日々、害虫との戦い

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

まだ5月なんですよ~!
今からこんなに暑くてどうするのよ~!

それが原因かどうかは解りませんが、今年は去年と比べて、害虫がやたらと多い気がするんです。

うちだけなのかな~?
毎日が、害虫との戦いになっているんですよ(゚_゚i)タラー

害虫の話題に行く前に、少しは楽しい話題から・・・

◆ キュウリの実が大きくなってきた話


キュウリの畝の現状から・・・

キュウリの畝0526


斜めに誘引して、らせんに巻きつかせるように育てています。
今のところ計画通り。

早くも実が大きくなってきましたよ。

キュウリの実0526


4日前はこんなにちっちゃかったんですよ。

キュウリの雌花0523


キュウリの成長の早さには、何時もビックリさせられますね。


◆ ピーマンをまた収穫した話


ピーマンの株0526(2)


1個だけ、収穫サイズに達したので、収穫いたしました。

ピーマンの収穫0526


順調、順調(⌒・⌒)ニコニコ


◆ マリーゴールドが開花した話


菜園の彩りとして、また、コンパニオンプランツとして栽培しているマリーゴールドが、開花しました。

マリーゴールド0526


茗荷の根きりに使用したブロックの穴に植えたマリーゴールド。
※ 茗荷の根きりについての記事は ➡ ☆ポチットナ

マリーゴールド(2)0526


トマトの畝に、コンパニオンプランツとして植えたマリーゴールド。

マリーゴールド(3)0526


いよいよ、害虫との戦いについてのご報告・・・

ここから先は、いろんな虫が出てきます。
虫が嫌いな方も多いと思うので、ここから先の記事は、『追記』にいたします。

見たくない方は、スクロールせずに、スルーしてくださいね。
ただし、そんなに気味悪いこともないとは思いますけどね・・・


ここまでお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ







【追記】


◆ 害虫との戦い

これまで、被害をもたらした主な虫たちは・・・

モンシロチョウの幼虫 テントウムシダマシ


左が、モンシロチョウの青虫。
右が、テントウムシダマシ。

番外として・・・

なめ太郎

ナメクジ。
ナメクジは、植木鉢やプランターに潜り込んで悪さをしたり、直接葉を食べたりと言った被害をもたらすそうですが、
うちでは現行犯逮捕に至ったことがありません。
番外とはそういう意味です。

◆ 被害状況


被害のひどい順に数え上げると・・・

春菊青じそナスピーマン枝豆>マリーゴールド
と言うことになりそうです。

春菊0526 青じそ0526 ナスの葉0526

ピーマンの葉0526 枝豆0526 マリーゴールドの虫害


カボチャ、インゲン、そしてトマトは、ほとんど被害がありません。

ジャガイモも被害の程度はそれほどでもないのですが、ちょっと気になることがあります。

虫の糞(1)


ところどころにほんの少しかじられた跡があるのですが・・・
それよりも、広範囲に渡って、葉の上に点々とご覧のような黒いゴミのようなものが落ちているんです。

おそらく虫の糞だと思います。
大きさはゴマ粒程度でしょうか。
糞の数がやたらと多い割には、いくら探しても害虫が見当たらないんです。
不思議と言うか、不気味と言うか・・・


◆ 様変わり


モンシロチョウの青虫とテントウムシダマシは、懸命の駆除の結果、だいぶ数が少なくなってきました。

それに代わって、最近増えてきたのが・・・

まずは、ご存じ「アブラムシ」です。

アブラー0525


緑色のやつではなく、真っ黒なやつなんです。

今のところ、夏野菜のコンパニオンプランツとして、一緒に植えた再生ネギにびっしりと取りついています。
有難いことに、夏野菜には直接の被害がありません。

夏野菜の病気予防のために植えた再生ネギでしたが、アブラー対策になってくれています。
これぞまさしく、コンパニオンプランツ!

そして、最近とみに目立ってきたのが・・・

コナジラミ(2) コナジラミ(1)


去年は全く見かけたことが無かったので、正体が解らず、検索してみたところ・・・
どうやら「コナジラミ」だと言うことが解りました。

コナジラミがもたらす被害とは・・・

『直接的な被害と間接的な被害に分けられます。
直接的な被害としては葉裏に寄生して汁を吸われるため、葉緑素が抜け白いカスリ状になります。
生育が悪くなり、発生量が多くて被害が進行すると、草花や野菜では枯死することもあります。
また、シルバーリーフコナジラミではトマトなどの果 実の色がまだらになるなど着色異常果が
発生したりします。
間接的な被害としては、排泄物の上にすす病が発生して葉や果 実が黒くなります。
適温では急激に発生するため、あっという間に黒くなります。
また、アブラムシ同様にウイルス病を媒介することもあります。』
住友化学園芸のホームページより転載)

これを読む限り、小さい体の割に厄介な存在だということが解ります。
しかも、これからの季節、放っておくと大量発生すると言うことなので、さっそく対策を講じることに。

と言っても殺虫剤は使いたくないので・・・
これも検索した結果、「牛乳と水を1対1で混ぜたものを噴霧させる」ことにいたしました。
アブラー対策とも共通しているので、コナジラミとアブラーと同時に駆除できればいいのですが・・・
さて結果はいかに?

しかし、こう毎日害虫と対峙し続けていると、農業生産者が、農薬と殺虫剤に頼らざるを得ない理由が、なんとなくわかるような気がしてきますね。

それでも、家庭菜園を商売でやっているわけではないので、「農薬も殺虫剤も使用しない」と言う原則は、これからも守っていくつもりですけどね。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

コメント

攻略なるか

ありゃま、早々の虫攻撃受けてますね。
こんなサイト見つけましたので添付しますね。
http://www.jttk.zaq.ne.jp/bajwp500/index/kiso/14_shizen_nouyaku.htm
私が試したのは木酢液にとうがらし+にんにく です。
どくだみも庭にいっぱいですから、ひっこ抜いてマルチにします。

Re: 攻略なるか

teaさんへ。
いつもコメント有難うございます🎶

> ありゃま、早々の虫攻撃受けてますね。
> こんなサイト見つけましたので添付しますね。
> http://www.jttk.zaq.ne.jp/bajwp500/index/kiso/14_shizen_nouyaku.htm

さっそくアクセスしてみました。
面白いサイトですなね。
参考にさせていただきます。

> 私が試したのは木酢液にとうがらし+にんにく です。
> どくだみも庭にいっぱいですから、ひっこ抜いてマルチにします。

うちは、竹酢液を使っています。
単体で使っていたので、ブレンドを試してみるつもりです。

うちも雑草の主力がドクダミなので、畝の通路に敷き詰めています。

結局、農薬ではないので、一つ一つの力では撃退できないみたいですね。
総動員体制で、害虫と戦ってみるつもりですよ!

NoTitle

コイズミヤクモンさん こんにちはー♪

ウリハムシとかは居ないですか~
ダンゴムシも結構な被害をもたらす害虫だと菜園生活の途中で知りました。
アブラーは、水溶き片栗粉の噴霧でも効き目があるようですよ♪
窒息死ですね(^^;)
自分たちが食べるための野菜作り、薬は使いたくないですよね~
アブラナ科野菜がレース状にされたときには、心が折れそうになるけど・・・

Re: NoTitle

らうっちさんへ。

> コイズミヤクモンさん こんにちはー♪

いつもコメント有難うございます🎶

> ウリハムシとかは居ないですか~
> ダンゴムシも結構な被害をもたらす害虫だと菜園生活の途中で知りました。

ウリハムシもダンゴムシも、今のところ見かけていません*^^*ホッ

> アブラーは、水溶き片栗粉の噴霧でも効き目があるようですよ♪
> 窒息死ですね(^^;)

片栗粉でも、牛乳でも、良いと言われることは、何でもやるつもりですよ~

> 自分たちが食べるための野菜作り、薬は使いたくないですよね~
> アブラナ科野菜がレース状にされたときには、心が折れそうになるけど・・・

収穫した時に、有害成分が残留しなければ良い、と言う考え方もあるみたいですが・・・
使わないに越したことは無いですよね。

NoTitle

こんにちは。
口に入るものですから
農薬使いたくないですものね。

お花ならフマキラーとか
かけちゃいますが・・・。
お野菜は何かほかに
アイデアがあるといいですね。

しかしこれだけの虫
どこからこんなに
やってくるのか・・・。
恐ろしいです(@_@;)

Re: NoTitle

ジョニママさんへ。

> こんにちは。

いつもコメント有難うございます🎶

> 口に入るものですから
> 農薬使いたくないですものね。

これだけは譲れない原則ですね。
せっかくの家庭菜園ですから・・・

> お花ならフマキラーとか
> かけちゃいますが・・・。
> お野菜は何かほかに
> アイデアがあるといいですね。

先輩のブログを参考にしたり、
ググってみたりすると、
色々方法はあるみたいですが、
薬品と比べるとどうしても効果が弱いんですよ( ̄▽ ̄;)
だから、ただただこまめに見つけて駆除することになります。

> しかしこれだけの虫
> どこからこんなに
> やってくるのか・・・。
> 恐ろしいです(@_@;)

産み付けられたり、あるいは飛んで来たり・・・
彼らは彼らなりに生きることに一生懸命なだけなんですけどね。

解ってはいるけど、やっぱり、迷惑ですよ~!

NoTitle

キュウリもピーマンも順調で、収穫が楽しみですね。
自分で育てた野菜って、格別美味しいんですよね(*^^*)

農薬を使わないと、どうしても虫にやられちゃいますね(>_<)
わが家は他力本願?
冬のうちにカマキリの卵を採って来て、畑や花壇に挿しておきます。
あとはカエルやトカゲや鳥にお願いしてます。
でも一番有効なのは、やっぱりテデトールです。(←手で取る)

じゃが芋の葉っぱを食べているのは、バッタ類ではないでしょうか?

Re: NoTitle

woojyanさんへ。
いつもコメント有難うございます🎶

> キュウリもピーマンも順調で、収穫が楽しみですね。
> 自分で育てた野菜って、格別美味しいんですよね(*^^*)

手前味噌と言われようと、美味しく感じるものはしょうがないですよね~!

> 農薬を使わないと、どうしても虫にやられちゃいますね(>_<)
> わが家は他力本願?
> 冬のうちにカマキリの卵を採って来て、畑や花壇に挿しておきます。
> あとはカエルやトカゲや鳥にお願いしてます。
> でも一番有効なのは、やっぱりテデトールです。(←手で取る)

うちには、カマキリもカエルもいないので、
もっぱら、テデトール専門ですよ 。
取っても、取っても、いなくなりませんが( ̄▽ ̄;)

> じゃが芋の葉っぱを食べているのは、バッタ類ではないでしょうか?

なるほど。
青虫や毛虫では、絶対に見つからないわけがないと思っていましたが・・・
バッタなら、食べるだけ食べて、いなくなることが出来ますね(⌒・⌒)ナットク

害虫

私の畑ではシュンギク、青シソは被害に
あった事はありません

枝豆
カメムシが発生し困ったことです

ピーマン
ムシはほとんど付きません

Re: 害虫

ノーテン小作人さんへ。
いつもコメント有難うございます🎶

> 私の畑ではシュンギク、青シソは被害に
> あった事はありません
>
> 枝豆
> カメムシが発生し困ったことです
>
> ピーマン
> ムシはほとんど付きません

去年はこれほどの被害を受けたことが無かったので、
はっきり言って、戸惑っています。
非公開コメント

スポンサード リンク

ブログランキング

ランキングに参加してます

このブログについて

ようこそmyブログへ^^
初めての方は、ここから見てね♪
↓  ↓ ポチッ ↓  ↓
【家庭菜園始めました!】

トマト極小

プロフィール

コイズミヤクモン

Author:コイズミヤクモン
還暦過ぎのおじさん
女房1人、猫1匹
野菜作りに初挑戦!
どうなることやら五里霧中?
   🍂
since2015.5.2

My Blog 1

エリンP用150


ヤクモンの飼い猫のエリンです。
【変な猫 飼っちゃいました!】 ブログ公開中!
タイトルがリンクにニャっているからポチッと押して遊びに来てニャ~♪

My Blog 2

再生キャベツ200
【再生野菜とは?】
再生野菜の記事だけ独立させて、新たなブログを立ち上げました。
遊びに来ていただけると嬉しいな(⌒・⌒)

アクセスカウンター

スポンサード リンク

リンク

このブログはリンクフリーです。お気に入りのブログを勝手にリンクさせていただくことがあります。予めご容赦を願っておきます
m(__)m

ブログランキング表

記事ランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

QRコード

QR