やっぱり、徒長しちゃった

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶


出ました!

28年ぶりの記録だそうですよ。

『22日中20日間』

何のことかと言うと・・・
東京の、9月の雨日だそうです。
つまり、9月に入って雨が降らなかったのが2日しかなかったと言うことですよ。
これが22日の夕方のニュースで見た情報。
昨日(23日)も雨でしたから、更に記録が伸びたということかな。


90日間降雨量そして、昨日の夕方のニュースで見たのが、左の図です。
気象庁のホームページに掲載されているデータで、直近90日間の『降水量の合計の平年比』を、色分けで示したものです。

青色が、平年よりも降水量が多かった地点。
色が濃いほど降水量が多かったことになります。

一目瞭然。

北海道から東北・関東の沿岸部と、九州南部の青色が濃くなっています。

特に、北海道の東部が際立って濃い青色に染まっています。
台風が3つも連続して上陸した影響でしょうね。
東京は実感として、もっと降ったような気がしましたが、北海道よりはましだったわけです。


こんな天候不順ですから・・・
連日、畑作業は全く出来ず・・・
余りご報告することは無いのですが・・・

◆ ゴボウ袋栽培

やっぱり、徒長しちゃいました~!

袋栽培(1)0923


ゴボウ袋栽培を始めたのが、9月17日。
ゴボウとともにラディッシュも同時に混植いたしました。

先に発芽を確認できたのは、ラディッシュでした。
9月21日のこと。
22、23日と雨続きで、すっかり徒長してしまいました。

袋栽培(2)0923


ひどいものです。
雨がやんだら蒔き直しですね。

ところが、ゴボウラディッシュより発芽が遅く、昨日発芽を確認したところです。

袋栽培(3)0923


ラッキーでした。
発芽が遅かったためにまだ徒長していません。

今日から徐々に天候が回復する予報なので、日照時間次第ですが、何とかなるかもしれませんね。


◆ 人参栽培

人参をピーマンの畝の肩に蒔いたのが、9月1日のこと。
発芽したものの、台風の土砂降りで流されてほとんど全滅。

再度蒔き直したのが、9月14日。
ところがまたも台風が接近していて、その対策として、気休めだけど不織布をべた掛けしていました。
不織布の上から、発芽したのがちらほらと見えていたけど、昨日恐る恐る不織布をどけてみました。

人参(1)0923 人参(2)0923


発芽率が悪いし、ひょろっとして頼りないですね。
前回と今回は点蒔きにしたんだけれど、どうも人参は点蒔きにすると発芽率が落ちるような気がしますね。
あくまでも気がするだけですけどね。
今回もうまく育たなかったら、次は筋蒔きに戻すことにします。


◆ タマネギ栽培

タマネギを、水切りプランターで育苗を始めたのが、ゴボウと同じ9月17日のこと。
蒔いた種は、「ソニック(早生)」(タキイ)

昨日、乾燥防止のために掛けていた不織布を取ってみると・・・

タマネギ(1)0923 タマネギ(2)0923


一斉に芽が出ていました。
左が全体像で、右が少し拡大したものです。

悪天候にもかかわらず、今のところ順調に見えますね。
ちょっぴり安心いたしました。


だからこそ・・・
とにもかくにも、早く晴れてほしい。

そして、土壌が多少乾いてきたら、大根も、人参も、ラディッシュも、蒔き直したい。
イチゴの苗も植え替えたい。
緑肥として、えん麦とか、ライ麦とか、赤クローバーとかをばら蒔きしたい。

やりたいことはたくさんあるんです。

明日と言わず・・・

今日こそ天気にな~れ!




最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

長雨も一休み

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

秋の長雨とはよく言ったもので、
東京は、9月に入ってから雨模様の日が続いています。

12、13、14、15、16日の5日間の日照時間の合計が、わずか39分でした。
39時間の間違いではありません。
ほとんど日差しが無かったんですよ。

ようやくにして昨日(土曜日)、曇りがちながらも太陽を拝むことが出来ました。

貴重な晴れ間、有効に使わないとね。
そこで、久しぶりに、まとまって畑作業を致しました。


◆ ゴボウの袋栽培

狭い庭で家庭菜園をやっているので、栽培地に余裕がありません。
他のブログを訪問していると、あちらこちらで、袋を利用した栽培を目にいたします。

袋を置く場所ぐらいは何とか工面できるので、初めて袋栽培にチャレンジです。
無駄な土地を活用できるだけではありません。
周りを建物に囲まれて日当たりが悪い庭では、栽培する場所を高くすれば、いくらかは日当たりが改善されるのです。

そこで、袋栽培の場所に選んだのは、高さを稼ぐために作った棚の前です。

プランター用の棚


棚そのものは、プランターを乗せて、イチゴを育てるつもりです。
その下を有効活用することにしました。

植えるのは、ゴボウです。

ゴボウの種(山田早生)


山田早生(タキイ)

使う袋は、培養土腐葉土の袋です。
近くのホームセンターで手に入れることのできるのが、内容量16ℓのものだけなので、ちょっと小さいですね。

ゴボウ栽培なので、通常の袋栽培とは違い、袋の上下を切って、筒状にして使います。

その前に・・・
栽培地を耕して、表面を5㎝程掘り下げて・・・

袋栽培用の培地


袋を立てて、その中に土を固めに詰め込んで、丸く形を整えていきます。

袋栽培(ゴボウ)0917


袋が小さいので、3袋並べて作りました。
中に入れた土は、培養土、畑の土、もみ殻燻炭を、8:3:1の割合で混ぜたものを使っています。

掘り下げた時に出た土を周りに土寄せして、踏み固めました。
上下で10㎝ほど埋まっているので、あえて補強はしていません。

3袋それぞれに、ゴボウの種を蒔きました。
また、隙間に、去年の余り種のラディッシュ「赤丸はつかダイコン(トーホク)」も種を蒔いてみました。

ゴボウの播種(2)


黄色の丸が、ゴボウ。
白い丸が、ラディッシュです。

発芽するまで、保湿のために不織布を掛けて完了です。

ゴボウの播種(3)


次に・・・

◆ 玉ねぎの育苗

ゴボウもそうですが、タマネギも初めて栽培いたします。

これまた栽培地がないので、水切りプランターを利用して、育苗します。
水切りプランターと言うのは、台所用品の「食器の水切り容器」をプランターとして使えるようにしたものです。
※ 水切りプランターについては ➡ポチットナ

まず、水切りプランターの底に、鉢底石を敷いて、水はけを良くします。

タマネギの育苗用プランター(1)


そこに培養土を入れます。

タマネギの育苗用プランター(2)


培養土は、使用済みの培養土を熱殺菌したのち、自家製の発酵腐葉土と市販の完熟たい肥を混ぜたものを使っています。

そこに、3条の溝を引き・・・

タマネギの育苗用プランター(3)


タマネギの種を筋蒔きしました。
蒔いた種は、「ソニック(早生)」(タキイ)

強めに鎮圧して、発芽まで保湿のため、不織布をかぶせて完了です。

タマネギの育苗用プランター(4)


最後に・・・

◆ 小松菜の間引き

小松菜の種を蒔いたのは、9月2日。
発芽を確認したのは、9月5日。

雨続きで畑作業が出来ない間に、あっという間に・・・

小松菜0917


こんな事になっちゃいました~
急いで間引きです。

小松菜間引き後0917


1回目の間引きとしてはこんなもの?
もう少し間引いた方が良かったかも。

土寄せはしたけど、追肥はしていません。
なお、一番上に見えているのは春菊ですが、こちらは発芽率も悪く、成長も遅いのでまだ間引きませんでした。

間引き菜も結構採れましたよ。
画像は無いけど、みそ汁の具にいたしましたよ。

小松菜の間引き菜0917


◆ 9月17日の収穫

収穫0917


ピーマン:土佐グリーン2個、接ぎ木ピーマン(品種不明)4個。
茗荷3個。

夏野菜と秋野菜の端境期で、収穫も少なくなってきました。
ちょっぴり寂しいで~す。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

イチゴの苗作り

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

昨日は、梅雨入り後初めての本格的な雨の一日でした。
雨量はたいしたことはありませんが、丸一日降り続けました。

畑の作業が出来なかったので、最近話題に上っていなかった者たちを取り上げましょうかね。


◆ イチゴの苗作りについて

イチゴは、家庭菜園では種から育てるのではなく・・・
1.親株を株分けする。
2.親株の株もとから伸びる紐のような「ランナー」の先端にできる葉を根付かせて新しい株を作る。
以上の2つの方法を取ることが一般的だそうです。

今回は、「ランナー」から新しい株を作ります。
親株から子株、子株から孫株と、次々にランナーを伸ばして株が増えて行きます。
それを、親株以降、「太郎」「次郎」「三郎」・・・と呼んだりするみたいですね。

現在のイチゴの様子です。

アイベリー(1)0610


水切りプランターには、「アイベリー」1株と「とよのか」1株が植わっていて、アイベリーの方が盛んにランナーを出しています。
※ 水切りプランターについては ➡ポチットナ

とよのか」はどう言う訳か今のところランナーを出してくれません。
枯れているわけでもないのに・・・

それに対して、「アイベリー」は「太郎」「次郎」さらにその先に「三郎」と、順調にランナーを伸ばしています。

アイベリー(2)0610


植木鉢には、アイベリーが1株植わっていて、やはり順調に「太郎」「次郎」と新しい株を作っています。

今のところ、画像に写っていない株を含めて、「太郎」「次郎」だけで12株が育っているんです。
大きい「太郎」はそろそろ親株から切り離して、独立させる時期になっていますね。


◆ 新たな収穫


第一果以来、久しぶりにピーマンが採れました。
3株のうちで、品種の分からない株での収穫です。

ピーマンの収穫0612


次に・・・
あんずがまた採れましたよ。

あんずの実(2)0610


ぜんぶで12粒。
今年のあんずは数は少ないですが、なかなかの粒ぞろいです。

あんずの実0610


今回の収穫で最も大きいあんずです。

ただ、残りは8~9個と言ったところでしょうか。
今年の冬に、畑の日当たりを良くしようと、強剪定した影響でしょう。
あっという間に終了です。


◆ 菜園料理

『あんずのコンポート ヨーグルトに載せて』

イチゴのコンポートGIF


せっかくの粒ぞろいのあんずをジャムにするのはもったいないと、今回はコンポートにして大きな果肉を存分に味わえるようにしたと言うことです。(女房談)

食したのは12日のことで・・・
この日は真夏に近い暑さだったので、ヨーグルトと層状に重ねて、キンキンに冷やして食べました。
硝子の器と相まって、涼しさの演出と言ったところかな。
甘さと酸味がハーモニーを織りなして、大変美味しくいただけました。
ご馳走様でした(⌒・⌒)ニコニコ


◆ 畑のわき役たち


ジャガイモは、夜盗虫に手ひどくかじられたせいか、蕾は付けるものの花が咲きませんでした。
そろそろ収穫時期が迫っているのに、「今さら~」って感じですが・・・
ようやく一輪咲いているのを発見。

ジャガイモの花0612


畑を広く、さらに日当たりを確保するために、去年、南天を移植しました。
その南天が移植先で花を満開に咲かせています。

南天の花0612


マリーゴールドも、今が盛りと咲き始めました。

マリーゴールド0601


茗荷の根きりのために埋めたブロックの狭い穴の中で栽培しているので、株が大きく育つことはなさそうですね。
かえってそれが可愛らしく見えたりして・・・それも一興。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

キャベツが結球した(⌒・⌒)ニコニコ

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます^^

毎日、日替わり天気で、寒かったり暖かかったりで参っています。

インフルエンザも大流行とかで、体調管理には気を付けて下さいね。

そんな中、今日はうれしいご報告ですよ。
水切りプランターで栽培中の「キャベツ」がついに結球しました\(^O^)/

キャベツ(2)0219


そこで今日はキャベツ特集です・・・

◆ 水切りプランター栽培について

9月26日、水切りプランター2個に、キャベツの苗を3株定植しました。

虫に食われるのが嫌なので初めから不織布のトンネル掛けで育てました。
さらに12月に入って、防寒のためにビニール掛けもしました。

それでも成長は至極ゆっくりで、2月の6日の段階では、「少し巻き始めているのかな?」程度だったのですが・・・

2月19日にテントから出してみると・・・

まず2株植えた方です。

キャベツ0219(1)

一株ずつ見て見ますね。

キャベツ(2)0219 キャベツ(3)0219小

左の株が完全に、
結球してました。

右の株も結球寸前の感じですね。

さらに、1株植えの方も見てみると・・・

キャベツ(4)0219

も少し拡大すれば・・・

キャベツ(5)0219

嬉しいことに、こちらも結球していました。

春が来て暖かくなったら、ぐんぐん大きくなって・・・
収穫が楽しみになってきましたよ(⌒・⌒)


◆ 再生キャベツについて

再生野菜については、「キャベツ」「ネギ」「小松菜」「ホウレンソウ」「水菜」「糸三つ葉」で実験してきましたが、もともとは、キャベツで始めたことなんです。

11月13日に第一弾を、そして、第二弾が11月28日でした。
植木鉢に植え替えて、キャベツのトンネルに同居させました。

1月4日の段階では、植え替えた当時とほとんど変わりがありませんでした。

再生キャベツ1 2弾0103

右が第一弾、左が第二弾です。

ところが19日の状態を見ると・・・

再生キャベツ(2)0219 再生キャベツ(1)0219

右の第一弾のキャベツが、明らかに背を伸ばして成長しています。
左の第二弾は、残念ながらほとんど変わっていませんね。

ほとんど同じ条件で実験しているのですが、大きな差が出始めています。
今後も興味深く観察を続けるつもりです。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


イチゴの花が咲いている どうしよう!?

本日もご訪問いただき、有難うございます。

昨日から急に寒くなりました。
これまでが暖かったので、余計に身に堪えますね。

水切りプランター栽培について】

前回の「キャベツ再生栽培」の記事では、「ビックリした」「やってみたい」等の反響があり、密かに実験していた者としては、記事にして良かったと感激しております^^♪

その折に、順調に成長しているものの、寒さが厳しくなることを考えて、防寒対策の必要性にも触れていました。

そこで考えたのが・・・
水切りプランター』のことです。
※ 水切りプランターについての過去記事は←ここをポチッ
 また、水切りプランターのすべての記事をご覧になるのでしたら、左サイドバーの「Category」「All Titlelist」からどうぞ。

水切りプランターは3つ作りました。
2つはキャベツの苗を植えました。
もう1つには、イチゴの苗を植えたんです。

それらを寒さから守るために、不織布トンネルの中に収めました。
そのトンネルの中に、「再生栽培キャベツ」の鉢を入れようと考えたわけです。

限られたスペースの中なので、そのままではすべてを収めることは出来ません。
同じキャベツ同士でまとめて、イチゴは別にして改めて防寒をすることにしました。

まず、イチゴのプランターを取り出してみると・・・

驚きました。
3株のうちの1株で、花が咲いているんです。

ここからは・・・

イチゴ栽培について』

アイベリー1217

アイベリー」を2株、「とよのか」を1株植えたのですが、アイべリーの1株に真っ白い花が咲いているんです。
11月の初めに追肥して以来、ほとんど世話らしい世話をしていませんでした。
雨が程よい間隔で降ってくれたせいもあり、また、休眠したものだとばかり思い込んでいたので、全くのノーマークでした。

当然「摘花」ですよね。
この時期に花を咲かせて体力を消耗させることは避けなければいけません。

ところが、私の中の悪魔が囁くんです・・・

「せっかく咲いたのに本当に摘花しちゃうのか」
「春まで待てるのか」
「3株あるのだから1株ぐらいいんじゃないの」

その上、良く見ると他にも蕾があるんです。

アイベリーの蕾1217

全部で3つの蕾が数えられます。

「防寒対策をすれば、来年の1月には食べられるのに・・・」

優柔不断、意志薄弱。
私は誘惑には弱いんです。

急遽防寒対策を考えました。

まず、花の咲いているアイベリーだけを、植木鉢に植え替えました。
そして、鉢の周りと中心に支柱を立てます。

アイベリーを鉢に植え替える

次に、用土の表面を、梱包材の「プチプチ」で覆います。

アイベリーをプチプチで保温

保温と水分の蒸発を防ぎ、実が付いた時のクッションにもなると考えたからです。

ここで人工的に受粉をしてから、透明なビニール袋(ゴミ袋を代用)をふんわりとかぶせて、周囲をひもでくくります。

イチゴの簡易ハウス

これで、「簡単ビニールハウス」の出来上がりです。
植木鉢は100均のプラスティック製、ビニールはゴミ袋、これだけでは心配なのでさらにキャベツトンネルに入れることに・・・

アイベリーとキャベツ

そして、予定通りに、「再生栽培のキャベツ」も一緒に同居させました。

アイベリーとキャベツと再生キャベツ

手前から、「再生栽培のキャベツ」「簡単ビニールハウスのアイベリー」「水切りプランターのキャベツ」と言う順です。

残りのアイベリー1株、とよのか1株の「水切りプランター」は、4隅に支柱を立てて不織布で覆って、キャベツたちのトンネルの左横に置いてみました。

アイベリーとキャベツのテントと水切りプランター

冬越えの防寒対策としてはいかにも心許ないですが・・・
「今年の冬は、スーパーエルニーニョの影響で暖冬になる」と言う気象庁の長期予報に懸けてみることにしました。

最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR