家庭菜園で野菜を作るんじゃ!:夏野菜の栽培計画を立ててみた。

 

夏野菜の栽培計画を立ててみた。

夏野菜の栽培計画を立ててみた。

本日もご訪問いただき、まことに有難うございます🎶

最強の寒波とやらで、日本中大変なことになっているようですが・・・
東京も雪は降っていないけれど、厳しい寒さが続いています。
「まるで冷蔵庫の中にいるみたいですね」と言うのが、毎朝のあいさつの定番ですよ。

そのため、なかなか夏野菜の準備にかかるモチベーションが上がりませんが、いつまでもぐずぐずしてはいられないので、夏野菜栽培計画を立ててみました。

去年は、3月19日に「夏野菜栽培計画」を記事にしています。
まだ家庭菜園を始めて2年目ということもあり、種から育苗したのが「カボチャ」と「ゴーヤ」ぐらいだったので、ずいぶんとのんびりしていたようですね。
※その時の記事は➡ポチットナ

今年は、夏野菜のうちで、果菜類は基本的に種から「育苗」することにいたします。
そこで、去年よりは早めに、夏野菜栽培計画を立ててみた訳です。


まずは、現状把握から・・・
うちの菜園を見取り図で示すと、こんな感じになります。

庭畑見取り図850(完)2017


A~I まで9本の畝があります。
数だけは結構ありますが、長さが1m、1.5m、2mと短いこともあり、常に栽培地が足りずに頭を悩ますことが多いですね。


これらの畝で現在栽培されている野菜と、夏の果菜類を中心としたこれからの栽培計画を、一つの表にまとめてみました。

夏野菜の予定表2017


このほかにも、育てたい野菜はたくさんあって・・・
インゲンマメ、枝豆、落花生などの豆類とか。
芋だって、サツマイモだけでなくジャガイモ、サトイモとか。
葉物にしたってもっともっと植えたいので、一応、畝「I」を予備にしているのだけれど、とても全部は無理なんですよね~

栽培計画栽培計画と何度も言いながら、表のタイトルが『予定表』になっているのはそのためかな?
育苗の状態にもよるし、連作障害のことも考えなくてはいけないし、夏とは言っても日当たりの悪い畝もあるしで、とても予定通りにいかないとは思いますが、こんな感じで3年目の野菜作りが始まることになりそうです。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとしてください。
とても励みになります(^^♪ 


 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

こんばんは。

計画はとても大事ですね。
私も菜園始めて3年目です。
私は畑の見取り図を毎年書いて何を植えたか記入しています。
全く同じです。
こうしておくと連作も避けられますしね。
日々の事をブログに書いておくことも大事だなぁ〜、と思っています。
夏野菜、豊作祈ります。。

Re: NoTitle

agriotomeさんへ。

> こんばんは。

いつもコメント有難うございます🎶

> 計画はとても大事ですね。
> 私も菜園始めて3年目です。
> 私は畑の見取り図を毎年書いて何を植えたか記入しています。
> 全く同じです。
> こうしておくと連作も避けられますしね。
> 日々の事をブログに書いておくことも大事だなぁ〜、と思っています。

そうなんですよね。
うちみたいに小さな菜園でも、記録しておかないと分からくなっちゃうんですよ。
ただ、計画通りにいったためしはありませんけどね。

> 夏野菜、豊作祈ります。。

お互いに、害虫被害も病気も出さずに、豊作になるといいですね(^^♪

NoTitle

コイズミヤクモンさん こんにちはー♪

野菜作りをしだすと、作りたいものが山ほど出てくるでしょー
培地面積は変わらないのにね(^^;)
夏野菜って場所取るものが多いですからね。
サトイモは期間が長いし、サツマイモは蔓が邪魔に、インゲンも蔓が・・・
インゲンは蔓なし種もありますね。
これら3種は、袋栽培にして畝間に置いてはどうでしょう。
1つおきぐらいに。
手入れとかで邪魔になるときは、隣の畝間にって移動できますし。
サツマイモの袋栽培は、蔓をトグロのように巻いて積み上げればいいみたいです。
インゲンも蔓なし種にすれば、移動させるときでも移動させやすいですよ。
無いなら作ってやろう栽培地!!

Re: NoTitle

らうっちさんへ。

> コイズミヤクモンさん こんにちはー♪

いつもコメント有難うございます🎶

> 野菜作りをしだすと、作りたいものが山ほど出てくるでしょー
> 培地面積は変わらないのにね(^^;)

あれもこれもと、数え上げればきりがありません。
いかに効率的に栽培していくか、この時期は悩ましいですよね。

> 夏野菜って場所取るものが多いですからね。
> サトイモは期間が長いし、サツマイモは蔓が邪魔に、インゲンも蔓が・・・
> インゲンは蔓なし種もありますね。
> これら3種は、袋栽培にして畝間に置いてはどうでしょう。
> 1つおきぐらいに。
> 手入れとかで邪魔になるときは、隣の畝間にって移動できますし。
> サツマイモの袋栽培は、蔓をトグロのように巻いて積み上げればいいみたいです。
> インゲンも蔓なし種にすれば、移動させるときでも移動させやすいですよ。

サツマイモは、支柱を組んで「つる上げ栽培」するつもりだったのですが・・・
袋栽培と言うのは、魅力的なアイデアですね。

西側の塀沿いの培地は、夏でも日当たりが良くなく栽培が難しいのですよ。
これまで成功したのは、つる有り絹サヤとキュウリだけなんです。
つまり、ある程度の高さにまで育つと、日が当たるようになるんですね。

その上、連作障害を避けるとなると、本当に頭が痛いんです。
袋栽培だったら、連作障害も関係がないので、面白いと思います。

> 無いなら作ってやろう栽培地!!

おかげで、ちょっとひらめいたことがあります。
形になったら、記事にしてみますね(^^♪
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif