で、野菜そのものと土壌生物とで土を育てる農法です。
土壌生物に活躍してもらうのに欠かせないのが有機材です。
そして、一番手軽な有機材が雑草などの草なんです。

雑草をせっせせっせと刈り取って、草マルチとして畝に積み上げる作業は欠かせません。
今後は、緑肥作物を通路などに積極的に蒔くことも視野に入れていますが、夏の間は雑草で賄ってきました。

自宅の庭だけでは補いきれないので、近所からも調達しています。
今回も、20年以上空き家になっている家が近所にあり、オーナーさんに許可を取って雑草を刈らせてもらいました。

草刈前


近所迷惑になるので、オーナーさん自身が定期的に刈り取っているようで、たいして生い茂ってはいませんね。
30分もかからなかったと思います。

草刈後


また生えてくるように、根っこは残して、わざと雑に刈り取っています。
成果はいかに・・・

草刈の成果


45ℓのゴミ袋で、半分と言ったところですね。

病害虫を持ち込みたくないので、そのまま口を縛って、熱殺菌します。

雑草の熱殺菌


庭の大庇(ひさし)の上で天日干し。
奥に見えるのは、使い古しの培養土を再生するために、一緒に熱殺菌させています。

さらに・・・

雑草の天日干し


庭で天日に晒して、乾燥させます。
これだけやればちょっと安心。

第2弾のキュウリ(シャキット)を撤去した後の畝にすぐに使いましたよ。

シャキット撤収後の畝


キュウリ(シャキット)の根っこを残して、そこから上をすべて撤去した後、ビニールマルチをはがして、施肥をして耕して、畝を立て直します。
すき込んだ肥料はこれ。

自家製発酵腐葉土


自家製の発酵腐葉土です。
腐葉土に米糠を混ぜて発酵させたもの。
裏方仕事なので、仕込んだ時の画像がありません。

立て直した畝に、先ほどの雑草をマルチとして厚く敷き詰め、周りにキュウリ(シャキット)の残渣を積んで、新しい畝の出来上がり。

シャキット撤収後の畝(2)


今後は、ビニールマルチを使うことは出来る限り控えたいと思っています。
全て草マルチで覆えるように、草の手当てを考えています。
先ほど触れた、緑肥作物の栽培もその一つです。

幅60㎝、長さ120㎝の小さな畝ですが、後作として大根を栽培予定です。
コンパニオンプランツは、サニーレタスを直播しようかな。
それまでは、しばらく養生です。


◆ 自家製ぼかし肥

ぼかし肥も、発酵腐葉土と同じく、自家製です。
こちらも仕込んだ時の画像は残っていないのですが、仕込み終わった後の画像が残っていたので、紹介することに・・・

ご自身で作られた経験のある方はご存じだと思いますが、ぼかし肥のつくりかたは大きく分けて2通り。

一つ目は、好気性発酵タイプ。
文字通り空気が好きな菌によって発酵させるので、切り返しを繰り返して空気を絶えず入れ続けます。
大量に作るのに向いていますが、発酵臭が問題です。
うちのように住宅街の真ん中では気が引ける作り方ですね。

二つ目は、嫌気性発酵タイプ。
好気性と違って、酸素がなくても発酵が進み、発酵熱も出ません。
また、密封して作るので、発酵臭も気になりません。
大量に作れませんが、うちのように小さな菜園にはこれで十分です。

と言う訳で、うちでは嫌気性発酵で、ぼかし肥を作っています。

材料は、米糠、油粕、もみ殻燻炭、魚粉、畑の土(この中に菌がいる)と言ったところ。
材料に水を混ぜて、ビニール袋に詰めて密封。
詰める時に、空気が入らないように材料をギュギュっと押し込んで詰めるのがコツ。
あとは、雨の当たらないところに放置しておくだけ。
暑い季節だと、2週間もあれば完成です。

ぼかし肥(1)


ビニールの密封を解くときはドキドキです。
何度やっても、ちゃんと出来ているか心配なものですよ。

ぼかし肥(2) ぼかし肥(3)

甘酸っぱい香りがして、表面に白いカビが生えていたら成功です。

日陰で風通しの良い場所に薄く広げて乾かします。
うちでは、何年も使っていない離れの窓を全開にして干しています。

ぼかし肥(4)


乾いてもダマがあるので、ふるいにかけてサラサラの状態にします。

ぼかし肥(5) ぼかし肥(6)


後は容器に詰めて保存します。
うちは、紙製の米袋で保存しています。


葉物の発芽の様子や、完熟ゴーヤの種取りまで記事にするつもりでしたが、意外にも長くなっちゃったので、それは次の機会に譲ることにいたします。


◆ 夏野菜の収穫 

・9月5日

収穫0905


ゴーヤ:アバシゴーヤ2個。
ピーマン:土佐グリーン1個、接ぎ木ピーマン(品種不明)4個。
茗荷5個。


◆ 菜園料理

『自家製野菜の甘酢炒め』

自家製野菜の甘酢炒め


衣を付けて揚げた丸ナスと、ピーマン、キュウリ、茗荷を、甘酢で炒めたもの。
彩りのゆで卵以外は、すべて自家栽培の野菜です。
家庭菜園の醍醐味。
小さな菜園では、なかなか全部の材料を自家製野菜で賄うことは難しいですが、それが出来た時は手放しで美味しくいただけちゃいますね(⌒・⌒)ニコニコ


『完熟ゴーヤのチャンプルー』

完熟ゴーヤのチャンプルー0905


アバシゴーヤは、もともと苦みが少ないですが、完熟すると全く苦みは消えますね。
けっこうな甘みさえ感じます。
これはこれで美味しいですが、ゴーヤ好きには物足りません。
でも、ゴーヤが苦手な料理担当者にはすこぶる好評でしたよd(⌒ー⌒)グー?


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

ラディッシュとカブがふくらんで来た

本日もご訪問いただき、有難うございます。

不覚にも風邪をひいて寝込んでしまいましたが、お陰様で順調に回復しております。

ご心配いただいたり、励ましのお言葉をいただいたり、まことに有り難く感謝申し上げております。
風邪やらインフルエンザやらと大騒ぎして、いまさらながら気恥ずかしい思いです。

◆ カップ麺プランター栽培について

カップ麺のカップを使ったプランターで、ラディッシュカブを栽培してきましたが、久しぶりのご報告です。

播種が9月21日のこと。
※ カップ麺プランターの作り方などは ←ここをポチッ

発芽が9月24日でした。

最後に間引いたのが、11月3日で、その時はまだこんな感じだったんです。

ラディッシュ本命 カブ本命

その後、10日余りで急にふくらんできましたよ。

まずはラディッシュから。

ラディッシュの根菜

次に、カブです。

カブの根菜

100円硬貨と比べてみたのですが、どうでしょうか。
種を蒔いてから56日目、通常よりもだいぶ遅い生育具合ですが、やっと何とかカッコがついて来たというところですね^^
ラディッシュは、もう一回り大きくなったら収穫して食べちゃうつもりです♪
カブはまだまだ大きくなるはずなので、今しばらくの辛抱といった感じですね。


◆ 培養土の実験について

カップ麺プランターラディッシュカブの栽培を始めると同時に、異なる2種類の培養土の生育実験を企画しました。
花と野菜の培養土』と『有機野菜の土』の2種類で、ラディッシュの生育にどのような違いが出るのかという実験でした。

とりあえず現在の状態を見てもらいますね。

ラディッシュ1115

左の2つが「花と野菜の培養土
右の2つが「有機野菜の土
真ん中の2つが「1対1で混ぜたもの」

左から3番目と、右から2番目が少し貧弱な気もしますよね。
もう少し拡大してみます。

ラディッシュ花と野菜の培養土1115 ラディッシュ混合1115 ラディッシュ有機野菜の土

ただ、誤差の範囲と言えなくもないんです。
種自体の特性というか、ポテンシャルというか、個々の差を考えると、際立った結果ではないような気がしますね。

参考までに・・・

カブ1115

カブを植えた3つのプランターです。
カブは、棚の右にスペースが余ったので植えたのでした。
そのため、すべて「花と野菜の培養土」なんです。
つまり実験には参加していません。

同じ条件で育ったはずなのに、生育にずいぶん差ができています。
特に左端はかなり見劣りがしていますね。

このことを考え合わせると、「誤差の範囲内」と言う結論になりそうです。
どちらにしても、あまりにも実験の検体が少なすぎましたね。
最後の収穫状況でもう一度判定してみるつもりではおりますが・・・


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


イチゴの苗を衝動買い🍂

こんにちは、ヤクモンです。
うちのミニミニ菜園へようこそ^^♪

今日のテーマは、
イチゴの苗を衝動買い】と【食器の水切りプランター です。

*************************************************************************

今日は彼岸の中日。
墓参りの日です。

そこで昨日、墓に供える花を買いに近くの花屋さんまで・・・

じゃじゃじゃジャ~ン!
イチゴキャベツの苗を衝動買いしてしまいました。

イチゴ、ラズベリー、ブドウ・・・
うちでも野菜ばかりではなく、果物も育てたらと、以前から女房のたっての希望もあったんです。
そんな時にたまたま目にしたのが百年目。(フレーズについつい年齢が・・・)

葉の色も緑が濃くていい感じに見えるんです。
株の根元の「クラウン」が少し弱々しい気もしますが、198円と言う値段が気に入って3株買ってしまいました。
(これらの知識は、すべて昨日の記事で紹介した「イチゴとブルーベリーの栽培+α 他」からの受け売りです。)

キャベツもついでに3株買いました。
1株79円。値段の割には元気な株です。
キャベツについては、次回にご紹介する予定です。)

さて、イチゴです。
ポットの底を見ると、すでに根がびっしり出ています。
そこで急いで定植することにしました。

イチゴの苗

この容器は何かというと、『食器の水切り容器』です。

すのこの役割をする内側の容器が、外側の容器と入れ子状態になっているものです。

まずは外側の容器の底に、電気ドリルでアリの巣状の穴を3か所開けます。
本来ならばもっと穴を開けたいのですが、細かいヒビが入っているので最小限にとどめています。
その上にネットを乗せて、アルミテープで固定します。

水切り 水抜き穴

人の顔に見えるのはご愛嬌ですかね。
右は、その一つを拡大したもの。
これが水抜き穴になります。

次に入れ子の中敷きを入れて、

中敷き

周囲の穴をアルミテープで塞ぎ、鉢底石を敷き詰めます。

アルミテープ

そこへ、培養土を入れれば、「食器の水切りプランター」の完成です。

培養土を入れた

この水切りは、古くなってあちこちにひびが入った状態で、新品を買ったのを機に不要になったものです。
もともとプランターとして何か野菜を植えてみたいと思っていたんです。
これより小さいサイズのものが2個あって、そちらにキャベツを植えるつもりなんです。

食器の水切り容器は、プランターとしての要素を満たしているうえに、水抜き穴が目詰まりしたら、中敷きを抜き上げれば簡単に目詰まりを直すことが出来るんです。

で、今回は、大きさを考慮して、イチゴの栽培に使用してみました。

イチゴの品種のご紹介。

前列の2株は、「アイベリー」と言う品種です。

アイベリー右

アイベリー左

奥の少し小さいのが、「とよのか」です。

とよのか

イチゴの栽培は初めてです。
また、品種の特徴を解ったうえで購入したわけでもありません。。
と言うよりこれしかなかったので・・・
さて、どうなることやら。
楽しみ半分。心配半分。そんなところなんです^^


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

カップ麺プランターでリベンジ🍂

世間では、連休3日目。
うちでは、ミニ菜園の作業3日目。

本日は、『カップ麺プランター』の制作にかかります。

このブログでは「みみたこ」かもしれませんが・・・
再度確認しておきます。

うちの庭は、住宅街のど真ん中にあるせいで周りを建物に囲まれています。
さらに、夏の暑さを凌ぐために南に植えたあんずと木蓮が生い茂り、日の当たるスペースが限られているんです。
はっきり言って、日当たりの良い場所を探すのが難しいくらいです。

ただ、地面には日が射さなくても、ちょっと高いところには日が当たっているんです。

そこで考えたのが、『紙パックプランター』で、塀につるすことによって日照を確保する計画でした。
実際は見事に失敗 -_-;
※ 紙パックプランターの作り方の記事は ←ここをポチッ
※ 紙パックプランターの失敗の記事は ←ここをポチッ

失敗の原因は・・・
第一に、この夏の猛暑に、紙では耐えられなかったことですね。
第二に、内部の温度の上昇を何とか防ぎたくて水をやりすぎたことでしょうか。
第三に、空中につるすために底の強度を確保しなければならず、水抜き穴を小さくしたので目詰まりを起こし、ますます水分過多になっていたことでしょう。
最後に、暑さに弱い二十日大根ラディッシュを選択したということがそもそものミスでした。

そこでリベンジです。
秋になり涼しくなりました。
暑さを考慮する必要がなくなった訳です。
後は水抜きをどうすれば良いか?それだけなんです。

高さを確保して、なおかつ底の強度の問題を解決するには・・・
棚をつって、上置き式にすることにしたんです。

まずは棚作り。

1間の棚

お茶の木の後ろ、東側の塀際に1間(1.8m)の棚を作りました。
表面は防水性のペンキを塗りました。
髭のように見えているのは針金で、後で落下防止のフックにするつもりです。

紙パックの代わりに載せる容器は、カップ麺のカップを使います。

以前、『イチゴとブルーベリーの栽培+α 他』と言うブログで、イチゴをカップ麺のカップで栽培している記事を見て、良いアイデアだと思っていたんです。
軽いうえに水漏れもせず、その上ある程度耐久性もありそう。
今回のリベンジにちょうど良いと、採用した次第です。
※ 『イチゴとブルーベリーの栽培+α 他』については ←ここをポチッ

まず、カップ麺のカップの底に、穴を開けます。
強度をあまり考えなくても良いので、500円硬貨を当ててカッターで切りました。

穴あけ

次に、底にネットを敷き、鉢底石をかぶせます。

カップの底にネット カップに鉢底石

後は、土を入れ種を播くだけなんですが・・・
ここで一つ実験をしてみたくなりました。

ラディッシュ921

左端の2つは、「有機野菜の土
右端の2つは、「花と野菜の培養土
真ん中は、それぞれを1対1で混ぜたもの。

花と野菜の培養土 有機野菜の土

培養土」と「土」とどのように違うのか?
能書きを見る限り違いが良く解りません。
いっそのこと試してみたくなった訳です。

種は、「ラディッシュ」を播きました。
リベンジなのですから当然ですよね。
深さの関係で、残念ながら二十日大根は断念しました。

さて、これらを棚の上に並べるのですが、このままでは何かの拍子に落ちてしまいそうです。
そこで針金の出番です。

固定のための針金

二つ折りにした針金の折った部分を棚板の後ろに固定しました。
先をねじって強度を高め、落下防止のフックにします。
針金ですから、外せば自由に移動が可能になります。
台風が来た時にもすぐに避難させられます。

針金フック

横から見るとこんな感じ・・・

横から見たフック

考えていた以上にしっかりと固定できました。
例えば、地震が起こったとして、震度5弱以下ならば耐えられそう。
(何の根拠もありませんが・・・)

以上で、カップ麺プランターの出来上がりです。

カップめんプランター(2)

右側に写っている種類の違う3つのカップは、おまけです。
カブの種も残っていたので、播いてみました。

果たして、「紙パックプランター」のリベンジは成し遂げられるでしょうか?
なかなか楽しみになってきましたよ^^♪


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 






スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR