葉物野菜の種を蒔いたよ。

こんにちは~🎶
ヤクモンの家庭菜園へ、ようこそ^^♪

ヤクモン地方は、急に暑くなりました。
春を通り越して、初夏って感じですよ~!

今年は、夏の果菜の定植を少しゆっくり目にする予定なので、
それまで畝を遊ばせておきたくないから、葉物野菜の種を少し蒔きました。

◆ 葉物野菜の播種

まずは、小松菜春菊を育てていた畝。

三つ葉の畝(予定)(2)0419 


奥に見えているのは、再生ネギです。

小松菜春菊を収穫した後、ぼかし肥をすき込んで、草マルチをかぶせて養生していました。
その草マルチを、再生ネギ側に寄せて、手前の培地に「三つ葉」の種を蒔きました。

関東白茎みつば
品種は、「関東白茎みつば(野口種苗)」で、固定種です。

固定種と言っても、種取りをするつもりはありません。
何せ、3,000粒も入っているのですから、この上種取りする気にはちょっとなれませんよ。

草マルチを寄せた場所には、後々キュウリを定植するつもりです。

どのような影響があるのか知らないのですが、三つ葉は、キュウリのコンパニオンプランツなんだそうです。 
まあ、単純な発想からのつながりで、三つ葉をここに蒔くことにしたと言う訳です。


三つ葉の種を初めてみたのですが・・・

みつばの種


長さ6、7mmはあるのじゃないかな。
大きな実が成るトマトの種が小さいのに、細くて弱々しい三つ葉の種が、結構大きくてしっかりしているのが意外な感じがいたしますね。

次に、ちぢみ法蓮草と水菜を収穫した後の畝。

小松菜と春菊の畝0419


ここも同じく、ぼかし肥をすき込み草マルチで養生していました。
草マルチを真ん中に寄せて、手前に春菊、奥に小松菜を蒔きました。

小松菜と春菊の種
品種は、春菊が「中葉春菊(トーホク)」で、小松菜が「あまうま耐病小松菜(サカタ)」です。

この二つの種は、家庭菜園を始めた2015年の9月ごろに購入して以来、足掛け3年になるんですね。

まだ、半分ほど種が余っています。何度も蒔いて収穫しているのに、なかなかなくならないものです。

狭い庭畑だからこんなものかもしれません。
いつまで発芽してくれるのか、ちょっと興味がわいてきますね。

草マルチを寄せた真ん中には、まだはっきりと決めたわけではありませんが、何か夏の果菜を定植する予定なので、ここも空けて置くことにいたしました。

◆ 温度計の設置

急に暑くなったので、心配なことが一つ。

いまだにビニールシートで覆いっぱなしの根菜の畝と、簡易温室の温度管理のことです。

例年だと、この時期でも朝晩には寒くなることがあるので、春大根と春人参の畝には、ビニールシートのテントをそのままにして来ました。
もちろん、いかにも暑そうな時は裾をまくって換気をしていましたが、判断が付きにくく微妙な時もあります。

そこで、温度計を購入して、温度管理をしっかりとすることにしました。

材料は・・・

温度計キット0419


百均の「ダ◯ソー」で見つけた、温・湿度計が2個。
アンカーピンが1本。
強力接着テープが1巻。
それと、ここには写っていないけど、竹製の割りばし半本。

温度計0419


右が、春大根・春人参の畝用。
強力接着テープで、温・湿度計とアンカーピンを固定しました。

左が、簡易温室用。
同じく強力接着テープで、竹製の割りばし(短くカット)と温・湿度計とを固定。

春大根・春人参用は・・・

根菜の畝に設置した温度計


黒マルチの上から、ブスッとアンカーピンを刺すだけ。
これで十分固定できました。

簡易温室用は・・・

簡易温室に設置した温度計 簡易温室の温度計


上からつるすだけでは安定しないので、下に垂らしたひもで固定しました。
簡単ではあるけど、これで十分役目は果たしてくれると思いますよ。

ただ、心配な点が・・・
温・湿度計の梱包の裏面の説明書きを読むと・・・
堂々と、『目安計』と表記してあります。
つまり、目安に過ぎず、±2℃程度の誤差が出ると書かれています。
2℃と言うと大したこともなさそうですが、最大で上下4℃の幅があることになりますよね。
これって、大丈夫なのかな~!?


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

葉物野菜の収穫

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

ジェットコースターのような、寒暖の激しい毎日が続いています。
そのせいか、私の周りでも「風邪ひきさん」が増えていますよ。
皆さんも、くれぐれも体調を崩さないように、気を付けて下さいね。

昨日は、珍しく女房の方から、「葉物野菜が採れないか?」とのリクエストがありました。
いつもは、私が勝手に収穫した野菜を、女房がそれなりに工夫して料理することがほとんどなので、訳を聞いてみると・・・
突然ポタージュスープが食べたくなったというのです。
それも、葉物野菜を使った「グリーンポタージュ」を作りたくなったそうなんです。

そこで急遽、葉物野菜を収穫することになりました。

◆ 葉物栽培

うちの庭畑には、葉物野菜の畝が2本あります。
ともに、1.5mほどの短い畝です。

まずは、ちぢみ法蓮草水菜の畝から・・・

ちぢみ法蓮草と水菜の畝0222


手前がちぢみ法蓮草、真ん中が水菜、そして奥に見えるのが再生小松菜です。

水菜はだいぶ大きくなってきたけど、まだまだ収穫サイズにはほど遠いですね。

水菜0222


再生小松菜に至っては論外。
ちぢみ法蓮草も、虫害のせいで何度も蒔きなおしているので、大きさがバラバラです。
収穫サイズに達しているのは、向かって右端の一株ぐらいです。

ちぢみ法蓮草(1)0222


一株じゃあしょうがないと思ったものの、収穫してしまいました。

ちぢみ法蓮草(2)0222


まだ十分に縮れていませんね。
やっぱりちょっと早かったかも・・・

もうひと畝は、小松菜の畝です。

小松菜の畝0222


もともとは小松菜春菊を混植していたのですが、春菊はすでに全て収穫済みです。
あいた場所に、再生小松菜再生ネギを定植しています。

手前2列が小松菜ですが、小さい奴が再生小松菜になります。
奥に見えているのが再生ネギです。
共にどうやら活着してくれたみたいですね。

そこで、もともとの小松菜のうち、大き目なものを収穫いたしました。

小松菜の収穫0222


これだけあれば、ポタージュスープぐらいできそうですよね。


◆ 菜園料理

『小松菜とちぢみ法蓮草のグリーンポタージュスープ』

グリーンポタージュスープ0222


何の癖もない、美味しいポタージュになってくれました。
ほのかに、青菜のすがすがしい香りがして、大変美味しく食べられましたよ。
「春の香りを先取りしちゃいました!」と言ったところかな?


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

急遽、鍋になりました。

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

ありがたいことに暖かな日が続きました。
昨日の昼前まではぽかぽか陽気だったんです。

ところが、昼過ぎから北風が強く吹き始めると、一転真冬の寒さが襲ってきました( ̄▽ ̄;)ブルブル

「急なことで、夕ご飯はおにしたいけど、青物がないので何とかならないか?」との、料理担当者の鶴の一声で、葉物野菜を収穫することになりました。

ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ    
とても励みになります(^^♪ 


◆ 小松菜春菊の畝

青物を栽培している畝は2本あります。

一本は、「からし菜ちぢみ法蓮草水菜」の畝です。
こちらは、からし菜を収穫して、あまり間もなく、ちぢみ法蓮草水菜は発芽したばかりと言う有様です。

もう一本は、「小松菜春菊」の畝です。

小松菜と春菊の畝1206


手前が春菊、奥が小松菜です。
小松菜はまだまだですが、春菊は収穫サイズまで成長しているようです。

そこで、春菊を収穫して、小松菜も間引くことにいたしました。

春菊の収獲1206 小松菜の間引き菜1206


説明することもないけど・・・
左が春菊、右が小松菜の間引き菜です。
これだけあれば十分になるよね~!

春菊と小松菜1206


この葉物野菜を、適量ずつに投入。

春菊と小松菜の鍋1206


ほっこりおの出来上がりです。

具はあり合わせで、大したものは入っていません。
ツクネ、豆腐、さつま揚げ、ブナシメジ、ネギ、それに春菊と小松菜だけです。

寒い時はおに限りますな~!

採れたて野菜の美味しい事。
春菊などは、市販のものとは全くの別物と言った感じですね。
柔らかいのにシャキシャキで、えぐみが全くありません。
春菊の苦さが苦手な方でも、美味しく食べられそうな、さわやかな苦さですよ(⌒・⌒)ジガジサン


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

根菜(大根、人参、二十日大根、カブ)が育ちません!

本日もご訪問いただき、有難うございます。

今日は日本列島全体が高気圧に覆われて、気持ちの良い晴天に恵まれました。

◆ 根菜栽培について

根菜は、「大根」「人参」「二十日大根」「カブ」の4種類を育てています。

人参二十日大根を同じ畝に種を蒔いたのが、9月1日。
大根の種を蒔いたのが、9月12日。
カブの種を蒔いたのが、9月16日。

大根について』

播種から88日目になります。
現在の大根の畝の様子です。

大根の畝1209

ここ10日間ほど、葉に関してはほとんど成長していません。
肝心の根っこについてはどうかと試しに掘り上げてみました。

大根の間引き菜1209

なんとまぁ。細っこいことよ!
葉にしても高さ太さともに予想以上に貧弱ですね。
とても88日目とは思えません(T_T)
大根は、日当たりの悪い庭の中でもいくらかましな場所に畝を作ったのですが、それでもこの程度ですからね・・・

他はどうでしょうか?

大根1209

これなんかはちょっとはマシかもしれませんね。
ただでさえ生育が悪いのだから間引いて一本立ちにしないといけないのかな。
どうしてももったいないと思っちゃうんですよね。

カブについて』

カブは最も日当たりの悪い、というよりほとんど日が当たらない場所で栽培することになったので、大根よりもっと心配です。

現在の畝の様子です。

カブの畝1209

9か所に点播きしたのですが、今や生き残っているのは5本だけです。

カブ1209

ちょっぴりカブらしくはなってきましたか?
これからますます寒さがつのってくるのに、大きくなるのでしょうか?
心配は尽きませんね。

二十日大根について』

二十日大根って、早く育って収穫できるから「二十日」大根なんですよね~。
播種からちょうど100日目にあたります。
一番成長が悪く、葉も根っこもへそ曲がりのやつを採ってみますよ。

二十日大根の間引き1209

直径1センチ、長さ10センチといったところでしょう。
100日もかかって・・・
こんなものです。
「百日大根」と改名することにしますか?
でも、それらしく出来たので良しとします^^
他はもう少しましですからね♪

人参について』

人参に至ってはこのざまです。

人参の間引き菜1209

二十日大根と同じく100日目なんです。
まったく根っこが育っていません。
葉も貧弱そのものです。
いったいいつになったら収穫できるのか、あるいはまったく収穫できずに終わるのか・・・
これまた心配の種なんですよ。

◆ 今日の結論

同時期に、葉物野菜として、「小松菜」と「青梗菜(ちんげんさい)」と栽培していました。
青梗菜は、小さいながらもソコソコ採れたし、小松菜は優等生でしたよ。

どうやら、『葉物野菜は日当たりが悪くても育つけれど、根菜類は日当たりが悪いと育ちが悪い』と言うのが、現時点での結論のようですね。

根菜類は今のところ育ちは悪いかもしれませんが、もう少し時間をかけてじっくりと育ててみることにします。

私は結構しつこいのですよ。
諦めが悪いとも言いますがね。

最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


大根も人参も頑張ってくれ~!

本日もご訪問いただき、有難うございます。

一昨日昨日そして今朝とようやく寒くなってきました。
それでもこれでほぼ平年並みだそうです。
今まで暖かかったせいか、やけに寒く感じるのですけどね。

また、この秋は暖かい反面雨が多い気がします。
今後の予報も悪いので、昨日のうちに採れるものは収穫してしまいました。

◆ 根菜栽培について

大根について』

播種は9月12日。
71日目の状態と言うことになります。

大根1123

葉の一つを俯瞰すると、こんな感じ。

大根の葉1123

だいぶ大根の葉らしくなってきたように見えますね。
ただ、根元を拡大してみると・・・

大根拡大1123

「ありゃりゃ。まだこんなものか~ぁ!」

まるで鉛筆サイズですね。
70日以上かかってこれだけ・・・
作物って肥料だけでは育たないんですね。
お天道様のありがたさが良くわかります。

人参について』

さらに生育が遅れているのがニンジンです。
こちらは播種が9月1日ですから大根よりも生育が早くなければならないはずですよね。

人参の間引き菜1123

間引いてみましたがこんな状態なんです。
葉も小さいし、茎なんか貧弱すぎます。
しかも人参になっていません。
ほとんど根っこそのものですね。

繰り返しますが・・・

太陽ってすごい!

もともと日当たりの悪い庭の中でも、大根の畝よりさらに悪条件なのですが、「笑っちゃうしかない」有様です。

◆ 葉物野菜について

チンゲン菜について』

根菜が全く振るわないのに対して、葉物野菜は健闘しています^^

小松菜については前回の記事でご紹介した通り、日当たりの悪い中でも期待以上の収穫になりました。
※ 「小松菜の収穫」については ←ここをポチッ

チンゲン菜の収穫は・・・

チンゲン菜の収穫1123

これですべて収穫いたしました。
一番大きなもので15センチほどですかね。
チンゲン菜特有の葉元の太さは、かなり見劣りしますね。
それでも、小松菜の収穫の際に「チンゲン菜日照不足の影響をもろに受けている」と嘆いていましたが・・・
根菜と比べれば、一目瞭然、大健闘と言わざるを得ません。

◆ カップ麺プランター栽培について

カップ麺のカップをプランターに見立てて棚の上で栽培したものです。
※ 「カップ麺プランター」については ←ここをポチッ

ラディッシュを6鉢、カブを3鉢。
播種は9月22日のことでした。

カブ

カブ1123

葉と茎の大きさから考えてこれが限界だと思い収穫してみました。
これ以上大きくならないだろうし、ぐずぐずしていると「す」が入ってしまうからです。

大きさはこれくらい。

カブ収穫1123

やっぱりちっちゃい~(T_T)

ラディッシュ

ラディッシュ収穫1123

まぁ、こんなものですよ。
しつこいようですが、絶対的な日照不足の中、頑張ってくれたと思います^^

唐突ですが・・・

大根も人参も もっともっと 頑張ってくれ~


◆ 菜園料理

カブラディッシュの丸々甘酢漬け』

カブとラディッシュの甘酢漬け

チンゲン菜入り水餃子』

チンゲンサイ入り水餃子

小さくともカブはカブ。
ラディッシュとともに、一口サイズでおいしく頂けました^^

チンゲン菜も、ちゃんとチンゲン菜でしたよ。

女房に言わせれば・・・
「市販のぶっといチンゲン菜は、年寄りには硬すぎますよ。うちの方が、柔らかくて、それでいてしっかりシャキシャキ感もあって、よっぽど美味しかったですよ」と言うことになるんです。

持つべきものは良い女房

11月22日は「いい夫婦の日」だったそうですね。
遅ればせながら、思いっきり 惚気(のろけ) てみました^^♪


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR