葉物野菜の種を蒔いたよ。

こんにちは~🎶
ヤクモンの家庭菜園へ、ようこそ^^♪

ヤクモン地方は、急に暑くなりました。
春を通り越して、初夏って感じですよ~!

今年は、夏の果菜の定植を少しゆっくり目にする予定なので、
それまで畝を遊ばせておきたくないから、葉物野菜の種を少し蒔きました。

◆ 葉物野菜の播種

まずは、小松菜春菊を育てていた畝。

三つ葉の畝(予定)(2)0419 


奥に見えているのは、再生ネギです。

小松菜春菊を収穫した後、ぼかし肥をすき込んで、草マルチをかぶせて養生していました。
その草マルチを、再生ネギ側に寄せて、手前の培地に「三つ葉」の種を蒔きました。

関東白茎みつば
品種は、「関東白茎みつば(野口種苗)」で、固定種です。

固定種と言っても、種取りをするつもりはありません。
何せ、3,000粒も入っているのですから、この上種取りする気にはちょっとなれませんよ。

草マルチを寄せた場所には、後々キュウリを定植するつもりです。

どのような影響があるのか知らないのですが、三つ葉は、キュウリのコンパニオンプランツなんだそうです。 
まあ、単純な発想からのつながりで、三つ葉をここに蒔くことにしたと言う訳です。


三つ葉の種を初めてみたのですが・・・

みつばの種


長さ6、7mmはあるのじゃないかな。
大きな実が成るトマトの種が小さいのに、細くて弱々しい三つ葉の種が、結構大きくてしっかりしているのが意外な感じがいたしますね。

次に、ちぢみ法蓮草と水菜を収穫した後の畝。

小松菜と春菊の畝0419


ここも同じく、ぼかし肥をすき込み草マルチで養生していました。
草マルチを真ん中に寄せて、手前に春菊、奥に小松菜を蒔きました。

小松菜と春菊の種
品種は、春菊が「中葉春菊(トーホク)」で、小松菜が「あまうま耐病小松菜(サカタ)」です。

この二つの種は、家庭菜園を始めた2015年の9月ごろに購入して以来、足掛け3年になるんですね。

まだ、半分ほど種が余っています。何度も蒔いて収穫しているのに、なかなかなくならないものです。

狭い庭畑だからこんなものかもしれません。
いつまで発芽してくれるのか、ちょっと興味がわいてきますね。

草マルチを寄せた真ん中には、まだはっきりと決めたわけではありませんが、何か夏の果菜を定植する予定なので、ここも空けて置くことにいたしました。

◆ 温度計の設置

急に暑くなったので、心配なことが一つ。

いまだにビニールシートで覆いっぱなしの根菜の畝と、簡易温室の温度管理のことです。

例年だと、この時期でも朝晩には寒くなることがあるので、春大根と春人参の畝には、ビニールシートのテントをそのままにして来ました。
もちろん、いかにも暑そうな時は裾をまくって換気をしていましたが、判断が付きにくく微妙な時もあります。

そこで、温度計を購入して、温度管理をしっかりとすることにしました。

材料は・・・

温度計キット0419


百均の「ダ◯ソー」で見つけた、温・湿度計が2個。
アンカーピンが1本。
強力接着テープが1巻。
それと、ここには写っていないけど、竹製の割りばし半本。

温度計0419


右が、春大根・春人参の畝用。
強力接着テープで、温・湿度計とアンカーピンを固定しました。

左が、簡易温室用。
同じく強力接着テープで、竹製の割りばし(短くカット)と温・湿度計とを固定。

春大根・春人参用は・・・

根菜の畝に設置した温度計


黒マルチの上から、ブスッとアンカーピンを刺すだけ。
これで十分固定できました。

簡易温室用は・・・

簡易温室に設置した温度計 簡易温室の温度計


上からつるすだけでは安定しないので、下に垂らしたひもで固定しました。
簡単ではあるけど、これで十分役目は果たしてくれると思いますよ。

ただ、心配な点が・・・
温・湿度計の梱包の裏面の説明書きを読むと・・・
堂々と、『目安計』と表記してあります。
つまり、目安に過ぎず、±2℃程度の誤差が出ると書かれています。
2℃と言うと大したこともなさそうですが、最大で上下4℃の幅があることになりますよね。
これって、大丈夫なのかな~!?


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

油断!とう立ちしちゃいました。

本日もヤクモンの菜園をご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

3月も半ばだというのに、寒い日が続きました。
そのせいかな?
カブとう立ちしちゃいました。

全くの油断でした。
13日には何事もなかったんです。

ところが今朝、久しぶりに気持ちの良い天気だったので、根菜の畝に目をやったら・・・

カブのとう立ち(1)0314


あらら、何か変!
もっとよく見ると・・・

カブのとう立ち(2)0314


花芽が出来ていて、カブは4株すべて完全にとう立ちしていました。
14、15日と雨模様で、畑を見回らなかったんですよ。
その結果がこれです。

広い畑でたくさん野菜を育てていれば、とう立ちしたらしたで、とう立ち菜を楽しんだり、菜の花を愛でたりする余裕があるとは思いますが・・・
うちみたいに、狭い庭畑で少しの野菜を栽培している者にとっては、とう立ちは「痛い」ですよね。

ただ、1株だけ残った大根がとう立ちしていなかったのが、不幸中の幸いでしょうかね。
結局、カブ大根をすべて収穫して、根菜の畝はこれにて撤収です。

大根とカブの収穫0315


とう立ちしたカブは、果たして食べられるものかどうか?
大根は小さいながら、とう立ちを免れたので、美味しくいただけると思います。

大根の収穫0315


その結果が気になったので、朝っぱらから女房に無理を言って、大根とカブを料理してもらいました。

今日の夕食0316


まずは・・・
『カブのオカカまぶし』

カブのオカカまぶし0316


カブは外側が固くなっていたそうです。
とにかく厚目に剥いて、柔らかなところだけを薄切りにして、鰹節をまぶして醤油を垂らしただけの料理。
きめ細やかさに欠けるものの、サクサクとした食感で、まずまず食べられましたよ。

次に・・・
『大根の煮物』

大根の煮物0316


材料は、採れたてダイコン、揚げ、人参、エノキダケ、ベーコン。
大根がとろっとろで、これは文句なく美味しかったです!

さらに・・・
『カブの葉とアサリの混ぜご飯』

カブとアサリの混ぜご飯0316


材料は、カブの葉、アサリのむき身、揚げ。
カブの葉は、とう立ちの影響もなく、美味しくいただけました。

とう立ちを見つけた時はショックでしたが、美味しくいただけたので、現金なもので、元気百倍です。
そこで、食後に、撤収した畝の後処理を致しました。

根菜の畝(1)0316


長さ1m20cm、幅80㎝の小さな畝です。
土寄せを何度も繰り返して、畝の形が崩れています。

根菜の畝(2)0316


そこに、ぼかし肥を施して・・・

根菜の畝(3)0316


表面にすき込みながら、畝の形をザッと整えて・・・

根菜の畝(4)0316


残った残渣とか、周りに生えている雑草を引き抜いて畝に乗せます。
以外と雑草の量が少ないので・・・

緑肥作物として畝間で栽培している・・・

えん麦とライ麦0316


ライ麦えん麦を刈り取って・・・

根菜の畝(5)0316


畝に積み重ねて、しばらく養生です。
施したのがぼかし肥だけなので、すぐに種を蒔いても問題はないと思いますが、昨日までの雨で土が乾ききっていないこともあり、少し落ち着くまでちょっと時間を置きたいと思います。

後作は、小松菜春菊の余り種を使い切りたいと考えています。
夏の果菜の定植までのつなぎのつもりです。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

秋蒔き大根と春大根

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

今日は、すっかり忘れ去られた存在の、春大根春人参の話題から。

まだ正月気分も抜けきらぬ1月18日に、新しく畝を作りました。

ビニールシートのテント(1)0118


日当たりが悪いからまともに育つのは茗荷ぐらいだろうと、かなり広い面積を占めていた茗荷畑を半分削って、無理やりひねり出したような畝でした。

そこに蒔いた種は、春大根「春神楽(タキイ)」と、春人参「いなり五寸(タキイ)」でした。
※過去記事は➡ポチットナ

冬の間は日照が全くないので、ビニールマルチビニールテントで防寒はしたものの、あまり期待はしていませんでした。
どちらかと言えば、夏野菜に期待して作った畝ですからね。

結局、1か月以上たったのに、大根はまったく発芽しませんでした。

春大根・春人参の畝0228


正方形の穴が大根を播種した場所です。
6か所に蒔いたのですが、すべて発芽しませんでした。
一応防寒対策はしたのですが、発芽温度に達しなかったようですね。
全く日が当たらなかったから、考えた以上に温度が上がらなかったのだと思います。

ただ、人参は、時間はかかったものの、発芽してくれました。
手前のマルチの引き裂いたような隙間に見えているのが人参の芽です。
もう少し拡大すると・・・

春人参の発芽0228


懲りることなく、大根(春神楽)の種を蒔き直しました。
これからは気温も上がってくるし、太陽も少しずつ軌道が高くなり、日もだんだん当たるようになるので、今度は発芽してくれると期待していますよ。

春大根は期待外れでしたが、秋蒔き大根がようやく大きくなってきています。
はっきり言って収穫サイズには達していないのですが、収穫しちゃうことにしました~

大根とったぞー0228


サイズ的にはちょい不満ですが、4か月以上たっているので、これぐらいが潮時かなって感じですね。

播種は遡る事、10月16日のこと。
根菜の畝と言うことで、「冬どりあまうま大根(サカタ)」と「あずま金町かぶ(トーホク)」を混植しました。

「何か月かかっているんだ~」と、言いたくもなりますよね。
大根などは「冬どり」と名前がついているのですから・・・

結局、大根2本と・・・

大根の収穫0228


カブを1個収穫しました。

カブの収穫0228


カブもチッチャ!

収穫後の畝は・・・

収穫後の根菜の畝0228


大根が1本とカブが少々残っているだけです。
もう少し大きくなったらすべて収穫して撤収する予定です。

実は、この畝を早く空けたかったんです。
夏の果菜を定植する前に、今一度葉物栽培をしたかったのです。
小松菜や春菊の余り種を消費したいんです・・・古くなると発芽率が悪くなりますからね。

◆ 菜園料理

『大根とサクラエビの炊き合わせ』

大根とサクラエビの炊き合わせ0228

付け合わせは、がんもどきです。


『カニカマのみぞれ酢和え』

カニカマのみぞれ酢和え0228


付け合わせは、スナップエンドウです。


『大根の皮のきんぴら』

大根の皮のきんぴら0228


彩りは人参で・・・


カブの昆布漬け』

カブの昆布漬け0228


炊き合わせに使っただし昆布を使っています。


すみません・・・またまたプチ自慢です。

大根も、カブも、大変美味しかったです。
時間をかけて育ったせいか、単に採れたてだからなのかは分かりませんが、大根もカブもきめ細やかで滑らかな歯ごたえなんですよ。
大根おろしも、甘みが強いのにちゃんと辛みもあって、絶品でした。

料理した女房が驚いていたのですが、大根の皮がめちゃくちゃ柔らかいので、捨てるのがもったいないから、急遽きんぴらにしてみたそうなんです。

時間はかかったし、サイズも小さめですが、これだけ楽しめれば御の字ですよね~!


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

菜園の現状を整理してみた。

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

五月晴れの日が続いて、畑仕事がはかどりました。

はかどるには、はかどりましたが・・・
ぜいたくを言って申し訳ないが、こう夏日が連続すると、それはそれできついものがありますね。
少し暑すぎはしませんか?

そのせいか、野菜の値段が高騰しています。
一番びっくりしたのは、ネギの高いこと高いこと!
2本一束で、198円( ̄▽ ̄;)ウッソー
それも生きの悪いヒョロヒョロで・・・

これが消費者の味方のはずの、生協の価格ですからね。
こうなると、再生ネギの有難味がしみじみと分かってきましたよ。

それはそれとして・・・

夏野菜の代表格の、ナスピーマンキュウリトマトも定植が終わり、サヤエンドウを撤去した後の畝を除いて、あらかた予定通りに栽培が始まったので、ここらで、菜園の現状をおさらいして整理してみることにしました。

菜園の現状(図解)0514


手前から順番に・・・

◆ トマト

ホーム桃太郎4株を、5月7日に定植。
寝かせ植え。

昨日、支柱を組みました。
斜めに誘引して、支柱の周りをらせん状に這わせるつもりです。

同じく昨日、畝の隙間に、マリーゴールド2株を定植。

さらに、畝の中央に、育苗中のスィートバジルを定植予定。


◆ ナス

ナス1株、普通のナス2株を4月26日に定植。

昨日、畝の隙間に、落花生を播種しました。

落花生の種袋 落花生の播種


さらに、時期をずらせて、畝の両肩に、枝豆を植えるつもりです。

◆ ピーマン

京ひかり2株、品種不明1株を4月30日に定植。

やはり昨日、畝の両肩に、枝豆を播種致しました。

枝豆の種袋 枝豆の播種


また、株の隙間には、育苗中のチャイブを定植予定。


◆ キュウリ

夏ばやし2株、Vロード1株、品種不明1株を5月1日に、定植。

トマトと同じく、斜めに誘引して、支柱の周りをらせんに這わせる予定。

また、株間に、育苗中のイタリアンパセリを定植予定。


◆ 根菜

画像の中央の白いテントは、大根と人参の畝です。

3月6日に播種。

暑くなってきたので、テントを外したいのだけれど、こいつらがうろうろしているので、いまだに躊躇しています。

青虫 テントウムシダマシ


左の青虫は、ピーマンの葉の裏で発見。
右の、テントウムシダマシは、ジャガイモの葉の表面で発見。

今年もこいつらとの戦いが始まったと言う訳です。
殺虫剤や農薬は使わないので、ひたすら見つけては排除するだけです。


◆ つるありインゲン

4月23日に播種。

つるありいんげん豆0510


だいぶ大きくなって、つるが伸びてきたので、支柱を立てて、ビニールひもでネットを張りました。

手前の列に春菊、奥の列に青じそを植えています。

インゲンの畝の奥に見えているのが、ジャガイモの畝です。


◆ ジャガイモ

4月8日に、種芋を植えました。

種芋と言っても、食用のものを植えています。
殺菌もしていませんが、今のところ元気に育っています。

ただ、畝の中では、一番日当たりが悪い場所のせいか、若干徒長気味ではあります。
光を求めて上へ上へと伸びる感じですね。


◆ カボチャ

画像ではわかりにくいと思いますが、ジャガイモの畝のさらに奥が、カボチャを植える予定の畝になります。

5月3日から、ポットで、「えびすカボチャ」を育苗中です。
また、サヤエンドウを撤収してから間がないので、土壌の養生が終わり次第定植するつもりです。
来週の中ごろになると思います。


◆ ゴーヤ

ゴーヤは、母屋の西側の壁に沿って、白ゴーヤ(寿限無)7株を、5月7日に定植しました。
さらに、育苗中の苗が、5株余っているので、「イチゴ栽培」と「育苗」に使っているテントがあき次第、元気な苗を2株か3株定植するつもりです。

例年、6株でも食べきれないぐらい収穫できているのに、10株も植えたらどんな事態になるか心配ですが、育苗した以上出来るだけ育てたくなるのは致し方がありませんよね。

そうそう、イチゴと言えば・・・

イチゴ0514


数少ない貴重なやつを、昨日2粒収穫しました。

イチゴの収穫0514


◆ 菜園料理

前回の記事で、ピーマンの第1果を摘果しましたが、株に負担を掛けないように小さいうちに採ったので、さすがにメインの料理にはならなかったみたいです。

ナスの第1果のそのまんま素揚げ』(オムレツの付け合わせ)

オムレツの付け合わせ


余りにちっちゃいので、拡大しますね・・・

オムレツの付け合わせ拡大


はじめは、半分に切って、肉詰めにするつもりだったようですが、あまりに小さいので、切れ目を入れてマヨネーズを詰めて、そのまま素揚げにした(女房談)そうです。

このマヨネーズが不思議なことに、べシャメルソースのようなクリーミーさを演出して、意外や意外たいそう美味しくいただけました。

ご馳走様でした(⌒・⌒)ニコニコ


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

根菜(大根、人参、二十日大根、カブ)が育ちません!

本日もご訪問いただき、有難うございます。

今日は日本列島全体が高気圧に覆われて、気持ちの良い晴天に恵まれました。

◆ 根菜栽培について

根菜は、「大根」「人参」「二十日大根」「カブ」の4種類を育てています。

人参二十日大根を同じ畝に種を蒔いたのが、9月1日。
大根の種を蒔いたのが、9月12日。
カブの種を蒔いたのが、9月16日。

大根について』

播種から88日目になります。
現在の大根の畝の様子です。

大根の畝1209

ここ10日間ほど、葉に関してはほとんど成長していません。
肝心の根っこについてはどうかと試しに掘り上げてみました。

大根の間引き菜1209

なんとまぁ。細っこいことよ!
葉にしても高さ太さともに予想以上に貧弱ですね。
とても88日目とは思えません(T_T)
大根は、日当たりの悪い庭の中でもいくらかましな場所に畝を作ったのですが、それでもこの程度ですからね・・・

他はどうでしょうか?

大根1209

これなんかはちょっとはマシかもしれませんね。
ただでさえ生育が悪いのだから間引いて一本立ちにしないといけないのかな。
どうしてももったいないと思っちゃうんですよね。

カブについて』

カブは最も日当たりの悪い、というよりほとんど日が当たらない場所で栽培することになったので、大根よりもっと心配です。

現在の畝の様子です。

カブの畝1209

9か所に点播きしたのですが、今や生き残っているのは5本だけです。

カブ1209

ちょっぴりカブらしくはなってきましたか?
これからますます寒さがつのってくるのに、大きくなるのでしょうか?
心配は尽きませんね。

二十日大根について』

二十日大根って、早く育って収穫できるから「二十日」大根なんですよね~。
播種からちょうど100日目にあたります。
一番成長が悪く、葉も根っこもへそ曲がりのやつを採ってみますよ。

二十日大根の間引き1209

直径1センチ、長さ10センチといったところでしょう。
100日もかかって・・・
こんなものです。
「百日大根」と改名することにしますか?
でも、それらしく出来たので良しとします^^
他はもう少しましですからね♪

人参について』

人参に至ってはこのざまです。

人参の間引き菜1209

二十日大根と同じく100日目なんです。
まったく根っこが育っていません。
葉も貧弱そのものです。
いったいいつになったら収穫できるのか、あるいはまったく収穫できずに終わるのか・・・
これまた心配の種なんですよ。

◆ 今日の結論

同時期に、葉物野菜として、「小松菜」と「青梗菜(ちんげんさい)」と栽培していました。
青梗菜は、小さいながらもソコソコ採れたし、小松菜は優等生でしたよ。

どうやら、『葉物野菜は日当たりが悪くても育つけれど、根菜類は日当たりが悪いと育ちが悪い』と言うのが、現時点での結論のようですね。

根菜類は今のところ育ちは悪いかもしれませんが、もう少し時間をかけてじっくりと育ててみることにします。

私は結構しつこいのですよ。
諦めが悪いとも言いますがね。

最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR