「野菜の再生栽培」その3

本日もご訪問いただき、誠に有難うございます^^

松の内も終わり、昨日からいつも通りの日々が始まりました。

朝晩はだいぶ寒くなりましたが、昼間は結構暖かくいつも通りと言う訳ではないですね。

◆ 野菜の再生栽培について

去年の11月13日から、キャベツで始めた再生栽培も、年を越えて種類も数も増え続けています。

現在、「キャベツ」「ネギ」「ホウレンソウ」「水菜」「小松菜」「ミツバ」の6種類になりました。
キャベツネギの一部、ホウレンソウの一部は、鉢植えに移行したり、庭に直に植え替えたものもあります。

※ キャベツの再生栽培については ←ここをポチッ
   ダイジェストを見るなら ←ここをポチッ
   全容を見るなら、Categoryからご覧ください。 

ここまで再生野菜の実験をやって来て、解ったことが二つあります。

1.野菜を再生するメカニズムについて

「野菜の再生栽培」その2の記事の中で、「再生野菜のメカニズム」として、
『茎の最先端など植物が勢い良く成長する「成長点」を切断されると、野菜は生き残るために、
必死になって脇芽にエネルギーを注ぎ何とか成長しようとする性質があり、
その性質を利用したのが再生野菜である』と説明しました。

その真偽を確かめるために、
ホウレンソウの小さい葉をそのまま残して水耕栽培をしてみたんです。
つまり「成長点」を切断することなく、再生できるかどうかの実験です。
1月2日のことでした。

再生ホウレンソウ0102


2日後の1月4日の状態がこれです。

再生ホウレンソウ0104

もう少し拡大すると・・・

再生ホウレンソウ拡大0104

すでに枯れ始めています。
4つとも同じ状態です。
「成長点」を切断しないと、再生のメカニズムが働かないことが証明されましたね。
あわてて「成長点」を切った後に、再生実験に参加させています。

2.植え替える時期について

水耕栽培から鉢植えに、また直植えにと植え替える時期については、
検索エンジンでググった限り、明確な答えが見つかりませんでした。

「新しい芽や葉が出た」時なのか?
「根っこが生える」まで待った方が良いのか?
良く解りませんでした。

キャベツは、新しい芽が出た時点で植木鉢に植え替えて良い結果が出ています。
だからと言って、すべてに適用できるかは疑問でした。

ただ、現時点で面白い結果が出てきています。

12月21日に開始したネギ1本と
12月22日に開始したネギ2本を、
12月30日に庭の小松菜の畝の隣に植え替えました。

それに対し、
12月28日に開始したネギ3本は、いまだに水耕栽培中です。

昨日の段階で比較してみましょう。

再生ネギ1弾0109 再生ネギ3弾0109

左が先に開始して、庭に植え替えたもの。
右が遅く初めて今も水耕栽培中のもの。

撮影角度が違いますが、明らかに水耕栽培中のネギの方が生長が早いのです。
6~7日も遅く始めたのに、完全に追い越してしまいましたよ。

ただ、一般論として、「水耕栽培の方が、土で育てるより成長が早い」と言えるわけではありません。

水耕栽培は、日当たりの良い2階の南向きの窓辺で栽培しているのに対して、
植え替える庭は、日当たりが極端に悪いからです。

つまり、うちのように日当たりの悪い庭の場合には、日当たりの良い場所でじっくりと水耕栽培で育ててから、
植え替えた方が良いということなんです。

今後は、「収穫の時期」が問題になってくるのでしょうね。

また、同じ野菜で栽培条件を変えて実験しても面白いと考えています。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


コメント

NoTitle

理科の実験のようです。
私なんかですと、「ほ~そういうものか」とあまり考えずにやる傾向が強いのですが、ヤクモンさんは科学者のように実証を踏まえてされるのですね。
すごいですね。

今になって、私の理科系の成績が悪かった理由が分かりました(笑)

Re: NoTitle

yumeyuntaさんへ。
コメント有難うございます^^

> 理科の実験のようです。
> 私なんかですと、「ほ~そういうものか」とあまり考えずにやる傾向が強いのですが、ヤクモンさんは科学者のように実証を踏まえてされるのですね。
> すごいですね。
> 今になって、私の理科系の成績が悪かった理由が分かりました(笑)

私も基本的に文科系ですよ。
理科系の授業は眠かった(*_ _)zzZ

解らないことはほとんどググって調べるのですが、
本当に知りたいことに限って、あいまいな答えしか得られないことが結構あるんです。

そこで、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるで、いろんなことを試すことになるんですよ。

科学的に検証しているというよりも、「苦し紛れ」という方が当たっているかも・・・
ただ、いろんなことを試すのって、やり始めるとのめり込んじゃうみたいです(*^_^*)

NoTitle

コイズミヤクモンさん こんにちはー♪

ヤクモンさんの実験は奥が深いですね。
水耕栽培にしたら、うちはそのままだわ(^^;)
日当たりの加減もあるかと思うけど、水耕栽培は水だけですか~
液肥を入れていたら、充分に栄養を吸える水耕栽培に軍配はあがるでしょうね。
でも底力を見せるのが大地植え
生長のスイッチが入ったら、立派な野菜になると思いますよ♪

Re: NoTitle

らうっちさんへ。

> コイズミヤクモンさん こんにちはー♪

いつもコメント有難うございます^^

> ヤクモンさんの実験は奥が深いですね。
> 水耕栽培にしたら、うちはそのままだわ(^^;)

奥が深いというよりも、解らないことが多くて、試行錯誤しているって感じですよ。

> 日当たりの加減もあるかと思うけど、水耕栽培は水だけですか~
> 液肥を入れていたら、充分に栄養を吸える水耕栽培に軍配はあがるでしょうね。

今のところ水だけです。
水耕栽培による再生野菜は、あくまでも地植えをする前の「育苗」と同様だと考えています。

> でも底力を見せるのが大地植え
> 生長のスイッチが入ったら、立派な野菜になると思いますよ♪

私もそれが目標なんです。
ただ、どのくらい育った段階で移植するのが良いのか、
まだまだ実験段階なんです。

立派な野菜に育ってくれるといいな~\(^O^)/



NoTitle

あー、キャベツやったことありますけど、花が咲いちゃいましたね~(~_~;)

再生実験、面白い

再生実験、拝見いたしました。
実に面白いですね。
続報に期待します。

Re: NoTitle

水百姓さんへ。
コメント有難うございます^^

> あー、キャベツやったことありますけど、花が咲いちゃいましたね~(~_~;)

そうなんですってね。
冬の寒さに負けそうになると、生き残るために花を咲かせて種を作ろうとするようですね。

ある意味、一番過酷な時期に実験を始めてしまったことになります( ̄▽ ̄;)

Re: 再生実験、面白い

ささげくんへ。
コメント有難うございます^^

> 再生実験、拝見いたしました。
> 実に面白いですね。
> 続報に期待します。

ここまでは暖冬のおかげで、予想以上にうまくいっています。

真冬の寒さをどう乗り越えるか?
また、どの時点で鉢植えなり地植えなりに移植すべきか?
難しい局面を迎えています。

うまくいっても、失敗しても、
どちらにしてもご報告するつもりでおります。
非公開コメント

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

QRコード

QR