春大根と春人参

こんにちは~🎶
ヤクモンの家庭菜園へ、ようこそ^^♪

今日も春らしく、お花の話題から。

今、菜園で一番目立っているのが、豆類の花です。

まずは、ソラマメの花。

ソラマメの花0408


次に、スナックエンドウの花。

スナックエンドウ0415


スナップエンドウ」の方が一般的ですが、うちのは種袋を読む限り「スナックエンドウ」ってなっています。
種苗会社の都合なんでしょうかね。

最後は、赤花絹サヤエンドウの花。

赤花絹サヤ0415


花が盛んに咲いて、楽しみにしているのだけれど、なかなか実が結ばないんですよ。
なんて心配していたら・・・
葉の陰に隠れて、一つだけ莢(サヤ)を見つけました。

スナックエンドウのサヤ0415


スナックエンドウの可愛い莢です。
よくよく探してみましたが、後にも先にもこれだけでした。


◆ 春大根春人参の畝

現在の、春大根春人参の畝の状態です。

春ダイコン 春人参の畝0415


春大根:「春神楽(タキイ)」 1/18 播種(初回)発芽せず。3/2 蒔き直し。3/22 発芽。
     6か所の点蒔き。
春人参:「いなり五寸(タキイ)」 1/18 播種。2/28 発芽。
     春大根を避けるように筋蒔き。

春大根は、土寄せだけですが、春人参は2回目の間引きを致しました。

間引く前はこんな感じ・・・

春人参間引き前0415


1回間引いたとは思えないほどに密集していますね。
一株一株がまだ細いので、この時期の間引きは苦手です。

春人参間引き後0415


どうでしょうか?
多少はスッキリとしたかな?
もう少し成長したら、最後の間引きをすることにいたします。

間引き菜もそれなりに採れました。

春人参の間引き菜0415


人参の間引き菜は、家庭菜園ならではの楽しみなんです。

葉付きの大根は、八百屋やスーパーでも時々見られますが、葉のついた人参はまず手に入りません。
これがまた、何とも言えぬ歯ごたえと香りで、病みつきになる美味しさなんです。


◆ 菜園料理

『人参と人参の葉のかき揚げ』

人参の葉のかき揚げ0415


定番中の定番料理ですね。
間引き人参の葉は、画像で見るとそこそこの量に見えますが、ゆでたり炒めたりすると、嵩が減って食べごたえがなくなっちゃうので、かき揚げにしたそうです。
人参の葉のかき揚げは文句なく美味しかったです。
ただ、人参そのものは市販のものなのが残念ですね(>_<)


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 

 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

春の七草

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

昨日は『春の七草』でしたね。

芹(セリ:芹)、薺(ナズナ:ぺんぺん草)、御形(ゴギョウ:母子草)、繁縷(ハコベラ:コハコベ)、仏の座(ホトケノザ:小鬼田平子)、
菘(スズナ:)、蘿蔔(スズシロ:大根
※(読み方現在の名称

芹、カブ)、大根はともかく、ナズナ、ゴギョウ、ホトケノザは、まず見る機会がありません。
スーパーや八百屋で、「七草セット」として売られているようですが、わざわざ買う気にはなれませんね。
ハコベは、うちの庭畑の畝の脇にも結構生えていますが、雑草と言うイメージの方が大きくて、食べる気がしません。

伝統的と言うか、呪術的な意味を除いた一般的な解釈によれば、「御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補う」ために食べるのですから、今手に入る野菜で(かゆ)を作って食べれば良いことになりますよね。

そこで、うちの庭畑で七草の材料を探してみることに。

ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ    
とても励みになります(^^♪ 

まずは、大根カブから・・・

◆ 大根カブの畝

根菜の畝0107


大根カブも、まだまだ小さいですね。

大根0107 カブ0107

左が大根、右がカブですが、葉の形を見なければ、ちょっと区別がつかないくらいの小ささです。
そこで、スズナ、スズシロは断念いたしました。

次に、葉物野菜ですが・・・

◆ 小松菜春菊の畝

小松菜と春菊の畝0107


まだ若干早い気もするけど・・・

春菊0107 小松菜0107


春菊(左)も小松菜(右)も、収穫してもおかしくはない程度には生長してくれています。

そこで、春菊をちょっぴり収穫。

春菊の収穫0107


株ごと収穫するのではなく、脇芽が生えてくれるのを期待して、上前を撥ねる感じに収穫してみました。

小松菜も一部収獲です。

小松菜の収穫0107


根こそぎ引き抜くのではなく、根元を残しての収穫です。

小松菜の根元0107


このまま、再生栽培して、次の収穫を期待してのことです。


まだ、少し量が物足りないので・・・

◆ ミックスレタスのプランター栽培

プランター2個で、ミックスレタスを栽培しています。

レタスミックス(1)0107


すでに2度間引いていますが、厚播きしすぎたのでいまだにこんな感じですよ。
都合3度目の間引きになります。

ミックスレタス(2)0107


多少は、ギュウ詰め状態が緩和しましたかね。

ミックスレタス拡大0107


間引いたら、レタスの種類による色の違いが際立って綺麗になりました~!

結局、これだけの間引き菜が採れました。

ミックスレタスの間引き菜0107


春菊、小松菜、ミックスレタスで、「七草もどき」でも作ってもらいましょうかね。


◆ 菜園料理

『小松菜とミックスレタスの間引き菜の餡かけ

小松菜とミックスレタスの間引き菜の餡かけがゆ


と言うと味気ない気がしますが、自家栽培の野菜で作ると、こんなにも美味しいと感じるから不思議です。
レタスはに合いそうもないと思っていましたが、一緒に煮込まず最後に乗せるようにしたら、シャキシャキ感が以外な効果を生んで面白かったですね。


『油揚げと小松菜と春菊の煮びたし

油揚げと小松菜と春菊の煮びたし(2)


春菊が抜群に美味しい!
採れたての春菊は柔らかくてえぐみもなく、上品な香りで言うこと無しでした(⌒・⌒)ニコニコ
量が少なくて、それがちょっぴり残念でした。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

どうしてこうなるのかな?

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

家庭菜園で野菜を作るようになって2年。
思う様にならないことが多いですが・・・
今日は、「どうしてこうなっちゃうのかな~」と言うお話から。

◆ レタス栽培

サニーレタスを畑の畝に直播したのが、9月25日のこと。
ただ、まったく発芽することなく、蒔き直したのにまたまた発芽しませんでした。
結局、3回目もやはり発芽しないので、「サニーレタスの種に問題あり」と勝手に結論付け致しました。

でも、さすがに3回目の播種の時には、訳が分からないし、自信もないしで、保険を掛けることにいたしました。

ガーデン・レタスミックス」の種を、2つのプランターに、覆土の仕方を変えて播種してみたんです。
※過去記事は➡ポチットナ

それがこんなことになっています。

ミックスレタス(1)1116


いくらなんでも蒔き過ぎですよね~!
レタスに関しては、よっぽど自信がなかったのでしょうね。

本葉がやっと出てきたので、間引くことにいたしました。
これだけ密集しちゃうと、どれをどうやって間引いたらいいか良く解りません。
まさに適当にむしるだけと言った感じです。

間引いた後。

ミックスレタス(2)1116


間引き終えた後は、かなり思い切って間引いたつもりだったのですが、今画像を見ると、「何処を間引いた?」と思うくらいですね。
すぐに2回目の間引きをする必要がありそうです。

間引きと言えば・・・


◆ ゴボウ袋栽培

ゴボウ袋栽培を始めたのが、9月17日。
バッタの食害で蒔き直したのが、10月14日。

そして、現在の様子です。

ゴボウの袋栽培(1)1116


もう少し拡大して見ます。

ゴボウの袋栽培(2a)1116 ゴボウの袋栽培(3a)1116 ゴボウの袋栽培(4a)1116


少し大きな葉が見えるのが、バッタの食害を免れた株です。
双葉から小さな本葉が出ているのが、蒔き直した株です。

今回は、蒔き直した株だけを間引きました。

ゴボウの袋栽培(2b)1116 ゴボウの袋栽培(3b)1116 ゴボウの袋栽培(4b)1116


余り代り映えしませんが、真ん中の袋では全て蒔き直しているので、スッキリしていると思います。


さらに、間引く予定が・・・


◆ 小松菜春菊

木蓮の真下で一番日当たりの悪い畝に、小松菜春菊を播種したのが、9月2日。
こちらも虫害で蒔き直したのが、10月15日。
さらに、小松菜は10月25日にも、蒔き直しています。

これが現在の状態です。

小松菜と春菊の畝(1)1116


最初は、手前の2列が小松菜で、奥の1列が春菊でした。
最前列の右端に春菊があるのは、虫害に遭った小松菜を撤収した後に、間引いた春菊を移植したためです。
全体的に大きさに違いがあるのは、何度も蒔き直したからです。

今回は、小松菜だけを間引いてみました。

小松菜と春菊の畝(2)1116


少しはスッキリしたかな?

それにしても、日照不足のためか、どれもこれも成長が遅いですね。


◆ 収獲

・11月15日

ピーマン:土佐グリーン4個、接ぎ木ピーマン3個。

収獲1115


ピーマンはまだ健在です。
ただ、これまでと違う現象も。
いまだに花が咲き続けていますが、結実しないで散ってしまう花が出てきました。
そろそろ終わりが近づいているのかな?

・11月16日

ゴボウとレタスの間引き菜

ゴボウとレタスの間引き菜1116


小松菜の間引き菜

小松菜の間引き菜1116


昨日は、寒かったので、この間引き菜を使ってお鍋になりました。


◆ 菜園料理

間引き菜1116


左が小松菜、右がレタスの間引き菜です。
右の奥にちょこっと見えるのが、ゴボウの間引き菜です。

間引き菜鍋1116


みそ仕立ての熱々お鍋です。
具材は、豆腐、ネギ、キャベツ、卵、ツクネ2種(合い挽き肉、ツナ)
最後に3種の間引き菜を乗せて・・・どうぞ、召し上がれ!



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

大根、人参、カブを収穫?

本日もご訪問をいただき、誠に有難うございます^^

冬とは思えない暖かな日々が続いています。
ようやく週末には寒波襲来とか・・・
変な陽気ですので、お体にはお気を付けて下さいね。

今日は、『七草

七草とは、人日の節句(1月7日)の朝に、七種の野菜が入った粥(かゆ)を食べる風習のこと。
  ・人日(じんじつ)とは、五節句の一つで、1月7日のこと。

ちなみに春の七草と言えば・・・
  ・せり
  ・なずな:ぺんぺん草のこと
  ・ごぎょう:母子草のこと
  ・はこべら:ハコベのこと
  ・ほとけのざ:コオニタビラコ(小鬼田平子)のこと
  ・すずなカブのこと
  ・すずしろ大根のこと
これらの野菜のことだそうです。

この7種の野菜を刻んだ粥を「七草粥」といい、邪気を払い万病を除く占いとして食べたようです。
呪術的な意味ばかりでなく、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足がちな栄養素を補うという効能もあるそうです。
※ ここまではほとんど、Wikipediaからの引用で構成しています。

何でこんな話から始めたかと言うと・・・

今朝、女房が、
「寝正月で買い物していないから、青物が全くなくなった」
と言いだしたんです。

それでは菜園から調達を、と考えたのですが・・・
今日が七草だということを思い出して、
大根カブ七草粥を作れないかと思い付いたと言う訳なんです。

「すずな」がカブで、「すずしろ」が大根なんですから。

七草はとてもそろえられませんけどね。
せりはともかく、ぺんぺん草やハコベは雑草としか思えないし、
「ごぎょう」、「ほとけのざ」ときたら、見たこともありませんよ。
(八百屋やスーパーでセットで販売しているみたいですが・・・)

さらに、大根人参の種を蒔いた時に、正月に「大根人参のなます」にすることを目標にしていたんです。
「なます」は私の大好物で、正月の定番料理になっていましたから。
大根人参も生育が遅くて諦めていたのですが、この際強引に実現させてしまおうと欲張ってみたんです。


根菜栽培について】

大根を2本、カブを一個、そして人参間引き菜を収穫しました。

根菜収獲0107

大根は117日目。
カブは113日目。
人参に至っては、129日目になるんです!

何度も言いますが、日当たりが悪いので生育は非常に遅いです。
本来なら収穫時期ではありません。

大きさが解らないと思うので拡大してみます。

まずは大根とカブです。

大根カブ収穫0107 大根拡大0107

生育は遅いですが、逆に言うと良くここまで育ってくれたともいえます。
葉の大きさ、茎の太さ、さらに、これから来る寒さを考えれば、
ここらで収穫するのも悪くはないような気もしますね。

次に人参・・・

人参の間引き菜0107 人参の間引き菜拡大0107

ひや~ぁ!ちっちゃいっ!!
これでなますに出来るのかな~

女房に見せると一瞬絶句していましたが・・・
「何とかしてみる」と言うので、後はお任せです。


家庭菜園料理

七草粥セット』

七草粥セット

もちろんメインは七草粥です。
ガラスの器が、紅白なます
小鉢は、人参の間引き菜の胡麻和えです。

もう少しそれぞれを拡大してみますね。

七草粥 紅白なますと人参の間引き菜の胡麻和え

左が七草粥。
具材は、『日陰すずしろ』と『ミニミニすずな』の葉と実です。
実に胃に優しいおかゆですよ。
思いのほか美味しくいただけました。

右が、なますと胡麻和えです。

まずは、『紅白なます』

「紅」はもちろん人参です。
「白」は当然大根ですね。

うちではこれを甘々の甘酢で浅く漬け込んでいます。
ポリポリシャキシャキ歯ごたえ抜群で、例年以上の出来栄えでした。
あんなにちっちゃい人参でしたが、立派に自己主張をしていて良いアクセントになっていました。

次に、『人参の間引き菜の胡麻和え』

人参の葉っぱを胡麻和えにしただけなのですが・・・
意外や意外、3品の中で一番おいしかったんです。
歯ごたえと言い、香りと言い、文句なしの一品でした。
特に青臭さを感じさせず、野菜嫌いの子供でも美味しく食べられるのではないでしょうか。
徒長して未成熟なのが幸いしたかもしれませんね。

七草粥に便乗して、半ば強引に根菜類を収穫しちゃいましたが、
結果的には成功だったと思います。

大根も人参もカブも、まだ残っているので、今後が少し楽しみになってきました\(^O^)/



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


ラディッシュ、コマツナ、チンゲンサイ、収穫祭か?

本日もご訪問いただき、有難うございます^^

今日の東京は雨模様で、ちょっぴり涼しくなりそうです。
晴れるとポカポカ陽気、雨が降るとヒンヤリと言う日々が続いています。
ただ、全体的には気味悪いぐらいの暖かい秋ですね。

天気予報も悪かったので、昨日の午後にいくつか野菜を収穫しました。

◆ ラディッシュの収穫

まずは、カップ麺プランターで栽培中のラディッシュを試し掘りしてみました。

ラディッシュの試し掘り

15日の記事で、もう一回り大きくなったら収穫すると書いたのに・・・
我慢できずに、「試し掘り」と言う名目で採っちゃいました^^
だからサイズは思った通り小さめです。

◆ コマツナの収穫

次にコマツナですね。

コマツナの収穫1117

9日の初収穫同様、25~30センチほどの収穫サイズとなりました。

◆ チンゲンサイの収穫

最後に、問題のチンゲンサイです。

チンゲンサイの間引き菜1117

一向に大きくならない未熟なものを収穫?してみました。
収穫というより間引き菜サイズですね。
チンゲンサイ特有のぶっとい葉になりません。
日照不足ではこれが限界かもしれません -_-;

◆ 菜園料理

収穫した野菜で、女房に晩御飯のメニューを2品作ってもらいました。

ラディッシュのサラダ』

ラディッシュのサラダ

ラディッシュの量が少ないので、玉ねぎのスライスで嵩(かさ)増しています。
付け合わせは、ラディッシュの葉を軽く湯がいたものと、ピーマンの細切り。
調味料はマヨネーズのみ。
小さいせいか採れたてのせいか、今まで食べたラディッシュの中でも、辛みは最高の部類に入りますね。
風邪をひいていた時だったらかなり喉(のど)にしみたかも・・・
でもこの日は美味しくいただけました♪♪

チンゲンサイコマツナ入り湯豆腐』

チンゲンサイとコマツナ入り湯豆腐

なりは小さく未熟でも、香りといい、シャキシャキ感といい、
「チンゲンサイはチンゲンサイ」でした。
以外にいけましたよ~^^


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR