復活の夏。

こんにちは~
ヤクモンの家庭菜園へ、ようこそ^^♪

やはり変な夏です。
西日本はまだ夏真っ盛りの猛暑みたいですが、ヤクモン地方は気温が上がらず涼しい日が続いています。
今週の天気予報を見ると、まるで秋雨の様相!
雨マークがずらりと並んで、最高気温も30℃を下回りそうなんです。

そんな中、雹被害で壊滅状態になった野菜の中で、復活の兆しが見えるものが現れました。

まずは・・・

◆ ピーマン栽培

ただ1株だけ生き残った、植木鉢栽培のピーマンがあります。

品種:早生ピーマン(らうっちさんの種)

復活のピーマン0811

収穫サイズの実も生って、更に花も蕾もたくさんついています。

次に・・・

◆ オクラ栽培

オクラは、小さい畝に3か所の直播きをしました。

品種:やわらかオクラ(らうっちさんの種)

先日の雹でやわらかオクラも致命的な被害を負いました。
2か所が早々と枯れ果て、残った1か所も風前の灯火でしたが・・・

何と!いつの間にか復活を遂げてくれました。

やわらかオクラの畝(1)0813

もう少しアップしてみましょう。

やわらかオクラの畝(2)0813

播種は、6月23日。
普通に行けば、すでに収穫のピークを迎えていてもおかしくないのですが・・・
一度死にかけてから、ようやく今大きな葉を広げています。

復活ではありませんが・・・

◆ ゴーヤ栽培

今年はゴーヤの種を蒔いていません。
どうやら、去年の こぼれ種が今頃になって発芽しました。

先月(7月)の26日、母屋の壁際に見つけた時の様子です。

ゴーヤ0726

せっかくだから、この3株を移植したのですが・・・

ゴーヤ0813

現在こんなに大きく育っています。
順調に行けば、9月中には収穫なんてことも十分ありそうですね(^^♪

最後に・・・

◆ キュウリ栽培

雹被害でキュウリが全滅したのを受けて、7月28日に播種致しました。

品種:霜知らず地這「きぬの輝き」(トーホク)
発芽:7/31

本葉も出てきたので・・・

キュウリの苗0813

この日(8月13日)定植しました。

キュウリの畝(1)0813

小さくて見にくいので、もう少し拡大・・・

キュウリの畝(2)0813

徒長気味なので、少し斜めに植えてみました。

畝の肩には、2種類の二十日大根を混植しています。

2種の二十日大根の種

手前の列が、白い二十日大根
品種:白姫はつか大根(トーホク)

キュウリの畝(3)0813

奥の列が、赤い二十日大根
品種:赤丸はつか(トーホク)

キュウリの畝(4)0813

3年目の種なので、厚播きにしています。
1か所に10粒ほどです。

なお、名札は、この夏食べたアイスバーの木製のスティックを利用しています。

◆ 収獲

8月11日:

収獲0811

やわらかピーマン:1個 シンディオレンジ(らうっちさんの種):1個 オレンジ千果(購入苗):2個

8月12日:

収獲0812

茗荷:1山


※お盆休みと言うことで・・・
猫ブログの方も更新いたしました。

黒板エリン乗せ「告知」


『変な猫 飼っちゃいました!』









最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

家庭菜園の現状(雹被害のその後)

こんにちは~
ヤクモンの家庭菜園へ、ようこそ^^♪

突然の雹被害から2週間。
現在の家庭菜園の様子をご報告いたします。

最初のショックからは立ち直っていますが、いまだ畑の全体像を画像でお目にかける気にはなりません。
庭畑の中央は、はっきり言って何もないからです。
生き残った野菜は、みんな端っこに植わっていたものばかりです。
周囲の建物や塀によって、多少なりとも守られたので、どうにかこうにか生き残ることが出来たようなんです。

まずは、サツマイモから。

◆ サツマイモのつる上げ栽培

サツマイモも、当初は雹の被害を受けて哀れな姿をさらしていましたが・・・

サツマイモ0801

現在は、何事もなかったかのように、葉や蔓を上へ横へと伸ばしています。

次に、やはり塀際で栽培していたために生き残ったトマトたち。

◆ ミニトマト、プチトマト

雹に襲われた直後はこんな感じ・・・

プチトマト(1)0723

葉も茎も実も、かなり撃ち落されて寂しい姿でした。
それでも、夏の果菜中で、数少ない生き残り組です。

左から、シンディオレンジ2株、ピッコラルージュ1株、オレンジ千果2株。

シンディオレンジの残った実がどんどん色づいています。

シンディオレンジ0730

ピッコラルージュだって・・・

ピッコラルージュ0730

全体的に、わき芽が伸び株が勢いづいてきたように見えます。

オレンジ千果には花芽も付き、ちらほら咲き出したものまであります。

オレンジ千果0729

さすがに、雹被害を受ける前と比べると、蕾の数は少ないけど、茎の繊毛が光を浴びて輝いているのを見ると、良くここまで復活してくれたと感動いたします。

今度は、波板の日よけの下で栽培していたために生き残ったもの。

◆ ナスとピーマンの植木鉢栽培

日除けの波板は雹で木っ端みじんにされたけど、それが緩衝材となって、何とか生き残ってくれたようです。
とは言っても・・・

植木鉢栽培0801

これまた、貧相な姿をさらしていますが、左がナス(黒豊)で、右が早生ピーマンです。
一見、葉も小さく数も少ないので、瀕死の状態に見えますが、少しずづ新しい葉や芽が出始めています。

黒豊には花が・・・

ナス0730

そして、早生ピーマンには実も花も・・・

ピーマン0729

ちょっと楽しみになって来ましたよ。

やはり、塀際で育てていた茗荷ですが・・・

◆ 茗荷


雹によってなぎ倒されていて、いまだに十分には立ち上がっていません。

茗荷畑0730

葉の色も悪いし、一部では枯れ始めた葉もたくさん見られるようになりました。

ただ、そんな姿とは裏腹に、意外にも収穫が続いているんです。
まるで生き急いでいるように。
あるいは子孫を残す本能に導かれるように・・・?

そこで、収穫の記事をまとめてみました。

◆ 最近の収穫

実は、雹が降った18日以来、雹被害が余りにショッキングだったこともあって、収穫などどこかに吹っ飛んでしまいました。
そのため、7月14日の収穫が最後の記事になっていました。

『7月16日の収穫』

収獲(3)0716

夏すずみ(購入苗):4 黒豊(らうっちさんの種):1 ピッコラルージュ(らうっちさんの種):2 オレンジ千果(購入苗):4

ほぼ直角に曲がった夏すずみがあるでしょう。
実はこれは・・・

ど根性キュウリ(1)0717

逆さまに育っているのが分かりますか?
左の小さいキュウリが普通なんです。
しかも、茎と支柱の狭いすき間を縫うように成長したんです。
「ど根性キュウリ」と銘打って記事にするつもりだったのですが、雹騒ぎで吹っ飛んでしまいました。

夕方には・・・

収獲0716

神田四葉胡瓜(野口種苗)を3本収獲しました。

『7月17日の収穫』

収獲0717

夏すずみ:7 長ナス(らうっちさんの種):2 黒豊:1 ピッコラルージュ:2 オレンジ千果:6

『7月18日の収穫』

雹が降る前・・・

収獲(2)0718

夏すずみ:2 黒豊:2 ポンデローザ(野口種苗):3

雹が降った後・・・

雷雨後の収穫0718

雹に撃ち落された中でも状態の良いもの、かろうじて茎にしがみついていたものをかき集めました。
細かい傷は、全て雹の痕跡です。

黒豊:3 ポンデローザ:2 ピッコラルージュ:4 オレンジ千果:3

『7月25日の収穫』

オレンジ千果収穫0725

オレンジ千果:3

たった3個の収穫ですが、雹災害後初めての収穫に、ホント嬉しかったですよ。

『7月26日の収穫』

茗荷の収穫0726

茗荷:2パック

『7月28日の収穫』

収獲0728

茗荷:1山

『7月29日の収穫』

収獲0729

茗荷:1パック
オレンジ千果:6 ピッコラルージュ:1

『7月30日の収穫』

収獲0730

シンディオレンジ:1 ピッコラルージュ:2 オレンジ千果:1

『7月31日の収穫』

収獲0731

茗荷:1山

雹被害の話は今回で終わり。
次回からは、がらんと空いた畝で、どんな野菜を育てるのか、前向きな記事にしたいと思っています。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ナス・ピーマンの様子。

こんにちは~
ヤクモンの家庭菜園へ、ようこそ^^♪

ヤクモン地方は相変わらず空梅雨ぎみでしたが、今日は朝から雨が降っています。
前回はトマト中心の記事でしたから、今回は、ナスピーマンの様子をご報告。

ナスピーマンも、ヨトウムシを始めとする害虫の食害で息も絶え絶えの状態でしたが、ようやく下火になって来て、少しほっとしているところです。

◆ ナス栽培

まずは、長ナスとげなし千両二号の畝。

長ナスの畝0624


左の列が、長ナス(らうっちさんの種)4株。
右の列が、とげなし千両二号(購入苗)3株。

ぽつぽつと虫食いの跡が目立つけど、上に行くにしたがって被害が目立たなくなっているでしょう?
だいぶ治まってきている証拠です。
葉も大きくなってきて、いくつか結実したのもあります。

長ナスの第一果。

長ナス0624


とげなし千両二号の第一果。

とげなし千両二号0624


虫害がひどかった時は、「花は咲けども結実せず」状態だったけど、虫害が治まり始めた途端に結実が始まりました。
自然と言うのは大したもので・・・
「生きるか死ぬかの時に、子孫なんか残せるわけないじゃない!」って、ことらしいですね。


次に、黒豊の畝。

黒豊の畝0624


黒豊(らうっちさんの種)の方は、下火になったとは言え、いまだに虫による食害が続いている感じですね。
そのため、目立った結実はまだ確認できません。


◆ ピーマン栽培

早生ピーマン京波の畝。

早生ピーマンの畝0624


手前が、早生ピーマン(らうっちさんの種)。
奥が、京波(購入苗)です。
さらに奥に、早生ピーマンがあるのだけれど、陰になって見えません。

写真でわかるかな?
実際はボロボロと言った状態なんです。
それでも一時よりはだいぶましになってきました。

その証拠に、京波の実が育ってきました。
第一果なので早めに収穫しました。

ピーマン第一果0624


◆ 植木鉢栽培

火鉢を植木鉢に転用して、ナスとピーマンを育てています。

植木鉢の黒豊と早生ピーマン0624


左が、黒豊で、見えにくいかもしれませんが、右が、早生ピーマンです。
共に、らうっちさんから頂いた種から育てた株です。

この2株は、育苗段階で最も生育状態が悪く、畝の空きがないため仕方なく植木鉢に定植したんです。
それがどうしたわけか、虫害にもほとんど会わず、一番元気に育っています。
定植が大幅に遅れたので、まだ結実はしていませんが、ちょっと楽しみになって来ましたよ。


◆ 昨日(6/24)の収穫

今朝の収穫0624


全て、それぞれの株の第一果で、小さいうちに収穫したものです。

トゲトゲイボイボのキュウリが、神田四葉胡瓜(野口種苗)。
第一果から曲がりキュウリが採れるのは、栄養不足のためだと考えられるので、ぼかし肥を追肥しました。

小さいキュウリは、夏すずみ(購入苗)です。
ピーマンは先ほど紹介済みの、京波です。


◆ 家庭菜園料理

『朝採れキュウリのスティック&ディップ』

朝どれ野菜のディップ0624


ディップソースはタルタルです。

付け合わせは丸ごとピーマン。
中に甘味噌が入っていて、意外性があって最高!

キュウリは、神田四葉胡瓜夏すずみの食感が全く違うので、スティックで食べても飽きることなく、面白い組み合わせだと思いましたよ。

採れたての野菜って、いいな~(⌒・⌒)ニコニコ



黒板エリン乗せ「告知」


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

火鉢で植木鉢を作ってみた。

こんにちは~🎶
ヤクモンの家庭菜園へ、ようこそ^^♪

今日から6月と言うか、まだ6月。
だと言うのに、毎日お暑うございま~す。

夏の果菜の定植もあらかた終わりました。
が、栽培地が決まらずに、定植できていないポット苗が多少あります。

この日は、この2つのポット苗を定植することにしました。

黒豊と早生ピーマンの苗0530


手前が「早生ピーマン」(らうっちさんの種):播種2/25 発芽3/5 ポット上げ5/6
奥が「ナス黒豊」(らうっちさんの種):播種2/25 発芽3/3 ポット上げ4/25

他の苗は、5月12日と22日までに定植済みです。
栽培地がない訳ではないのですが、ナス科の連作になっちゃうのでちょっと躊躇していました。

そこで・・・

◆ 火鉢植木鉢を作ってみた。

もう何十年も使っていないけれど、捨てるに捨てられずにいた火鉢が2つあります。

火鉢で植木鉢(1)0530


これを植木鉢代わりにして、ナスピーマンを定植しようと言う訳です。

火鉢だから、底に穴なんか開いていません。

火鉢で植木鉢(2)0530


電動ドリルで底の中心付近に穴を開けます。

火鉢で植木鉢(3)0530


コンクリート用の刃を使っていても、穴を開けるのに苦労します。
陶器はコンクリートより硬い感じですね。
根気よく穴の数を増やしていき、ついには・・・

火鉢で植木鉢(4)0530


こんな感じの穴を開けることに成功。

ひっくり返して・・・

火鉢で植木鉢(5)0530


虫よけのネットを置き・・・

火鉢で植木鉢(6)0530


鉢底石を敷いて・・・
準備完了です。

中に詰める土は・・・

植木鉢用の土の材料450


培養土は、プランター栽培の使い古しのものを使います。
庭の土とともに、ビニール袋に入れて、2週間天日で熱殺菌しています。

赤玉土は、保水と同時に水はけを良くするため。
もみ殻燻炭は、土中生物の棲家として。
ぼかし肥は、もちろん肥料分の補給のためです。

これらの材料を水と一緒に混ぜ合わせて、中に詰め込めば・・・

火鉢で植木鉢(7)0530


火鉢の植木鉢の完成です。

あとは、それぞれポット苗を定植します。

黒豊と早生ピーマンの定植0530


藁を敷いたのは、温度や湿度の変化を緩やかに保つためですが、
最大の目的は、飼い猫からナスピーマンを守るためです。

家庭菜園を始めて、一番喜んだのはうちの飼い猫かもしれません。
畑の土はふかふかで、猫のトイレにはうってつけなんですよ。

うちの猫は完全外猫で、庭を自分のテリトリーだと思っています。
そのため、畑の柔らかい土は当然のようにトイレにしてしまいます。
植木鉢もこれだけ大きいと、余裕で飼い猫のトイレ化する可能性が大なんです(苦笑)

最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

夏の果菜の【定植第4弾】

こんにちは~🎶
ヤクモンの家庭菜園へ、ようこそ^^♪

暑いは、雨は降らないはで、人も野菜も早や夏バテか?
それでも苗は待ってくれないのです。

苗は育ちすぎているのに、なかなか畝が空きません。
そこで、無理やり収穫・撤収して栽培地を作り出しました。


◆ ソラマメの収穫&撤収

ソラマメは、庭畑のど真ん中と、お母屋の西側沿いの狭い通路と、2か所で栽培していました。
まだまだ小さい莢が多くてもったいないけれど、夏の果菜の苗が順番待ちをしているので、
思い切って全部収穫して撤収しました。

そこそこ大きくなったソラマメたち・・・

ソラマメの収穫0521


まだまだちっちゃくて残念なソラマメたち・・・

ソラマメの全収穫0521


こっちの方が断然多いんだよね~
でも、これで2本畝が空いたので、さっそく苗の定植です。

・まずは、お母屋の西側の狭い通路に植えるのは・・・

苗の定植第4弾(1)0521


奥の2ポットが、「ミニトマト・千果」で、手前が「ピーマン・京波」です。
ともに、購入苗です。

ソラマメの後作(2)0522


ソラマメの後作と言うことで、元肥なしでこんな感じに即定植ですよ。
肥料分が足りないようだったら、ぼかし肥の追肥で対応するつもりです。


・次に、庭畑の真ん中に植えるのは・・・

苗の定植第4弾(3)0521


ナス「とげなし千両二号」です。
3株とも、購入苗です。

こんな感じに定植したのですが・・・

とげなし千両二号(1)0523


これは、定植2日後(5/23)の画像です。
手前の株が、あっという間に害虫被害に遭っています。

とげなし千両二号(2)0523


あんなにきれいだった葉が、無残な状態になり果てています。
食われ方から言って、夜盗虫の仕業に見えるので、
根元を掘り返してみると・・・

害虫0523


右の2匹は明らかに夜盗虫ですね。
左のやつは何でしょうね。
これも夜盗虫なのかな?
ちょっと模様が違うのだけれど・・・

ソラマメの葉は全く食われなかったのに、ナスが定植されるまで、じっと待っていたのでしょうか?
家庭菜園をやっていると、良く解らないことが起きますね。


◆ 小松菜の収穫

葉物野菜の畝として、「小松菜」と「中葉春菊」を育てています。

小松菜と春菊の畝0521


右側の小松菜を全部収穫して、畝を空けました。

小松菜の収穫0521


そこに定植する苗は・・・

苗の定植第4弾(2)0521


手前の2ポットは、
スイートペッパーコッチャドロ」(らうっちさんの種):播種3/19 発芽4/5 
奥のポットは、
早生ピーマン」(らうっちさんの種):播種2/25 発芽3/5 ポット上げ5/6

コッチャドロは、今年育苗した中で、一番生育が遅くてやきもき心配させられました。
まだ小さいけれど、定植して大地のパワーに期待です。

ピーマンとコッチャドロ0521


残りの苗は、「ナス黒豊」1株、「早生ピーマン」1株、「コッチャドロ」2株になりました。
炎天下の作業だったので、体力の限界を感じて(オオゲサダネー)、次回に先送りすることにしました。


◆ 家庭菜園料理

『ソラマメごはん』

ソラマメごはん0521


『小松菜の胡麻和えの御鉢』

小松菜の胡麻和え0521


採れたての野菜って、いいな~(⌒・⌒)ニコニコ



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR