根こぶ線虫被害の畝のその後

本日もヤクモンの家庭菜園をご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

いやぁ~、本当に暖かくなりました。
桜も満開だし、もう本格的に春と思っていいのですかね?

今日は、少し趣を変えて、「根こぶ線虫被害に遭った畝」の現在の様子についてです。

去年は張り切って、「究極の土作り」と銘打って、自然栽培の畝を3本作りました。
そのうちの1本で、根こぶ線虫の被害が出たのです。
トマトと七夕キュウリが連続で被害に遭い、ほとんどまともな収穫が出来ませんでした。
※「究極の土作り」➡ポチットナ
※「根こぶ線虫被害」➡ポチットナ

通常の畝では何事も起きなかったのにですよ!
ホントがっかり致しました。

根こぶ線虫被害は、放っておくと蔓延する危険があるので、急いで対策を施しました。
根こぶ線虫被害対策ポチットナ

農薬を使うことはNGなので、根こぶ線虫が忌避する「ニーム核油粕」を規定いっぱいすき込むことによって、最終的な対策といたしました。
ニーム核油粕ポチットナ
春夏シーズンまで待てないので、袋栽培をしていた「ブロッコリー」と「キャベツ」を移植してみました。
もともと、育苗中に徒長して、成長が芳しくなかったので、早く対策の効果を知りたいのと、ニーム核油粕の余分な窒素を吸収してもらうためでした。

そして今・・・

根こぶ線虫被害の畝0404


手前のブロッコリーも、奥のキャベツも、通常よりも明らかに小さいです。
サイズ感を感じてもらうために・・・

キャベツのサイズ感0404


巻く巻かないという次元じゃありませんよね。
巻いたとしても芽キャベツぐらいかな。

ブロッコリーは・・・

再生水菜0404


こちらも、茎は細いし葉も小さいですが、頂花蕾はすでに収穫済みで、今は側花蕾が育っています。
このサイズの小ささは、日当たりの悪さと徒長苗による生育不良だと思っています。
根こぶ線虫は、冬の寒さの中では活動を休止するので、線虫によるものとは考えられませんが、念のために、掘り起こして根っこを観察することに・・・

ブロッコリーの根(1)0404


ブロッコリーの根は健康的ですよ。

ブロッコリーの根(2)0402


キャベツの根はと言うと・・・

キャベツの根0404


これも、きれいな根っこですね。
このまま何事もなく終息してくれることを願いたいですね。

この後、根こぶ線虫に耐性のあるトウモロコシ枝豆を育てる予定なので、キャベツとブロッコリーは撤収しました。
トウモロコシはすでに育苗中で、ほどなく定植時期を迎えます。
畝を乾かしたくないので・・・

根こぶ線虫被害の畝(2)0404


藁やら、残渣やら、雑草などで表面を覆って、少しの間養生してもらいます。


そうそう、ブロッコリーの陰に、再生水菜が1株あったのですが・・・

再生水菜0404丸付き


白丸のところですよ。
ブロッコリーを撤去してみると・・・

再生水菜(2)0404


いつの間にかこんなに大きくなっていたんですね。
喜んで収穫いたしました。

葉物野菜の収穫0404


真ん中が、ブロッコリーの側花蕾。
左が、再生水菜1株。
右のは、キャベツの中心部分が柔らかそうなので、一緒に収穫といたします。

さらに、プランター栽培のミックスレタスも急きょ収穫することにいたしました。

ミックスレタス0404


春本番の暖かさで、げんなりしているように見えるんですよね。
そこで、思い切ってすべて収穫し、撤収することにいたしました。

ミックスレタス最後の収穫0404


最後に結構採れました。
あとは、料理担当者にお任せです。

◆ 菜園料理

まずは、朝食です。
『卵サンドとレタスサラダ』

朝食0404


ドレッシングは、シンプルにオリーブオイル。
レタスだけでは味気ないので、トマトのスライスを付け合わせに。


次に、昼食です。
『たっぷりレタスとブロッコリーとちょっぴりキャベツのパスタ』

昼食0404


味付けはこちらもシンプルに塩・コショウだけ。
最後に、半熟卵とゴマダレを掛けて。
(ちょっぴり残念だったのは、半熟卵と言いながら堅めでトロ~とはいかなかったことかな)

ミックスレタスは、間引き収穫と言うのか、欠き採り収穫と言うのか、とにかく長い間収穫が続いて、十二分に楽しませていただきました。
冬の間日が当たらないうちの庭では、プランターでレタスを栽培して、日当たりを求めて移動させる作戦が功を奏したと思います。

面倒くさかったですけどね(^^♪


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

豆類の春支度

本日もヤクモンの家庭菜園へご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

野暮用と言うのは重なる時は重なるもので・・・
記事の更新どころか、菜園の作業さえままなりませんでした。

遅ればせながら、豆類の冬支度を解いて、春を迎える支度をすることにいたしました。

その前に、ちょっとばかり収穫を・・・

◆ ブロッコリーの収穫

購入苗から育てたブロッコリーは、すでに頂花蕾の収穫が終わっています。
今は、側花蕾が大きくなるのを待っているだけです。

種から育てたブロッコリーは、育苗時から生育が悪く、いまだに収穫には至っていませんでした。

まずは、イチゴとニンニクの畝に居候しているブロッコリーから・・・

イチゴとニンニクの畝0312


一番奥(画像の右上)に見えているのが、種から育てたブロッコリーです。
カメラを近づけてみると・・・

ちっちゃいブロッコリー(1)0312


私の手と比べると、葉の小ささが分かりますよね。
頂花蕾もちっちゃいです。
茎の太さから言って、これが限界だと思うので、収穫いたしました。

ちっちゃいブロッコリーの収穫(1)0312


小さくて弱々しかった苗からすれば、まずまず育った方だと思いますよ。
それに、収穫した後を見ると・・・

ちっちゃいブロッコリーの収穫の後(1)0312


ちゃんと側花蕾が出来ているんです。
まだもう少し楽しめそうですよ。

育苗からのブロッコリーは、他の畝にもあるんです。

根こぶ線虫の畝0312


この畝は、トマトと七夕キュウリが根こぶ線虫被害に遭った畝です。
根こぶ線虫対策として、ニーム核油粕を制限いっぱいすき込んだので、窒素分が過剰になっていると考えられます。
そこで、過多になった肥料分を吸収させようと、キャベツやブロッコリーを定植させました。
育苗がうまく行っていなかったから、ダメもとの気持ちだったんです。

ちっちゃいブロッコリー(2)0312


ここのブロッコリーも、小さいながらも、ここまで育ってくれました。
その上、収穫した後にやはり・・・

ちっちゃいブロッコリーの収穫後(2)0312


側花蕾がちゃんとできているんですよ。
本当にちっちゃいですけどね。

結局、頂花蕾3個を収穫いたしました。

ちっちゃいブロッコリーの収穫(2)0312


◆ 豆類の栽培

天気予報では、なかなか暖かくなりそうにありませんが、豆類が冬支度のビニールテントやべた掛けの不織布の中で、窮屈そうにしているので、いい加減に開放してやる事にいたしました。

まずは、ソラマメから・・・

ソラマメは、2つの畝で育てています。
お母屋と西側の塀に挟まれた狭い通路に作った畝の方から。

ソラマメの畝(4)0312


ふんわりと掛けた不織布を押しのけるばかりの勢いで小山状になっています。
不織布を外してみると・・・

ソラマメの畝(5)0312


3株植えてあるのですが、真ん中と奥の株は、横倒しになっています。
思ったより長く成長しているので、急遽ビニールひもでネットを手作りして誘引することにしました。

ソラマメの畝(6)0312


手作りのぼかし肥料を少しだけ追肥して、土寄せを致しました。
よく見ると、すでに花芽が出来ているんですよ。

ソラマメの花芽0312


次に、庭の比較的日当たりの良い畝にも、ソラマメを定植しています。
先ほどのソラマメは直播きで、なかなか発芽しなかったので、念のためにポットで育苗していた、いわば保険の苗なんです。

そら豆の畝0312


定植した時期がすでに寒かったので、こちらはビニールシートで覆ってみました。
シートを外してみると・・・

ソラマメの畝(2)0312


こちらは、それほど背丈が伸びていないので、取り外した支柱を慌てて元に戻して、その支柱に茎を固定してみました。

ソラマメの畝(3)0312


さらに上へ伸び出すまではこのままで様子見ですね。

ここで午前の作業を終了。
昼ご飯は・・・

ブロッコリーのサラダ0312


『採れたてブロッコリーのサラダ』

採れたてほやほやのブロッコリー、ハム、メカブ、タルタルソースであっさりと。

あとは、チーズトーストとコーンポタージュスープ。
この歳になると、昼食はこんなものです。

でも、採れたてブロッコリーは、信じられないくらい柔らかく・・・
どう表現したら分かってもらえるかな~
嫌味の無い、素直でさわやかな美味しさなんですよ。

さて、午後の作業は・・・

絹サヤスナックエンドウの畝です。
一つは、お母屋と西側の塀に挟まれた、ソラマメの畝のさらに奥の畝。
こちらは、直播きいたしました。

今一つは、庭の一番西側の端の畝です。
これも保険として、ポットで育苗したものです。

ポットで育苗してさらに余った苗は、プランターでも栽培しています。

以外にも一番成長の順調な、庭の西側の端の畝から・・・

絹さやとスナックエンドウの畝0308

ここも、不織布をふわっとべた掛けにしています。
不織布を取り払ってみます。

絹サヤとスナックエンドウの畝(2)0312

左の3株がつるあり絹サヤエンドウで、右端だけがスナックエンドウです。
共に蔓性なので、横倒しになった茎同士が蔓によって、こんがらがっていて、まずそのパズルを解くことに結構苦労致しました。

どうにかこうにかパズルが解けたので・・・
支柱を組み直すことに。
おそらく私の背丈ぐらいにはすぐに達するので、2mの支柱を両端に立てて、ビニールひもでネットを張りまわしました。


絹サヤとスナックエンドウの畝(3)0312


あとは、パズルを解いた茎を、ネットに誘引して、追肥と土寄せをして完成です。

絹サヤとスナックエンドウの畝(4)0312


さらに、藁が飛ばされないように、雑草(ハコベが中心)を緑肥も兼ねて積み重ねてみました。
また、東京は例年3月いっぱいは雪が降ることもあるので、雪除けの簾はそのまま設置しておくことにいたしました。

あともう少しで豆類の春支度は終わるのですが・・・
しゃがんでの作業が長かったせいで、腰がいた重くなってきました。
これ以上続けると、持病の腰痛が再発しかねないので、今日のところはこれで終了とさせていただきます。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

ナスとピーマンの発芽

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

ここ数日暖かな日が続いてくれています。
そのお陰もあってか、2月25日に播種した夏の果菜が発芽してくれました。

3月3日の様子です。

ナス・ピーマンの発芽0303


手前の列が「早生ピーマン」→まだ発芽していません。
真ん中の列が「長ナス」→ポツンぽつんと発芽。
奥の列が「ナス黒豊)」→4ポットで一斉に発芽しています。
※3種類の種はすべて「Enjoy in 菜園」の「らうっちさん」からもらった種なので、今後は『らうっち種』と表記いたします。

もう少し拡大してみます。

長ナスと黒豊の発芽0303


手前が「長ナス」で、奥のが「ナス黒豊)」ですよ。
まだ、弱々しいけど、発芽してくれてホッと致しました。
掘り炬燵を利用した即席の温床もどきでの育苗だったので、実はけっこう心配だったのです。
掘り炬燵育苗器の記事は➡ポチットナ

ところが、翌日の3月4日(昨日)には、あっという間にヒョロヒョロと伸びちゃっていました。

ナス黒豊0304


これは、黒豊ですが、1株を除いて出そろったので、日に当ててあげたくなりますね。
暖かいとは言ってもいきなり外には出せないので・・・

小さな保温器を作ってみました。

まずは・・・

育苗ポットのゆりかご(1)


百均のプラスチックのケースの四隅に、ガムテープで細い棒を括り付けます。
この細い棒も、百均で購入した竹製の割りばしです。

その中に、育苗のポットを入れて・・・

育苗ポットのゆりかご(2)


ビニールシート(透明なゴミ袋)で覆って、ゴムひもで作った輪でピシッと裾を留めれば・・・

育苗ポットのゆりかご(3)


育苗ポットの保温器の完成です。

これを、母屋の2階の南側の窓辺に並べて・・・

育苗ポットのゆりかご(4)


左が長ナスで、右がナス(黒豊)です。

うちの庭は、四方を建物に囲まれて日当たりが極端に悪い(特に冬は)ですが、母屋の2階の南向きの部屋の窓辺は、逆に日当たり抜群なんです。
残念ながらベランダがないので、窓の手すりに並べてみました。

この日のように、天気が良く暖かな日には、こうやって日に当てることにいたします。


最後に、前日発芽していなかった「早生ピーマン」も、この日、ほんのちょっぴり頭を出してくれました。

早生ピーマンの発芽0304


やれやれ、ホッと一息ついたってところですよ\(^o^)/
発芽しないことには何事も始まりませんからね(^^♪


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

夏野菜の種蒔き第一弾

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

早いもので、2月ももうすぐ終わりですね。
まだまだ寒い日が続いていますが、いよいよ夏野菜の種蒔きの時期が来たようです。

今年は、夏の果菜のほとんどを種から育てる予定です。

東京の夏の果菜の定植適期はゴールデンウイーク頃と言われています。
逆算すればもう少し早く育苗を始めていて当然なのですが、今年はあえてゆっくり目で行くつもりです。

庭の真南が3階建ての隣家なので、よほど太陽の軌道が高くならないと、十分な日照を確保できません。
2年間の経験からすると、ゴールデンウイークの頃の定植は早すぎると思っています。

5月の半ばごろの定植を目指して、ぼちぼち育苗に取り掛かることにいたしました。

◆ 育苗環境の整備

問題は、25℃前後と言われている発芽温度をいかに確保するかということです。

温室は無し、ビニールハウスももちろんありません。
米糠温床は、場所の問題から断念しました。

そこで、今年も去年同様、『掘り炬燵(ほりごたつ)で育苗』することに。

去年は、ナスピーマン・トマト・キュウリの代表的な夏の果菜は、苗を購入して育てました。
育苗は自信がなかったので、試験的にゴーヤ・カボチャ・マリーゴールドの3種類だけの育苗でした。
そこで、掘り炬燵のヘリに容器を置いて、炬燵布団をかぶせて温度を確保しただけでした。
それでも結構うまく育苗できたんですよ。

ただ、今年は育苗する果菜の種類も数も多くなるので、もうひと工夫が必要になります。
炬燵の中の空間を利用しようと考えました。

掘り炬燵は、私の部屋にある一人用の小さいものを使います。

育苗器の材料


炬燵の上に置いてある材料で簀の子(すのこ)を作ります。

ワイヤーネット2枚。
突っ張り棒3本。
結束バンド1袋。
全て100均で、消費税込み648円です。

ワイヤーネット2枚を少しずらして重ね、結束バンドでつなげます。
つなげて広くしたネットに、突っ張り棒を3本結束バンドで結び付けて、強度を上げます。

掘り炬燵に置いて、櫓の柱に括り付ければ出来上がりですよ。
(真ん中の突っ張り棒を斜めに配置した方が強度が上がると思ったけれど、あまり関係なかったかも。)

育苗器の簀の子


試しに私が入ってみると・・・

育苗器の簀の子(2)


グレーのジャージが私の足ですが、まったく邪魔になりません。
炬燵の使い勝手に何も影響ないですね。

もちろん、ここだけのスペースではとても足りませんんが、私が入る一辺を除く3辺のヘリに、同じような容器を置けば、全部で4個の育苗器を置ける計算になります。
播種の時期を少しづつずらして行けば、十分間に合うと思っています。


◆ ナスピーマンの種蒔き

育苗器が準備できたので・・・
育苗第1弾として、ナスピーマンの種を9㎝ポットに蒔きました。

長ナス0224 黒豊0224 早生ピーマン0224


左から、「長ナス」「ナス(黒豊)」そして「早生ピーマン」です。
ピーマンもナス科なので、種がそっくりで区別がつきませんね。
間違えてはいけないので、ポットにタグをつけて区別することにいたしました。

ピーマンとナス0224


ピンクのタグが、「早生ピーマン」
黄色のタグが「長ナス」
緑のタグが「ナス(黒豊)」
全て、「Enjoy in 菜園」の「らうっちさん」から頂いた種なんです。

また、ピンクの容器は食器の水切りです。
この容器は、プランターとしても、育苗器としても、便利に使い回しています。
水切り育苗器については➡ポチットナ
水切りプランターについては➡ポチットナ

あとは、水切り育苗器に不織布を掛けて、手作り簀の子の上に置きます。

簀の子の上に設置


そして、炬燵布団を掛けて、炬燵のヒーターをスイッチオンして、育苗の開始ですよ。
もちろん夜はヒーターを消しますが、余熱と炬燵布団の保温で10℃を下回らないでくれると期待しています。

うまく発芽してくれるといいな~!!


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

種の在庫を調べてみた。

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

前回は、夏野菜の栽培計画をザックリと立てました。
あとは種の準備と言うことに・・・

そこで、現在手元にある種を確認してみました。

まずは、「Enjoy in 菜園」の「らうっち」さんからいただいた種があります。
育苗に自信がない」と言う書き込みに対して・・・
「種を贈るから、育苗の楽しさを体験してほしい」と、本当に種を送っていただいたんです。
※その時の記事は➡ポチットナ

らうっちさんからの種0215


あまり他人まかせでもいけないと、自家採取した種も若干あるんです。

自家採種0215


今年の5月で、家庭菜園を始めて丸2年になるのですが、購入した種が結構たまっているんですよ。

緑肥の種0215 豆類の種0215
根菜の種その他0215 葉物の種0215


そこそこ数があるので、備忘録として一覧表を作ってみました。

野菜の種の在庫一覧表2017

「袋」表記は、未使用のものです。
「%」表示は、種の残量を示しています。
緑肥は、3月になったら、畝間に一斉に蒔く予定のものです。

こう見ると、らうっちさんから頂いた種を含めて、「ナス」「トマト」「ピーマン」「キュウリ」「トウモロコシ」「オクラ」「いんげん豆」などの夏野菜の主力の種はそろっていることになりますね。

キュウリ」が自家採種の「シャキット」だけなのと、「トウモロコシ」の残量が少ないのが心細いですが、それを除けば、あらためて種を購入する必要はなさそうです。
それどころか、豆類、葉物、根菜と、残量を見ても2、3年は持ちそうに思われます。(発芽するかは別にしてね。)

夏野菜の栽培に関しては、果菜育苗を今月の末から、ぼちぼちスタートさせる予定にしています。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR