トウモロコシを定植しました。

こんにちは~🎶
ヤクモンの家庭菜園へ、ようこそ^^♪

花冷えから一転、春爛漫へ。
目まぐるしく変化はしても、やっぱり春は春なんですね。

うちの庭には、野菜の花を除くと、育てている草花がないんですよ。

育ててはいないけど・・・
畝の間や庭の片隅に・・・

スミレの花とか・・・

スミレ0408


スミレって、種類がとてつもなく多いから、本当の名前は解りません。

あるいは、イヌノフグリの花とか・・・

イヌフグリの花0408


雑草と、ひとくくりでかたずけられちゃうけど、よく見ると可憐で美しいものですよ。

ちっちゃいから見過ごされちゃいそうですが、意外ときれいなのがハコベの花ですね。

ハコベの花0408


ホント、春っていいですね~♪


◆ トウモロコシの定植

トウモロコシの種を蒔いたのは、3月19日でした。
品種は「黄もち玉蜀黍」(野口種苗)、固定種です。

セルトレイ15個に、1粒ずつ播種しました。
3月25日に発芽を確認。
結局、12株が発芽、3株は発芽しませんでした。

1週間前には、定植しても良いサイズになっていましたが、寒かったり、雨が降ったりで、延び延びになっていました。

トウモロコシの苗0412


定植するのは、いわくつきの畝です。
去年、根こぶ線虫被害に遭って、トマトとキュウリがほぼ全滅した畝です。

それなりの対策はしましたが、はっきり駆逐できたという確信が持てないので、2、3年は根こぶ線虫に耐性のあるトウモロコシと枝豆を育ててみるつもりなんです。

とりあえず、畝に12株のトウモロコシを並べてみました。

トウモロコシの畝(2)0412


真ん中に見えるのは、畝の表面に積み上げていた藁やら残渣やら雑草やらを中央に寄せたものです。

発育の良い10株だけを定植するか、生育状態の見劣りする2株を含めた12株すべてを定植するかで悩みましたが・・・
種から育苗したせいか、はじくに忍びなくなっちゃって、結局全部定植することに。
結果、株間が少々狭くなっちゃったような気がします・・・まっ、いいか。

こんな感じですよ。

トウモロコシの畝(4)0412


トウモロコシがうまく活着した後に、畝の真ん中には、枝豆の種を直播きするつもりです。


◆ 冬を越した根菜の間引き

まずは、ゴボウ袋栽培から。

ゴボウの袋栽培(2)0331


ゴボウ袋栽培を始めたのが、去年の9月17日のこと。
冬越えをしてようやく葉が大きく育ってきたところです。

栽培当初、まだ本葉が出たばかりの頃に虫害がひどかったので、この日も葉裏を調べていると・・・

間引き忘れたゴボウ0412


間引き忘れを見つけました。
一袋につき5株に間引いたつもりだったのですが、見落としがあったようです。
生育具合を見るのにちょうど良いので、これ幸いと間引いてみました。

ゴボウの間引き菜0412


まだ細っこいですが、まっすぐ伸びていますね。
長さ30㎝程でした。
これからどんどん暖かくなって日も当たるようになるから、楽しみになりました。

次に、やはり冬越えした人参の様子です。

間引く前のニンジン0412


盛んに花を咲かせているソラマメの手前に見えるのが、人参リトルキャロット)です。
播種したのが、同じく去年の9月1日ですから、長い時間かけて冬を越えて、ほとんど雑草と見間違えそうな感じです。

秋から冬にかけて、日が全くと言っていいほど当たらなかったので、成長があまりにも遅くほったらかしになっていたせいです。
春になって日が当たりだしたら、急に葉が大きくなって、こんな密集状態になっていました。

そこで遅ればせながら間引いてみましたよ。

人参の間引き菜(1)0412


半年以上たってこんなものです。

一番大きいのでも・・・

人参の間引き菜(2)0412


やっと、こんな感じです。
細いですね~!
でも、リトルキャロットとしたら、長さはこんなものだと思うので、後は太ってくれれば収穫サイズになるかも・・・
ただ、太るのが早いか、とう立ちするのが早いか、微妙なところかもしれませんね。

間引いた後は・・・

間引き後の人参0412


周りに藁とか残渣があったり、雑草が生えていたりで分かりにくいかもしれませんが、だいぶすっきり致しました。


◆ 菜園料理

人参丼』

人参丼0412


緑色のが、「人参とゴボウの葉の胡麻和え」。
オレンジ色のが、「間引き人参の甘辛煮」。
黄色いのは「玉子のそぼろ」で、天盛りは「紅ショウガ」です。

人参の葉の、何とも言えない香りが好きだな。
少し茎が堅くなってるのがちょっぴり残念。

間引き人参は、柔らかくて全く癖がないんです。
人参が大嫌いな子供に食べてほしいですね。
いっぺんで人参が好きになること間違いありませんよ!


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

キャベツ、ブロッコリー、茎ブロッコリー

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

いつの間にか、一月も月末。
まだまだ寒い日が続きます。

厳しい寒さのために、あるいは日当たりが悪いせいなのか、野菜の成長が遅いこと遅い事。
ネタ不足でついつい記事の更新をさぼっていました(゚_゚i)タラー

そこで、開き直って、しばらくは「成長の遅い事」をネタにしようかな。

◆ 購入苗の「キャベツ」と「ブロッコリー

まずは、キャベツから・・・
定植は、9月12日。
品種は、「しずはま1号」(石井交配)

現在の様子は・・・

キャベツ(1)0127


いまだに巻きそうで巻かない状態です。
寒いうちに収穫サイズに達しそうにもありません。

おそらく暖かくなってから巻き始めると思います。
そして、収穫サイズになる前にとう立ちしてしまうのでしょうね。
去年がそうでしたから・・・
と言いながらも、どこかで「何とかなるんじゃないかな~」って思っていますけどね。

次に、ブロッコリー・・・
定植は、同じく9月12日。
品種は、「緑帝」(サカタ交配)です。

現在の状態は・・・

ブロッコリー0127


頂花蕾がようやくビリヤードのボールほどの大きさでしょうか。
ブロッコリーの方が、キャベツより寒さに強いと見えて、順調にいけば収穫出来そうです。

このキャベツブロッコリーの畝は、日当たりの悪いうちの庭畑のど真ん中にあり、一番条件の良い場所になります。
それでもこれですから、後は「推して知るべし」ですね。


◆ 種から育てた「キャベツ」と「茎ブロッコリー

まずは、キャベツから・・・
品種は、「レンヌ(早生)」(タキイ)です。
播種が、8月2日。
発芽が、8月5日。
袋栽培で、9月25日定植。

袋栽培の場所が思ったほど日が当たらず生育が遅いので、畝に移植したのが11月22日のことでした。
※過去記事は➡ポチットナ

現在の様子がコレ。

キャベツ(3)0127


比較対照するものがないので分かりづらいですが、本当に小さいミニサイズなんですよ。
画像の右に見えている再生ネギと比べてみてくださいな。

もう少し拡大・・・

キャベツ(4)0127


それでも、健気に巻こうとしているようにも見えます。
このまま巻いても、芽キャベツを少し大きくしたぐらいにしかなりそうにありませんね。

次に、茎ブロッコリー・・・
品種は、「スティックセニョール」(サカタ)です。
播種が、8月2日。
発芽が、8月6日。
袋栽培も、畝に移植したのも、キャベツの「レンヌ」と同じです。

現在の様子から・・・

スティックセニョール(1)0127


これも、画像の左に見える再生ネギと比べると、その小ささが解ってもらえるかもしれませんね。

でもでも・・・

スティックセニョール(2)0127


頂花蕾が見えるでしょうか?

もう少し拡大すると・・・

スティックセニョール(3)0127


パチンコの玉ほどの大きさです。
小さいながらも頑張っててくれています。
ちょっと感動ものかも!


最後にちょっとおまけで・・・

再生水菜0127 再生小松菜0127


左が再生水菜で、右が再生小松菜です。

スティックセニョールの右隣に、再生水菜を定植したのが、去年の12月14日でした。
遅れて、再生小松菜の第1弾を定植したのが、今年に入ったばかりの1月4日のことです。
再生水菜の定植は➡ポチットナ  
 再生小松菜第1弾の定植は➡ポチットナ

再生水菜も、再生小松菜も、どうやら活着してくれたようです。
これまた、寒さのせいか成長はかなりスローモーと言うか、ほとんど大きくなってはいませんけどね。


次回は、「根菜」について、「成長の遅さ」のご報告でも致しましょうかね。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

再生野菜を定植するの巻

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

今日は、普通の野菜栽培の話ではなく、野菜の再生栽培だけのお話ですよ。


◆ 野菜の再生栽培

今年も寒くなると同時に始めた野菜の再生栽培
現在の様子がこれですよ。

野菜の再生栽培(1)1213


現在、再生ネギ16本、小松菜30数株、水菜4株です。


ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ    
とても励みになります(^^♪ 


再生野菜は、新しい根が生えたら畑に定植するのですが・・・

まずは、再生ネギから。

再生ネギ1213


根の部分を拡大すると・・・

再生ネギの根1213


ネギは、泥付きネギを使っているので、もともとの根っこが付いています。
その根を囲うように伸びる長くて真っ白なのが、新しく生えて来た根です。


次に、小松菜。

小松菜の再生栽培1213


再生栽培を始めたばかりのものから、1か月たって葉がだいぶ伸びたものまで、様々なものが混在しています。
そんな中で一番の古株を見てみましょう。

小松菜の再生栽培(2)1213


1か月以上経っているのに、思ったよりも根が細いし本数も少ないですね。

以外だったのが、水菜です。

再生水菜の根1213


画像はボケていますが、しっかりした根が生えています。
同じく1か月ものなのですが、小松菜より良い感じですよ。

実は去年と逆なんです。
去年は、小松菜の方が成長がはやく、水菜はなかなか根っこが生えてこなかったんです。
やり方は全く一緒なのに、この違いは何なのでしょうね。
良く解りませんが、やっぱり面白いものですねー!

そこで、今日のところは、こちらを定植することにいたします。

定植予定の再生多彩1213


再生ネギ5本と再生水菜2株です。
これを、根こぶ線虫被害にあって、対策を施して様子見の畝に、定植することに・・・
根こぶ線虫対策については➡ポチットナ

現在は、袋栽培でなかなか大きくならなかった、キャベツとスティックセニョールを 、畝の中央に移植して育てています。
その左手に再生ネギを・・・

再生ネギの定植1213


右手に再生水菜を・・・

再生水菜の定植1213


それぞれ定植いたしました。
再生野菜は、この畝を中心に、しっかりした根が生えたものから順次定植していくつもりです。
栽培地が足りなくなったら、またその都度考えるつもりですよ。


もう12月も半ばに差し掛かってきました。
何時霜が降りてもおかしくないし、雪が降ることもあるでしょう。

取りあえずその対策もすることにします。

まずは、草マルチ。
保温、保湿、霜対策と緑肥を兼ねています。

緑肥で草マルチ1213


草マルチの材料ですが・・・
緑肥作物として、「えん麦」と「ライ麦」を混ぜて、畝脇の通路に播いておいたのが、ようやく程よい高さまで成長してくれたんです。

緑肥1213


葉の高さが分かりづらいので、比較するために「エリン」に登場してもらいますね。

猫草とエリン4


うちの飼い猫です。
えん麦ライ麦緑肥がお気に召したようで、猫草としてよく食べるんですよ。
今まさに、一本の葉をパックンとくわえた瞬間です。

猫の背と比較して、けっこうな高さになっていると納得していただけたかな?
良く解らない?飼い猫を登場させたかっただけ?そうなのかな~?

最後に、ビニールシートで屋根を作ってみました。

根こぶ線虫被害の畝1213


支柱は、トマト栽培のために立てたのですが、根こぶ線虫被害が治まったことが確認できるまでは、抜くつもりがないんです。
線虫は土と一緒にほかの畝に広がる可能性があるので、下手に抜いて被害を拡大させないためです。

そのせいで、支柱が邪魔をして、普通のテントを張れません。
苦肉の策で、支柱を利用して屋根を作ったと言う訳です。

横から見るとこんな感じ。

根こぶ線虫被害の畝(2)1213


今のところ、裾は全くのがら空きです。
寒さに従って、追々囲って行くつもりです。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

ソラマメ、絹サヤエンドウ、スナックエンドウで豆尽くし

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

気が付けば、いつの間にか12月になっていました┐(´-`)┌ イマサラ?
何か今年もあっという間に終わっちゃいそうで~す。

ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ    
とても励みになります(^^♪ 


◆ ソラマメ絹サヤエンドウ、スナックエンドウ

豆類を播種したのが、11月3日のこと。
母屋と西側の塀に挟まれた狭い通路に2本の畝を作って直播きしました。
※豆類の播種については➡ポチットナ

庭に近い畝には、「一寸そら豆」(アタリヤ)を、3か所に2粒づつの点蒔きです。
その奥の畝には、「赤花つる有り絹さやえんどう」(アタリヤ)と「つる有りスナックえんどう」(アタリヤ)を、それぞれ2か所に3粒づつの点蒔きにしました。

それぞれの昨日の状態です。

まずは、ソラマメの畝から。
べた掛けの不織布を外すと・・・

ソラマメ(1)1204


3か所合計6粒全てが発芽しています。
1か所を拡大して見ます。

ソラマメ(2)1204


まだ葉が開ききっていないけど、まずまず軸がしっかりしている感じですね。
もう少し大きくなったら間引くつもりです。


次に、エンドウの畝です。

エンドウの畝1204


手前の2か所が、絹サヤで、奥の2か所がスナックえんどうです。

それぞれ拡大して見ましょう。

絹サヤ1204 スナックエンドウ1204


画像の左が絹サヤ、右がスナックエンドウです。
同じえんどう豆なので、この時期では全く区別がつきませんね。


お豆さんが、なかなか発芽してくれなかったので、心配になって保険を掛けることにしました。
ポットで育苗をしていたんです。
11月19日のことです。
※豆類の育苗については➡ポチットナ

昨日の様子がこれ。

豆類の育苗(1)1204


一回り大きいポットで、青いコーティングの豆が、ソラマメです。
ソラマメの左の3つのポットが、絹サヤで、ソラマメの下の3つのポットが、スナックエンドウです。

絹サヤに比べると、スナックエンドウの発芽率が悪いようです。
ソラマメは、2粒に発芽の兆候が見られます。

豆類の育苗(2)1204


ちょろっと、芽らしきものが見えていますよね。
育苗したお豆さん達は、ピーマンの後作として定植するつもりです。
まだまだ先のことになりそうですね。


◆ 袋栽培

ゴボウ、キャベツブロッコリーで、袋栽培をしていたのですが、ゴボウを除き成長が遅いので、キャベツスティックセニョールを、根こぶ線虫被害の畝に移植したことはご報告済みです。
※過去記事は➡ポチットナ

袋栽培キャベツブロッコリーは、種から育苗したものなのですが、ヒョロヒョロの徒長苗が多くて、何処にも定植せずに、ほったらかしにしていたスティックセニョールの苗があるんです。

ほったらかしのスティックセニョール1130


ポットのままで大きくもならず、かと言って枯れることもありません。
そこであいた袋を再利用して、また袋栽培にして見ることにいたしました。


スティックセニョールの袋栽培1204


もともとが徒長苗だし、ポット上げもせずにいたので当然老化苗になっているので、何処まで成長するか分かりませんが、物は試しと言った感じですかね。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

どうしてこうなるのかな?

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

家庭菜園で野菜を作るようになって2年。
思う様にならないことが多いですが・・・
今日は、「どうしてこうなっちゃうのかな~」と言うお話から。

◆ レタス栽培

サニーレタスを畑の畝に直播したのが、9月25日のこと。
ただ、まったく発芽することなく、蒔き直したのにまたまた発芽しませんでした。
結局、3回目もやはり発芽しないので、「サニーレタスの種に問題あり」と勝手に結論付け致しました。

でも、さすがに3回目の播種の時には、訳が分からないし、自信もないしで、保険を掛けることにいたしました。

ガーデン・レタスミックス」の種を、2つのプランターに、覆土の仕方を変えて播種してみたんです。
※過去記事は➡ポチットナ

それがこんなことになっています。

ミックスレタス(1)1116


いくらなんでも蒔き過ぎですよね~!
レタスに関しては、よっぽど自信がなかったのでしょうね。

本葉がやっと出てきたので、間引くことにいたしました。
これだけ密集しちゃうと、どれをどうやって間引いたらいいか良く解りません。
まさに適当にむしるだけと言った感じです。

間引いた後。

ミックスレタス(2)1116


間引き終えた後は、かなり思い切って間引いたつもりだったのですが、今画像を見ると、「何処を間引いた?」と思うくらいですね。
すぐに2回目の間引きをする必要がありそうです。

間引きと言えば・・・


◆ ゴボウ袋栽培

ゴボウ袋栽培を始めたのが、9月17日。
バッタの食害で蒔き直したのが、10月14日。

そして、現在の様子です。

ゴボウの袋栽培(1)1116


もう少し拡大して見ます。

ゴボウの袋栽培(2a)1116 ゴボウの袋栽培(3a)1116 ゴボウの袋栽培(4a)1116


少し大きな葉が見えるのが、バッタの食害を免れた株です。
双葉から小さな本葉が出ているのが、蒔き直した株です。

今回は、蒔き直した株だけを間引きました。

ゴボウの袋栽培(2b)1116 ゴボウの袋栽培(3b)1116 ゴボウの袋栽培(4b)1116


余り代り映えしませんが、真ん中の袋では全て蒔き直しているので、スッキリしていると思います。


さらに、間引く予定が・・・


◆ 小松菜春菊

木蓮の真下で一番日当たりの悪い畝に、小松菜春菊を播種したのが、9月2日。
こちらも虫害で蒔き直したのが、10月15日。
さらに、小松菜は10月25日にも、蒔き直しています。

これが現在の状態です。

小松菜と春菊の畝(1)1116


最初は、手前の2列が小松菜で、奥の1列が春菊でした。
最前列の右端に春菊があるのは、虫害に遭った小松菜を撤収した後に、間引いた春菊を移植したためです。
全体的に大きさに違いがあるのは、何度も蒔き直したからです。

今回は、小松菜だけを間引いてみました。

小松菜と春菊の畝(2)1116


少しはスッキリしたかな?

それにしても、日照不足のためか、どれもこれも成長が遅いですね。


◆ 収獲

・11月15日

ピーマン:土佐グリーン4個、接ぎ木ピーマン3個。

収獲1115


ピーマンはまだ健在です。
ただ、これまでと違う現象も。
いまだに花が咲き続けていますが、結実しないで散ってしまう花が出てきました。
そろそろ終わりが近づいているのかな?

・11月16日

ゴボウとレタスの間引き菜

ゴボウとレタスの間引き菜1116


小松菜の間引き菜

小松菜の間引き菜1116


昨日は、寒かったので、この間引き菜を使ってお鍋になりました。


◆ 菜園料理

間引き菜1116


左が小松菜、右がレタスの間引き菜です。
右の奥にちょこっと見えるのが、ゴボウの間引き菜です。

間引き菜鍋1116


みそ仕立ての熱々お鍋です。
具材は、豆腐、ネギ、キャベツ、卵、ツクネ2種(合い挽き肉、ツナ)
最後に3種の間引き菜を乗せて・・・どうぞ、召し上がれ!



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR