日当たり具合を定点観測してみた。

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

ようやく秋らしい日が続き、10月20日は朝から良い天気になりました。

そこでこの日、うちの畑(自宅の庭)の日当たり具合を、2時間おきに定点観測してみました。


◆ 日照問題

このブログをよくご覧の方にはおなじみですが、うちの畑は日当たりが悪いんです。
住宅街のど真ん中で、四方を建物に完全に囲まれているからです。
(しかも狭いから余計なんですが、その辺はスルーしていただいて・・・)

夏はいいんです。
太陽の軌道が高いので、それなりに日照時間は確保されています。

ところが、秋になり太陽の軌道が低くなってくると、とたんに日当たりが悪くなってきます。

去年も今頃から、「日当たりが悪い、悪い!」と、嘆き節が始まったのですが・・・
ブログをご覧の方に実感として伝わらないと思うので、2時間おきに定点観測をした結果をご報告したいと思います。

朝日が畑に射し始めるのは、午前9時をだいぶ回ってからです。

【午前10時】

庭の西側から見た景色がこれです。

日当たり1020 am10


全く日が射していません。

ところが、逆(東側)から見ると・・・

日当たり(逆サイド)1020 am10


解りますかね。
画像の奥(西側)のブロック塀沿いに、一筋の光の帯が見えるのが!
この時間で唯一、日が当たっている場所になります。

その光の帯の先は、母屋とブロック塀に挟まれた細い通路になるのですが・・・

日当たり(西側)1020 am10


なんと!
この時間、ここが一番日当たりがいいのです。

ここは、毎年夏の間グリーンカーテンにしようと、ゴーヤを栽培しているところです。
朝の短い時間だけですがこの日差しがあるので、ゴーヤが見事に育ってくれるのですね。

これから、冬越しの豆類を育てようと、畝を作った後にヨシの簾(すだれ)で覆って、養生しているところです。
月末か、11月の初めごろに直播きするつもりでいます。


【午後0時】


同じく、西側から見たところ。

日当たり1020 pm0


ようやくこの時間になって、畑の半分ほどに日が当たって来ました。
ところが、残念な事に、ど真ん中に木蓮の木陰が出来てしまっています。

先ほど日が当たっていた、西側の狭い通路は・・・

日当たり(西側)1020 pm0


もう完全に日陰になっています。


【午後2時】

同じく、西側から見た畑です。

日当たり1020 pm2


今度は、東側の3分の1だけ日が当たっています。

反対の東側から見ると・・・

日当たり(逆サイド)1020 pm2


こんな感じですよ。

この時間になってやっと、東の外れに作った棚に日が射し始めるんです。

日当たり(東側)1020 pm2


イチゴのプランターと各種の袋栽培をしているところです。

そして・・・

【午後4時】


同じく、西側から見た様子です。

日当たり1020 pm4


この時間になると、もう日差しはどこにもあたっていません。

昼間の時間が最も短くなる冬至(12月21日)まで2か月もあるというのに、今からこの日照時間の短さ!

「先が思いやられるな~!」なんて言いませんよ。
言ったところで何も変わりませんからね┐(´-`)┌ホントカナー




最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

久しぶりのピーカン!

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

台風一過。
久しぶりにいい天気になりました。

東京は、台風10号の直撃を避けられて、ホッとしているところです。
直撃を受けた地方では被害が出ているようですね。
心からお見舞い申し上げます。

東京の日照(8月)600

繰り返しになりますが、本当に久々のピーカンですよ~

8月は雨がやたらと多くて、特に、15日以降は、ほとんど毎日雨が降っていたような印象があります。

日照時間も少なく、そのためか野菜の生育が非常に悪いと感じています。
また、畝が水分をたっぷり吸って、常にぐちゃぐちゃなので種を蒔くことも出来ませんでした。

そこで、一体どれほど雨が多かったのか、調べてみました。
それが右の表になります。

気象庁のデータから、日照時間と、天気概況をピックアップしたものです。

これを見ると、一日中雨が降らなかったのは、25、26日だけなのが解ります。
それ以外の日は、24時間の内、どこかの時間帯で雨が降っていたことになるんです。

16日間の日照時間の合計が、59.2時間。
1日平均にすると、たったの3.7時間。

こうやってデータで検証すると、いかに雨が多く、日照不足だったのかが良く解りますね。


そんなこんなで、育苗もうまく行っていません。

◆ キャベツブロッコリーの育苗

キャベツブロッコリーも、8月2日に播種。

キャベツは、レンヌ(早生)<タキイ>
8月5日に発芽を確認。

それが今日・・・

育苗(キャベツ)400


いまだにこんな状態。
小さな本葉が出た切り、それ以上成長していないように見えます。


ブロッコリーは、シャスター(極早生)<タキイ>とスチックセニョール(茎ブロッコリー)<サカタ>の2種を、同じく、8月2日に播種。
共に、8月6日に発芽を確認。
※ キャベツブロッコリーの育苗については ➡ポチットナ

育苗(ブロッコリー)400


手前の5株(黄色いのタグ)が、シャスター。
奥の5株(ピンクのタグ)がスチックセニョール。

やはり、小さい本葉が弱々しく出たまま、って感じです。

保険をかけて、苗を購入した方がいいかも。
もちろん、育苗中の苗もこのまま育てますけどね。


◆ その他の野菜たち

キュウリ

トウモロコシの畝に定植して、地這い栽培しているキュウリです。

地這いキュウリ(1)0830 地這いキュウリとトウモロコシ0830


葉の色が悪いのが気になりますが、一応、地這いキュウリらしくなってきてはいます。
背が低いから、この度の台風程度ではびくともしませんでした。

右の画像の中央に見えるのが、遅蒔きトウモロコシです。
台風の風が心配でしたが、支柱で補強したせいか被害はありませんでした。
ただ、やはり日照不足がたたっているのか、成長は遅いですね。


つるありインゲンの後作に植えた、七夕キュウリは風にも負けず、日照不足にも耐えて、まずまず元気ですね。

七夕キュウリ0830


ただ、花芽がついても良い丈になっているのですが、それらしき兆候はありませんね。


ナス

ナスは、更新剪定した株と、そうでない株とで、違いがはっきりしてきました。

更新剪定していないのは、丸ナス(クリーミー揚げナス)1株と、接ぎ木ナス(品種不明)1株です。

ナス(未剪定)0830


葉がちじんだようになり、色も悪いですね。
お疲れモードです。
台風が接近する前に、比較的大きな実は収穫いたしました。
丸ナスがまだ2個付いていますが、今日明日中に更新剪定するつもりです。


すでに更新剪定済みの、接ぎ木ナス(品種不明)1株は、花も咲き結実しています。

ナス(剪定済み)0830


こちらは秋ナスが楽しめそうです。


ピーマン

そんな中、ピーマンは相変わらず元気です。

ピーマン0830


こちらも、台風接近前に実を収穫しましたが、付いている実も多く、花も盛んに咲かせています。
このまま9月に突入しても、まだまだ大丈夫そうですね。


◆ 夏野菜の収穫


収穫0829


台風が接近中と言うことで、多少サイズが小さいですが、収穫しました。

キュウリ:シャキット1本。
曲がりキュウリで、しかも尻太ですね。
シャキットもそろそろ終わりが近づいています。

ナス:丸ナス(クリーミー揚げナス)1個、接ぎ木ナス(品種不明)2個。
接ぎ木ナスはともに未剪定。そのせいかお尻が汚くなってきました。

丸ナスの収穫0829


丸ナスの写りが悪いので、追加の画像です。
(すっごい依怙贔屓。丸ナスはお気に入りなの!)

ピーマン:土佐グリーン3個、接ぎ木ピーマン(品種不明)5個。


◆ 菜園料理

『ナスの煮びたし』

ナスの煮びたし(2)0829


ナスの定番料理です。
定番すぎて、なぜか今まで食卓に上りませんでした。
更新剪定直前のナスなので、硬いのではないかと危惧していましたが、なんのなんの、トロトロで美味しかったですよ~!



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

日照問題は終わりにします🍂

こんにちは、ヤクモンです。
うちの家庭菜園へようこそ^^♪

今日のテーマは、
日照と野菜栽培の問題】と【カップ麺プランター です。

*************************************************************************


「まだやるのか?」「しつこいぞ!」
という声が聞こえてきそうですが・・・

日照問題は今日で最後にいたします。

その前に、野菜の徒長日照についての記事に対して、「激励」やら「情報」やら「アドバイス」やらをコメントいただき、
励まされたり、参考にさせてもらったり、非常に有難かったので、この場をお借りして、お礼をさせてくださいね。

「土にまみれて\(^O^)/ Happy♪」の「メアリー」さん。
「何処までいくの 夫婦癒し旅」の「たびいくひと」さん。
「夢とゆんた」の「yumeyunta」さん。
「地球の生き物を考える」の「たてじまきんちゃくだい」さん。
「素人家庭菜園日記」の「うしぇしぇ」さん。
そして、「POOH」さん。「tea」さん。

本当に有難うございました m(__)m

また、鍵コメでいただいたので、ブログ名とハンドルネームは出せませんが、大変参考になったので、コメントの内容をご紹介させていただきますね。

それは「ペンタガーデン」と言う液体肥料についての情報でした。

寄せられた情報と、私なりに調べた結果をご報告すれば・・・

ペンタガーデンは、5-アミノレブリン酸(ALA)と言う天然アミノ酸を配合した肥料のことです。

5-アミノレブリン酸(ALA)は、動物・植物の体内に存在するアミノ酸の一種で、動物では血液(ヘモグロビン)の、植物では葉緑素(クロロフィル)の原料になるとのこと。

ALAを植物に与えると、葉緑素が増えて葉の色が濃くなり、根の生長が促進され、与えた肥料の効果も高まると言う。

光合成量が増えるので植物全体の生長が促進され、果物は糖度が上がり、野菜の品質が高まるそうだ。
また、光合成によって作られた糖が増えるので、植物体の浸透圧が上がり、低温、低日照、乾燥、土壌塩類などの環境ストレスにも強くなると言う。

早い話、日照時間が短い環境でも良く育ち、寒さに強くなるということらしい。

その上、ALAは天然に存在するアミノ酸なので、環境を汚染することがなく、製造も、細菌発酵で生産する方法をとっているため、安全で環境にやさしいそうだ。

要するに、夢のような肥料と言うことですね。

問題はコストパフォーマンスだけで(少々お高い)、それとても、液肥の場合は100倍希釈で使うので、それほどの問題になるとも思えませんね。

また、固体肥料もあり、葉に散布するタイプの「ペンタキープ」という肥料もあるとのことです。』
 小宮商事株式会社 のホームページからの引用を中心にまとめています。 (メーカーのホームページより分かりやすかったから)

秋から冬にかけて、ほとんど日の当たらないうちの庭には、ぴったりの肥料ということになります。

「はは~ん。それを使うことにしたので、日照問題は今日で最後というわけか!」
そんな声が聞こえてきそうですね。

「その通り!」
というわけではありません。

私が出した結論は、まったく逆なんです。

背伸びすることなく、自然体でやっていくことに決めたんです。

日当たりのよい理想的な環境で栽培した結果と同じものを期待するから悩むのであって、
日照時間が少ないなら少ないなりの収穫で満足すればよい話ではありませんか?
もちろん、それなりの努力と工夫はするつもりですけどね^^

それに、そんな取って置きの肥料があるのなら、いつだってその気になれば問題解決なんですからね。
保険は最後にとって置くもの。
だから「取って置き」 なんてね^^

最後に、【カップ麺プランターラディッシュ】について。

培養土1009 1対11009 野菜の土1009

左が、「花と野菜の培養土」
右が、「有機野菜の土」
中が、「1対1で混ぜたもの」

どうでしょう。
優劣はついたでしょうか?
どうやら今回も、誤差の範囲内ですかね。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

野菜と日照🍂

こんにちは、ヤクモンです。
うちの家庭菜園へようこそ^^♪

今日のテーマは、
【野菜と日照の関係】と【ナスピーマンの終了】 です。

*************************************************************************

今日も引き続き、野菜と日当たりの関係をしつこく追求しちゃいます。

自分でも「いい加減にしたら」とは思うのですが・・・
それだけ「日照不足」に悩まされているということなんですよ。

前回予告したように、「5.秋と冬は、日照をあまり必要としない作物を植える。」について、
もう少し掘り下げて考えて見ることにしました。

野菜づくりの環境として、日照(日当たり)は最も重要な要素でしょう。

野菜には、大きく分けて、

一日中(およそ6時間以上)直射日光が当たるところを好む「陽性野菜」と

半日(およそ3~4時間)くらい直射日光が当たれば育つ「半陰性野菜」と

直射日光の当たらない半日陰から日陰を好み、一日1~2時間の日照でも育つ「陰性野菜」の

3種類があるそうです。

そのため、それぞれの野菜の特性に応じた日照時間の場所を選んで栽培することが大切になりますよね。


おもな野菜について、その日照特性をみると次のようになります。

陽性野菜: トマト、ナスピーマン、キュウリ、キャベツ、白菜、ダイコン、大豆、インゲン豆、エンドウ豆、
ソラマメ、メロン、スイカ、オクラ、落花生、トウモロコシ など

半陰性野菜: ほうれん草、コマツナ、カブ、レタス、春菊、ジャガイモ、サトイモ、ショウガ、ネギ、イチゴ など

陰性野菜: ミョウガ、しそ、ふき、ニラ、セリ、クレソン など


確かにミョウガは、日当たりの悪いうちの庭でも毎年たくさんの収穫をもたらしてくれます。
また、9月に種をまいた野菜の中で、唯一徒長せずに元気なのはコマツナなんです。
上の分類を見れば、納得です!


日当たりの悪い庭では、陰性野菜を育てればよいというのが結論のようですが・・・
ご覧の通り、陰性野菜は、種類も少ないし、付け合わせや香りづけのためのわき役ばかりなんです。

本当に、作りたい、食べたい野菜はやはり陽性野菜が多いんですね。

でも、半陰性野菜、陰性野菜を上手に組み合わせて作付を考えていけば、それなりに面白い菜園になりそうです。

最後に、『今朝の収穫』

収穫1008

ミョウガ3個。サラダピーマン2個。

切り戻して秋の収穫に期待をかけていた、ナスとサラダピーマンは本日をもって終了となりました。
ナスは全く結実せずに終わっちゃいました。
サラダピーマンはわずか8個でしたが、収穫をもたらしてくれました。
夏期の体たらくからしたら、最後の最後に頑張ってくれたほうではないでしょうか^^


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

根菜日誌(4) ダイコン、ニンジン、二十日大根

こんにちは、ヤクモンです。
うちの家庭菜園へようこそ^^♪

今日のテーマは、
根菜類の現状】と【野菜の徒長対策】 です。

*************************************************************************

今日もよく晴れて、暑いほどです。
この記事を書いている部屋は真南に面しているので、日が燦々と降り注いでいます。
(皮肉なことに!この意味は後々わかると思いますよ。)

さて、今日の菜園ですが、根菜についてのご報告になります。

まずは、ダイコンから。

ダイコン1004

徒長してしまったので、土寄せをして何とかごまかしごまかし育てている感じですかね。
種を蒔いたのが先月の13日ですから・・・
成長は遅いし、ちゃんと育つのか心配です。

次に、ニンジン二十日大根

ニンジン1004 二十日大根1004

左がニンジン、右が二十日大根です。
ニンジン二十日大根に至っては、播種が先月の2日ですので、どう考えても遅すぎますよね -_-;

原因ははっきりしています。
明らかに日照不足がたたっているんです。

天候不順ではありませんよ。
うちの庭には構造的な欠陥があると思います。

日陰の庭

たった今、記事を書いている2階の部屋の窓から撮った画像です。
時刻は、午前10時26分。

庭は南に面しているのですが、残念ながら、向かいの隣家(3階建て)の陰にすっぽりと収まってしまっています。
直下に見えるひさしの、左にかかっているのが隣家の屋根の陰で、その右の影はあんずとモクレンの木のものです。
おかげで庭はすっかり日陰になってしまいました。

隣家を通り越して再び日がさすのは午後3時過ぎの西日になるのですが・・・
今度は木蓮の木が邪魔をして、せいぜい木漏れ日といったところになるんです。

太陽が中天高く上る夏場はいいんです。
現に、トマトやキュウリといった夏野菜はちゃんと育ったのですから^^

日が低く傾くこの時期が問題なんです。
今更気がついても遅いのですが、秋冬野菜の直播は、うちの庭では難しいみたいですね。

日照時間はどうしようもありませんが、苗の徒長は防げるかもしれません。
今後は、直播をやめて、ポットかセルトレイで十分に日を浴びさせて育ててから、定植するようにするつもりです。

例えば、上の画像のひさしの上に乗せて育てるのもいいかもしれませんね。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR