トリプル台風・・・どうなる!

トリプル台風 天気図
本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

台風が、日本列島の間近で3つも発生しました。

『トリプル台風』だって。
どうなっているのでしょうね。

つい先日の台風7号と、その後の雷雨の土砂降りで、遅蒔きトウモロコシがダメージを受けたばっかりなのに、これ以上いじめないでほしいというのが正直な気持ちです。





台風9号weathernews
台風9、10、11号のうち、関東に直接影響を及ぼすのが・・・

台風9号』です。


21日の午前中には、関東から東海地方のどこかに上陸しそうです。

そこで・・・
キュウリ夏ばやしVロードの2株が、すでに最終盤を迎えていて、収穫も減っていたので、思い切って撤収いたしました。



◆ キュウリ(第1弾)の撤収

鋏を使って茎や葉をチョキンチョキンと切りながら、一人感慨にふけってしまいました。
振り返れば、今年のキュウリ栽培は苦労しました。

夏ばやし2株、Vロード1株、接ぎ木キュウリ(品種不明)1株を定植したのが、5月1日のことでした。
順調に育って、第一果も収穫間近になった頃、突然、「べと病」が蔓延。

結果、白ゴーヤカボチャが全滅。
つるありインゲンは、病変が出た葉を全て摘み取ることで生き延びました。
キュウリは、夏ばやし1株と接ぎ木キュウリ1株は救えず、ようやく、もう1株の夏ばやしVロード1株だけが生き残って今日を迎えたことになるんです。
※ べと病の記事は ➡ポチットナ

べと病で息も絶え絶えになりながらも生き延びて、たくさんのキュウリを収穫させてもらいました。
ただただ、野菜の生命力に感謝です。

撤収後の残渣を見ると・・・

キュウリの残渣0821


たったこれだけになっちゃうんですね。
何か複雑な感じですね。

この畝は、自然栽培の畝ではなく通常の畝なので、掘り起こして、施肥をして、畝を作り直して・・・
いつものように、使い古しの簾をかぶせてしばらく養生させます。

キュウリの畝0821


後作には、キャベツを定植する予定です。


◆ ゴーヤ栽培

先にも述べた通り、白ゴーヤ(白寿限無)はべと病で全滅しました。
私はゴーヤ好きですが、うちの料理担当は逆にゴーヤ嫌いなんです。

で、一度はゴーヤ栽培を断念したのですが、もともとゴーヤはグリーンカーテンとして栽培を始めたものなので、収穫はともかく暑さを凌ぐためには必要だと言うことになり・・・

5月30日に、近くの花屋で売れ残りの苗を見つけて、例年よりも1か月以上遅いけれど、グリーンカーテンを目指してゴーヤの栽培を再開したんです。
※ ゴーヤの再開については ➡ポチットナ

そしてこの日、ゴーヤの実がこんなに大きくなりました。

ゴーヤ(1)0821


どうやらこれ以上大きくならない品種のようなので、同じようなサイズのものを3個同時に収穫です。

ゴーヤ(2)0821


繰り返しになりますが・・・
うちの料理担当は、ゴーヤのあの苦さが苦手なんです。

いやな顔をする女房に頼み込んで、定番の「ゴーヤチャンプルー」を作ってもらいました。

ゴーヤチャンプルー0821


この夏、初のゴーヤチャンプルー。
久しぶりに美味しい・・・美味しいことは美味しいけど・・・
苦くない!

そうです、あまり苦くないんです。
ゴーヤ好きとしたら物足りません。
おそらく品種改良して、苦みを抑えた品種を作ったのでしょう。

物足りないけど・・・意外や意外、女房には大好評でした。
苦くないのは残念だけど、ゴーヤを収穫するたびに嫌な顔をされるよりはましですね。

品種名は解りませんが、こういうゴーヤがあることが解ったので、来年からは苦くないゴーヤを探して育てることになりそうですよ。

いや、まてよ。
品種が解らないから、F1種かどうかも不明ですが、それでも種を採ってみようかな。


◆ 落花生栽培

落花生に、ようやく花が咲きました。

落花生0821 落花生の花0821


落花生は、ナスの畝に、コンパニオンプランツとして播種しました。
5月14日のことです。

成長は嫌になるくらい遅く、脇芽もなかなか出てきません。
はっきり言って、花が咲き収穫に至るとは期待していませんでした。

落花生」の名の由来となった、「花後に子房柄が伸びて土にもぐる」ところが見れないのは残念で仕方がなかったんです。
株が大きく育っていないので、多くの収穫は望めそうにありませんが、花が咲いたことで、子房柄が土にもぐる所は見れそうです。


◆ 夏野菜の収穫

・8月20日

収穫0820


ゴーヤ3個。
キュウリ:シャキット2本、夏ばやし1本、Vロード1本。
ピーマン:土佐グリーン3個、接ぎ木ピーマン(品種不明)3個。
ナス:接ぎ木ナス(品種不明)1個。

・8月21日

収穫0821


キュウリ:シャキット2本、赤ちゃんキュウリ少々。


お・ま・け
『赤ちゃんキュウリの佃煮』

キュウリの赤ちゃんの佃煮0821



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

つるありインゲン、ついに高枝切狭の出番?

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

\(^o^)/関東地方も梅雨が明けました~\(^o^)/♪

長かった~!

平年より7日遅い?
たったそれだけ、もっと長かったでしょう!?ナットクデキナイ。

よくよく聞いたら解りました。
梅雨の期間が、観測史上歴代4位の53日間。
その上、去年より18日も遅い梅雨明け

去年が短かったんだ!
その印象があるから、異常に長く感じちゃったんですねナットクナットク。

とにもかくにも明けたので・・・


◆ つるありインゲン

1か月ほど前(6/26)の、つるありインゲン

インゲンの畝0626


この画像だけでは、細い茎が写っているだけで、解りにくいと思いますが・・・
べと病に侵されて病変の出た葉を摘み取ったら、1m20㎝の高さよりも下は丸坊主になってしまったんです。
(右下スミに見える塊は、飼い猫の頭。無視してね。)

昨日の、つるありインゲン

インゲン(4)0728


脇芽がたくさん出て葉も茂って、すっかり元通りになっています。

花も咲き、莢も出来ています。

インゲン(5)0728


こうなると気になることが・・・

覚えておられるだろうか?
上へ上へと伸びて行くので、放任していたら、背後の木蓮の木を棚代わりに、とうとう木蓮の木のてっぺんを突き抜けてしまったのを。
※ 「てっぺんを突き抜けた」記事 ➡ポチットナ

「手が届かない高さで莢が生ったら、高枝切狭で収穫する」なんて言っていましたよね。

今のところやっていませんが・・・
実は、高枝切狭で「摘芯」することにしました。

インゲン(2)0728 インゲン(3)0728


結局、6本の蔓の先を摘芯しました。
せっかく低いところで莢が出来てきたので、栄養を行き渡らせたいからです。


べと病と言えば・・・

◆ ゴーヤ

ゴーヤはべと病で全滅しちゃいました。
種から育苗しただけに、本当にがっかりしました。

ゴーヤ好きとしては諦め切れず、苗を購入して育てることに。
ところが、時期が遅く、いつものホームセンターでは手に入らず、近所の花屋で売れ残りの徒長苗を買って定植しました。
※ ゴーヤを再度定植した記事は ➡ポチットナ

それが今では、2階の窓に届くほどになりましたよ。

ゴーヤ(3)0728


ゴーヤを育てる最大の目的は、西日を遮るグリーンカーテンです。
私は無類のゴーヤ好きですが、うまく行かないのは料理担当者がゴーヤ嫌いだと言うことです。
だから、実の収穫はおまけなんです。

そのため上へ伸ばすことを重視して、2階に到達するまでは摘芯をしません。
当然のことながら脇芽も伸びず花もあまり咲きません。

ようやく目標の高さに届いたので摘芯をしました。

そして・・・

ゴーヤ(1)0728


昨日見つけた、今年初の雄花の蕾です。
これからは、雄花も雌花も咲いて、少しは実も生ってくれると思います。
それにしても、今年は花が咲き始めるのが遅すぎの感じが( ̄▽ ̄;)チョットシンパイ


◆ 夏野菜の収穫


収穫0728


キュウリシャキット1本、夏ばやし1本。

ナス1個。

ナス(1)0728 ナス(3)0728


今年の茄子は大きくてきれいなのが多いです。

トマトホーム桃太郎1個。

トマト0728


久しぶりに、きれいなトマトが採れました。

ナスとは対照的に、トマトは絶不調。
実付きが悪すぎるので、早々と撤収も考えています。
後作が決まらないので、一日伸ばしになっている感じかな。

・茗荷少々。


◆ おまけ


種取り用シャキット(1)


キュウリシャキットです。

F1種ですが、いぼいぼとげとげが多くて、ほのかな苦みもあって、昔懐かしい気がする品種なので、種を採るつもりでいたら、こんなに大きくなってしまいました。
500mlのペットボトルと比べるとその巨大さが解ると思います。

地面に着いてしまったので、ポットを履かせてみました。
良い種が採れるといいのですが・・・


◆ 菜園料理

キュウリのニンニク味噌炒め』

キュウリのニンニク味噌炒め


キュウリの収穫がずっと続いているので、とうとう「炒めちゃったか」と思ったのですが・・・

以外や意外・・・
キュウリは水分ばかりの野菜だから、味は、しみないし絡まないけど、ニンニク味噌の香ばしさにマッチして、想像以上に美味しかったですよ。
大量の茗荷の香りにも助けられているのかな?

『祝・梅雨明け 野菜たっぷりサラダ (黒ゴマ中華ドレッシングで)』

梅雨明けサラダ(1) 梅雨明けサラダ(2)


お皿に丸く、スライスしたトマトを敷き、キュウリと茗荷の千切りで小山を作ります。
その山に、揚げナスを並べて、最後に卵のそぼろをかけて出来上がり。
黒ごま風味の中華ドレッシングをたっぷりと掛けて召し上がれ!

卵以外は、うちの畑で採れた新鮮野菜です。
まずい訳がありません。
っていうか、どんな美辞麗句を並べ立てても足りないほどの、絶美味料理でした(⌒・⌒)ニコニコ


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

キュウリはみんな元気で~す\(^o^)/♪

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

東京は雨が降らないって、繰り返し言ってたら・・・
いきなり雷雨になりました!

14日の午後3時過ぎ、まさしく「一転俄かにかき曇り」、あたりが暗く不気味な感じに。
涼しい風も吹いてきて・・・
天気予報でも雷雨注意報が出ていたことも有り、何かあってはいけないと・・・
慌てて収穫出来るものは収穫しました。

収穫0714夕


キュウリシャキット1本。夏ばやし1本。
トマト:桃太郎(大玉)1個。

雷鳴をとどろかせて激しく降ったのは、2時間ぐらいだったでしょうか。
ただその後も強弱を繰り返して、結局翌日(15日)の夕方まで雨が残りました。

これで水不足も解消か?
関東の利根川水系で最も大きな「八木沢ダム」の水位は・・・
26%から28%に微増!
何のことは無い。
水源地一帯には大量の雨は降らず、焼け石に水となりましたとさ(゚_゚i)ナンテコッタ!

15日の朝・・・
心配だから雨がまだ降っている中、畑を見回ってみると、幸いにも目立った被害はありません。
茗荷が将棋倒し状態で斜めに倒れていましたが、助け起こしてみると、すぐに元通りにすることが出来ました。
唯一、ピーマンが1個ぽつんと畝の上に落ちていました。

ピーマン0715


まだ少し小さいですが、無傷なのでこれでも収穫と言うことにいたします。
さらに、キュウリ茗荷を収穫しました。

収穫0715


キュウリ夏ばやし1本。
茗荷:6個。

茗荷は雨が大好物なので、あっという間に花が咲いてしまったようです。ザンネン!

最大の被害は、翌日(16日)見つかりました。
トマトホーム桃太郎)が、2日続きの雨を浴びて、実割れしてしまいました。
完熟前ですが、仕方がないので、茗荷とともに収穫です。

収穫0716


トマトは残念でしたが・・・
さすが「雨大好き」の茗荷は・・・

茗荷0716


今年一番の大物が採れました。
ちょっと色が悪いのと、花が満開なのが難点かな。


残念なご報告が続いたので、気分を変えて・・・

◆ キュウリが元気です!

まずは、べと病の被害にあった、Vロード夏ばやしについて。

キュウリは、5月1日に、「夏ばやし」2株、「Vロード」1株、「品種の分からない接ぎ木キュウリ」1株を定植してスタート。
順調かと思われた矢先に、「べと病」で、瀕死の状態に。
※ べと病の被害の記事は ➡ポチットナ

その後、病変の出た葉を全て取り去って、結果、夏ばやしVロードが1株づつ何とか生き残ってくれました。
※ 先端だけ残して様子を見ることにした記事は ➡ポチットナ

そして現在の状態がこれです。

キュウリ0716


2株だけなので、大量に採れるということはありませんが、それでもほとんど毎日収穫できています。
よくぞここまで復活してくれたと、感慨ひとしおです。
放っておくと、上へ横へと伸びて行くので、中2日のペースで、摘芯と脇芽欠きをしている状態です。

キュウリの摘芯0716


めんどくさいですが、「嬉しい悲鳴」って奴ですかね。
キュウリの生命力に驚くとともに、「マイエンザ」を送ってくれた「らうっち」さんにあらためて感謝です。
※ マイエンザについては ➡ポチットナ 

ただ、まさかこんなにうまく復活するとは当時は思っていなかったので、念のために、「シャキット」2株を6月10日に定植しました。

そちらの方もいたって元気なんですよ。

シャキット0716


シャッキトもすでに収穫が始まり、順調に育っています。
1株(右)は、先端が大庇(ひさし)に到達したので摘芯済みです。
左の株もそろそろ摘芯の時期ですね。

シャキットは、強勢で病気にも強く育てやすい品種とのことですが、それを裏付けるかのように葉っぱも大きいんですよ。

シャキットの葉


とにもかくにも、キュウリ4株は、雷雨にも負けず元気です\(^o^)/


◆ 菜園料理

7月14日

『インゲンと茗荷の胡麻和え』

インゲンと茗荷の胡麻和え

インゲンは、きんぴらも美味しかったけれど、胡麻和えも負けず劣らずいい味を出しています。
定番の煮物を避けているようですが、女房殿もなかなかやってくれますな。

7月15日

『ワンプレートランチ(2)』

ワンプレートランチ0715

トマトとキュウリともやしのサラダ
ピーマンと豚肉の青椒肉絲(チンジャオロースー)風
・海苔結び2個

「もやし、豚肉以外は菜園で採れたもの」。

ものは書き様で・・・
トマト、キュウリ、ピーマンは菜園で採れたもの」と書くより多く採れたように感じるから不思議。

7月16日

トマトスープ』

トマトスープ


実割れしたって、スープにしちゃえば問題なし。
みんなみんな美味しくいただきました。
ご馳走様でした(⌒・⌒)ニコニコ


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

キュウリ、トマト、つるありインゲン

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

梅雨らしいと言えば梅雨らしい、蒸し暑く不順な天候が続いたせいで、夏風邪を引いてしまいましたが・・・
早めに風邪薬を飲んで、ぐっすりと睡眠を取ったお蔭で、大したことにならずに済みそうです。

前回の記事で大げさに騒いだため、かえってご心配をお掛け致し、申し訳ございませんでしたm(_ _)m
「頭がボー」となったのは、風邪のせいではなく、風邪薬が原因だったみたいです。

今日は、そんなぐずついた天気も、すぐれない体調も、いっぺんに吹っ飛ぶような嬉しい話題をお届け。


◆ 復活キュウリ、初の収穫

キュウリは、5月1日に定植。
夏ばやし」2株。「Vロード」1株。「(品種の分からない)接ぎ木キュウリ」1株。

順調に育っているかに見えた矢先、ゴーヤ、カボチャとともに、ウリ科の野菜を中心に『べと病』が蔓延。
キュウリは2株を失い、残りの2株も、病変のある葉を取り除いたら、先端部に数枚の葉が残るだけのみじめな姿に・・・
※ 過去記事は ➡ポチットナ

とても育ちそうに見えませんでしたが・・・
Enjoy in 菜園」のらうっちさんが速攻で送ってくださった「マイエンザ」を、葉面に散布したり、株もとに水やり代わりに散布したりと、懸命な手当のかいあってか、見事に復活を果たしました。
※ 過去記事は ➡ポチットナ

Vロード0627


そして昨日、初の収穫が出来たんです。

Vロード(2)0628


Vロード」を1本だけですが、確かに収穫いたしました\(^o^)/♪


さらに、トマトも初の収穫です。

トマト0628 トマト(裏)0628

ホーム桃太郎(大玉)」1個。
裏も表も傷一つないきれいな出来です(⌒・⌒)オイシソー

最後に、つるありインゲンもちょっぴり・・・

つるありインゲン0628


たった2本ぽっちだけど、これも初収穫です♪

まとめると、昨日の収穫は・・・

収穫0628


キュウリ1本。トマト1個。インゲン2本。

さらに今朝・・・

夏ばやし0629


今度は、「夏ばやし」を収穫しましたよ\(^O^)/

初収穫と来れば・・・

◆ 菜園料理

『初収穫野菜のサラダ 玉ねぎたっぷりのドレッシングで』

初収穫サラダ0628


キュウリトマトは、もちろんフレッシュのまま。
インゲンは採れたてのことも有り、サッと湯がいただけです。
他に、ゆで卵と懐かしの魚肉ソーセージが少々。

玉ねぎがたっぷり入ったドレッシングをかけて召し上がれ(⌒・⌒)モンクナシニオイシカッタヨー


さて・・・
気付いてみれば・・・
今年も、あっという間に半年が過ぎ去ろうとしています。ハヤー!

家庭菜園も2年目。
張り切っていくつか新しいことにもチャレンジしてみましたが・・・
意気込みとは裏腹に、春先から病害虫に悩まされ続けてきました。
※ 興味のある方は、過去記事をじっくり見てね~

次回は、反省も込めて、この半年を振り返ってみることに致します。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 



 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

キュウリ栽培の再スタート

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

東京は、昨日は梅雨の中休み。
と言うよりほとんど真夏でしたよ。

暑さに釣られて風呂の掃除を始めたら、思いがけずやる気スイッチが入ってしまい、本格的に。
ついでに脱衣所、洗面台そしてトイレと続けたものだから、疲れたのなんのって・・・
その上腰痛持ちだから、腰にまで悪影響が・・・イテテッ!

後悔先に立たず。
まあ、きれいになってさっぱりしたから良しとしましょうかね。

今日は、べと病にやられたキュウリのその後から・・・


◆ キュウリ栽培について

キュウリは、「夏ばやし」2株、「Vロード」1株、「(品種の分からない)接ぎ木キュウリ」1株を定植して栽培開始。
ところが、べと病にやられて壊滅状態になったことはご報告した通りです。
※ 過去記事は ➡ポチットナ

当初は、4株すべてを完全処分して他に感染が拡大するのを防ぐつもりでした。
ところが、病変した葉を全て摘み取ってみると、株ごとやられた夏ばやし1株を除けば、先端の成長点が無事のように見えるんです。
その上、Enjoy in 菜園のらうっちさんから、マイエンザが届けられたこともあり・・・
マイエンザの効果に期待しつつ、3株はしばらく様子を見ることに・・・
※ マイエンザについては ➡ポチットナ

「(品種の分からない)接ぎ木キュウリ」は、べと病が再発したわけでもないのに数日後には枯れてしまいました。
残りの2株は、見たところ今も元気に成長しているように見えます。
らうっちさんのマイエンザの御蔭かな。

まずは、「夏ばやし」から・・・

夏ばやしGIF.gif


次に、「Vロード」です。

VロードGIF.gif


一見、何事もなく元気に見えるのですが、花芽は付いても花が咲く前に黄変して枯れてしまう状態です。
もう少し葉の数が増えて、株が充実してきたら状況が変わるのではないかと期待しています。

ただ、最悪のケースも考えました。
全滅した場合のことですね。

べと病と判明した翌日には、補充の苗を求めてホームセンターに駆け込みました。
行きつけのホームセンターの園芸コーナーは貧弱なので、すでに品切れでキュウリの苗はもうありません。
期待はしないで、売れ残りのバーゲン品の棚を見たら、たまたま2株だけ「(品種の分からない)接ぎ木キュウリ」があったんです。

生き残った2株と同じ畝に植える勇気はありません。
べと病が発生した畝ですからね。

余っている畝と言えば、同じくべと病にやられて撤去したカボチャの畝しかないんです。
ただ、カボチャの畝は、透明ビニールシートで覆って熱殺菌中でした。
※ 熱殺菌の記事は ➡ポチットナ

そこで、ポットのまま育てながら、殺菌が終わるのを待って、昨日定植いたしました。
(たったの10日で殺菌出来たか?はなはだ心もとないですが、気が逸るから…)

接ぎ木キュウリ0610


初心に帰って、黒マルチに戻してみました。
画像は今朝のものですが、手前の株はすでに蔓をしっかりと巻き付けていますね。

夏野菜のキュウリを食べられないなんて言う事態が起きないことを祈って、キュウリ栽培の再スタートです。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR