家庭菜園で野菜を作るんじゃ!:「野菜の再生栽培」その2

 

「野菜の再生栽培」その2

「野菜の再生栽培」その2

本日もご訪問いただき、有難うございます^^

いよいよ年の瀬も押し詰まり、残すところあと2日になりました。
ようやく寒波がやって来て年末らしい寒さになりましたね。

今日は前回に引き続いて

野菜の再生栽培について】

まずは前回のおさらい

再生野菜とは』
  別名リボーン・ベジタブル(リボべジ)とも呼ばれており、本来なら捨てるはずの野菜を
  もう一度再生して利用することです。

ここからは少し蘊蓄を・・・

『野菜を再生するメカニズム』
  野菜の成長点を活用した栽培方法です。
  茎の最先端など植物が勢い良く成長する「成長点」を切断されると、野菜は生き残るために、
  必死になって脇芽にエネルギーを注ぎ何とか成長しようとする性質があります。
  その性質を上手に利用すると、再生野菜を育てることが出来ます。

『水耕栽培による野菜の再生栽培法』
  使用するのは「容器」と「水」だけ。
  シンプルかつ簡単に誰でも何処でもできます。
 
 [容器]   
   ネギなどのように、根の部分が長いものは安定しやすいコップを。
   ニンジンなどの、ヘタを使う場合はお皿を使います。
   インテリアとして使うなら、透明なガラス容器を使うとオシャレです。

 [注意点]
  1.根元やヘタは余裕をもって。
    短すぎると失敗が多くなるそうです。
  2.水は入れすぎない。
    野菜が水に浸かり過ぎると、腐りやすくなるので、根元が水に浸る程度が良いそうです。
  3.水替えは頻繁に。
    毎日こまめに水を替え、野菜や容器のぬめりをしっかり取るようにします。
  4.カビが生えたり、腐敗臭がしたら、思い切って捨てましょう。
  5.芽が生え葉が伸びてきたら、土に植え替えましょう。
    長く収穫し、大きく育てるためです。

野菜の再生栽培の経過と結果】


  11/13 キャベツ第1弾

再生キャベツ1弾1228

12/28現在の状態 ジワッと大きくなっています。
  
  
  11/28 キャベツ第2弾

再生キャベツ2弾1228

12/28現在の状態 こちらは変化が良く解りませんが、根付いたことは確かです。
  
  
  12/11 キャベツ第3弾

  12/21 ネギ第1弾(1本)
        ホウレンソウ(3株)

  12/22 ネギ第2弾(2本)

再生(1)1228

この3種類4カップについては、それぞれ芽や葉が伸びてきたので、28日に植え替えました。
その模様については最後に紹介するつもりです。

  
  12/28 ネギ第3弾(2本、3本の2カップ)
        ミズナ(3株づつ2カップ)

再生追加1228


再生追加ミズナ1228


再生野菜の植え替え】

小松菜の畝の隣があいていたので、キャベツ1本、ネギ3本と、ホウレンソウ3株を植え替えました。

再生植え替え(1)1228 再生植え替え(2)1228

小松菜の畝はもともと防寒のために、不織布のトンネル掛けをしていましたが、更にその上からビニールシートをかけることに。
ビニールは、マットレスの梱包に使われていたもので、それを利用しています。
多少透明度が低く、光の透過率が悪そうなのが気がかりですが、家庭菜園では使えるものは何でも使う方針なので、多少のことには目をつぶることに・・・

小松菜の畝防寒1228


またビニールシートを止めるのに、100均で買った「目玉クリップ」を使用しています。

目玉クリップ

これからも、「小松菜」「ミツバ」とさらに種類を増やしていくつもりでおります。

日当たりの悪い庭で家庭菜園をやっているものにとって、キッチンや2階など日当たりの良い場所で、まず水耕栽培で手軽に育てて、その後に植木鉢やプランターに植え替えたり、直植えしたりするのは、合理的な方法だと思うのです。

初めてのことで成功するかどうかは定かではありませんが、今後の経過は随時ご報告するつもりでおります。

※ 関連記事 「キャベツの再生栽培」の記事は ←ここをポチッ

※ 参考にしたサイト
 ・電力比較サイト エネチェンジ
   「節約ガーデニング講座3」
  ←ここをポチッ
 ・キナリノ
   「リボべジってなに?」 
←ここをポチッ 
 ・ALL About 暮らし
   「キャベツの芯、育って”1玉”になりました」
  ←ここをポチッ


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

 

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

鍵コメさんへ。

コメントが届いていて、良かったです。

今度は自信をもって、
鍵コメさんのブログにコメントを残しに行ってきま~す\(^O^)/
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif