ブロッコリーの赤ちゃん見っけ!

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

前回の豆類に引き続き、今回は葉物野菜についてのご報告です。

まずはブロッコリーから・・・
ブロッコリーって葉物だったかな?)


◆ ブロッコリー栽培

ブロッコリーは、「緑帝」(サカタ交配)を定植したのが、9月12日のことでした。
標準的な収穫期はとっくの昔に過ぎたのに、いつまでたっても頂花蕾を見ることが出来ませんでした。

うちの庭は日当たりが悪く、日照不足で成長がゆっくりなんですよね。
そのうち面倒くさくなって、チェックを怠っていたのですが、何気なしに覗いてみたら・・・
何と、何と!
ちっちゃいながらも、ブロッコリーの赤ちゃん(頂花蕾)が目に飛び込んできたんですよ~!!

ブロッコリー蕾GIF


まだ、500円硬貨の大きさに過ぎませんが、やっぱり花蕾が見えた瞬間は格別な感動があるものですね。
ホント~に、長かったものな~!
これから本格的な冬の寒さがやって来ますが、何とか収穫サイズまで大きく成長してくれるといいですね。


気を良くして、次は・・・

◆ からし菜の畝

まずは見ていただきましょう。

からし菜の畝1229


右の列が、「からし菜」(アタリヤ)です。
9/25播種、10/2発芽、11/4間引き、そして、12/2に1度目の収穫をしています。

中央が、「はやどり 京 サラダ水菜」(アタリヤ)です。
ここは、「サニーレタス」(アタリヤ)を3回も播種したのですが発芽せず、仕方なく水菜を11月6日に蒔いたものです。
やはりゆっくりとした成長ぶりですが、ようやく水菜らしくなってきましたね。

左の列は、「ちぢみ法蓮草」(アタリヤ)です。
9/25播種、10/2発芽しましたが、(おそらく)根切り虫のせいでほぼ全滅。
10/29蒔き直したものです。
同じく成長は遅いですね。
ホウレンソウは寒さに強いので、これからでも期待していますよ~

今回は、からし菜だけ、2度目の収穫を致しました。

からし菜の収穫1229


次も葉物野菜の畝です。

◆ 小松菜の畝


小松菜の畝1229


この畝も、虫害でいろいろあった畝です。
「中葉しゅんぎく」(トーホク)と「あまうま耐病小松菜」(サカタ)を、9月2日に播種しました。
それぞれ9/7、9/5に発芽したものの、虫に食いつくされて、10/15と10/25との2度、蒔き直しています。
そして、ようやく12月7日に、小松菜を間引き、春菊を収穫(1度目)をするまでになりました。

今回(12/29)、小松菜がだいぶ大きくなりました。
大きさにばらつきがあったり、春菊が混ざりあったりしているのは、何度も蒔き直しているせいなんです。

小松菜拡大1229


小松菜は、虫に食われた後もなくきれいな姿ですよ。
ただ、収穫にはちょっと早そうです。
丈がようやく15cmほどですかね。
あと5センチ大きくなったら収穫することにいたしましょう。
お雑煮には間に合わないかも・・・です。

春菊もまだ収穫には早そうです。
「春の七草」には入っていないけど、七草粥の頃に収穫出来ればいいですね。


今年も残すところわずかになりました。
これまでたくさんの方々にご訪問いただき、本当に有難うございました。

最後の最後に風邪を引いてしまい、皆様にご心配をお掛け致しました。
まだ本調子ではありませんが、何とか正月まで引きずらずに済みそうです。

この記事が今年最後の更新となります。
少し早いですが・・・また来年。

良いお年をお迎えください(⌒・⌒)



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スローなキャベツ・ブロッコリー

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

寒さはとっくに冬並みなのに、晴れが3日と続きませんね。
葉物野菜の成長が遅くて困っちゃいますよ。


◆ キャベツブロッコリー栽培

まずは、キャベツブロッコリー(購入苗)の畝を見てもらいましょうか。

キャベツ・ブロッコリーの畝1130


1m×1mの小さな畝に、画像の右上から左下に掛けて3株のキャベツ
「しずはま1号」(石井交配)を、9月12日に定植したもの。
真ん中のキャベツは、ブロッコリーの葉の陰で可哀そうな状態になっています。

「しずはま1号」は、定植後70日で1.5㎏の収穫サイズになるとのことですが・・・

キャベツ(1)1130 キャベツ(2)1130 キャベツ(3)1130


定植79日目にして、ようやく左右の2株が巻き始めたというところです。
真ん中のは、いまだ巻き始めてもいませんね。

日当たりが悪い庭での野菜作りで、日照不足は覚悟の上だから、標準より成長が遅いのは仕方がないのですが・・・
種苗会社の資料を見ると、「しずはま1号」は「耐寒性に劣る」品種らしいので、これから本格的な冬になってどうなるのか、少々心配しているところです。

不織布の中で窮屈になっているのですが、このまま外すことなく、さらに上からビニールシートで覆っています。
何とか寒さをしのいで、収穫まで持って行きたいものです。


同じ畝には、ブロッコリーが2株。
「緑帝」(サカタ交配)を、同じく9月12日に定植しています。

「緑帝」は、定植後80日で頂花蕾の収穫時期が来るのですが・・・

ブロッコリー(1)1130 ブロッコリー(2)1130


蕾らしきものすら全く見えておりません。
こちらは早春まで側枝を楽しめる品種なので、寒さはそれほど心配はしていません。
ただ、早く蕾を拝みたいと願うだけです。


今日のところは、下葉欠きをして、中耕・追肥して、最後に、
寒そうなので藁を敷いておきました。

下葉欠き1130 藁のマルチ1130


◆ からし菜ちぢみ法蓮草水菜の畝

この畝は、9月25日に、からし菜ちぢみ法蓮草サニーレタスを直播きしました。
からし菜ちぢみ法蓮草虫害で何度も蒔き直し、サニーレタスに至っては全く発芽せず、散々な結果でした。

それでもようやく、からし菜の一部が収穫サイズにまで大きくなってくれました。

からし菜の畝1130


手前の列がからし菜
真ん中の列が、水菜
奥の列が、ちぢみ法蓮草です。

からし菜が左右で大きさが違うのは、播き直したせいなんです。
水菜ちぢみ法蓮草は、何度も蒔き直しているのでまだまだ小さいですね。

そこで、からし菜をほんのちょっぴりですが収穫いたしました。

からし菜の収穫1130


◆ レタス栽培

サニーレタスが直播きでまったく発芽しなかったので、プランターで「ガーデンレタスミックス」を育てています。
10月16日のことです。

厚播きしすぎたので、間引きながら育てているのですが、またまたこんなことに・・・

ガーデンレタスミックス(1)1130


ひしめき合っている状態なので、慌てて間引くことにいたしました。
ここまで密集すると、ただ闇雲にむしり取ると言った感じになりますね。


ガーデンレタスミックス(2)1130


しゃがみこんで作業してたら、腰が痛くなってきたので、このくらいで止めにしました。
ちっとも減ってないよね~!

ガーデンレタスミックス(3)1130


時間をかけた割に少なかったですね。
これからも腰をいたわりながら、ぼちぼち間引いていこうと思っています。


◆ 菜園料理

『からし菜のかき揚げ

からし菜のかき揚げ1130


材料は、からし菜とサクラエビだけ。
カラッと揚がっていて、サクサクで美味しかったです。
以前、間引き菜を食した時にはほとんど辛みがなく、「本当にからし菜?」って感じで拍子抜けでしたが、今回は後味にピリッと辛みが残って、ようやくからし菜を食べた実感がわきましたよ。

ちなみに、右隅のちっこいやつ。
ピーマンを撤収した時に収穫した、赤ちゃんピーマンのかき揚げなんです。
ちっちゃいのに、ちゃんとピーマンの味がしました。
以外や意外、うまかったです!


『レタスいり玉子焼き』

レタス入り玉子焼き


うーん、微妙。
卵焼きとしては美味しかったけど、「レタスはどこに?」と存在感が皆無でした。
「彩りとしての役割しか果たしていない?」そんな感じかな。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

ホントに雪が降りました!!

雪の朝1124本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

24日は、本当にが降りました。
11月としては、54年ぶり。
11月の積雪は、観測史上初めてだそうです。

天気予報がばっちり当たった訳だけど、何と言ってもまだ11月ですからね。
はっきり言って半信半疑でした。

でも最悪の場合を考えて、23日に対策をしてみました。
結果的には、うっすらと積もっただけで、昼には雨交じりになって、すぐに溶けてくれました。
お蔭で被害はなく、良かったですよ。



◆ ピーマンの撤収

今年のピーマンは実に優秀で、8月以降はピーマンを購入せずに、自給自足が出来るほどでした。
いまだに、花を咲かせ、小さな実も結実していますが、さすがに大きくならなくなってきていました。
それでもなかなか決断がつかなかったのですが、が降る予報が出たのを機に、撤収することにいたしました。

ピーマンの残渣1124


育てていたのは、土佐グリーン1株と接ぎ木ピーマン(品種不明)2株です。
3株の残渣がこれくらい。
長いこと頑張ってくれた割りには、少ない量でびっくりです。

2つ隣の畝で線虫被害が出ているので、念のために根っこを引き抜いて調べてみました。

ピーマンの根1124


根こぶはなく、健全な根で安心しましたよ。

そして最後の収穫です。

ピーマン最後の収穫1124


比較的大きなものだけカウントして・・・
土佐グリーン:6個
接ぎ木ピーマン:11個
と、させていただきました。

本当に頑張ってくれました。ありがとう!
記念に花を2輪、添えておきました。


◆ 雪囲い

毎年(と言っても2年目ですが)、夏の日よけとして活躍した簾(すだれ)を、雪囲いとして活用させています。

・袋栽培

今年は、袋栽培の場所を囲うことにしました。

雪対策(1)1124


ゴボウキャベツ・茎ブロッコリー(育苗)を、袋栽培していましたが、キャベツと茎ブロッコリーを隣の畝(画像右下)に移植したので、今は、ゴボウだけになっています。

簾を立てかけて、支柱に麻ひもで留めています。
不要の時は巻き取って、左サイドに納めて置くようになっています。

キャベツと茎ブロッコリーを移植した畝には、簡易的にビニールシートをかぶせてみました。


・豆類栽培の畝

雪対策(2)1124


母屋と西側のブロック塀とに挟まれた狭い通路には、ソラマメ・つるありスナックエンドウ・つるあり絹サヤを直播きしています。
ここも簾で雪囲いです。

巻き取って納めるというのはこんな感じですよ。

豆類の畝1125


◆ その他の畝

雪対策(3)1124


他の畝は、画像の下(手前)から、「小松菜と春菊」「からし菜、ちぢみ法蓮草と水菜」「キャベツブロッコリー(ともに購入苗)」の畝が並んでいます。

この3つの畝は、ビニールシートを掛けて雪対策といたしました。

その一つ奥が、ピーマンを撤収した畝です。
ここはとりあえず、使いまわしの不織布をべた掛けにしてみました。
まだ何も植えていないので、形だけと言った感じです。

その奥が、「イチゴ」と「ニンニク」の畝になります。

ここは、イチゴとニンニクが寒さに強そうなので、ほったらかしでした。

雪の畝1124


こんな感じで、雪がうっすらと積もりましたが・・・

イチゴの畝1125


雪が融けたら、何事もなかったかのようにしていますよ。
ただ、よくよく考えてみたら、この畝には、袋栽培で間引いたキャベツと茎ブロッコリー1株ずつを移植していたので、そこだけは何か対策を採ってあげた方が良かったもしれませんね。

なお、画像の左端に写っているプランター(ガーデンレタスミックス)は、大庇(ひさし)の奥に避難させています。
ご安心を・・・

この画像には映らなかった畝がもう一つあります。

雪対策(4)1124


大根の畝です。
大根は特に虫害がひどくて、2回も蒔き直しています。
ようやく大根らしくなって来てくれたところなので・・・

大根の畝(1)1122


防虫ネットの上から、念入りにビニールシートをかぶせておきました。

繰り返しになりますが、雪も降り、積もるには積もりましたが大した積雪量でもなく、また、すぐに溶けてくれたので、被害もなく済んで、ホッと致しました(⌒・⌒)ヤレヤレ



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

蒔き直し、また蒔き直し。

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

北海道では、11月としては20年ぶりの大雪で大変みたいですね。
東京も例年に比べて、冬の訪れが早くなりそうな気配です。

今年は、春から今に至るまで、虫害に悩まされ続けてまいりました。
そのため、秋野菜は蒔き直しに次ぐ蒔き直しと言った状態です。


◆ 根菜栽培

大根カブの畝

「冬どり あまうま大根(サカタ)」と「あずま金町かぶ(トーホク)」を播種したのが、9月14日のこと。
防虫ネットをしたにもかかわらず、初めから虫害に遭って、まず9月25日には早くもカブを蒔き直しました。

さらに、10月16日・・・

根菜の畝1016


この様な状態で、今度は大根を蒔き直す羽目に至りました。

そして現在・・・

大根の畝(1)1104


防虫ネット越しでわかりにくいですが、大根カブもようやく虫害もおさまって、それらしい形を保ってくれています。
ホッと、一安心と言ったところです。

ゴボウの袋栽培

ゴボウの袋栽培を始めたのが、9月17日。
「山田早生(タキイ)」を播種しました。
発芽は9月23日に確認しました。

その後、バッタに食われまくって、10月14日に、蒔き直しをしています。

ゴボウの袋栽培(1)1031


現状はこんな感じ。
正確に言うと、9月31日の状態ですが、ゴボウは成長がゆっくりなので、今もあまり変わってはいません。

中央の袋は全て蒔き直しました。

ゴボウの袋栽培(3)1031


そのため、葉の大きさがそろっています。
まだ本葉は出ていませんね。

左右の2つの袋は・・・

ゴボウの袋栽培(2)1031 ゴボウの袋栽培(4)1031


本葉が出ている株と、双葉だけの株が混在しています。
つまり、双葉だけの株が蒔き直しの株と言うことです。


◆ 葉物栽培

小松菜春菊の畝

「あまうま耐病小松菜(サカタ)」と「中葉しゅんぎく(トーホク)」を播種したのが、9月2日。
小松菜は9月5日に、春菊は9月7日に、発芽を確認。

これまた、播種と同時に防虫ネットをしたにもかかわらず、虫の餌食になってしまいました。

葉物2種1015


小松菜(手前2列)の葉はボロボロ、一部が歯抜け状態になっています。
春菊(奥1列)に至っては、半分が根切り虫(カナブンの幼虫か?)にやられて溶けてなくなっています。

そこで、一度目の蒔き直しを致しました。
この時、徹底的に土をほじくり返して虫を駆除したつもりでおりましたが・・・

さらに虫害が広がり、小松菜が見るも無残な状態になったので・・・

虫食い小松菜1021


10月21日に、全て撤収して、2度目の蒔き直しを致しました。
この時見つけた虫がコレ!

害虫1025←クリックすると大きくなります。虫嫌いな方はそのままスルーしてね。


そしてこれが、10月25日の様子です。

葉物2種1029


小松菜にしろ、春菊にしろ、大きさがまちまちなのは、2度も蒔き直しをしたためです。

そして現在・・・

小松菜と春菊の畝1104


今までとは逆方向から撮った画像になります。
今のところ虫害は収まっているように見えます。
急に寒くなったためかな?
駆除した虫の数が少なかったので、取り切れたとは思っていません。
まだ安心するのは早いかも・・・

ちぢみ法蓮草からし菜の畝

「からしな」「サニーレタス」「ちぢみ法蓮草」(すべてアタリヤ)を播種したのが、9月25日。
からし菜ちぢみ法蓮草が発芽したのが、10月2日。
サニーレタスはまったく発芽せず、さらに2度蒔き直したけど、やはり発芽しなかったことはご報告した通りです。
※ 過去記事は→ポッチトナ

葉物3種1029


ちぢみ法蓮草は、4株を残して根切り虫に食われたので、10月29日に播き直しました。
そして、11月4日に発芽を確認。

ちぢみ法蓮草1104


寒さのせいか、発芽率は40%足らずと言ったところでしょうか。

2日後の11月6日。
中央の列(サニーレタスが発芽しなかった列)に、水菜の種を蒔きました。

水菜の種1106

「はやどり 京 サラダ水菜(アタリヤ)」です。
11月でも間に合う野菜を探した結果、これに決めました。
播種の適期期限が11月半ばだということで、ギリギリセーフですね。

そして、この日、からし菜を間引いて、土寄せを致しました。

からし菜の間引き菜1106


少し虫食いがありますが、この程度なら良しとします。

早速、一品作ってもらいました。

からし菜の間引き菜の胡麻和え』

からし菜の胡麻和え1106


からし菜だから辛みがあると思っていたのですが、未熟なせいかほとんど辛さを感じませんでした。
でも、シャキシャキしていて、美味しかったですよ(^^♪



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

ニンニクの芽が出た?出ない?

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

天気予報ほどの秋晴れにはなりませんが、それでもようやく天気が安定してきましたね。

しか~し!
日一日と太陽の軌道が低くなって、もともと日当たりの悪いうちの庭には、きびしい季節がやってきましたよ。
まあ、そんなことは百も承知、二百も合点・・・今更嘆いてもしょうがありません。

日当たりが悪ければ悪いなりに、工夫をしながら今年の秋冬も頑張ろう~

とは言うものの、家庭菜園2年目の今年は・・・
今までも、そして現在も、いろいろ試練を与えてくれます。


◆ ニンニク栽培

ニンニクの芽が出たような出ないような・・・やっぱり出ていない?

ナスの後作として、ニンニクイチゴと混植しました。
9月25日のこと。

そして昨日の様子は・・・

イチゴとニンニクの畝1014


イチゴを挟んで、向かって右に、「青森産ニンニク」6片。
左には、「スペイン産ニンニク」7片。

ともに、栽培用のニンニクが手に入らず、食用のニンニクで代用しています。

見えますか?
イチゴの左に何やら芽のようなものが。
拡大して見ますね。

ニンニク(スペイン産)発芽1014


スペイン産のニンニクの芽です。
これ以外、まったく発芽を確認できません。

地中で腐っちゃったのか、それとも遅れて出てくるのか?
確かめずにはいられません。

そこで・・・1か所だけ掘ってみた。

ニンニクを掘ってみた1014


どうやら腐ってはいないみたいです。
もう少し拡大して見ましょう。
(ピントが合っていませんが・・・)

掘り出したニンニク1014


根っこが生えてる。
と言うことは、これから芽が出る可能性が高い?
発芽した奴が早すぎた?

もう少し様子見をして見ます。


◆ ゴボウ袋栽培

ゴボウ袋栽培を始めたのが、9月17日のこと。
9月23日には発芽を確認。

先日虫に食われていることはご報告いたしましたが、本葉が食われていないのでそのまま様子を見ていました。

ところが・・・昨日の状態です。

ゴボウの袋栽培(1)1014 ゴボウの袋栽培(2)1014 ゴボウの袋栽培(3)1014


さらに被害が進んで、本葉もほとんど食いつくされています。

幾株か本葉が残ったものを除いて、蒔き直しました。

ゴボウの蒔き直し1014


それにしても、虫害があったとしても成長が遅かったですね。
もうすぐ播種から1か月ですよ。
天候不順と日照不足ですかね。

それに、今にしても、犯人検挙に至っていません。
葉の裏も全て調べたし、土をほじくり返しても見たけど、夜盗虫もいませんでした。
バッタが一番怪しいですが、念のために・・・

ゴボウの袋栽培(4)1014


不織布で覆ってみました。
今度は良い結果を願いたいものです。


◆ 葉物栽培

虫つながりですが・・・

小松菜春菊の畝も虫害に悩まされています。

小松菜と春菊の畝1014


防虫ネットを掛けていたのに、この有様です。

小松菜の被害・・・

小松菜1014


春菊に至っては、左半分が完全に溶けて無くなっちゃったって感じです。

春菊1014


この畝も日照不足で、成長が遅いですね。
播種が9月2日なのですから。

虫害も、9月の末には気が付いていたのですが、腰痛のために(このことは封印すると前回の記事で書いたけど・・・やっぱり愚痴りたくなります)、処置できませんでした。

そこで昨日、徹底的に探してみたところ、やっぱりいましたよ。

犯人(1)1014←クリックすると大きくなりますよ~

葉の裏に青虫が1匹。

犯人(2)1014←虫嫌いの人はクリックしないでね~

夜盗虫と正体不明の幼虫が1匹づつ。

でも、これ以上見つかりませんでした。
食われ方から言って、これだけとは思えません。
不安はあるものの、被害にあった場所に種を蒔き直しておきました。


去年の今頃は、小松菜の畝も大根の畝も、ネット掛けで虫害とは無縁でした。
種を蒔くと同時にネットを掛けたのに、何処から入ってくるのでしょうか?
前作のジャガイモの時から、土の中に潜んでいたのでしょうか?
畝を作り直すときに、もっと徹底的に土をふるいにかけるとか、熱殺菌するとか、防虫対策をするべきでしたね。

繰り返しになりますが、家庭菜園も2年目になると、いろいろ起こってくれますね(⌒・⌒)




最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 



 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR