根菜の収穫

こんにちは~🎶
ヤクモンの家庭菜園へ、ようこそ^^♪

相変わらず暑い日々が続いていますが、
皆さん元気してますか~!?

この暑さは野菜たちにも、悪い影響が出ないか心配になりますね。

その一例?・・・を一つ。

◆ 大根の収穫

春大根を直播きしたのは、1月18日のこと。
品種は、春神楽(タキイ)です。
とう立ちしにくい春大根だと言うので選びました。

黒ビニールマルチに、ビニールシートのテント掛けと、寒さ対策は万全のつもりでしたが・・・
冬の間は全く日が射さない畝だったので、おそらく温度不足から発芽しませんでした。

そこで、3月2日に播き直したところ、ようやく3月22日に発芽を確認いたしました。
その後は順調に育ってくれていましたが・・・

なにせ、播き直しのために成長が遅れて、しかも今年の春は暑い日が多かったせいか・・・
とう立ちしにくい品種だったにもかかわらず、結局とう立ちしてしまいました。

春大根のとう立ち(1)0529


横から見るともっと良く解りますよ。

春大根のとう立ち(2)0529


そこで、仕方なく収穫してみました。

春大根のとう立ち(3)0529


掘り出してみると、やや細めながらけっこう良いサイズ?
気を良くして、それならばとすべて収穫することに・・・

大根の収穫(1)0529


ゲゲッ!なんじゃこれ!なんて奴もあったけど・・・
これも家庭菜園のご愛嬌と言うことで・・・

大根の収穫(2)0529


残りの4本は、けっこう細身の美脚?

発芽しなかったり、とう立ちしたり、さらには、日当たりの悪い畝だという事を考え合わせると・・・
まあ、まあ、良かったのではないかと、甘い点数を付けるのでした(笑)

根菜つながりで・・・

◆ ゴボウの収穫

ゴボウの栽培は初めてでした。
畝も空きがなくて、袋栽培で育てることに。

培養土の空き袋の底を抜いて、地面にも根っこが伸びるようにして栽培を開始いたしました。
去年の9月17日のことです。

品種は、「山田早生」(タキイ)です。
発芽を9月23日に確認。

その後、バッタの食害に会い、欠けたところに蒔き直すという事態も発生。
厳冬期には、地上部分がほとんど枯れたようになって、半分諦めていましたが・・・
春になり暖かくなると同時に復活。
大きな葉を茂らせてくれました。

ゴボウの袋栽培(2)0603


虫くい痕もひどいけど、だいぶ枯れた葉が多くなって来ました。
初めての栽培で収穫時期が分からないので、3袋の内、左端の袋を試し掘りしてみました。

ゴボウの袋栽培(3)0603


葉を根元近くで切ってから、袋を破いた状態です。
後は、ゴボウの根を折らないように、慎重に硬い土を崩して、更にはひたすら掘り進めました。

そして、掘り上げたのがコレ!

ゴボウの袋栽培(5)0603


一番太いのでもこんなものです。

ゴボウの袋栽培(4)0603


十分に太くなっていないのがネックですが・・・
最長92㎝。
長さは満足のいくものでした。
それに驚いたのはすごく柔らかい事。
市販の硬いゴボウしか知らなかったので、採れたてがこんなにも柔らかいのには驚きです。
良く途中で折れなかったものだと、変に感心いたしました。

またまた、甘い採点になってしまいましたね(苦笑)

ここらで、いつもなら菜園料理といくところですが・・・
その前に・・・

◆ 雨水タンクの改良

前々回(5/28)の記事で、節水のために雨水タンクを作ったことはご報告済みですね。
ただ、さほどの雨でもないのに、一晩でタンクから水があふれてしまったので、さらに、タンクを連結することにいたしました。

前々回はこんな感じだったんです。

雨水貯水タンク(5)0524


上空に寒気が入り込み、不安定な天候が予想されるとの天気予報にせかされて・・・
タンクを2つ追加で連結いたしました。

雨水タンク(1)0531


蓋を取るとこんな感じ・・・
右から左に段差を付けています。

雨水タンク(2)0531


タンクとパイプの連結部分は、コーキングで水が漏れないようにしてあります。
コーキング剤が硬くなっていて扱いずらかったので、ちょっと汚い仕上がりになっちゃいました。

雨水タンク(3)0531


これなら一晩ぐらいの雨では溢れないだろうと高をくくっていたら・・・
天気予報通りに、深夜に雷雨があったらしく(私はぐっすり眠っていて気が付かず)・・・

雨水タンク0601


朝になって見に行ったら、3つのタンク共に満杯になっていました。

真ん中のタンクの水位が一段と低いのは、コーキングが甘くて、接合部から水漏れしたせいだと思います。
水を撒いて、水位が下がったら、もう一度コーキングのし直しですね。

このポリタンク。
元々物置の中で無用の長物となり果てていたものです。

ヤクモン地方では20数年前まで、このようなポリタンクでゴミの収集を行っていました。
「町内会でまとめ買いをするとめちゃくちゃ安く手に入る」てんで、うちでも将来に備えて大量買いしたものです。
腐るものでもないしね。
ところが、そのわずか3年後には、ビニール袋で収集する方式に変わってしまいました。
「大災害や大渇水時に、水がめとしてでも使おうか?」と、そのまま物置の中でほこりをかぶっていたと言う訳。

それが家庭菜園を始めたおかげで、20数年ぶりに役立つことが出来て、ポリタンクも喜んでいると思いますよ。


◆ 家庭菜園料理

『ゴボウと間引き人参と鶏肉の混ぜご飯』

ゴボウと間引き人参と鶏肉の混ぜご飯0603


『大根たっぷり豚汁』

大根たっぷり豚汁0529


『大根餅』

大根餅0529


上に乗っているのは、間引き人参。
飾りだけど、味のアクセントにもなってるかな?

採れたての野菜って、いいな~(⌒・⌒)ニコニコ


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

またまた、とう立ちの春。

本日もヤクモンの菜園をご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

ようやく暖かくなりました。
三寒四温と言うくらいだから、まだまだ油断はできませんけどね。

今日も、前回同様、残念な話題から。

◆ 葉物野菜に、とう立ちが続出!

不織布の上からも、葉物野菜が育っているのが分かります。
そろそろ収穫時期かと、不織布をめくってみました。

葉物野菜の畝0318


手前の列が再生小松菜
真ん中の列が水菜
そして、奥の列がちぢみ法蓮草です。

みんな大きく育っています(^^♪
特に、再生小松菜は、急に大きくなったって感じです。

再生小松菜をこの畝に定植したのは、からし菜を収穫撤収した後だから・・・
1月22日のことでした。

その時はこんなだったんですよ。

再生小松菜の定植0122


水菜ちぢみ法蓮草も小さいけど、再生小松菜は、ようやくひげ根が数本出た状態での定植だから、無事に活着してくれるかどうか、本当に心配いたしました。

それがこんなに大きくなって・・・
でも、なんかおかしい?

再生小松菜(1)0318


中心部が何やら・・・

再生小松菜(2)0318


一つ刈り取って、葉をかき分けてみると・・・

再生小松菜(3)0318


やはり花芽が出来ていて、とう立ちしていました。
そこで、とう立ちした再生小松菜をすべて収穫です。

再生小松菜の収穫0318


真ん中の水菜は・・・

水菜0318


とう立ちしていませんでした。
ただ、かなりの密集状態だし、とう立ちは怖いしで、間引き収穫いたしました。

水菜の間引き収穫0318


物はついでと言う訳で・・・
ちぢみ法蓮草も・・・

ちぢみ法蓮草0318


収穫サイズと判断して、とう立ちする前に一部収獲です。

ちぢみ法蓮草の収穫0318


収穫後の畝は、こんな感じになりました。

収穫後の葉物野菜の畝0318


水菜を間引いてみて、初めて気づいたことがありました。

収穫後の葉物野菜の畝拡大0318


白い丸で囲ったところ。
これ、どうやら「サニーレタス」です。

この畝の真ん中の列には、当初サニーレタスを播種したんです。
ところがどう言う訳かまったく発芽せず、やむを得ず水菜を播種することになりました。

そのサニーレタスが一株、水菜の陰で育っていたようです。
何か得した気分(^^♪

葉物野菜がだいぶ収穫出来たので、いつものように・・・

◆ 菜園料理

18日の昼食0318


まずは・・・

大根の葉入りチャーハン』

大根の葉のチャーハン0318


前回の記事(3/16)の中で収穫した大根の葉っぱだけ冷蔵庫で保存しておいたという事で、今回チャーハンのメインの具材となりました。

他の具材は定番で、卵・タマネギ・焼豚だけだそうです。
想像以上の美味しさでした。
大根の葉がシャキシャキで良いアクセントになっていますよ。

『再生小松菜と法蓮草のからし和え』

小松菜と法蓮草のからし和え0318


文字通り、小松菜と法蓮草をサッと湯がいて、マヨネーズで和えただけ。
野菜の葉以外は、ハムが入っているだけというシンプルな料理です。
小松菜も法蓮草も採れたてだから、灰汁も出ないので本当にサッと湯通ししただけと言った感じだそうです。
その方が葉のシャキシャキ感が残って美味しく食べられるとのことでした。

からしのピリ辛さが味を引き締めてくれています。
とても美味しく食が進みますね。
そうそう、とう立ちした花芽も美味しくいただけましたよ。


『水菜の中華風スープ』

水菜の中華風スープ0318


具材は、水菜と肉団子。
彩りに、薄くスライスした人参を少し散らしてあります。

出汁と少しの塩味、それに香りづけのごま油で、さっぱりとしたスープに仕上がっています。
チャーハンによく合うんですよ(^^♪


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

油断!とう立ちしちゃいました。

本日もヤクモンの菜園をご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

3月も半ばだというのに、寒い日が続きました。
そのせいかな?
カブとう立ちしちゃいました。

全くの油断でした。
13日には何事もなかったんです。

ところが今朝、久しぶりに気持ちの良い天気だったので、根菜の畝に目をやったら・・・

カブのとう立ち(1)0314


あらら、何か変!
もっとよく見ると・・・

カブのとう立ち(2)0314


花芽が出来ていて、カブは4株すべて完全にとう立ちしていました。
14、15日と雨模様で、畑を見回らなかったんですよ。
その結果がこれです。

広い畑でたくさん野菜を育てていれば、とう立ちしたらしたで、とう立ち菜を楽しんだり、菜の花を愛でたりする余裕があるとは思いますが・・・
うちみたいに、狭い庭畑で少しの野菜を栽培している者にとっては、とう立ちは「痛い」ですよね。

ただ、1株だけ残った大根がとう立ちしていなかったのが、不幸中の幸いでしょうかね。
結局、カブ大根をすべて収穫して、根菜の畝はこれにて撤収です。

大根とカブの収穫0315


とう立ちしたカブは、果たして食べられるものかどうか?
大根は小さいながら、とう立ちを免れたので、美味しくいただけると思います。

大根の収穫0315


その結果が気になったので、朝っぱらから女房に無理を言って、大根とカブを料理してもらいました。

今日の夕食0316


まずは・・・
『カブのオカカまぶし』

カブのオカカまぶし0316


カブは外側が固くなっていたそうです。
とにかく厚目に剥いて、柔らかなところだけを薄切りにして、鰹節をまぶして醤油を垂らしただけの料理。
きめ細やかさに欠けるものの、サクサクとした食感で、まずまず食べられましたよ。

次に・・・
『大根の煮物』

大根の煮物0316


材料は、採れたてダイコン、揚げ、人参、エノキダケ、ベーコン。
大根がとろっとろで、これは文句なく美味しかったです!

さらに・・・
『カブの葉とアサリの混ぜご飯』

カブとアサリの混ぜご飯0316


材料は、カブの葉、アサリのむき身、揚げ。
カブの葉は、とう立ちの影響もなく、美味しくいただけました。

とう立ちを見つけた時はショックでしたが、美味しくいただけたので、現金なもので、元気百倍です。
そこで、食後に、撤収した畝の後処理を致しました。

根菜の畝(1)0316


長さ1m20cm、幅80㎝の小さな畝です。
土寄せを何度も繰り返して、畝の形が崩れています。

根菜の畝(2)0316


そこに、ぼかし肥を施して・・・

根菜の畝(3)0316


表面にすき込みながら、畝の形をザッと整えて・・・

根菜の畝(4)0316


残った残渣とか、周りに生えている雑草を引き抜いて畝に乗せます。
以外と雑草の量が少ないので・・・

緑肥作物として畝間で栽培している・・・

えん麦とライ麦0316


ライ麦えん麦を刈り取って・・・

根菜の畝(5)0316


畝に積み重ねて、しばらく養生です。
施したのがぼかし肥だけなので、すぐに種を蒔いても問題はないと思いますが、昨日までの雨で土が乾ききっていないこともあり、少し落ち着くまでちょっと時間を置きたいと思います。

後作は、小松菜春菊の余り種を使い切りたいと考えています。
夏の果菜の定植までのつなぎのつもりです。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

イチゴの目醒め。

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

春一番が吹いたかと思えば、翌日には真冬の寒さに逆戻りと、寒暖の差が激しいですね。

それでも着実に春は近づいているようで、その証拠に「イチゴ」が休眠から覚めたようですよ。
休眠中は寒さに強いイチゴですが、目覚めると防寒をしてやる必要があります。

◆ イチゴ栽培

イチゴとニンニクの畝0218


これがイチゴニンニクの畝です。

真ん中に植わっているのがイチゴです。
キャベツブロッコリーが混植されていますが無視してください。
周囲に、緑肥のライ麦とえん麦が茂っているので分かりにくいですが、イチゴを挟むようにニンニクが植わっているんです。

ニンニク0218


ニンニクもだいぶ茎が太くなりました。

イチゴの方は、すでに葉が立っています。
休眠から目覚めたサインです。
しかも・・・

イチゴの花芽0218


新芽が出るとともに、花芽が出来ています。
そこで、イチゴとニンニクにぼかし肥の追肥をして、周りに藁を敷いてやりました。

イチゴ(2)0218


さらに、周囲のライ麦とえん麦を刈り取って、イチゴの畝に敷き詰めます。

イチゴ(3)0218


最後に、不織布のテントで覆って、イチゴの防寒の完成です。


イチゴ(4)0218


花芽はまだ早すぎるので摘み取りますが、3月半ばを過ぎて暖かくなった頃にまた花を咲かせてくださいね~!


次に、久しぶりの収穫について・・・

◆ ブロッコリーの収穫

購入苗から育てた、キャベツブロッコリーの畝の様子です。

キャベツとブロッコリーの畝0218


キャベツはいまだ、巻きそうで巻かない状態ですが、ブリッコリーはだいぶ大きくなってきました。

標準の収穫サイズにはとても達していませんが、収穫することにいたしました。

ブロッコリーは・・・
「緑帝」(サカタ交配)2株を、9月12日に定植しています。
なんと、5か月以上経過していることになります。

収穫することにした一番の理由は茎の太さです。
通常よりも茎が細いので、これ以上大きくならないと判断しました。
現に、ここ10日ほど全く成長していません。

今一つは、頂花蕾の色です。

ブロッコリー0218


アントシアニンの紫色が十分に発色しています。
十分に成熟し、甘みも凝縮して食べごろだと思われます。
また、これから暖かい日が増えてくると、いつ花が咲いてもおかしくない気がいたします。

そんな訳で、思い切って収穫しました。

ブロッコリーの収穫0218


やっぱりちっちゃいですね。
日当たりの悪い環境では、これが精いっぱいだと思います。

2株とも収穫しちゃいました。

ブロッコリーの収穫(3)0218


収獲してみたら、嬉しいことに「側花蕾」が出来ていましたよ。

側花蕾(2)0218 側花蕾(1)0218


緑帝は、頂花蕾側花蕾兼用種なので、側花蕾の収穫も期待できます。
期待を込めて、ぼかし肥を追肥しておきました。


それから、カブも急きょ収穫することに・・・

◆ 根菜栽培

大根カブの畝です。

根菜の畝0218


カブを急きょ収穫したのは・・・

カブの収穫(1)0218


左のカブが実割れしているのを見つけたからです。

大根カブは、虫害がひどくて、最後に蒔きなおしたのが10月16日のことです。
それからでも、4か月が過ぎたことになります。
時間がかかり過ぎたせいかもしれませんね。
小さいですが、このサイズが限界とみて、同じぐらいの大きさのカブも念のため収穫いたしました。

カブの収穫(2)0218


これまた、日当たりの悪いうちの庭畑では精一杯なのかもしれませんね。


さらに、レタスも収穫しましたよ。

◆ ミックスレタスのプランター栽培

前回(2月8日)の収穫からちょうど10日。

ミックスレタス(1)0218


また、少し成長したので、収穫することにいたしました。

ミックスレタス(2)0218


ガーデンレタスミックス(アタリヤ)」の種をプランターに蒔いたのも、10月16日のことでした。
間引き収穫を繰り返しながら、それでも4か月を超えてしまいました。

ミックスレタスの収穫0218


今回もこれだけ採れました。
けっこう長い間愉しませてくれますね。

これだけ収獲すれば、一食は賄えますよね。

◆ 菜園料理

『野菜尽くし弁当』

菜園料理2018


「カブの菜飯」と「採れたて野菜サラダ」です。
カブの菜飯の具材は、カブの葉っぱ、実割れカブを刻んだもの、油揚げ。

サラダの具材は・・・

菜園料理(2)0218


ブロッコリー、リーフレタス、カブ、カニカマとゆで卵。
白ごま風味のドレッシングをたっぷりかけていただきました。

いや~、採れたて野菜は本当に美味しい!
特にブロッコリーは、味が濃いのに全く嫌味がなくて、ブロッコリーが苦手な人でも美味しく食べられること請け合いですよ。
「家庭菜園をやっていてよかった」と心の底から思える瞬間ですね。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

間引き忘れのカブを間引く。

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

今日の天気予報は「が降るかも」でしたが、今のところ弱い雨が降ってるだけです。
どちらにしても、野菜の世話は出来ないので、昨日の作業についてご報告いたします。

◆ 根菜の畝

根菜の畝では・・・
大根「冬どりあまうま大根(サカタ)」とカブ「あずま金町かぶ(トーホク)」を育てています。

現在の状態がコレ。

根菜の畝0208


大根カブも、9月14日に播種したのですが・・・
害虫被害がひどくて育たず、カブは9月25日と10月16日の2度、大根も10月16日に蒔き直しています。

それでも、もうすぐ4か月になるんですよ。
日当たりの悪い畝では、成長が驚くほどゆっくりになりますね。

昨日は、間引き忘れたカブを見つけたので、あらためて間引くことにしました。

間引き忘れのカブ0208


日当たりが良い畑では、このままにして置いても十分に成長してくれるかもしれませんが、うちの畝ではおそらく共倒れになるので、間引く必要があります。

それと、長い時間がかかり過ぎているので、スが入ってしまったり硬くなったりしていないか、一回り大きいカブを試しに一緒に収穫してみました。

収獲・間引きカブ0208


左が間引いたカブで、右が試し掘りのカブです。

大きさがわかるように、試し掘りのカブの方を拡大して見ますね。

カブの収穫0208


まだまだ収穫サイズではありませんが、見た目ではきれいな肌をしていて美味しそうですよ。

大根は、3本しか育てていないので、試しに収穫と言う訳にはいきません。

大根0208


なかなか大きくなりませんね。
でも、葉が元気いっぱい立ち上がっているので、もう少し様子見をするつもりです。


大根とカブを蒔きなおした10月16日と言えば・・・

◆ レタスミックスのプランター栽培

ガーデンレタスミックス(アタリヤ)」の種をプランターに蒔いたのも、10月16日のことでした。
間引きを繰り返しながら、それでも4か月近くになるんですね。

ミックスレタス間引き前0208


だいぶ大きくなりましたが、それでもこんなものなんですよ。
野菜が育つためには、いかに日照が必要なのかを切実に実感いたしますね。
「太陽の恵み」とはまさしくこのことですね。

それにしても、毎回同じことを繰り返しているようで気が引けますが・・・
リーフレタスの葉って言うのは、本当に美しいものです。

ミックスレタス拡大0208


土が見えないくらい密集してきたので、いつものように間引いてみました。
今回で4度目の間引きになるのかな?

ミックスレタスの間引き菜0208


なかなか収穫サイズにはなりそうもないけど、間引くたびに美味しくいただいているので、これはこれで良しとしますかね。


◆ 菜園料理

レタスミックスのあり合わせサラダ』

ミックスレタスのありあわせサラダ0208


メインは、もちろんレタスミックスです。
付け合わせは、あり合わせでさつま揚げとゆで卵。
胡麻風味のドレッシングでいただきました。

リーフレタスは何の癖もなく柔らかくて、最高のサラダに仕上がっていました。
育てている私としては若干物足りない気がしますが・・・
女房曰く、「市販サイズのレタスより、こっちの方が苦みもなく甘みがあって、サラダには向いている」とのことです。
身びいきがあるにせよ、有難い言葉ではありますね。

『若いカブの塩麴漬け』

カブの塩麴漬け0208


ちっちゃいカブを2つ、塩麴につけただけの料理。
しかも、3時間漬け込んだだけの浅漬けだそうです。

こちらの方は手放しでうまかったですよ。
カブは柔らかくきめ細やかで、その上甘みも強く絶品でした。
浅漬けで食べるなら、このサイズで収穫するのもありかな」と考えてしまうほどの美味しさでしたd(⌒ー⌒) グー!


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR