日当たり具合を定点観測してみた。

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

ようやく秋らしい日が続き、10月20日は朝から良い天気になりました。

そこでこの日、うちの畑(自宅の庭)の日当たり具合を、2時間おきに定点観測してみました。


◆ 日照問題

このブログをよくご覧の方にはおなじみですが、うちの畑は日当たりが悪いんです。
住宅街のど真ん中で、四方を建物に完全に囲まれているからです。
(しかも狭いから余計なんですが、その辺はスルーしていただいて・・・)

夏はいいんです。
太陽の軌道が高いので、それなりに日照時間は確保されています。

ところが、秋になり太陽の軌道が低くなってくると、とたんに日当たりが悪くなってきます。

去年も今頃から、「日当たりが悪い、悪い!」と、嘆き節が始まったのですが・・・
ブログをご覧の方に実感として伝わらないと思うので、2時間おきに定点観測をした結果をご報告したいと思います。

朝日が畑に射し始めるのは、午前9時をだいぶ回ってからです。

【午前10時】

庭の西側から見た景色がこれです。

日当たり1020 am10


全く日が射していません。

ところが、逆(東側)から見ると・・・

日当たり(逆サイド)1020 am10


解りますかね。
画像の奥(西側)のブロック塀沿いに、一筋の光の帯が見えるのが!
この時間で唯一、日が当たっている場所になります。

その光の帯の先は、母屋とブロック塀に挟まれた細い通路になるのですが・・・

日当たり(西側)1020 am10


なんと!
この時間、ここが一番日当たりがいいのです。

ここは、毎年夏の間グリーンカーテンにしようと、ゴーヤを栽培しているところです。
朝の短い時間だけですがこの日差しがあるので、ゴーヤが見事に育ってくれるのですね。

これから、冬越しの豆類を育てようと、畝を作った後にヨシの簾(すだれ)で覆って、養生しているところです。
月末か、11月の初めごろに直播きするつもりでいます。


【午後0時】


同じく、西側から見たところ。

日当たり1020 pm0


ようやくこの時間になって、畑の半分ほどに日が当たって来ました。
ところが、残念な事に、ど真ん中に木蓮の木陰が出来てしまっています。

先ほど日が当たっていた、西側の狭い通路は・・・

日当たり(西側)1020 pm0


もう完全に日陰になっています。


【午後2時】

同じく、西側から見た畑です。

日当たり1020 pm2


今度は、東側の3分の1だけ日が当たっています。

反対の東側から見ると・・・

日当たり(逆サイド)1020 pm2


こんな感じですよ。

この時間になってやっと、東の外れに作った棚に日が射し始めるんです。

日当たり(東側)1020 pm2


イチゴのプランターと各種の袋栽培をしているところです。

そして・・・

【午後4時】


同じく、西側から見た様子です。

日当たり1020 pm4


この時間になると、もう日差しはどこにもあたっていません。

昼間の時間が最も短くなる冬至(12月21日)まで2か月もあるというのに、今からこの日照時間の短さ!

「先が思いやられるな~!」なんて言いませんよ。
言ったところで何も変わりませんからね┐(´-`)┌ホントカナー




最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

キュウリ、完全復活\(^o^)/♪

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

九州は豪雨で大被害、関東は少雨で水不足。
特に熊本では、大地震の傷も癒えぬうちに・・・

天の神様も、もう少し融通をきかせて欲しいものですね。

天気予報によれば、しばらくは不安定な天候が続くようです。
九州を始めとして、これ以上被害が出ないようにお願いしますよ。


極々個人的なことですが、せめて良いニュースを・・・

◆ べと病にやられたキュウリが、完全復活しました。

前回の記事でもお知らせしましたが、べと病にやられながらも何とか生き残った2株のキュウリが、完全復活した兆候が現れましたよ。

まずは、久しぶりに花盛りの様相を呈してくれています。

キュウリ花盛り0622


その上、キュウリの子供がだいぶ大きく育ってきました。

Vロードの実0622


さらにさらに、脇芽も生え出て、そこにも雌花が付きました。

キュウリの脇芽0622


これはもう、生き延びただけでなく、「完全復活」と考えていいですよね\(^O^)/


天気つながりと言うことで・・・

◆ 太陽の恵みを実感


このブログではお馴染みですが・・・

うちの庭は、東西南北、四方を建物に囲まれて、日当たりが悪いことは、常々しつこいぐらいにこぼし倒しています。
日照不足で野菜の成長が悪いと、泣きごとばかリ綴っているような気さえ致します。

ただ、トマトはトマト、ナスはナスと言った塩梅で、畝ごとに特定の野菜を栽培している関係上、畝ごとの生育の良し悪しは解っても、それぞれの野菜に、日照時間によってどのくらい悪影響が出るかは、比較出来ないでいました。

ところが、日照時間と生育状態を対比できる植物があったんです。

それは、緑肥植物として、あるいはコンパニオンプランツとして、栽培してきた「ソルゴー」なんです。

ソルゴーは、言ってみればわき役ですから、狭い庭の中であちこちに植えることになりました。
それぞれの場所で、日照時間に顕著な差があることになります。

それ以外の、播種時期、土壌の状態、施肥や水やりの状況などはほぼ同一です。

まずは、庭の東の隅、トマトの畝の脇に植えたソルゴーです。

ソルゴー(1)0622


最も日照時間が長く、現時点(もちろん一日中晴れたという条件の時で)、5時間程度でしょうか。
ただ、西日になると、あんずの木の木漏れ日になってしまいます。

丈の高さは、膝上を越えて、ゆうに60cmはあります。
葉の幅も広く、緑も一番濃いと思います。


次に、庭の反対側、西側の塀際に植えたソルゴーの様子です。

ソルゴー(2-2)0622


木蓮の木と塀の間のわずかな隙間から日が射すだけ。
こんな感じ・・・

ソルゴー(2-1)0622


1日に、1時間も直射日光が射せばいい方かな。
木漏れ日を入れても、2時間はないと思います。

長い奴で、ようやく30センチ程度。
葉の幅も狭く、葉の色も薄いです。


最後に、離れの北側の小さな庭に植えたソルゴーを見てもらいます。

ソルゴー(3-2)0622


ここは、建物と建物のわずかな隙間から、朝日がわずかな時間射すだけです。
現時点で、1時間あるか無しかと言ったところ。
こんな感じに・・・

ソルゴー(3-1)0622


さらに、南天の木が葉を伸ばして遮るので、木漏れ日になりがちです。

丈も25センチがやっとと言ったところ。
葉の色も一層薄く感じます。


日照時間以外はほとんど条件が一緒なのに、これだけの違いが生じています。

太陽って偉大!

太陽の恵み、お天道様の有難さを実感できましたよ。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

QRコード

QR