ブロッコリーの赤ちゃん見っけ!

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

前回の豆類に引き続き、今回は葉物野菜についてのご報告です。

まずはブロッコリーから・・・
ブロッコリーって葉物だったかな?)


◆ ブロッコリー栽培

ブロッコリーは、「緑帝」(サカタ交配)を定植したのが、9月12日のことでした。
標準的な収穫期はとっくの昔に過ぎたのに、いつまでたっても頂花蕾を見ることが出来ませんでした。

うちの庭は日当たりが悪く、日照不足で成長がゆっくりなんですよね。
そのうち面倒くさくなって、チェックを怠っていたのですが、何気なしに覗いてみたら・・・
何と、何と!
ちっちゃいながらも、ブロッコリーの赤ちゃん(頂花蕾)が目に飛び込んできたんですよ~!!

ブロッコリー蕾GIF


まだ、500円硬貨の大きさに過ぎませんが、やっぱり花蕾が見えた瞬間は格別な感動があるものですね。
ホント~に、長かったものな~!
これから本格的な冬の寒さがやって来ますが、何とか収穫サイズまで大きく成長してくれるといいですね。


気を良くして、次は・・・

◆ からし菜の畝

まずは見ていただきましょう。

からし菜の畝1229


右の列が、「からし菜」(アタリヤ)です。
9/25播種、10/2発芽、11/4間引き、そして、12/2に1度目の収穫をしています。

中央が、「はやどり 京 サラダ水菜」(アタリヤ)です。
ここは、「サニーレタス」(アタリヤ)を3回も播種したのですが発芽せず、仕方なく水菜を11月6日に蒔いたものです。
やはりゆっくりとした成長ぶりですが、ようやく水菜らしくなってきましたね。

左の列は、「ちぢみ法蓮草」(アタリヤ)です。
9/25播種、10/2発芽しましたが、(おそらく)根切り虫のせいでほぼ全滅。
10/29蒔き直したものです。
同じく成長は遅いですね。
ホウレンソウは寒さに強いので、これからでも期待していますよ~

今回は、からし菜だけ、2度目の収穫を致しました。

からし菜の収穫1229


次も葉物野菜の畝です。

◆ 小松菜の畝


小松菜の畝1229


この畝も、虫害でいろいろあった畝です。
「中葉しゅんぎく」(トーホク)と「あまうま耐病小松菜」(サカタ)を、9月2日に播種しました。
それぞれ9/7、9/5に発芽したものの、虫に食いつくされて、10/15と10/25との2度、蒔き直しています。
そして、ようやく12月7日に、小松菜を間引き、春菊を収穫(1度目)をするまでになりました。

今回(12/29)、小松菜がだいぶ大きくなりました。
大きさにばらつきがあったり、春菊が混ざりあったりしているのは、何度も蒔き直しているせいなんです。

小松菜拡大1229


小松菜は、虫に食われた後もなくきれいな姿ですよ。
ただ、収穫にはちょっと早そうです。
丈がようやく15cmほどですかね。
あと5センチ大きくなったら収穫することにいたしましょう。
お雑煮には間に合わないかも・・・です。

春菊もまだ収穫には早そうです。
「春の七草」には入っていないけど、七草粥の頃に収穫出来ればいいですね。


今年も残すところわずかになりました。
これまでたくさんの方々にご訪問いただき、本当に有難うございました。

最後の最後に風邪を引いてしまい、皆様にご心配をお掛け致しました。
まだ本調子ではありませんが、何とか正月まで引きずらずに済みそうです。

この記事が今年最後の更新となります。
少し早いですが・・・また来年。

良いお年をお迎えください(⌒・⌒)



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

豆類トリオのその後

トナカイとそり450(イラストわんぱぐ)本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

今日はクリスマスイブ。
昨日一昨日とびっくりするほど暖かくって、何か今ひとつピンときませんね。
風邪がなかなか治らず、長引いているからかもしれませんが・・・

それでも、ぼちぼち畑で作業を始めています。
今日は、ソラマメスナックエンドウ絹サヤエンドウの、豆類トリオのその後の様子のご報告ですよ。

ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ    
とても励みになります(^^♪ 


◆ 豆類栽培

母屋の西側の狭い通路に2本の畝を作って、マメの種を直播きしたのが11月3日のこと。
1本目の畝にはソラマメを、2本目の畝にはスナックエンドウ絹サヤエンドウをそれぞれ蒔きました。

まずはそら豆の畝から・・・

そら豆の畝1223


べた掛け不織布を取ってみると、手前のソラマメは大きくなり過ぎって感じですね。
拡大してよく見れば・・・

ソラマメの徒長1223


葉と葉の間隔があきすぎて、徒長しています。
朝方のほんの短い時間日が当たるだけなので、どうしてもこうなりますね。

このまま越冬出来るか心配なので、伸びすぎた方を間引いて、残す方も摘芯することにしました。

そら豆の間引きと摘芯1223


真ん中の2つが摘芯したもの。
両端のが間引いたものです。

次に、スナックエンドウ絹サヤエンドウの畝・・・

スナックエンドウ&絹サヤの畝1223


こちらも少し伸びすぎの感じですが、べた掛け不織布のせいか、地を這うように伸びているので、何とかなりそうな気がするけど、どんなものでしょうかね。
一応、このままべた掛けのまま越冬させてみます。

豆類トリオは、これだけの予定だったのですが、発芽が遅いのを心配して、ポットで育苗をすることにいたしました。
遅れること2週間、11月19日のことでした。
過去記事は➡ポチットナ

その後直播きの分が順調に発芽してくれたので、予備のまま終わらせても良かったのですが、育てていれば愛着もわいてきて、急遽畝を増やして定植することにいたしました。
過去記事は➡ポチットナ

それがコレ・・・

絹さや中心の畝1223


ここは、木蓮の木陰になって日当たりが悪すぎるので、何も栽培してこなかったところです。
ただ、寒くなって落葉した後は、多少日が射すようになったので、畝を作ってスナックエンドウ絹サヤエンドウを定植いたしました。

手前の3株が絹サヤエンドウ、奥の1株がスナックエンドウです。
こちらは播種が遅かった分、ちょうど良い生育具合だと思います。

この時、まだ未熟で定植できない苗がありました。
それが今では定植サイズです。

豆類の育苗1223


右手前の2株がスナックエンドウです。
それ以外がソラマメになります。
ソラマメは1株が発芽しませんでした。

先ほど見ていただいたように、本来のソラマメが徒長しているので、この予備のソラマメをピーマンの後作として定植することにします。

ピーマンを撤収した後、苦土石灰ともみ殻燻炭をすき込んで、しばらく養生していた畝です。
ピーマン栽培の肥料が残っていると思われるので、そのまま施肥することなく定植いたしました。

そら豆の定植(1)1223


周囲の畝の間に植えている緑肥作物(えん麦・ライ麦)を刈り取って、草マルチにします。

そら豆の定植(2)1223

さらに、防寒のため藁を周囲に敷きました。

そら豆の定植(3)1223


あとは、不織布べた掛けして少し様子を見るつもりです。

そら豆の定植(4)1223


さて、スナックエンドウをどこに植えるかが問題です。
先日、茗荷畑を削って、新たな畝を立てる場所を確保しました。
初めはそこに定植しようと思ったのですが、狭い庭畑に豆ばかり育てることになりそうで断念。

結局、プランター栽培に切り替えました。

スナックエンドウのプランター栽培(1)1223


両端に棒を立てて、不織布で覆えば完成です。

スナックエンドウのプランター栽培(2)1223


プランターなら、雪や霜対策として、庇の中にでも随時取り込めばいいので、今のところ防寒対策はしていません。
年が明けて寒さが厳しくなったら、何か手を打つことにしましょうかね。

今度の風邪は意外にしつこく、スッキリ直りません。
そんな訳で、今回も軽い作業に終始致しました。

早く畝を立てて、春大根や春人参を播種したいのですが、それはもう少し先になりそうですよ。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

ご心配をお掛け致しましたm(_ _)m

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

不覚にも風邪を引き、記事の更新が滞る中、皆様にはご訪問をいただき、
その上、暖かいお見舞い激励のコメントをいただき、心から御礼申し上げますm(_ _)m

ようやく熱は下がったのですが、鼻水がなかなか止まりません。
予想外に長引きそうな気配です。

このまま風邪が治ることなく、新年を迎えることだけは避けたいので、今しばらくおとなしくしているつもりです。

「もう、すでに、退屈しっちゃているんだけどね~!」
「あーあ、畑で作業がしたいな~!!」
などと言う、心の叫びを我慢して・・・
今日は、風邪で寝込む前日(12月15日)にやった作業を、記事にして見ることにいたします。

ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ    
とても励みになります(^^♪ 


◆ 茗荷畑の縮小作業

決して広くない庭で野菜作りを始めて2年目。
少しずつの数を増やしてきました。

もう目いっぱいと思いつつ、どこかにを作れないかと目を付けたのが、茗荷畑です。
70年近く庭に自生してきた茗荷は、いつの間にか広がって、かなりの面積を占めるようになっています。
塀際の日当たりが極端に悪い場所で、茗荷以外に育ちそうもないので、手を付けていませんでしたが、秋・冬はともかく、真夏には多少日が当たる場所もあるのです。
ここを放っておく手はないですよね。

てなわけで、茗荷畑を少し削って、を1本作ることにしました。

まずは現状をご覧ください。

茗荷畑(1)1216


ブロック塀と、画像の右側をジグザグに走るブロック(茗荷の根切りのために埋め込んだもの)に挟まれた場所が茗荷畑です。

ブロック塀の方角が真南になります。
その向こうが南の隣家で、3階建ての建物が立っているんです。
ですから、ブロック塀の際は日当たりが悪い訳なんです。

秋冬のシーズンは全く日が当たることはありません。
でも、春も深まったあたりから盛夏に掛けては、太陽の軌道が高くなって日が当たる所が増えてきます。
そこに新しくを作ってみたくなったということです。

で、大土木工事の末に、こうなりました。

茗荷畑(2)1216


ざっくりですが、幅を半分以下に縮めました。

掘り返した面積はたいしたことないのですが、茗荷の根が縦横無尽に絡み合って、大変な力仕事になりましたよ。
作業中の写真を撮り忘れたので、大変さは伝わらないと思いますが、掘り出した根っこを見ていただきましょう。

茗荷の根1216


比較できるように、手前に「ふるい」を置いてみました。
これで体力を使って風邪を引いたのかな?ソンナワケナイヨネ

長さも太さも立派な根っこは、日当たりの悪い他の塀際に植え直しておきました。
小さくちぎれたものは処分するしかありませんでした。

それと、残した茗荷畑も、根っこを掘り出して、少し間引いておきました。
今年は根が込み合いすぎて、収穫量が落ちていたからです。

そしてここが肝心。
まだを立てていませんが、茗荷畑に沿って、「幅60㎝、長さ3m」のを作れそうな栽培地が確保できました。

風邪が治り次第、畝を立てて、春大根でも植えようと思っています。
今のところ全く日が当たらないので、まともに収穫まで至るとは思えませんが、「やってみなきゃわかりません」からね(^^♪


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

不覚もいいとこ!


お詫びニャンコ文章付き


風邪を引いただけですのでご心配なく。

不覚でした。
昨日の午後から突然咳が止まらなくなり、熱もあり寒気もするので慌てて近くの診療所に駆け込んだら、「ただ風邪です」との御託宣でした。
インフルエンザではないのでたいしたことは無いようです。
ただ、もう若くはないので、大事を取って、さっさと寝ることにいたしました。

ずっと、中2日のローテーションで記事を更新してきたので、それを途切れさせないためだけに、簡単更新させていただきます。
しばらくは、ブログ訪問コメント残しも控えさせていただきます。
コメント欄は開けておきますが、コメ返も遅れると思うので、その点もご容赦を願っておきます。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

再生野菜を定植するの巻

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

今日は、普通の野菜栽培の話ではなく、野菜の再生栽培だけのお話ですよ。


◆ 野菜の再生栽培

今年も寒くなると同時に始めた野菜の再生栽培
現在の様子がこれですよ。

野菜の再生栽培(1)1213


現在、再生ネギ16本、小松菜30数株、水菜4株です。


ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ    
とても励みになります(^^♪ 


再生野菜は、新しい根が生えたら畑に定植するのですが・・・

まずは、再生ネギから。

再生ネギ1213


根の部分を拡大すると・・・

再生ネギの根1213


ネギは、泥付きネギを使っているので、もともとの根っこが付いています。
その根を囲うように伸びる長くて真っ白なのが、新しく生えて来た根です。


次に、小松菜。

小松菜の再生栽培1213


再生栽培を始めたばかりのものから、1か月たって葉がだいぶ伸びたものまで、様々なものが混在しています。
そんな中で一番の古株を見てみましょう。

小松菜の再生栽培(2)1213


1か月以上経っているのに、思ったよりも根が細いし本数も少ないですね。

以外だったのが、水菜です。

再生水菜の根1213


画像はボケていますが、しっかりした根が生えています。
同じく1か月ものなのですが、小松菜より良い感じですよ。

実は去年と逆なんです。
去年は、小松菜の方が成長がはやく、水菜はなかなか根っこが生えてこなかったんです。
やり方は全く一緒なのに、この違いは何なのでしょうね。
良く解りませんが、やっぱり面白いものですねー!

そこで、今日のところは、こちらを定植することにいたします。

定植予定の再生多彩1213


再生ネギ5本と再生水菜2株です。
これを、根こぶ線虫被害にあって、対策を施して様子見の畝に、定植することに・・・
根こぶ線虫対策については➡ポチットナ

現在は、袋栽培でなかなか大きくならなかった、キャベツとスティックセニョールを 、畝の中央に移植して育てています。
その左手に再生ネギを・・・

再生ネギの定植1213


右手に再生水菜を・・・

再生水菜の定植1213


それぞれ定植いたしました。
再生野菜は、この畝を中心に、しっかりした根が生えたものから順次定植していくつもりです。
栽培地が足りなくなったら、またその都度考えるつもりですよ。


もう12月も半ばに差し掛かってきました。
何時霜が降りてもおかしくないし、雪が降ることもあるでしょう。

取りあえずその対策もすることにします。

まずは、草マルチ。
保温、保湿、霜対策と緑肥を兼ねています。

緑肥で草マルチ1213


草マルチの材料ですが・・・
緑肥作物として、「えん麦」と「ライ麦」を混ぜて、畝脇の通路に播いておいたのが、ようやく程よい高さまで成長してくれたんです。

緑肥1213


葉の高さが分かりづらいので、比較するために「エリン」に登場してもらいますね。

猫草とエリン4


うちの飼い猫です。
えん麦ライ麦緑肥がお気に召したようで、猫草としてよく食べるんですよ。
今まさに、一本の葉をパックンとくわえた瞬間です。

猫の背と比較して、けっこうな高さになっていると納得していただけたかな?
良く解らない?飼い猫を登場させたかっただけ?そうなのかな~?

最後に、ビニールシートで屋根を作ってみました。

根こぶ線虫被害の畝1213


支柱は、トマト栽培のために立てたのですが、根こぶ線虫被害が治まったことが確認できるまでは、抜くつもりがないんです。
線虫は土と一緒にほかの畝に広がる可能性があるので、下手に抜いて被害を拡大させないためです。

そのせいで、支柱が邪魔をして、普通のテントを張れません。
苦肉の策で、支柱を利用して屋根を作ったと言う訳です。

横から見るとこんな感じ。

根こぶ線虫被害の畝(2)1213


今のところ、裾は全くのがら空きです。
寒さに従って、追々囲って行くつもりです。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

予備のエンドウを定植したよ

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

ぽかぽか陽気が続いたと思ったら、一転冷たい北風がぴゅー!
12月って、毎年こんな感じでしたかね?

どこか安定しない天候のせいで発芽が遅かった(勝手に思っているだけかも・・・)直播きの豆類を心配して、念のためにポットで育苗していたのですが、定植サイズになったので、新たに畝を作りました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ    
とても励みになります(^^♪ 

◆ 豆類栽培

まずは、育苗中のお豆さん達を見ていただきましょう。

豆類の育苗1210


ソラマメは、青いコーティングが目立つので、一目瞭然ですね。

ソラマメの育苗1210


3株が発芽したばかりで、1株はようやくコーティングが割れてきたところです。
定植サイズにはまだまだ間がありそうです。

ソラマメの右の3株が、絹サヤエンドウです。
こちらは3株とも定植サイズになりました。

さらに、ソラマメの下の3株が、スナックエンドウです。
絹サヤと比べると成長が遅く、定植サイズは1株だけです。

そこで、絹サヤエンドウ3株と、スナックエンドウ1株を定植することにいたしました。

何処に植えようかと考えた末に、庭の西側のブロック塀際で、木蓮の木陰になってしまう場所に、新たに畝を1本作ることにしました。
日当たりが悪く何を栽培してもうまく育ちそうに無いので、夏以降は雑草の生えるままに放っていた場所です。
木蓮の葉も落葉して、今ならわずかばかりの日照が望めるので、畝を立てることにいたしました。

新しい畝の位置関係1210


幅60㎝、長さ120㎝の小さな畝です。
画像の右上に写っているのは、根菜の畝です。
その隣の黄緑のバケツの横にチョット見えている白い物、あれが直播きしたソラマメの畝なんです。

畝の上に、絹サヤスナックエンドウのポットを配置してみて・・・

エンドウのポットを畝に置く1210

千鳥植えで、定植しました。

エンドウの定植1210


手前の3株が絹サヤエンドウで、奥の1株がスナックエンドウです。

寒さ対策で、藁を敷き詰めて・・・

エンドウの畝に藁1210


さらに、不織布でふわっと、べた掛けしました。
テントを固定するためのピンを立てて、空間が出来るようにしています。
葉が不織布ときつく接触するようでは可哀そうですからね。

エンドウの畝をべた掛け1210


後は、風よけ、霜よけ、雪除けをどうするかだけですね。
なお、ポットで育苗中のソラマメは、ピーマンの後作として定植するつもりです。

そうそう、画像にも写っている根菜の畝ですが・・・


◆ 根菜栽培

根菜は、9月14日に、「冬どり あまうま大根」(サカタ)と、「あずま金町かぶ」(トーホク)を直播きしました。

その後、虫害で散々な目に会い、2度も蒔き直したものだから、なかなか成長してくれませんでした。
今の様子がこれですよ。

大根とカブの畝1206


長さ1mの本当にちっちゃい畝です。
寒さとともに虫害もおさまって、ようやくカブ大根もそれらしくなってきました。

よく見ると・・・

カブ 間引き後1206 大根 間引き後1206


カブ(左)も大根(右)も、真っ白な肩が見えています。
まだまだ小さいですが、ホッとするというか、ワクワクするというか、何とも言えない気持ちになりますね(⌒・⌒)ニコニコ



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

急遽、鍋になりました。

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

ありがたいことに暖かな日が続きました。
昨日の昼前まではぽかぽか陽気だったんです。

ところが、昼過ぎから北風が強く吹き始めると、一転真冬の寒さが襲ってきました( ̄▽ ̄;)ブルブル

「急なことで、夕ご飯はおにしたいけど、青物がないので何とかならないか?」との、料理担当者の鶴の一声で、葉物野菜を収穫することになりました。

ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ    
とても励みになります(^^♪ 


◆ 小松菜春菊の畝

青物を栽培している畝は2本あります。

一本は、「からし菜ちぢみ法蓮草水菜」の畝です。
こちらは、からし菜を収穫して、あまり間もなく、ちぢみ法蓮草水菜は発芽したばかりと言う有様です。

もう一本は、「小松菜春菊」の畝です。

小松菜と春菊の畝1206


手前が春菊、奥が小松菜です。
小松菜はまだまだですが、春菊は収穫サイズまで成長しているようです。

そこで、春菊を収穫して、小松菜も間引くことにいたしました。

春菊の収獲1206 小松菜の間引き菜1206


説明することもないけど・・・
左が春菊、右が小松菜の間引き菜です。
これだけあれば十分になるよね~!

春菊と小松菜1206


この葉物野菜を、適量ずつに投入。

春菊と小松菜の鍋1206


ほっこりおの出来上がりです。

具はあり合わせで、大したものは入っていません。
ツクネ、豆腐、さつま揚げ、ブナシメジ、ネギ、それに春菊と小松菜だけです。

寒い時はおに限りますな~!

採れたて野菜の美味しい事。
春菊などは、市販のものとは全くの別物と言った感じですね。
柔らかいのにシャキシャキで、えぐみが全くありません。
春菊の苦さが苦手な方でも、美味しく食べられそうな、さわやかな苦さですよ(⌒・⌒)ジガジサン


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

ソラマメ、絹サヤエンドウ、スナックエンドウで豆尽くし

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

気が付けば、いつの間にか12月になっていました┐(´-`)┌ イマサラ?
何か今年もあっという間に終わっちゃいそうで~す。

ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ    
とても励みになります(^^♪ 


◆ ソラマメ絹サヤエンドウ、スナックエンドウ

豆類を播種したのが、11月3日のこと。
母屋と西側の塀に挟まれた狭い通路に2本の畝を作って直播きしました。
※豆類の播種については➡ポチットナ

庭に近い畝には、「一寸そら豆」(アタリヤ)を、3か所に2粒づつの点蒔きです。
その奥の畝には、「赤花つる有り絹さやえんどう」(アタリヤ)と「つる有りスナックえんどう」(アタリヤ)を、それぞれ2か所に3粒づつの点蒔きにしました。

それぞれの昨日の状態です。

まずは、ソラマメの畝から。
べた掛けの不織布を外すと・・・

ソラマメ(1)1204


3か所合計6粒全てが発芽しています。
1か所を拡大して見ます。

ソラマメ(2)1204


まだ葉が開ききっていないけど、まずまず軸がしっかりしている感じですね。
もう少し大きくなったら間引くつもりです。


次に、エンドウの畝です。

エンドウの畝1204


手前の2か所が、絹サヤで、奥の2か所がスナックえんどうです。

それぞれ拡大して見ましょう。

絹サヤ1204 スナックエンドウ1204


画像の左が絹サヤ、右がスナックエンドウです。
同じえんどう豆なので、この時期では全く区別がつきませんね。


お豆さんが、なかなか発芽してくれなかったので、心配になって保険を掛けることにしました。
ポットで育苗をしていたんです。
11月19日のことです。
※豆類の育苗については➡ポチットナ

昨日の様子がこれ。

豆類の育苗(1)1204


一回り大きいポットで、青いコーティングの豆が、ソラマメです。
ソラマメの左の3つのポットが、絹サヤで、ソラマメの下の3つのポットが、スナックエンドウです。

絹サヤに比べると、スナックエンドウの発芽率が悪いようです。
ソラマメは、2粒に発芽の兆候が見られます。

豆類の育苗(2)1204


ちょろっと、芽らしきものが見えていますよね。
育苗したお豆さん達は、ピーマンの後作として定植するつもりです。
まだまだ先のことになりそうですね。


◆ 袋栽培

ゴボウ、キャベツブロッコリーで、袋栽培をしていたのですが、ゴボウを除き成長が遅いので、キャベツスティックセニョールを、根こぶ線虫被害の畝に移植したことはご報告済みです。
※過去記事は➡ポチットナ

袋栽培キャベツブロッコリーは、種から育苗したものなのですが、ヒョロヒョロの徒長苗が多くて、何処にも定植せずに、ほったらかしにしていたスティックセニョールの苗があるんです。

ほったらかしのスティックセニョール1130


ポットのままで大きくもならず、かと言って枯れることもありません。
そこであいた袋を再利用して、また袋栽培にして見ることにいたしました。


スティックセニョールの袋栽培1204


もともとが徒長苗だし、ポット上げもせずにいたので当然老化苗になっているので、何処まで成長するか分かりませんが、物は試しと言った感じですかね。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スローなキャベツ・ブロッコリー

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

寒さはとっくに冬並みなのに、晴れが3日と続きませんね。
葉物野菜の成長が遅くて困っちゃいますよ。


◆ キャベツブロッコリー栽培

まずは、キャベツブロッコリー(購入苗)の畝を見てもらいましょうか。

キャベツ・ブロッコリーの畝1130


1m×1mの小さな畝に、画像の右上から左下に掛けて3株のキャベツ
「しずはま1号」(石井交配)を、9月12日に定植したもの。
真ん中のキャベツは、ブロッコリーの葉の陰で可哀そうな状態になっています。

「しずはま1号」は、定植後70日で1.5㎏の収穫サイズになるとのことですが・・・

キャベツ(1)1130 キャベツ(2)1130 キャベツ(3)1130


定植79日目にして、ようやく左右の2株が巻き始めたというところです。
真ん中のは、いまだ巻き始めてもいませんね。

日当たりが悪い庭での野菜作りで、日照不足は覚悟の上だから、標準より成長が遅いのは仕方がないのですが・・・
種苗会社の資料を見ると、「しずはま1号」は「耐寒性に劣る」品種らしいので、これから本格的な冬になってどうなるのか、少々心配しているところです。

不織布の中で窮屈になっているのですが、このまま外すことなく、さらに上からビニールシートで覆っています。
何とか寒さをしのいで、収穫まで持って行きたいものです。


同じ畝には、ブロッコリーが2株。
「緑帝」(サカタ交配)を、同じく9月12日に定植しています。

「緑帝」は、定植後80日で頂花蕾の収穫時期が来るのですが・・・

ブロッコリー(1)1130 ブロッコリー(2)1130


蕾らしきものすら全く見えておりません。
こちらは早春まで側枝を楽しめる品種なので、寒さはそれほど心配はしていません。
ただ、早く蕾を拝みたいと願うだけです。


今日のところは、下葉欠きをして、中耕・追肥して、最後に、
寒そうなので藁を敷いておきました。

下葉欠き1130 藁のマルチ1130


◆ からし菜ちぢみ法蓮草水菜の畝

この畝は、9月25日に、からし菜ちぢみ法蓮草サニーレタスを直播きしました。
からし菜ちぢみ法蓮草虫害で何度も蒔き直し、サニーレタスに至っては全く発芽せず、散々な結果でした。

それでもようやく、からし菜の一部が収穫サイズにまで大きくなってくれました。

からし菜の畝1130


手前の列がからし菜
真ん中の列が、水菜
奥の列が、ちぢみ法蓮草です。

からし菜が左右で大きさが違うのは、播き直したせいなんです。
水菜ちぢみ法蓮草は、何度も蒔き直しているのでまだまだ小さいですね。

そこで、からし菜をほんのちょっぴりですが収穫いたしました。

からし菜の収穫1130


◆ レタス栽培

サニーレタスが直播きでまったく発芽しなかったので、プランターで「ガーデンレタスミックス」を育てています。
10月16日のことです。

厚播きしすぎたので、間引きながら育てているのですが、またまたこんなことに・・・

ガーデンレタスミックス(1)1130


ひしめき合っている状態なので、慌てて間引くことにいたしました。
ここまで密集すると、ただ闇雲にむしり取ると言った感じになりますね。


ガーデンレタスミックス(2)1130


しゃがみこんで作業してたら、腰が痛くなってきたので、このくらいで止めにしました。
ちっとも減ってないよね~!

ガーデンレタスミックス(3)1130


時間をかけた割に少なかったですね。
これからも腰をいたわりながら、ぼちぼち間引いていこうと思っています。


◆ 菜園料理

『からし菜のかき揚げ

からし菜のかき揚げ1130


材料は、からし菜とサクラエビだけ。
カラッと揚がっていて、サクサクで美味しかったです。
以前、間引き菜を食した時にはほとんど辛みがなく、「本当にからし菜?」って感じで拍子抜けでしたが、今回は後味にピリッと辛みが残って、ようやくからし菜を食べた実感がわきましたよ。

ちなみに、右隅のちっこいやつ。
ピーマンを撤収した時に収穫した、赤ちゃんピーマンのかき揚げなんです。
ちっちゃいのに、ちゃんとピーマンの味がしました。
以外や意外、うまかったです!


『レタスいり玉子焼き』

レタス入り玉子焼き


うーん、微妙。
卵焼きとしては美味しかったけど、「レタスはどこに?」と存在感が皆無でした。
「彩りとしての役割しか果たしていない?」そんな感じかな。



最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

QRコード

QR