野菜の再生栽培 その8

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

3月も最終日。
連日暖かい日が続いています。
やっぱり、ぽかぽかの日差しを浴びるとほっとしますね。

◆ 野菜の再生栽培について

・キャベツの再生栽培(この春スタート分)

3月16日から始めた今年第一弾の再生キャベツの現在の様子です。

再生キャベツ(1)0331

幾つも葉芽が出てきましたが、そのうち2つの葉芽がとりわけ大きくなってきたんです。

このまま2つとも育てると、大きく育て上げることが出来ないと思われるので、どちらか一方だけを育てることも考えたのですが、どうせなら2つとも生かそうと、思い切って2分割することにしました。

再生キャベツ(1)2分割

取りあえず縦に真っ二つにしてみました。
さてさて、今後いかなることになるのか?
乞う、ご期待です\(^O^)/

なに分初めてのことなので、失敗することもあろうかと・・・
保険をかけてみました。

再生キャベツ(2)0331

再生キャベツ第二弾です。

・その他の再生野菜

現在栽培している再生野菜は、こんな感じですよ~

再生野菜0331

再生ハクサイ1株、再生ネギ14株、再生キャベツ第1弾と第2弾です。


・再生キャベツ(去年スタート分)

もともと、野菜の再生栽培は、去年の11月に、「再生キャベツ」から始まったんです。

再生キャベツ第一弾

再生キャベツ1弾1228

再生キャベツ第二弾

再生キャベツ2弾1228

水耕栽培から植木鉢へ植え替えて、その後も順調に育っていましたが・・・
真冬の寒さを越して春の訪れとともに、とう立ちしてしまいました。

残念ながら結球する遥か前で、栽培の終了を決断するに至りました。
ただ、とう立ち菜として収獲しようと、そのままにしていたところ・・・

再生キャベツのとう立ち菜0331

右が第一弾、左が第二弾です。

多くの蕾を持つにいたったので・・・

再生キャベツの蕾0331

本日収穫することといたしました。

再生キャベツのとう立ち菜の収穫

そんなこんなで・・・

◆ 家庭菜園料理

『再生キャベツの菜の花サラダ』

再生キャベツの菜の花サラダ

再生キャベツの蕾と葉っぱを湯がいて、三杯酢で和えたサラダです。

そぼろ卵を菜の花畑に見立ててみたそうです(女房談)

再生キャベツの蕾は、市販の菜の花と比べて、まったく遜色ない美味しさでしたよ。
また、再生キャベツの葉は、とてつもなく柔らくて、サラダの青菜として最適だと思いました。

残念ながら、去年開始したキャベツの再生栽培は、結球することなくとう立ちしてしまいましたが・・・
もともと捨てるはずのキャベツの芯から育てたことを考えれば、こうして「とう立ち菜」のサラダとして美味しく食べることが出来たのですから、ひとまず良しとすべきなんでしょうね。

なにより、この間4か月余り、ヒヤヒヤ・ドキドキ・ワクワクしながら、十分楽しい時間を堪能できたのですから\(^o^)/♪


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

「野菜の再生栽培6」 まとめて定植する

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます^^

今日は節分、明日は立春。
暦の上では春になるというのに、相変わらず寒い日々が続いていますね。

そんな中でも、昨日は風もなく穏やかな一日でした。
ちょっぴり暖かく感じられる日差しにさそわれて・・・

再生野菜も数が増え、順調に育ってきたので、庭に植え替えることにしました。
※ 「再生野菜」については、【Category(カテゴリ)】からご覧いただけます。

◆ 野菜の再生栽培について

まずは、植え替える「再生野菜」をご紹介いたしましょう。

再生野菜定植前0202

ネギ」「小松菜」「水菜」「ホウレンソウ」と言ったラインアップですよ。

特に成長の早い優等生がこちら。

再生ネギ0202


再生ネギにネギ坊主ネギです。
丈は、25~30センチ近く伸びました。

ただし、3本のうち2本にネギ坊主らしきものが見られます。 
寒さの中、子孫を残そうとしているのでしょうね。

丈の長さから言っても、ここらで収穫するのも手ではあると思います。
小ネギとして使えそうでしょ。

植え替えるのなら、ネギ坊主は摘み取るべきなんでしょうね。
でも、ネギの花を直に見たことが無いので、見てみたい気もしているんです。結論は少し先でもいいかな~



次に頑張っているのが、小松菜です。

再生小松菜0202

根も生えてきていて、至って順調です。

水菜ホウレンソウは、成長が遅れ気味ですが、一緒に定植してみます。

定植する場所は、3日前に大根を収穫した跡地になります。

再生ネギ&小松菜の定植0202

手前から、小松菜を8株、ネギを3株植え替えました。

奥に少し余地があるので、反対側から・・・

再生水菜の定植0202

水菜を6株植えました。

それでも、水菜が少々とホウレンソウが余っているので・・・
先月の中ごろ人参を収穫した跡に、再生ネギ5株と再生小松菜1株を植えた畝があるのですが、
ここにも余地が少しあるので、そこに定植することにしましたよ。
※ 過去記事はこちらから


まずは定植する前はこんな感じ。

人参の畝before

定植した後です。

人参の畝after

水菜が3株。そして、ホウレンソウが8株です。

ちなみに、これが半月前に再生ネギ5株を定植した直後の画像です。

再生ネギ0115


こうやって比べてみると、半月ほどたっているのに、あまり成長していませんね。

2階の南向きの窓辺で、水耕栽培していた方が大きくなっていることが解ります。

地植えすると、寒さと日照不足で、成長が抑えられるようです。
春が来て暖かくなるのをじっと我慢していると言った感じですね。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


「野菜の再生栽培その4」&「根菜の収穫」

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます^^

朝晩はめっきり寒くなりましたが・・・
風がほとんどなく穏やかな天気が続いています。
日向にいるとほっこりと暖かで、気持ちいいほどですね。

昨日の作業は次のようなものでした・・・

◆ 根菜を収穫しました。

七草粥のために、無理やり大根と人参カブを収穫してからちょうど一週間です。
残りの人参を見ると、その時と比べても成長の跡が見えません。

カブ1個と同時に、人参を一部収穫致しました。

収穫0115

カブはともかく、人参は収穫と言うよりは「間引き菜サイズ」ですね。

こんなにちっちゃいのに収穫したのには、ちゃんと訳があるんです。

実は、再生野菜を定植する場所がなかったんです。
何しろちっちゃな庭ですからね。

◆ 「再生ネギ」と「再生小松菜」の定植

人参を無理やり収穫したことで栽培地が確保出来ました。

急遽耕して、
苦土石灰をまんべんなく混ぜ込んで、
化成肥料で施肥をしました。

ネギの畝の隣

左に見えるのが、未収穫のニンジンの畝です。

ここに、これからだんだんと再生野菜を定植していくつもりです。

まずは、「再生ネギ」の第3、4弾の合計5株を植え替えました。

再生ネギ0115

左から2番目が一番大きくて、すでに15センチを超えるまでに成長しています。
水耕栽培では、ネギの白い部分が成長しないので、地植えの適期だと判断しました。

次に、「再生小松菜」です。

小松菜は今のところ9株水耕栽培しています。
そのうちの1株で、ようやく根が生えてきたんです。

再生小松菜0115

見えにくいので少し拡大してみます。

再生小松菜の根0115

確かに根が見えるでしょう。
まだ1株だけですが定植してみることにいたしました。

再生小松菜の定植0115

こちらの列には、小松菜、水菜三つ葉ホウレンソウの葉物の再生野菜を植えて行くつもりです。

※ 「野菜の再生栽培」については、サイドバーの「Category」から「再生栽培」をクリックすると
その全容がご覧いただけます。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


「野菜の再生栽培」その3

本日もご訪問いただき、誠に有難うございます^^

松の内も終わり、昨日からいつも通りの日々が始まりました。

朝晩はだいぶ寒くなりましたが、昼間は結構暖かくいつも通りと言う訳ではないですね。

◆ 野菜の再生栽培について

去年の11月13日から、キャベツで始めた再生栽培も、年を越えて種類も数も増え続けています。

現在、「キャベツ」「ネギ」「ホウレンソウ」「水菜」「小松菜」「ミツバ」の6種類になりました。
キャベツネギの一部、ホウレンソウの一部は、鉢植えに移行したり、庭に直に植え替えたものもあります。

※ キャベツの再生栽培については ←ここをポチッ
   ダイジェストを見るなら ←ここをポチッ
   全容を見るなら、Categoryからご覧ください。 

ここまで再生野菜の実験をやって来て、解ったことが二つあります。

1.野菜を再生するメカニズムについて

「野菜の再生栽培」その2の記事の中で、「再生野菜のメカニズム」として、
『茎の最先端など植物が勢い良く成長する「成長点」を切断されると、野菜は生き残るために、
必死になって脇芽にエネルギーを注ぎ何とか成長しようとする性質があり、
その性質を利用したのが再生野菜である』と説明しました。

その真偽を確かめるために、
ホウレンソウの小さい葉をそのまま残して水耕栽培をしてみたんです。
つまり「成長点」を切断することなく、再生できるかどうかの実験です。
1月2日のことでした。

再生ホウレンソウ0102


2日後の1月4日の状態がこれです。

再生ホウレンソウ0104

もう少し拡大すると・・・

再生ホウレンソウ拡大0104

すでに枯れ始めています。
4つとも同じ状態です。
「成長点」を切断しないと、再生のメカニズムが働かないことが証明されましたね。
あわてて「成長点」を切った後に、再生実験に参加させています。

2.植え替える時期について

水耕栽培から鉢植えに、また直植えにと植え替える時期については、
検索エンジンでググった限り、明確な答えが見つかりませんでした。

「新しい芽や葉が出た」時なのか?
「根っこが生える」まで待った方が良いのか?
良く解りませんでした。

キャベツは、新しい芽が出た時点で植木鉢に植え替えて良い結果が出ています。
だからと言って、すべてに適用できるかは疑問でした。

ただ、現時点で面白い結果が出てきています。

12月21日に開始したネギ1本と
12月22日に開始したネギ2本を、
12月30日に庭の小松菜の畝の隣に植え替えました。

それに対し、
12月28日に開始したネギ3本は、いまだに水耕栽培中です。

昨日の段階で比較してみましょう。

再生ネギ1弾0109 再生ネギ3弾0109

左が先に開始して、庭に植え替えたもの。
右が遅く初めて今も水耕栽培中のもの。

撮影角度が違いますが、明らかに水耕栽培中のネギの方が生長が早いのです。
6~7日も遅く始めたのに、完全に追い越してしまいましたよ。

ただ、一般論として、「水耕栽培の方が、土で育てるより成長が早い」と言えるわけではありません。

水耕栽培は、日当たりの良い2階の南向きの窓辺で栽培しているのに対して、
植え替える庭は、日当たりが極端に悪いからです。

つまり、うちのように日当たりの悪い庭の場合には、日当たりの良い場所でじっくりと水耕栽培で育ててから、
植え替えた方が良いということなんです。

今後は、「収穫の時期」が問題になってくるのでしょうね。

また、同じ野菜で栽培条件を変えて実験しても面白いと考えています。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


「再生栽培」でググってみた

本日もお忙しい中、ご訪問いただき誠に有難うございます^^

今年もいよいよ押し詰まって、残り僅かな日々となりました。


体を壊して早期退職をして丸一年が過ぎました。

退職したら年末とは言え、現役時代と比べてせわしない思いはしないだろうと思っていましたが・・・
「師走」とはよく言ったもので、どんな境遇にあろうとも何かとあわただしい年末になりました。

結局、「今年のことは今年のうちに」済ませて、新たな気持ちで新年を迎えようとするから、最後にバタバタすることになるのですね。
その上、いやなことは一日伸ばしにしがちだから、そのしわ寄せも来るのでしょう。

そんな忙しい夕べ、ブログでもやり残したことは無いかと、色々整理していると、一つ気になることを発見しました。

再生野菜について】

テレビ番組を何気なく、そしていい加減に見ていたことがきっかけで、
キャベツ再生栽培』を始めたことは、先日記事にした通りです。
※ キャベツの再生栽培についての記事は ←ここをポチッ

再生栽培と言う新たなカテゴリーまで作って始めた割には、その知識は漠然としていて、その後の展開が全く予想もつかないほどいい加減なものでした。

そこで例のごとくググってみたんです。

すると、野菜が再生されるということは、私が知らなかっただけで、非常にポピュラーなことみたいなんです。
世間では、「キッチンガーデニング」の一形態としてよく知られているようですね。

それだけではなく、イモ類が種芋から栽培され、ショウガも種生姜から栽培されるなど、あれも野菜の再生栽培に当たる訳なんです。

さらに、「豆苗」を食べた後栽培をして何度も収穫するなんてことは、うちでも以前から当たり前にやっていたことでした。
あれこそが、良く知られた再生野菜の典型だったんですね。

そこで、私がやろうとしている再生栽培を一度整理してみることにしました。

1.「再生野菜」とは:
   ネギやミツバなどの購入した野菜の根を捨てずに栽培して、そこから食べられる部分を再生した野菜のこと。

2.最も易しい再生栽培の方法は、「水耕栽培」です。

3.水耕栽培に適した野菜
   葉物野菜:コマツナ、チンゲンサイ、ミズナ、セリ、ミツバ、クレソン、キャベツなど
   薬味野菜:ネギ、ニンニクなど
   根菜:ダイコン、ニンジンなど
   豆類:豆苗(エンドウ豆)など
      ただし、ニンニクや根菜は、根ではなく葉の部分を再生させて食べます。

4.水耕栽培で再生させた葉や芽をある程度育てたら、その都度収穫して食べるのが一般的のようです。
  植木鉢やプランターに植え替えたり、直植えする方が長く大きく収穫できますが、実際にやる人は多くはないみたいです。
  難易度が高くなるからでしょう。
  でも、私がやりたいのは、「植え替え」であり「直植え」です。
  『完全再生栽培』とでも呼びましょうかね。

5.キャベツを例にすると、直植えして大玉まで再生した例が一つ載っていました。
  6月に栽培を始めて、年を越えた2月に完全な大玉として収獲したそうです。
  その間8か月。通常の栽培から考えると時間はかかるみたいです。
  私がキャベツの再生栽培を始めたのは真冬のこと。
  8か月先とすれば、真夏を通り越して秋口に収穫と言うことになりますね。
  先は長いですが、チャレンジし甲斐はあると思うのです。


とりあえず、現状の報告だけしておきます。

先日記事にしたキャベツに続けて、すでに「ネギ」と「ホウレンソウ」で実験を始めました。

12月の21日のことです。

再生野菜1221

中央が、キャベツの第三弾です。
右が、ホウレンソウ
左が、ネギです。

うちではこの季節になると、ネギは「泥付きネギ」を買い求めるので、根っこが丸々残っています。
それが有利に働けば良いのですが・・・

昨日、12月26日の状態です。

再生野菜1226

キャベツは、第一弾・第二弾から比べると、生育が遅いと思います。
暖冬とは言え、冬の寒さのせいだと思われます。

ホウレンソウは5日経って、すでに新しい葉が出てきました。

ネギは22日にもう2本追加しました。
3本とも中心部が突き出てきています。
これが新しい芽として伸びてくるのでしょうか?


記事が長くなったので、後は次回に続くということで・・・
・典型的な水耕栽培の方法
・さらに詳しい生育状況
・「いつ」「どこに」植え替えるか
などについてご報告させていただきたいと考えています。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

QRコード

QR