夏野菜の栽培計画を立ててみた。

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

最強の寒波とやらで、日本中大変なことになっているようですが・・・
東京も雪は降っていないけれど、厳しい寒さが続いています。
「まるで冷蔵庫の中にいるみたいですね」と言うのが、毎朝のあいさつの定番ですよ。

そのため、なかなか夏野菜の準備にかかるモチベーションが上がりませんが、いつまでもぐずぐずしてはいられないので、夏野菜栽培計画を立ててみました。

去年は、3月19日に「夏野菜栽培計画」を記事にしています。
まだ家庭菜園を始めて2年目ということもあり、種から育苗したのが「カボチャ」と「ゴーヤ」ぐらいだったので、ずいぶんとのんびりしていたようですね。
※その時の記事は➡ポチットナ

今年は、夏野菜のうちで、果菜類は基本的に種から「育苗」することにいたします。
そこで、去年よりは早めに、夏野菜栽培計画を立ててみた訳です。


まずは、現状把握から・・・
うちの菜園を見取り図で示すと、こんな感じになります。

庭畑見取り図850(完)2017


A~I まで9本の畝があります。
数だけは結構ありますが、長さが1m、1.5m、2mと短いこともあり、常に栽培地が足りずに頭を悩ますことが多いですね。


これらの畝で現在栽培されている野菜と、夏の果菜類を中心としたこれからの栽培計画を、一つの表にまとめてみました。

夏野菜の予定表2017


このほかにも、育てたい野菜はたくさんあって・・・
インゲンマメ、枝豆、落花生などの豆類とか。
芋だって、サツマイモだけでなくジャガイモ、サトイモとか。
葉物にしたってもっともっと植えたいので、一応、畝「I」を予備にしているのだけれど、とても全部は無理なんですよね~

栽培計画栽培計画と何度も言いながら、表のタイトルが『予定表』になっているのはそのためかな?
育苗の状態にもよるし、連作障害のことも考えなくてはいけないし、夏とは言っても日当たりの悪い畝もあるしで、とても予定通りにいかないとは思いますが、こんな感じで3年目の野菜作りが始まることになりそうです。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

菜園の現状(2)

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます^^

昨日は暖かかった~!
風もなく穏やかで、気持ちの良い一日でした。
洗濯物もポッカポカに良く乾きましたよ\(^o^)/♪

今日は前回に引き続き、「菜園の現状」をご報告する予定でしたが・・・
小春日和に誘われて、庭に思い切って手を入れたので、そちらからご報告です。

◆ 庭の改造について

家庭菜園も2年目を迎えて、育てたい野菜の種類が増えてきたので、どうしてもの数が足りません。
そこで思い切って庭をプチ改造することにしました。

まずは、お茶の木を移動させることに・・・

お茶の木0303

庭の東側は、ここ20年以上使っていない古い(築70年)離れがあるのですが、お茶の木は、離れと庭を仕切る塀の際に植わっているんです。

以前右隣には、南天の木があって日や風を遮っていたので、移植したことがあります。
※ 南天の移植の記事は ←ここをポチッ

今回は、を作るために、お茶の木に移動してもらうことになりました。
※ お茶の木の由来については ←ここをポチッ

場所は南天と同じで、離れの北側の小さな庭です。

お茶の木の移植先

奥に見えるのが南天です。
南天はこの冬の雪のせいで、成長点が2か所で折れてしまい、見る影もありませんが何とか生き延びてくれたようです。
※ 南天の木が折れた記事は ←ここをポチッ
お茶の木も、無事に根付くことを願っています。

お茶の木を移動した後はこんな感じ・・・

離れ午後1時2

多少スッキリはしましたが、塀が無ければさらに広く庭を使えそうです。

そこで、思い切って塀を壊すことにしました。

離れ午後2時28分

1時間半ほどの時間をかけて、何とか壊すことが出来ましたよ。

ほんの90センチほど幅が広くなっただけなので、2枚の画像を見比べてもあまり違いが解らないかもしれませんが、実際はかなり広々とした感じがします。

注目していただきたいのは、日当たりと陰です。

壊す前の画像は午後1時ごろのものです。
壊した後の画像は、午後2時半過ぎになるんです。

午後1時の時点では、庭には全く日が射していません。
このブログでは、冬の間「日が当たらない」とか「日照不足」とか、その手の愚痴が氾濫しているのですが、これで良く解っていただけるのではないでしょうか?

ところが、午後2時半になると、だいぶ日が射しこんでいるのが解りますよね。
真冬から比べると、だいぶましになってきましたよ~!
その上、西日とは言え、塀を壊した奥にも十分に当たっているんです。

この日当たりを利用しない手はありませんよね。
今後、夏に向かって太陽の軌道が高くなってくると、日の射す時間がますます長くなって、期待が膨らんできますね(* ´ ▽ ` *)


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


菜園の現状

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます^^

今日から3月です。
三寒四温と言いますから、これからも寒い日はあるかも知れませんが・・・
季節は確実に春に向かっていますよ~~~

今後の野菜の栽培計画を立てる上で、菜園の現状を見てみることにいたします。

現在栽培してる野菜は、ごくわずかなのですが、「地植え栽培」と「鉢、プランター栽培」に分けてご報告。

◆ 地植え栽培

現在畑に直接植えているのは、「種から育てている小松菜」と「サヤエンドウ」と「再生野菜各種」です。

『種から育てている小松菜』について

小松菜(第2期)は、11月24日に播種して、5日後の29日に発芽しました。
その後12月、年を越して1月と、冬真っ盛りの時期で、ほとんど生育しない状態が続いていました。
2月に入って、暖かい日もあったりして、ようやく大きくなり始めましたよ。

小松菜拡大0225

生育の良いもので、高さ10センチを超えたあたりでしょうか。
もう少し温かくなったら少し間引くつもりです。

サヤエンドウ』について

サヤエンドウの播種は11月6日。発芽は12日でした。

寒さ対策として、「ビニールテント」と「ヨシで作った雪囲い」の二通りを試しています。

まずは「ビニールテント」のほうから。

サヤエドウ全体0225

解りにくいので、もう少し拡大してみると・・・

サヤエンドウ(ビニール)0225

少し葉が小さめで、頼りない気がしますが、4点とも何とか冬を越せたみたいですね。

次に、「雪囲い」の方です。

サヤエンドウ(雪囲い)0225

一番手前のは、こちらの方が葉も大きくてよさそうに見えます。

ところが、一番奥のは・・・

サヤエンドウ(葉を落とす)0225

ほとんどの葉が、枯れ落ちたのか、自ら落としたのか、ちらほら見られるだけなんです( ̄▽ ̄;)
茎はまだ青々としているので、脇芽が出ることを期待するしかありませんね。

再生野菜』について

2月24日の記事で、ネギキャベツを除くほとんどの再生野菜を、人参を収穫した後の畝に地植えしたことはご報告いたしました。

再生野菜0228

小松菜水菜ホウレンソウ糸三つ葉」の4種です。

最も順調なのが小松菜で、ホウレンソウ糸三つ葉は苦戦中です。

しかし、ここにきて「水菜」が急に大きく成長してきました^^

水菜0228

小松菜にしても、水菜にしても、再生栽培を始めた時の姿からすれば、ゆっくりではあるけれど大きくなったものです。

実験を始めた時の様子をご覧いただきましょうか。

再生小松菜0103小2 再生追加ミズナ1228小2

左が小松菜、右が水菜です。

小松菜は小さい葉が残っていますが、水菜に至っては、白い茎だけなんですよ。
これを見ると、ゆっくりとではあるけれど、冬を越えて確実に大きくなっているのが解ります。
春を迎えて、いよいよ期待が膨らみますよ~\(^o^)/

◆ 鉢、プランター栽培

『水切りプランター』について

水切りプランターでは、「苗から育てているキャベツ」が3株と、「イチゴ」を3株栽培しています。
また、再生キャベツを2つの植木鉢で育てています。

これらの様子は、記事が長くなったので、また次の機会に詳しくご報告させていただきますね。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

ミョウガ 完全復活?

昨日は、良い天気に誘われて、郊外型の大きなホームセンターに行って来ましたよ。

近所にあるホームセンターは、店舗も小さく、まして、菜園・ガーデニング売り場ときたら申し訳程度の狭さなんです。
当然アイテムの数には限りがあって、常に物足りなさを感じていました。

しかし、何せ出不精なもので、なかなか行く機会がありませんでした。
一度は大型店舗を見てみたいと思っていたので、とうとう重い腰を上げたと言う訳なんです。

いや~ぁ!売り場の広いこと広いこと!もうビックリです( ゚Д゚)

感動のあまりさっそく写真を一枚・・・
その前に、一応撮影の許可を取っておこうと店員に断りを入れました。

ところが何と!これがNG!!

どうやら「商業的に悪用される可能性」があり、その是非を現場で判断できないので、原則禁止にしているらしいのです。

こちらとしては、ブログに載せたいだけで、これぽっちも悪用するつもりなどないのに・・・
「断わりを入れずにさっさと撮ってしまえばよかった」とも思いましたが、そうもいかないでしょうね -_-;
店舗の外観は撮ってきましたが、これもついでにカットです(笑)

多少面白くない思いも無いと言えば嘘になりますが、それでも買い物自体は楽しかったですね。
何せ売り場が広く、品ぞろえも当然豊富で、目移りして選ぶのに困るほどでした。

時間をかけた割には、大したものは買いませんでした。
(撮影を断られたせいではありません。念のため)

種が4種類。

肥料苦土石灰

トンネル用支柱不織布

面白いのは、「培養土」の他に「野菜の土」なるものがあって、どこがどう違うのか良く区別がつきません。
1種類の野菜を、「培養土」のみ、「野菜の土」のみ、「培養土+野菜の土」の3種類で育てて、その違いを比べてみたい・・・
そんな事を考えて、両方買ってしまいました。
けっこう アホッ^^

【今朝の収穫】

完全復活?

一昨日の記事でもお知らせしたように、最近のぐずついた天気を唯一喜んでいるのがミョウガです。
ミョウガは雨が大好物ですからね。
はたして完全復活なのでしょうか?
例年ならば、9月いっぱいは採れてもおかしくはないんです^^♪


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ    



野菜だけじゃない!猛暑で脳もグダグダに🍂

東京は昨日で8日連続の猛暑日を記録!

と言うことは・・・
昨日の記事の時点では連続7日?

当然そう言うことになりますよね。
昨日の記事を読まれた方々にお詫びを申し上げますm(__)m

「東京は昨日で6日連続の猛暑日を記録!」と書いてしまいました。
正しくは「7日」でした。 午後8時30分ごろにこっそり訂正させていただきました(-_-;)

この猛暑で野菜は悲鳴を上げていますが、私の脳もかなりグダグダのボケボケ状態のようですね。
そう言うことにして頂けると有難いです。

ここらでうちのミニミニ菜園をざっと見てみることに。

ピークは過ぎたとはいえ、まだまだ元気なのがトマトナスです。

まずはトマト

トマト808

こんな感じなのがごろごろ成っています。その上、花も咲き続けています。
水の少ない荒れ野が原産地だからでしょう。さすがです!

次はナス


ナス808
 
2株で5個結実していて、更に花もちらほら咲いています。
夏越えさせて秋茄子を収穫するために、そろそろ切戻すタイミングを計っているところ。

キュウリ以下、元気のないメンバーは次回と言うことで、

【今朝の収穫】

収穫808


キュウリ1本、ミョウガ6個。
猛暑のせいで収穫にも陰りが・・・
たまたまの巡り会わせだと思いたいですね。

昨日の最高気温は、37.7℃
朝の天気予報によれば、昨日で暑さも一服とのこと!
それでも32~3度にはなるそうですが・・・

これでひと雨来てくれれば、本当に有難いですよね。
そうすれば、画像をたくさんアップして、良いご報告が出来るのですが・・・
何とかなりませんか?
天の神様ーーーー!!!!

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR