寒の戻りで、予定が狂う。

本日も我が家庭菜園にお越しいただき、まことに有難うございます🎶

寒の戻りとやらで、昨日の朝方の最低気温が 0℃
そして今朝の最低気温も 2℃ でした。

いや~、寒かったですよ~!
もう体の方は春仕様に切り替わりつつあったところだったので、余計に寒さが堪えました。

そのせいもあって、菜園の作業も予定が狂ってしまいました。

◆ 豆類の栽培

去年、絹サヤの冬越え栽培が、案外うまく行った事に気を良くして、今年は、4つの畝で豆類の栽培をしています。
3月になって霜が降りるような寒さももうないだろうと、いよいよ冬支度を解いてネットに誘引しようと考えていたところでした。
豆たちも、頭を押さえられて窮屈になっていましたからね。

そら豆の畝0308


これが、ソラマメの畝です。
拡大すると良く解るのですが・・・

そら豆拡大0308


防寒のためのビニールシートに頭を押さえられて、いかにも苦しげに見えますね。

もう一例、絹サヤスナックエンドウの畝も同じようなものです。

絹さやとスナックエンドウの畝0308


こちらは、不織布をふわっとべた掛けにしていたのですが、マメが上へ伸びようと小山みたいになっていますよ。

もう少し拡大すれば・・・

エンドウ拡大0308


不織布越しなので、ちょっと解りずらいですが、芽の先端が不織布にこすれて、これまた可哀そうな状態になっています。

それでも、これまで大切に過保護気味に育てて来たのに、よりによって寒さがぶり返した時に防寒対策をやめる気にはなれません。

週間予報を見ても、しばらく寒さが続きそうなので、ここは様子見をすることにいたしました。
予定が狂っちゃうんだよな~!

やることが一つなくなったからと言う訳ではありませんが・・・

◆ 葉物野菜の収穫

今回の寒の戻りの直前は、暖かく春めいていたので、葉物野菜が順調に成長してくれました。
そこで、葉物野菜を少し収穫することにいたしました。

まずは、水菜の畝から・・・

葉物の畝(1)0308


左から、「ちぢみ法蓮草」「水菜」「再生小松菜」です。

再生小松菜は、からし菜を収穫撤収した後に定植したのですが、しっかり活着してだいぶ大きくなってきました。

再生小松菜拡大0308


その再生小松菜と、ちぢみ法蓮草に覆いかぶさるように、水菜が繁茂してきたので、少し間引くことにいたしました。

水菜の収穫0308


間引き菜なので1株1株は細っこいけど、これだけ採れれば良しとするところですよね。
水菜は、「はやどり京サラダ水菜(アタリヤ)」です。
去年の11月6日に播種したものです。
時間がかかりましたね・・・本来は1月中には収穫出来て当たり前なのですけどね。
日当たりが悪いとこうなっちゃうのですね。

しかし、水菜だけではありません。
その隣のちぢみ法蓮草ですが・・・
9月25日に播種したものの、虫害に遭ってほぼ全滅。
10月29日に再度蒔き直したものです。
水菜より古~い!

ちぢみ法蓮草拡大0308


時間はかかっても、ちゃんと大きくなってくれているんですよ。
もう少しで収穫サイズかな?
柔らかくて美味しそうに見えるけど、早く味わってみたいものです。

もう一つ葉物の畝があります。

葉物の畝(2)0308


この畝は、もともと小松菜を手前に2列、春菊を奥に1列蒔きしたところです。
春菊はすべて収穫済みで、その後に再生ネギを定植しました。

小松菜を一部収獲した時に、根元を残してそのまま再生させる試みをしていて、根っこごと抜き取った株後には再生小松菜を定植して比較できるようにしています。

それが良く解る画像がコレなのですが・・・

再生小松菜(2)0308


左端の1株が、根元を残して刈り取った小松菜です。
ちゃんと新しい葉が出てきて再生してくれています。

真ん中と右端の2株が再生小松菜になります。
こちらも活着して、新しい葉がずいぶん出てきています。
一番外側の葉の色を比べると、再生小松菜の方が色が濃いのが特徴です。

比較的大きな小松菜だけ収獲いたしました。

小松菜の収穫0308


根元を残して置けばそのまま再生することが証明されたので、今回は全て根元を残して刈り取っています。
今後は、太陽の軌道が高くなるにしたがって、日当たりもだんだんと良くなってくるし、暖かくなるしで、夏の果菜を定植するまでには十分収穫サイズにまで成長してくれると思っています。


◆ 菜園料理

『小松菜のチーズ焼き』

小松菜のチーズ焼き0308


グラタン皿に、軽く湯がいた小松菜と、生のままのトマトを敷き詰め、真ん中に卵のそぼろを乗せ、小松菜の上にとろけるチーズを置いて、オーブンで焼いただけの料理だそうです。
「素材のうまさを生かすために極力余計な手間を掛けないようにした」とのこと(女房談)
ただ、小松菜の上に甘めの胡麻味噌を潜ませたのが文字通りこの料理の「ミソ」だそうです。

まさしく!小松菜などの素材と、胡麻の香り、甘~い味噌のコクが、混然一体となって、えも言えぬ美味しさを醸し出していました。
この美味さを伝えきれない自分の文章力の無さが唯一の残念な点ですね。

『水菜のサラダ』

水菜のサラダ0308


こちらはほとんど説明はいらないと思います。
水菜、トマト、卵のそぼろのサラダに、玉ねぎをたっぷり入れたドレッシングでいただきました。
見た目にも鮮やかで食欲をそそります。
また、採れたての水菜がシャキシャキでありながらも柔らかく、これまた文句なしの美味しさでしたよ。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

秋蒔き大根と春大根

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

今日は、すっかり忘れ去られた存在の、春大根春人参の話題から。

まだ正月気分も抜けきらぬ1月18日に、新しく畝を作りました。

ビニールシートのテント(1)0118


日当たりが悪いからまともに育つのは茗荷ぐらいだろうと、かなり広い面積を占めていた茗荷畑を半分削って、無理やりひねり出したような畝でした。

そこに蒔いた種は、春大根「春神楽(タキイ)」と、春人参「いなり五寸(タキイ)」でした。
※過去記事は➡ポチットナ

冬の間は日照が全くないので、ビニールマルチビニールテントで防寒はしたものの、あまり期待はしていませんでした。
どちらかと言えば、夏野菜に期待して作った畝ですからね。

結局、1か月以上たったのに、大根はまったく発芽しませんでした。

春大根・春人参の畝0228


正方形の穴が大根を播種した場所です。
6か所に蒔いたのですが、すべて発芽しませんでした。
一応防寒対策はしたのですが、発芽温度に達しなかったようですね。
全く日が当たらなかったから、考えた以上に温度が上がらなかったのだと思います。

ただ、人参は、時間はかかったものの、発芽してくれました。
手前のマルチの引き裂いたような隙間に見えているのが人参の芽です。
もう少し拡大すると・・・

春人参の発芽0228


懲りることなく、大根(春神楽)の種を蒔き直しました。
これからは気温も上がってくるし、太陽も少しずつ軌道が高くなり、日もだんだん当たるようになるので、今度は発芽してくれると期待していますよ。

春大根は期待外れでしたが、秋蒔き大根がようやく大きくなってきています。
はっきり言って収穫サイズには達していないのですが、収穫しちゃうことにしました~

大根とったぞー0228


サイズ的にはちょい不満ですが、4か月以上たっているので、これぐらいが潮時かなって感じですね。

播種は遡る事、10月16日のこと。
根菜の畝と言うことで、「冬どりあまうま大根(サカタ)」と「あずま金町かぶ(トーホク)」を混植しました。

「何か月かかっているんだ~」と、言いたくもなりますよね。
大根などは「冬どり」と名前がついているのですから・・・

結局、大根2本と・・・

大根の収穫0228


カブを1個収穫しました。

カブの収穫0228


カブもチッチャ!

収穫後の畝は・・・

収穫後の根菜の畝0228


大根が1本とカブが少々残っているだけです。
もう少し大きくなったらすべて収穫して撤収する予定です。

実は、この畝を早く空けたかったんです。
夏の果菜を定植する前に、今一度葉物栽培をしたかったのです。
小松菜や春菊の余り種を消費したいんです・・・古くなると発芽率が悪くなりますからね。

◆ 菜園料理

『大根とサクラエビの炊き合わせ』

大根とサクラエビの炊き合わせ0228

付け合わせは、がんもどきです。


『カニカマのみぞれ酢和え』

カニカマのみぞれ酢和え0228


付け合わせは、スナップエンドウです。


『大根の皮のきんぴら』

大根の皮のきんぴら0228


彩りは人参で・・・


カブの昆布漬け』

カブの昆布漬け0228


炊き合わせに使っただし昆布を使っています。


すみません・・・またまたプチ自慢です。

大根も、カブも、大変美味しかったです。
時間をかけて育ったせいか、単に採れたてだからなのかは分かりませんが、大根もカブもきめ細やかで滑らかな歯ごたえなんですよ。
大根おろしも、甘みが強いのにちゃんと辛みもあって、絶品でした。

料理した女房が驚いていたのですが、大根の皮がめちゃくちゃ柔らかいので、捨てるのがもったいないから、急遽きんぴらにしてみたそうなんです。

時間はかかったし、サイズも小さめですが、これだけ楽しめれば御の字ですよね~!


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

サヤエンドウの防寒対策 その2

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます^^

昨日は冷たい雨になりました。
ただ、この冬一番の寒さになるという予報が出ていたので、
(気象庁のある大手町では雪がちらつき、東京の初雪を記録したようですが、
うちの周りでは雪は観測されませんでした。)
前日に、サヤエンドウのさらなる防寒対策を施していて正解だったと思います。

今日はそのご報告になります。

サヤエンドウ防寒対策について】

サヤエンドウは、11月6日に種を播きました。
暖冬のせいか、あるいはいつものように日当たりが悪くて徒長したのか、
ぐんぐん伸びてすでに50センチを超える高さになっています。
ために、「雪囲い」から大きく顔を出して、あまり意味がなくなっています。

エンドウ豆は寒さに強いとはいえ、伸びすぎると寒害に合いやすいと言われています。
冬越え出来るか心配でもあり、
以外や意外、東京は暖冬の年にドカ雪に見舞われるという傾向にもあるので、
12月3日に、雪除けも兼ねて第一弾の防寒対策を施しました。

サヤエンドウ防寒第一弾



庭の西側にある畝



雪囲い1



母屋の壁沿いの畝





※ 第一弾の防寒対策の記事は ←ここをポチッ

◆ まずは、庭の西側にあるサヤエンドウの畝ですが、
さらに、ビニールシートで覆うつもりでいました。

だだ、ご覧の通り「雪囲い」の先端が邪魔なんですよね。
これを覆うためには、先端部を切り取るか、先端部の上で新たに支柱を組む必要があります。
どちらにしてもめんどくさいので、今まで延び延びになっていたわけなんです。

なんか簡単にできる方法はないかと考えていた時に、 「らうっちさん」のブログ「Enjoy in 菜園」(リンクになっています) で、
「透明ビニール袋をピン留ではなく、『菜園用ゴム』を巻き付けて留める」方法に出会うことが出来ました。

これは使えると考えました。
雪囲いの先端を切ることもなく、支柱を組む必要もありません。
ただ、菜園用ゴムと言うしゃれたものが無いので、普通の輪ゴムを3本で代用したんです。

サヤエンドウのビニール掛け2

支柱と雪囲いの先端を、こんな感じで留めて行きました。
うちの雪囲いは、藁(わら)ではなく、葭簀(よしず)をほどいて利用しているので、結構丈夫で支柱の代わりになるんです。

ダンポールの部分は、100均の「目玉クリップ」で留めました。

サヤエンドウのビニール掛け4

完成形がこれです。

サヤエンドウのビニール掛け1

ビニールシートは、マットレスを買った時の梱包材を使用しています。
キャベツとコマツナの畝に使った余りなので幅が狭く、2枚を真ん中で張り合わせることになりました。

そのため、強風に耐えられるか強度に一抹の不安は残りますが、
その代り利点もあるんですよ。

サヤエンドウのビニール掛け3

一つ目は、目玉クリップを外せば、真ん中から開くことが出来るんです。
中での作業が簡単に出来るようになっています。

今一つは、合わせ目があることで、換気が出来ることですね。

ちょっと過保護になってしまったかもしれません。
そこで、残りの畝は違う防寒対策にしてみました。


◆ 母屋の壁沿いの畝の防寒対策

こちらの2つの畝は、防霜対策が中心です。

支柱に横棒を通して、そこに「葭簀の簾(すだれ)」を丸めて括り付けました。

サヤエンドウの霜よけ2

日中はこのように収納しておいて、
日が暮れたら簾を下げて、霜よけにします。

サヤエンドウの霜よけ1

こちらの畝は、幅が狭い土地なので、北風も吹き抜けないし霜も降りにくいので、
この程度の防寒で何とかなるのではないかと言う判断です。

2種類の防寒対策で、どんな差がでるのか?出ないのか?
ちょっと興味がわきますね。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


サヤエンドウの成長が止まりません

トナカイとサンタ(大)
                          ※「イラストわんパグ」よりお借りしました


Merry Xmas \(^O^)/


早いもので、今日はクリスマスイブ。
クリスマスが終われば、今年も残りわずかですね。

うちの庭も、ここ数日の寒さと冷たい北風で、木蓮の葉がすっかり落ちて冬枯れの景色になりました。

木蓮落葉

特に木蓮のすぐ横のサヤエンドウの畝は、吹き寄せられた枯葉でこの有様です。

雪囲い3

ふかふかの布団に覆われたようで、防寒にはよさそうです。
自然に任せて、しばらくそのままにして置くつもりですよ~。

母屋の脇に植えたサヤエンドウの畝には、わざわざ拾った落ち葉を播いて保温効果をまねたほどです。

雪囲い1


さて、そこで・・・

サヤエンドウ栽培について】

冬越えのために、雪囲いをしたサヤエンドウですが、
依然として成長が止まりません。

徒長するサヤエンドウ


雪囲いの中に押し込んでも押し込んでも、顔を出して上へと伸びていきます。
すでに50センチ近くになりました。

これも徒長と言うのですかね?
こんなに伸びて厳しい冬を越えられるのか心配です。

いかに暖冬とは言え、これから真冬に向かっているのに、花が咲き実がなるとは到底思えません。

かと言って成長を止める方法も解りませんし、ただ成り行きを見守るだけと言うのは歯がゆい思いが致します。

※ 関連記事
「サヤエンドウの防寒対策」についての記事は ←ここをポチ
・サヤエンドウの栽培の全容については、サイドバーの[Category](豆類栽培)か[All Titlelist]より見ることが出来ます。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


サヤエンドウの防寒対策

本日もご訪問いただき、有難うございます^^

早いもので12月に突入です。
ようやく暦通りの寒さになりましたね。
ただ、依然として長期予報は、「エルニーニョの影響で関東以西は暖冬」のままです。

暖冬は、年寄と野菜には有難いのですが・・・

実は、
「大陸の冬の高気圧が弱い」➡「天気が安定せず、移動性低気圧が発生しやすい」➡「それが南岸低気圧となって八丈島あたりを通過する」➡「寒気を引き込んで東京にをもたらす」
と言う傾向があるんです。

暖冬の年には、東京で「どか雪」が降る!

そんなわけで、ボチボチ防寒対策を施すことに・・・

◆ サヤエンドウ栽培について

寒くはなりましたが、サヤエンドウは上へ上へと伸びて30センチをオーバー。
徒長極まれり!」で、とうとう自立できなくなり倒れてしまいました。

サヤエンドウ倒れる

そこで、防寒も兼ねて、対策を取ることにしました。

まずは、トンネルのダンポールをそのまま使い、てっぺんを真っすぐな支柱で結びました。
その支柱と垂直に、「サヤエンドウを支える棒」を結びつけました。

サヤエンドウ防寒1

サヤエンドウを緩やかに誘引して、取りあえず立ち上がらせました。

次に、「北風」「」「」からサヤエンドウを守る対策をすることに。
トンネルをそのまま利用しているので、改めて不織布やビニールシートで覆うことも考えましたが・・・

今回は、『フォト雑記 As Time Goes By ♪』と言うブログの「エンドウ豆の防寒対策」と言う記事を参考にさせていただきました。
※リンクになっているので興味のある方は参考にしてください。

名付けて『ん子みたいな蓑(みの)』作戦。
(この表現も上記ブログから拝借)

上記ブログでは、藁(わら)を使った「ん子の蓑」状のもので、エンドウの苗を覆っているのですが・・・
藁が手に入らなかったので、夏の日よけに使っていた簾(すだれ)をほどいて、「蓑」を作ってみました。
それを支柱に結び付ければ・・・

サヤエンドウ防寒3

一応防寒対策の出来上がりです。

拡大してみると・・・

サヤエンドウ防寒4

藁よりも細くて硬いので、若干隙間が気になりますが、まずまずの出来栄えだと思いますよ^^
果たして効果はいかに?
心配でもあり、楽しみでもあります。

母屋と西側の塀とに挟まれた狭い土地でも、サヤエンドウを栽培しています。
2か所で、合計6ポット分。
そちらも同様に対策を施しました。

サヤエンドウ防寒5 サヤエンドウ防寒6

※ 「サヤエンドウの栽培」については、サイドバーの「Category(カテゴリー)」の「豆類栽培」のリンクから、これまでの経緯がご覧いただけます。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 






スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR