家庭菜園で野菜を作るんじゃ!:根菜日誌(4) ダイコン、ニンジン、二十日大根

 

根菜日誌(4) ダイコン、ニンジン、二十日大根

根菜日誌(4) ダイコン、ニンジン、二十日大根

こんにちは、ヤクモンです。
うちの家庭菜園へようこそ^^♪

今日のテーマは、
根菜類の現状】と【野菜の徒長対策】 です。

*************************************************************************

今日もよく晴れて、暑いほどです。
この記事を書いている部屋は真南に面しているので、日が燦々と降り注いでいます。
(皮肉なことに!この意味は後々わかると思いますよ。)

さて、今日の菜園ですが、根菜についてのご報告になります。

まずは、ダイコンから。

ダイコン1004

徒長してしまったので、土寄せをして何とかごまかしごまかし育てている感じですかね。
種を蒔いたのが先月の13日ですから・・・
成長は遅いし、ちゃんと育つのか心配です。

次に、ニンジン二十日大根

ニンジン1004 二十日大根1004

左がニンジン、右が二十日大根です。
ニンジン二十日大根に至っては、播種が先月の2日ですので、どう考えても遅すぎますよね -_-;

原因ははっきりしています。
明らかに日照不足がたたっているんです。

天候不順ではありませんよ。
うちの庭には構造的な欠陥があると思います。

日陰の庭

たった今、記事を書いている2階の部屋の窓から撮った画像です。
時刻は、午前10時26分。

庭は南に面しているのですが、残念ながら、向かいの隣家(3階建て)の陰にすっぽりと収まってしまっています。
直下に見えるひさしの、左にかかっているのが隣家の屋根の陰で、その右の影はあんずとモクレンの木のものです。
おかげで庭はすっかり日陰になってしまいました。

隣家を通り越して再び日がさすのは午後3時過ぎの西日になるのですが・・・
今度は木蓮の木が邪魔をして、せいぜい木漏れ日といったところになるんです。

太陽が中天高く上る夏場はいいんです。
現に、トマトやキュウリといった夏野菜はちゃんと育ったのですから^^

日が低く傾くこの時期が問題なんです。
今更気がついても遅いのですが、秋冬野菜の直播は、うちの庭では難しいみたいですね。

日照時間はどうしようもありませんが、苗の徒長は防げるかもしれません。
今後は、直播をやめて、ポットかセルトレイで十分に日を浴びさせて育ててから、定植するようにするつもりです。

例えば、上の画像のひさしの上に乗せて育てるのもいいかもしれませんね。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

お金かかってます

こんばんわ すみませんHN変えました。

日照時間は畑にとっては大問題ですね。
うちもプランターをベランダに置いてます、九条ネギ、バジル、しそ、などです。

日当たり
こればかりはどうしようもないので、ずぼらなりに考え付く限りの事をしています。
畑の脇にニラを植えています、三つ葉も日陰は強いみたいですよ。

すごーく値段のいい堆肥をこれでもか!というくらい入れてます、3,3㎡で
10キロ入れます、夏にも同じ量入れてます。
多すぎると云われますが菜っ葉類元気で芝生状態です。
石灰はすぐ植え石灰を、肥料は発酵鶏糞、ボカシ肥料、万田酵素肥料、ハイポネック水溶液肥、化成肥料など気分しだいです、(しょっちゅうやり過ぎて失敗します)。
野菜の徒長を防ぐには草木灰といいますが、夏はトマトに撒きましたけど、石灰入ってるしどうなんでしょうね、難しいですね。

NoTitle

日照のお悩み、すごくわかります~

私はベランダでバラを育てるのが趣味なんですが
ベランダの床に陽が差し込むのは午後2時すぎから。

そして、夏の間は
コンクリートのベランダは50度を超えるのに、
太陽が高いために、屋根があるベランダには
直射日光がほとんどささないという最悪の場所に…

小さい頃は、太陽は真上にあるものだ
と思って遊んでいましたが、
ベランダでバラを育てるようになって
季節によってこうも太陽光の角度が違うのか!と
気がつきました。

ヤクモン様のところは、
直播きでもこんなに育っているのですから
日が当たる場所で育苗したら
きっと、立派に育ちそうですよ~!

Re: お金かかってます

> こんばんわ すみませんHN変えました。
>
> 日照時間は畑にとっては大問題ですね。
> うちもプランターをベランダに置いてます、九条ネギ、バジル、しそ、などです。
>
> 日当たり
> こればかりはどうしようもないので、ずぼらなりに考え付く限りの事をしています。
> 畑の脇にニラを植えています、三つ葉も日陰は強いみたいですよ。
>
> すごーく値段のいい堆肥をこれでもか!というくらい入れてます、3,3㎡で
> 10キロ入れます、夏にも同じ量入れてます。
> 多すぎると云われますが菜っ葉類元気で芝生状態です。
> 石灰はすぐ植え石灰を、肥料は発酵鶏糞、ボカシ肥料、万田酵素肥料、ハイポネック水溶液肥、化成肥料など気分しだいです、(しょっちゅうやり過ぎて失敗します)。
> 野菜の徒長を防ぐには草木灰といいますが、夏はトマトに撒きましたけど、石灰入ってるしどうなんでしょうね、難しいですね。

teaさんへ。
いつも貴重な情報を有難うございます。

日当たりの悪さは、創意工夫しても限界がありますよね。

今回は、極力水やりを控えてみたのですが効果はありませんでした。
teaさんほどではありませんが、肥料も多めに施したのですが・・・

でもあきらめませんよ。
何とかうちの庭でも、秋冬野菜が元気に育つ方法を見つけ出したいと思っています。

Re: NoTitle

> 日照のお悩み、すごくわかります~
>
> 私はベランダでバラを育てるのが趣味なんですが
> ベランダの床に陽が差し込むのは午後2時すぎから。
>
> そして、夏の間は
> コンクリートのベランダは50度を超えるのに、
> 太陽が高いために、屋根があるベランダには
> 直射日光がほとんどささないという最悪の場所に…
>
> 小さい頃は、太陽は真上にあるものだ
> と思って遊んでいましたが、
> ベランダでバラを育てるようになって
> 季節によってこうも太陽光の角度が違うのか!と
> 気がつきました。
>
> ヤクモン様のところは、
> 直播きでもこんなに育っているのですから
> 日が当たる場所で育苗したら
> きっと、立派に育ちそうですよ~!

メアリーさんへ。
ご丁寧なコメント有難うございます。

そうなんですか。
ベランダでは、太陽が真上にある夏に日が射さないのですね。
うちの庭とは反対なんですね。

それぞれの事情を抱えていることが分かって、勇気づけられました^^

育苗とか、水やりとか、出来る限りの工夫をして、何とかうまい育て方を見つけ出すつもりです。


こんにちわ

家庭菜園にも熱心に取り組んでいらっしゃるのですね。
イチゴやキャベツ大根などこの時期に育てられる野菜も以外にあることを改めて知りました。
夏に植えたゴーヤーやキュウリやミニトマトが終わり、ちょっと寂しいなと思っていたのですが、キャベツなどでしたら、バランダのプランターでも育てることができそうですね(^.^)

日照の改善は難問ですね。
何か良い解決策があることを良いのですが。

うちのベランダもこれから冬になると、夏よりも日照時間が短くなってしまいます。
今まで夏以外の時期に野菜を育てたことがないので、だこの時期でも可能なのかどうかお日さまの具合を改めて確認してみることにします(´ω`*)

Re: こんにちわ

yumeyuntaさんへ。
こちらのブログのほうにも来ていただいて、有難うございます^^

ひょんなことからナスとトマトの苗を買い求めたのがきっかけで・・・
しかも、たまたまうまくいったものですから、すっかりのめり込んでしまいました。

ところが、秋冬野菜は大苦戦しています。
日当たりの悪さが最大の原因ですが、勉強不足、準備不足も否めません!

工夫次第で何とかなると、前向きに考えているんです。
自ら育てた野菜の美味しさや楽しさを味わってしまいましたからね。

そう簡単にはあきらめられませんよ^^♪



  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif